goo

名残りの秋に(1)宮島沼

11月6日。日曜日。6時にいつもように朝食を摂る。先週の頭の週刊予報では雨だったが、今日の天気予報だと、曇り時々晴れ。降水確率は0%と出た。例年ならもう路面が凍結し始める頃。今年は10月が暖かかった。11月になってもまだ、平地ならば走れそうだ。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

秋の風2 支笏湖

NOVELTYさんに見送られて、国道453を南へ。まずは支笏湖を目指す。早朝ゴルフへ向かう車が途切れると、道は一気に空く。今回は久しぶりに山道のライディングのリハビリも兼ねて、マイペースで流しながら、挙動などをチェックしていく。すると、後ろから車が見る見る追いついてきた。ホンダS2000だ。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

缶コーヒーツーリング(3)支笏湖ポロピナイ

ポロピナイにつくと、早速今回の主催者でもあり、明日からまた、盛岡での仕事に出発するさんにーさんの念願のひとつ、「支笏湖までバイクで走り、ポロピナイで缶コーヒーを飲む。」を実現する。バイクのところまで帰ると、だれかが「せっかくだから記念撮影しましょう」と言い出したのだった。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

今日の支笏湖

今日仕事帰りに通った支笏湖。 曇り空。 やや蒸し暑く、いつもの支笏湖とは違う感じ。 ここ、ポロピナイの駐車場は昔、札幌、支笏湖間がまだ国道でなかった頃、二輪、四輪の飛ばし屋が真駒内からのタイムアタックに、夏の深夜はかけたところでもありました。 . . . 本文を読む
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

冬立つ日に(支笏湖)

帰り道、少しでも混雑を避けようと、国道36号線を経ずに支笏湖を回った。 湖畔は暖かかった。 支笏湖は北海道で2番目に大きいカルデラ湖(1位は屈斜路湖)で、洞爺湖より広い。 水深が深く、大きく対流するため、この寒い土地でも冬にも凍結しない、不凍湖だ。「冬立つ日に」最終回。 . . . 本文を読む
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

秋の消息Ⅴ

「秋の消息」最終回です。食後、湖畔を巡りながら秋の紅葉を楽しみます。秋の夕暮れの早さ。迫る夕暮れから逃げるように、僕とGPZは中山峠を登ります、峠の少し手前から、今日最後の羊蹄山を撮ろうと、カメラを向けました。でも、午後遅いまぶしい光の中に、羊蹄山はその姿を写真に納めさせてはくれませんでした。 . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

秋の消息Ⅳ 

「秋の消息」第4回です。ホテルウィンザーは洞爺湖を見下ろす高い丘の頂上に建てられています。そこからは東西南北に眺望が聞き、四方それぞれの風景の表情が楽しめます。湖畔に降りたら昼食です。パン工房ゴーシュ+CAFEさんで、おいしいランチとコーヒーをいただきました。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

缶詰から覗く洞爺湖

9月23日から今日9月25日までの2泊3日。洞爺湖畔のホテルに缶詰め状態の比較的大きなイベントにちょこっと関わる仕事で出張して来ました。せっかく洞爺湖に行ったというのに、3日間ホテルから一歩も、(湖畔の散策路にさえ)出ず、完全に缶詰状態で、ホテルの中のみ走り回ってきました。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

大地疾走3 かなやま湖畔で

北海道には、本州以南の峠のような、細かいカーブの連続するテクニカルなワインディングは、実は少ない。おそらく、そうしたはっきりした道路網を作るのが遅かったため、急勾配でも直線的に引いていくという、いわゆる弾丸道路が多くでき、代わりに緩い勾配で斜面の畑や棚田の間を丹念にたどりながら、村々をつないでいくような道が少なかったのだろう。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

早起鳥の花逍遥4 洞爺湖の桜

室蘭市の崎守の桜から再び洞爺湖に戻ってきたのは、午前7時半過ぎだった。洞爺湖は、そのほとりをぐるっと車で一周できる。今日は朝、湖の東半分を走って南下し、今度は西半分を走って北上していくことになる。ゆっくり流すのに最適の、とても気持ちのいい道だ。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

早起鳥の花逍遥1 洞爺湖の梅

目が覚めたら午前3時半だった。身支度をしてGPZのカバーを取り、濡れた路面を走り出す。濃霧の中、中山峠を越え、喜茂別に下っていく。霧は晴れ始め、今にも降りそうな曇った雲の下で、夜は明けていた。そのまま止まらずに洞爺湖まで走る。洞爺湖は静かな朝を迎えていた。 . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

支笏湖。夕照。

支笏湖の夕暮れ時。湖の南側にある高い二つの山は、樽前山と風不死山。今も時折煙を上げる活火山である。4月1日。息子と妻を新千歳空港に迎えに行く僕は、夕方の混雑を避けるために、通常の国道ではなく、山中の支笏湖を回っていく道を選んだ。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今日の支笏湖

3月26日。今日の支笏湖畔の風景です。他に支笏湖への道と偶然会ったキタキツネの写真も掲載しました。 . . . 本文を読む
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

9月の歌2 洞爺湖の眺め

細川たかしの像に別れを告げたら、洞爺湖に向かうことにしよう。真狩村から洞爺湖に向かうにはルートはいくつかあるが、今日は道道97号と農道をつなぐルートを走った。洞爺湖には、阿蘇のミルクロードのように、何箇所かカルデラ内側を眺望できる展望台があるのだが、そのうちの一つ、サイロ展望台に立ち寄った。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

壮瞥滝

このブログでも何回も訪れている洞爺湖は、私の大好きな湖です。洞爺湖は巨大なカルデラ湖で、湖の周囲は切り立った外輪山。中央に中島があるドーナツ型の湖です。いくつかの川が流れ込み、そして湖からは一つの川が流れ出しています。その流れ出し口にあるのが壮瞥滝です。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ