goo

リーンとロール軸(4)

ロール軸があるとして、どうして「それに沿った動き」などと意識しなければいけないのか。
それは、走りが高速になってくると、ロール軸に沿った入力でなければ、リーンがとても重くなったり、
カーブに向けてバンクしたのに、曲がり始めてくれなかったり(!)、
リーン自体に転倒のリスクが増えたりと、危険なことが多くなるからです。

実用的なことで言えば、ロール軸に沿った入力をしたほうが疲れないし、正確にカーブを曲がれるし、無駄がないので、美しい。
まあ、平たく言えば、かっこいい、華麗なライディングになる…ということですね。

ここで、一般的な状況で、ロール軸に沿ったリーンの動きがどうなるか、おさらいしておきましょう。

上の図は、バイクの重心とロール軸を模式的に示したものでした。
走っている状態のバイクは、無理な力を加えなければ、後輪の接地点と、エンジンのクランク軸あたりを通って前方に抜けていく斜めのラインを通る「ロール軸」を回転軸として、バンクの動きをする、というのが、前回のお話です。
さて、そのとき、ライダーはその動きをどう感じるか、
ライダーは車体のバンクとともにどのように動くのか、
というのが、今日の内容です。


上の図は、正面やや斜め前から見た、左カーブへの倒しこみ時のイメージです。
ロール軸を回転軸として、後ろ側上方が回転し、弧を描きながらコーナーの内側へと倒れて行き、
前方、フロントフォークの下部、前輪側はやや外側に触れつつ、同時にフロントに舵角がついて旋回をはじめ、
感覚としては、前輪がやや(ほんのわずか)車体(後輪側)に遅れて旋回してくるように感じます。
実際には、フロントタイヤは外側に弾かれたりはしません。
実際の無理のないリーンの動きでは、ロール軸自体が倒れながら内側に(この場合左側に)曲がっていくので、フロントは少し遅れてついてくるだけなのです。

しかし、力ずくで、無理やり倒しこんだりすると、ロール軸の向きを変えないまま、車体だけロールさせるような入力になってしまい、フロントが外に弾かれるような動きとなり、バンクしようとしたとたんに、車体がぶるぶる震えて曲がらなくなったりすることもあります。

なぜ、バイクを傾けるのか。
それは、カーブを曲がるため。進行方向を転換して、車体の向きを変えるヨー運動を起こすためです。
それを忘れ、ただ寝かしこもうと間違った入力をライダーがしてしまうと、バイクが寝ても曲がらない、危険で怖くて効率の悪い走りになってしまうこともあるのです。

無理なく曲げる。無理なく倒す。それが大事。
安全で、効率的で、かっこいい。美しいコーナリングアプローチは、ロール軸に逆らわないリーンが必要なのです。


左カーブのロール方向の動きを、今度は後方から見てみます。
赤いロール軸を中心に青い円弧のような回転運動をしながら、バンクしていくのが、バイクの倒し込みの動きです。

この図だと、ライダーの上体、右足などは弧を描きながら左に回転しながら倒れて行きますが、
ライダーの左ステップ、この場合の左ひざ、などは、旋回しながらロール軸の下に入り込んでいくような回転をするように見えると思います。

ここで注意!です。
もしもバイクが、ロールしてもヨー運動を起こさない、つまり、倒れるけれど曲がり始めずに直進してしまうなら、上で述べたような、ロール軸の下に入りこんでいくような回転になります。
実際に、ロール速度だけ上げていくようなライディングではそういうことも起きてきます。
そういう人は直線のブレーキングからいきなりバンクし、バンクしてからタイヤのグリップにモノを言わせてぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅーっと曲がっていきます。
でもこれは無駄、無理が多い。

理想とすべきは、ロールと同時にヨー運動も起こり、バンクすると同時に車体前側が左に左に回転してくるので、ライダーはロール軸の下側に入り込むような感覚を受けず、
ただ、コーナーの内側に身体が落下していくのを、旋回して来るバイクが受けとめ続けてくれるような、そういう感覚になります。
その気持ちよさ。

タイヤにも過重な負担をかけず(「荷重」はかけてますよ^^)、
変に力むこともなく、ただふわっと体重をイン側に預けていくだけ。
それもパッと見では、何もしていないように見えるのに、
バイクはしなやかに、力強く向きを変え、鮮やかにバンクして旋回していく…。

これこそ、公道での華麗なコーナリングといえましょう。

その体重移動、そしてリーンには、今度はライダー自身の重心を掴み、それをコントロールするライディング技術があるのですが、それはこのシリーズの後半でお話します。


さて、この図は上から見た図です。
ロール軸に沿ったリーンをしていると、ライダーは全体が真横に倒れていくと言うよりは、ステアリングヘッド付近を支点として、後ろ側がスイングしながら内側に倒れていくような動きに感じます。

しかし、これも、バイクを動かぬ基本として考えた場合で、実際にはステアリングヘッドもコーナーの内側に、倒れると同時に向いてきますので、
コーナリングでは倒れると同時にフロントが遠回りしながら車体の後を追いかけてついてくるような感じです。

最新のスポーツバイクでは、キャスターが立ち、スイングアームが長く、重心が低いので、「フロントの遠回り」の感覚はほとんどなくなっています。
両輪がオンザレールのように、内輪差がない状態で旋回する感覚になります。
(私のGPZ1100は、まだ前輪遠回りの感覚が残っているバイクですね。)

しかし、上の図の後ろ側がスイングしながら倒れていく感覚は、乗車時に分かりやすい認識だと思います。
この図から、「コーナーへは肩から入れ」といわれた訳や、
「コーナー内側にダイブするように身体を入れろ」といわれる意味が、読み取れるのではないかと思います。
またはハングオフするときに
「真横にずれるのではなく、斜め前に下りろ」と言われる訳も。
(これには、他の理由もあるのですが、ロール軸に沿った動きと言う意味<も>あるということです)



実際のロールは、高速になるとロール軸が上に上がってくる傾向があったり(ジャイロ効果が高まるため)、
ライダーの前後の荷重コントロールによって軸が上下したり、わざと後輪を外に振るようなロールをしたりする場合もレースなどではあったりして、あまり一概に、また一律に、決め付けて話すような内容ではありません。

しかし、スポーツや武術で、身体の軸(それが一軸であっても二軸であっても)を意識して動きをチェックしていくことが有効なことが多いように、バイクライディングにあっても、カーブでのリーンの動きにロール軸があるということを意識して、無理のないように入力するようにしてみることは、そのトライを通して多くのことをライダーに教えてくれると思います。

バイクライディング上達の1つの思考ツールとして、「ロール軸」の考え方は今日でも有効だと、私は考えています。
(つづく)

ライテクインデックスⅢへ。
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )
« 走りたいなあ… 雪解けすすみ »
 
コメント
 
 
 
質問です (とあるZRX1100乗り)
2010-03-29 23:27:32
はじめまして。
大変興味深く読ませていただいております。
イラストも凄くわかりやすいです。

が、上から見た図のトコロなのですが

>しかし、上の図の後ろ側がスイングしながら
>倒れていく感覚は、乗車時に分かりやすい認
>識だと思います。

読んでいて少し混乱してまして、

右にバンク(ロール)させた場合
ステアリングヘッドを支点として見た場合
後ろ側がどちらに振られるように感じる
のでしょうか?
バイクが右へ旋回するのですから左側にスイングする感じなのでしょうか?
バイクを倒しこんでいく時に後ろ側がスイングしていく感覚はちょっと私にはわからないので
・・・
変な質問すいません。

 
 
 
お詫びして訂正します。 (樹生和人)
2010-03-30 07:18:16
「とあるZRX1100乗り」さん、こんにちは。
お読みいただき、そしてご質問いただき、ありがとうございます!

ご質問の件、実はコーナリング時、実際のバイクの動きと違うところがありまして、それで混乱されたのだと思います。
まずはお詫びいたします。

さて、「右にバンクした場合、車体後方はどちらに振られるか?」ですが、この答えは、
「右側にスイングしつつ倒れる」です。

ステアリングヘッド付近を動かない支点としてとらえた場合は、リヤタイヤの接地点とステアリングヘッド下を通るロール軸を回転軸としてロール運動を起こしますので、車体の後方・上方は右側に回転しながら、スイングするように動きます。

右コーナーに入るときに車体後部を左に振るのは、モトクロスなどでフロントを軸としてリヤをアウト側に振り出す、四輪で言えばブレーキングドリフトのような場合になります。
基本的なグリップ走法の場合は、グリップしているリヤタイヤの接地点とステアリングヘッド下を通るロール軸を回転軸にロールの動きが起こり、車体後方は内側にスイングします。

しかし、それはバイクを基準として考えた場合、自分が倒れて(バンクして)いく動きがそのように感じられるはずだということで、
実際のコーナリングでは、傾くと同時に車体のヨー運動(=つまり向きが変わる運動です)が起こり、ステアリングヘッド付近が動かないのではなく、右に向きを変えていきます。

ですから、「バイクを固定して考えれば」、「ライダーはステアリングヘッド付近を支点として後方を振りながら内側へ倒れていくような動きが感じられる」のですが、
路面(地球)を基準に考えれば、バイクは倒れながら(=ロール運動をしながら)右に向きを変えていく(=ヨー運動をする)ので、
そのように見る場合、「上から見た図」のように単純に感じられるわけではありません。

そのあたりで混乱が生じたのかもしれません。
だとしたらそれは「とあるZRX1100乗り」さんのせいではなく、私の記事の責任です。

「とあるZRX1100乗り」さんのご質問から
「上から見た図」の間違い、問題点も見えてきました。
この図は、直立したまま後方が弧を描いてスイングしているように書かれていますが、本当はリヤタイヤの接地点はこの図の場合動かないので、左右に触れた部分の絵は、右側は右に傾いて、左側は左に傾いて描かれなければならないのでした。
その不正確さが、「とあるZRX1100乗り」さんの混乱を招いてしまったのだと思います。

改めてお詫びいたします。
すみませんでした。
(「上から見た図」は正しい図が出来たら、下に訂正版をUPします。)

正確に言えば、右コーナーへの倒しこみの場合は、
車体が倒れると同時にロール軸事態が右へと方向を変えていき、その動くロール軸に沿ってバイクとライダーはさらに傾きながら旋回していくことになります。
(これがまた、わかりにくいかと思います。
(次回、なんとか図解したいと思います。)

しかし、ご指摘いただいたおかげで、図の間違いに気づくことができました。

「リーンとロール軸(5)」は、路面を基準にしたときのロールとヨーの動きについて書く予定でした。
この3次元の図が描けなくて記事のUPが遅れているのですが、
「とあるZRX1100乗り」さんのご質問を踏まえて、出来るだけ正確で、できればわかりやすい記事にしたいと思います。

ライテク記事の次回更新までまだ少し時間がかかると思いますが、どうぞご勘弁ください。

私の返答は「とあるZRX1100乗り」さんのご質問にちゃんと答えられているでしょうか?
ますますわかりにくくなったような気が…。

また、不明なことや、おかしなところなどありましたら、どうか、ぜひご指摘下さい。

「とあるZRX1100乗り」さん、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
Unknown (とあるZRX1100乗り)
2010-03-31 18:10:51
たいへん御丁寧なご説明ありがとうございます。
また更新を楽しみにしております。

バイクを力まずにスコーンと寝かしこんでる時はロール軸に沿ってる感じが確かにします。
(狭い道や急な下り坂などでは力んでしまってうまくいかない事が多いですが)
 
 
 
力を使わないライディング (樹生和人)
2010-03-31 19:52:48
とあるZRX1100乗りさん、ありがとうございます。
次回更新は週末頃となると思います、どうかお待ち下さい。

「力まずにスコーンと寝かしこむ」ことが出来ているときが、たぶん理想的な無理のないリーンの状態だと思います。
その「うまく行った時の感覚」を身体で覚えて、徐々に無駄な力みをいろんな場面でなくしていくことが、安全で、疲れず美しいライディングへとつながると私は考えております。

ZRX1100の場合、低速の狭い道でのターンでは、バイクだけを身体の下で遊ばせるように倒しこむ、リーンアウトに自然に持っていくようにすると、くるっと小回りしてくれると思います。
始めはもどかしくても、もう一段進入速度を落とし、四つ角を曲がるようにターンすると、きれいにきまることが多いようです。
慣れてきて、進入が遅くて物足りなく感じたら、はじめて進入速度を上げていくとうまく行きます。
苦手な人の多くが、早く走らねばという強迫観念?に迫られ、全体的に速度を上乗せしようとして、曲がり始めを苦しくしているように思うのです。
速度の上乗せはコーナーの脱出-立ち上がり加速の部分からトライするのが、安全で速く、気持ちいいライディングだと、私は考えています。

柏秀樹氏のライディング論ではそのようなことを述べられることが多いと思います。

ああ、また余計な事をおしゃべりしてしまいました。
申し訳ありません。
失礼の段、どうぞお許し下さい。
 
 
 
うむむ・・ (とあるZRX1100乗り)
2010-03-31 21:50:02
>>リーンアウトに自然に持っていくようにする
>>と、くるっと小回りしてくれると思います

度々の返信ありがとうございます。
長年ダラダラとバイクに乗り続けてきた私なのですが、最近リーンウィズ(と自分が思ってた)普通に交差点とかを右左折する時のフォームが結構リーンアウト気味だったのに気づいた次第です。
自分では若干(というか結構)リーンイン気味だろうという位置に頭を持っていってようやく
見た目がウィズだったという…
矯正前の感覚で「それじゃあリーンアウトで」
となると凄くおかしな感覚になってしまい、ますます混乱(当たり前ですが)

人によっては逆の方もいるでしょうし、その場合、雑誌等のライテク記事での読む側の感覚的な記事の捉え方は物凄い違った物になる可能性があるのだな~等と思いました。

いずれにしてもバイクの運転は奥深くおもしろいものですね。
 
 
 
無意識に (樹生和人)
2010-04-01 18:14:00
とあるZRX1100乗りさん、こんにちは。

無意識のうちに、力むことなくリーンアウト気味になっていたのであれば、前回の私のコメントの内容はもうすでに実践されていたのではないかと思います。

バイクは、無駄に力を入れず、バイクを動きを感じるようにして操作していくと、次第にそのバイクにとって一番効率のよい操作になっていくように出来ているらしいです。

理想は、ただ、曲がろうとする、ただ、乗っている、という境地、それでいて自由で自在な操作が出来ている境地なのですが、私の場合、道ははるかに遠いです…。

おっしゃるとおり、ライテク記事の表現は、人により受け取り方ががらっと変わってしまうこともあると思います。
出来たときがわかったとき、という場合も多く、このできかた、わかり方も千差万別で、なかなか難しいですね。

言葉にすると、どうしてもあいまいさや間違いが入り込んでしまうのですが、それでもライテクについて考え、いろいろ試すことが好きなので、これからも、書いて行きたいと思っています。

とあるZRX1100乗りさん、どうぞこれからもよろしくお願いします。
 
 
 
Unknown (けんごう)
2019-07-29 08:16:06
こんにちは
「バイク ライディング フロント 遅れ」
でヒットして参り、じっくり読ませていただきました。

大変丁寧な文面かつ、分かりやすい内容で好感が持てます。「コーナーには肩から入る」というところは昔、片山敬済氏のライテク本から学んだ記憶が残っており、今でも実践しておりますが、あらためて認識しました。

また寄らせていただきます。
 
 
 
ありがとうございます。 (樹生和人)
2019-07-29 20:29:46
けんごうさん、こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。

この記事を書いたのが2010年、今、2019年でほぼ10年が経とうとしています。
その間、タイヤもバイクも進歩し、電子制御がかなり浸透し、ライテクもかなり変わってきました。
しかし、二輪でフロントに操舵装置を持つ車体をバランスして走らせるという基本は変わっていないので、この「リーンとロール軸」の記事もまだ有効な部分が残っていると、私は考えています。

とはいえ、私自身、ただの一素人にすぎません。
どうぞ、批判的にも読んでいただき、この記事の有効性はご自分で判断くださるようにお願いいたします。

このようにごらんいただき、コメントをいただけるのは、書き手として非常にありがたく、うれしいことです。
けんごうさん、ありがとうございます。

質問や、ご指摘等ありましたら、コメントください。
返信が遅れることもありますが、必ずお返事いたします。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。