goo

GPZ花暦 秋

GPZ花暦。秋編です。去年の秋から冬は仕事に追われ、体調も崩しがちで、あまりツーリングに出られませんでした。北海道の秋は、意外ときれいな花が多く、「花大陸北海道」なんて言葉も最近はあるらしいのですが、去年の秋は、花とGPZのツーショットは殆んどなし。今年の秋はちゃんと花も、GPZも撮りたいと思います。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

GPZ花暦 夏

GPZ花暦。今回は夏。去年の夏は花とGPZを一緒にとる機会があまりありませんでした。とくに意識しなかったせいかもしれませんが、富良野、美瑛の夏の花を見に行かなかったせいも大きいかもしれません。真夏の花街道はすごく混むので生きたくない気持ちになってしまうんです。今年はちょっと行こうかな。写真は、麦秋、ジャガイモの花、キカラシ、名を知らない野の花をUP。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

GPZ花暦 札幌June

愛機GPZと、旅先で出会った花とが一緒に写っている写真をUPするこのシリーズ。第2弾は、札幌市内で6月に撮影したものです。札幌市には「札幌ジューン」という言葉があります。それは、「札幌の6月」。札幌の6月があまりに美しいのでできた言葉だとか。風は爽やかに吹き、空は青く、花々が一斉に咲き出す…。 6月は、北海道のバイク乗りにとっても、待ちに待った季節なのです。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

GPZ花暦 春

2007年ツーリングシーンから、GPZ1100と花が一緒に写っているものをセレクション。 今回は「春」編です。 2007年5月10日。千歳市郊外。タンポポと。遠くに雪をかぶった山並み。 2007年6月2日。洞爺湖畔の道。曇り空。咲いてた桜。午前9時。 2007年6月2日。洞爺湖畔の道。曇り空。咲いてた桜。午前9時。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

セレクション07 GPZ旅の空の下

今年もGPZはよく走ってくれました。 ON THE ROAD.バイク乗りの至福の時間。 今年のツーリングシーンから、路上のGPZの写真をアップしました。(一枚スクロールしないと見られない写真が混じってますがご愛嬌ということで…)春夏秋、北海道の路上から見た、名所でもなんでもない風景ですが、こうした出会いがあるから、バイク旅はやめられないのです。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

セレクション07 愛機に捧ぐ

愛機、GPZ1100。95年型。広島、『カワサキショップ・キティ』で新車購入後、13年。ずっと僕の相棒を勤めている。走行距離、8万6千516㎞。92年3月9日の転倒事故。マシンはZZR400。両鎖骨骨折。左肩甲骨骨折。右肋骨7本骨折。右肺出血による血気胸。頚骨のズレ。腰椎のズレ。地方の病院から大病院で転送され、すぐに集中治療室に。駆けつけた婚約者に医師は、今夜がヤマです、と言った。 . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

セレクション07北海道の樹その4

セレクション07、北海道の樹その4は、9月末から11月1日まで、秋の樹たちです。偶然見つけた個人の記念樹、穂別仁和のカエデ 。 アイヌ民族の聖地、平取にある、義経伝説を背負った義経神社の栗。 秋の札幌小金湯不動の再訪。老舗の温泉宿の解体。 札幌市南区の中心街にある、真駒内南小学校のミズナラ。 アイヌ語の地名がそのまま使われた、ペップトのカシワ。 見事な紅葉の野幌森林公園の中に訪ねた、野幌の栗。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

セレクション07北海道の樹その3

セレクション07 北海道の樹その3は、夏から秋の初めに訪ねた6本を掲載。 今年訪ねた巨樹で唯一移植されていた砂川の水松(イチイ) 夏の札幌小金湯不動の再訪 幌里小学校あとのハルニレ再訪 炭鉱跡の町、幾春別のハルニレ 今年訪ねた最も大きな樹、黄金水松 小さな美しい里を見下ろす丘に立つ、新城の三本ナラ 季節は真夏から秋へ。 . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

セレクション07北海道の樹その2

北海道の樹セレクションその2は5月26日から7月16日までの記事に載った6本。 雨の中、不思議な体験をした幌内神社のエゾイタヤ、 ゆるーい巨木、伊達松ヶ枝のサイカチ、 荒れ果てた神社の境内に立つ祝津恵美寿神社の山桑、  雨、山の中、神々しく巌のように立つ黄金山のイチイ、 千本の枝はまるで悲しみの千手観音。御利益で有名千本ナラ、大洪水の時、濁流の海の中で人を守った栗山町の一本木。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

セレクション07北海道の樹その1

今年は私のバイクライフの中でも記念すべき年になりました。このブログを始めたこともその一つですが、これから数年間は続くと思われる道内ツーリングのメインテーマが定まった年でした。それは道内の巨樹を巡るツーリング。このセレクションは、訪ねた樹たちの写真一枚と、訪れるごとに詠んだ五七五とをペアにしてダイジェストしたものです。 . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

セレクション07湖その2

2007年にバイクで巡った北海道各地の写真を改めて構成し、ご紹介するセレクション07シリーズ、「湖」第2回は、道東の湖、屈斜路湖と、オンネトーです。 上の写真は、屈斜路湖を見下ろす、美幌峠からの眺望。 真夏の午前中。美幌峠は峠道の美しさでも有名です。 上の位置から左に視野を振ったのが下の写真です。 逆光気味で上手く撮れませんでした。 写真右手から道がたおやかな曲線で左奥へ消えて行き、見え . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

セレクション07湖その1

2007年も残りわずかになりました。 今年、GPZと巡った北海道各地の写真を改めて構成するセレクション07シリーズ、今回は「湖」です。 北海道には多くの湖があります。 今年私が巡ることができたのは、ほんのわずかなものでした。 今日はそのうち、何回か訪れた支笏湖と洞爺湖をUP。 . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

セレクション07羊蹄山2

喜茂別町国道276脇。早春。昼。 北海道では、赤松、黒松は函館などの道南方面を除いてはあまり見られない木です。 本州の松も殆んど植林されたものですが、道内では自生の松を見ることは殆んどありません。 ただし、トドマツやエゾ松となると話は別です。自生、植林、いたるところに、という感じです。 この写真の松は、はっきりとはしませんが、赤松の仲間のような気がします。 おそらく、ここに入植し畑を作った初代の人 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

セレクション07羊蹄山1

少し長いインターバルをいただきました。 予定より一日早いですが、今日から更新再開します。 2007年に撮ったシーンから、セルフセレクションでお送りするセレクション07シリーズ、夕景に続いて第2弾は、羊蹄山です。ライダーは、新しい道、知らない土地へと走り続けたい願望を持っているものですが、この山は、同じ場所でも、何度でも訪れてみたくなる、そんな山でした。季節を変えて、同じ位置から撮った写真を、今回は載せました。この二つの位置は、20年前から私のお気に入りの場所です。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

夕景セレクション07<4>

夕景セレクション07 最終回は、10月26日の羊蹄山の夕景です。 羊蹄山は私の好きな山です。今年も何回か訪ねました。 よく晴れた日、中山峠から見る夕焼けの羊蹄山はとてもきれいなのだそうですが、この日、夕日が山の稜線に落ちて空が赤く染まるまで、あと30分が待てなかった。 帰らねばならなかった。そのことがとても残念でした。また、来年チャレンジしようと思います。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ