goo

北へ。補遺

さて、何はともあれ帰らなければならない。帰路もまた、立派な旅の一過程であるのだが、今回は、あの道を見て引き返そうと思ったとき、今回の旅が終わったことを、感じていた。だから帰路は、ひたすら帰る途だ。安全に、最小限の疲労で、できれば明るいうちに、帰宅したい。 . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

北へ。(4)宗谷丘陵道道389

今日、北へ走ろうと決めたときから、折り返し点として心に浮かんでいたのは、北の果て、宗谷岬ではなく、その岬の背後に広がる宗谷丘陵だった。宗谷岬まであとわずか数キロのところから海沿いに別れを告げ、内陸に入っていく道がある。 . . . 本文を読む
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

北へ。(3)抜海、広域農道ミルクロード

道道106号線に別れを告げ、稚内市市街地と野寒布岬をパスして宗谷岬を目指す道に入った。抜海から道道510号線へ。宗谷本線の踏切を渡って、広域農道へ。この農道は通称ミルクロードと呼ばれる。牧草地帯を抜け、小さな峠を越えて国道40号線へ出る、わずか5、6キロの道だ。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

北へ。(2)道道106号線

天塩の街を出て、天塩川の河口大橋を渡ると、やがてサロベツ原野の中をどこまでもまっすぐな道が北へ伸びていく。北上すると、右にサロベツ原野、左に日本海。道以外の人工物がなくなり、そのうち、街灯も電線もガードレールもなくなり、ひたすら道だけが北へ、北へ伸びる道となるのだ。 . . . 本文を読む
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

北へ。(1)R231,R232

闇の中に、メーターの文字が浮かび上がる。住宅街、暖気はできない。 坂道を利用して、惰性で下っていく。しばらく下ったところでチョークを引き、3速でクラッチをつなぐ。GPZはすぐに目覚める。そのまま、時速20キロで下っていく。 . . . 本文を読む
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

北へ。(序)

朝、3時半、小雨の中、家を出る。絶対に無理はしない。無理はできない。でも、今日は、遠くまで走るんだ!3連休天気には恵まれなかった北海道だが、北の方は晴れると聞いていた。北へ!今日は走れるだけ走るんだ。本日の走行713.2㎞。帰宅、午後4時35分。14時間5分のライドだった。 . . . 本文を読む
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )

IPONEオイル、全日本長島選手をサポート

IPONE(イッポン)はフランスのオイルメーカー。日本での知名度は低いものの、たとえばKTMのワークスパリダカチームに採用されて、パリダカを制覇したり、ヤマハフランスのレーシングチームに採用されたり、とにかく高性能で名を馳せているオイル。今年、全日本SS600クラスにチャレンジする長島修一選手をIPONEオイルはサポートします。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ナツツバキ咲いて

おとといの朝、庭のナツツバキの花が咲き、その中に一匹の蜂が、蜜を集めに来ていました。昨夜の雨が残り、ぽつぽつと、今も降る小雨の中、羽音をさせて、蜜を探す蜂でした。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お帰り

今日7月7日は七夕でした。子どもが小さい頃は七夕もしたものでしたが、高校生になった今では、七夕は、家ではすることはありません。 . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

免許更新と幌見峠

今日はいわゆる代休日でした。 土日の仕事も続いていたので、ほんの少し、気を休められる代休はありがたい。 今日は免許更新に行ってきました。 訪れたのは札幌市の運転免許試験場。 しばらく来ない間にいろいろ変わっていました。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

バイクバイトの話。

昔話で、いろんなバイトの話を始め、バイクの特急便のようなこともやってた思い出を話し始める君。でも、樹生君は疲れているようで…。 この話は、フィクションです。(写真もなく、文字だけの記事です。) . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )