気になる事  blueのためいき

日々気になる事を記します。
共感してくださる方もそうでない方もちょっと立ち止まって考えて頂ければ、うれしいです。

古賀茂明氏 スピーチ SEALDs【戦争法案に反対する金曜国会前抗議行動】2015.7.10 @国会正門前

2015-07-31 16:09:03 | 動画

 

古賀茂明ってこんな人だったんですね。

やっぱりと言うか、何と言うか…。

若者達に崇められて得意気になっているみたい。

ま、印象ですが…。

でも、ちょっと調子に乗り過ぎじゃないでしょうか。

 

古賀茂明氏 スピーチ SEALDs【戦争法案に反対する金曜国会前抗議行動】2015.7.10 @国会正門前

 

古賀茂明氏、朝日放送(テレ朝系列)では重宝されているみたいです。

平日夕方放送の「キャスト」のコメンテーターを務めています。

MCの浦川アナと国会前の集会を取材したようです。(26日の取材?)

「初めて市民一人一人が、自分の気持ちで参加した 
ある意味、民主主義の一番の原点だと思うんです」だって。


古賀さんと見た国会前デモ

6:16~  

   東尾理子さんのコメントが少しだけあります。

   石田純一とは似た者夫婦、夫婦共々朝日放送は重宝しているんでしょうね。


ご訪問ありがとうございます。クリックして応援お願いします。

    にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ 

     にほんブログ村

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安全保障関連法案に反対している学者達、政治家達、学生集団、そして有名人達は自己中心過ぎ?

2015-07-31 12:51:04 | つぶやき

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村

     

中国公船2隻、尖閣沖領海に一時侵入

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、29日午前8時59分頃から同9時5分頃にかけ、中国海警局の公船2隻が沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島沖の領海に侵入した。

 いずれも約1時間50分後に領海を出て、午前11時現在、接続水域(領海の外側約22キロ)内を航行中。この2隻は24日にも領海に一時侵入した。

 29日午前7時15分頃には、中国の海洋調査船1隻が尖閣諸島・大正島沖の排他的経済水域(EEZ)内で、棒状の物体を海中に投入するのを、海上保安庁の巡視船が確認した。巡視船が中止を求めたところ、調査船は物体を引き揚げた。調査船は午前8時30分現在、EEZ内にとどまっている。

 

中国機、2日連続通過=沖縄―宮古間、領空侵犯なし―防衛省

 防衛省は30日、中国軍の爆撃機など4機が沖縄本島と宮古島間の公海上空を通過し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。2日連続で、領空侵犯はなかった。連日にわたる中国機の両島間の飛行は2月以来。

 統合幕僚監部によると、30日午前から午後にかけ、中国軍のY9情報収集機1機とY8早期警戒機1機、H6爆撃機2機が両島間を通って東シナ海から太平洋に出た後、反転して同じルートで中国側に戻った。 

 
 
29日に中国公船2隻が尖閣諸島沖に領海侵入し
 
同日中国調査船1隻がEEZ内で何らかの海底調査をしています。
 
また接続水域には24日から5日間連続で中国公船2隻が入域しています。(7/29現在)

 《海上保安庁:中国公船の動向》   7月

 
 
 
 
 
 
中国の脅しは海だけにとどまらず、空にも及んでいます。
 
領空侵犯ではなかったようですが沖縄本島と宮古島の間、空白地帯を
 
爆撃機2機を含む中国軍機4機が通過し、自衛隊がスクランブルをかけています。


 
 
中国は空域、海域両方で太平洋側に出る道を押さえておきたいという事と
 
そして隙あらば尖閣も奪いたいと思っているのでしょう。
 
これらの中国の動きはあまり報道されませんが、
 
安保法案に反対している学者たち、政治家たちはこの中国の動きをどう見ているのでしょう。


            
 
 
             
 
 
 
 
国益を無視し、戦争反対と的外れの集会をする人達。
 
あの集会に純粋の日本人は何人いるのでしょう。
 
日本の将来を真剣に考えている人は何人いるのでしょう。

 
日本人なら、もう少し現実に目を向け国を守る事はどういう事か
 
もっと考えてもらいたいです
 
 

 
ご訪問ありがとうございます。クリックして応援お願いします。

    にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ 

     にほんブログ村

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

西村眞悟氏からメルマガ、時事通信『従来の法的安定性は未来に通用しない』 が届きました。

2015-07-31 11:10:10 | つぶやき

従来の法的安定性は未来に通用しない

                               平成27年7月31日(金)

 このごろ、首相補佐官が「法的安定性」に関して何か言ったと野党が五月蠅い(七月蠅い)。
 何を言ったのか、と思っていたら、
 おおよそ、国を守ることの方が法的安定性を守ることより大事だ、と言ったようだ。

 あたりまえではないか。その通り。

 そやけどなあ、もう少し、アホに分かるように言っておればよかったなあ、と言っておこうか。
 従来の社会党的な法的安定性を守れば、
 国家と国民を守ることができなくなる、とか。
 
 しかし、当たり前のことを言ったのだから、堂々と弁明するべきは当然である。
 幸い、参議院の特別委員会でその機会が与えられるようではないか。
 鴻池委員長、その際は、果敢な采配を頼むよ。
 委員会は、アホの質問者によるプロパガンダの場ではないのだから。

 従来の社会党的な法的安定性が、この先、守られ続ければ大変である。国が滅ぼされる。
 社会党的な法的安定性とは、
 「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼すれば」(憲法前文)平和だという安定性。
 「憲法九条があるから平和が続く」という安定性。

 この安定性のなかで、北朝鮮はやりたい放題、日本人を拉致した。
 この安定性のなかで、今の野党の幹部連中は、拉致された日本人の救出問題に蓋をしていた。
 この安定性を守るために、拉致被害者救出と尖閣防衛が、国防問題であるという本質が無視された。

 さて、前回、言い残したことを言っておく。

(1)我が国は自衛権を保有している。従って、それを行使し得る。
(2)その自衛権には、個別的自衛権と集団的自衛権がある。
(3)自衛隊は自衛権を行使する組織であり、内閣総理大臣がその最高指揮官である。
(4)自衛権を行使する自衛隊は、国際の法規および慣例に従ってそれを行使する。

 以上の四つの項目の内、(4)についてもう少し述べたい。
 つまり、自衛権を行使する自衛隊は、国際の法規および慣例に従うのであるが、
 国内法との関係は如何にということである。
 
 それは、ネガリストの関係に立つ。
 つまり、自衛隊は、法律で明確に禁止されていること以外は、総て行使し得るのが原則となる。
 これに対して、警察はポジリストで動く。
 つまり、警察は法律で規定されていることだけができて、規定されていないことはできない。

 我が国の国防に関する議論の錯綜は、
 ネガリストで運用すべき自衛隊を、
 警察と同じポジリストで運用しようとしているところからもたらされる。

 「国家と国家」もしくは「国家と非国家組織(例えば国際テロ組織)」の間には、
 法律はないのである。
 かろうじてあるのは、国際の法規及び慣例だけである。
 テロ組織との間にはこれもない。
 そして、自衛隊が運用される国防という事態は、まさにこの分野である。
 従って、自衛隊はネガリストで運用されることになる。

 領土を奪いにくる国家に対して、
 国民を奪いにくる国家に対して、
 国民を殺そうとするテロ組織に対して、
 彼らを撃退して国家と国民を守るのが国防つまり自衛権発動の分野であり、
 この分野に両者を律する法律はなく、自衛隊はネガリストで運用される。
 従って、この分野には法的安定性の概念自体がないのである。 


国を守る事と法的安定性を守る事。

どちらも大事です。

どちらか一つを選べ、と言われたら国を守る事を選ぶでしょう。

しかし、安倍首相は安保法制が違憲だとの指摘に

従来の憲法解釈の範囲内で、将来にわたって法的安定性は確保できる」

「だから憲法違反という指摘はあたらない」と野党に反論しています。

ですから野党やマスコミに付け入る隙を与え

安倍首相を窮地に追い込むような発言は避けるべきです。

 

安全保障関連法案がより多くの国民が理解する為にも

国会議員は地元に帰り説明するのは当然です。

 

地方創生に力を入れている石破さんや小泉進次郎さん、

お二人とも「安保法案は自民党の説明不足だ」と言っていましたが

先週末有権者に説明をしたんでしょうか。

 

礒崎陽輔議員が地元での講演で説明した事自体は

批判される事ではなく当然の事です。

 

しかし船田氏にしても百田発言の関係議員も安倍さんの立場を考えるべきです。

安倍首相を支えるどころか足を引っ張ってどうするんでしょう。

首相が窮地に立たされる事は自分達の立場も危うくなる事です。

その事に気付かない議員は、傲慢だと言われても仕方がありません。

 

礒崎総理補佐官は来週月曜に参考人として参院に招致されています。

与えられた場で丁寧に説明をし、安保法制の必要性も述べる事を期待したいです。

 


 

ご訪問ありがとうございます。クリックして応援お願いします。

    にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ 

     にほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

次世代の党に期待したい。野党第一党の民主党は解党への道を選ぶ事を期待する。

2015-07-31 10:36:25 | つぶやき

次世代の党和田政宗議員は8月2日のNHK日曜討論に参加します。

 

「中国脅威論」正しい=次世代・松沢幹事長

 次世代の党の松沢成文幹事長は30日の記者会見で、安倍晋三首相が安全保障関連法案の理解を得るため、中国の「脅威」を持ち出していることに関し、「現代に侵略行為をしているのは中国だ。中国への抑止力を持つための安保法制にしなければならず、首相が中国の脅威を言うのは正しいと、理解を示した。

 松沢氏は、中国の侵略行為として、南シナ海での岩礁埋め立てや沖縄県・尖閣諸島周辺での領海侵入、日中中間線付近でのガス田開発を挙げた。

 日本を元気にする会の松田公太代表も同日の記者会見で「外にある危機が明確だから、(中国の)名前を出してもいい。悪いことではない」と指摘した。


中国に配慮なのか、中国へ進出している日本企業の安全確保の為なのか

政府は衆院での審議では具体的国名を挙げませんでした。

その結果、時間の割には国民の理解が今ひとつだったようです。

それが世論調査の結果に表れ、政府は危機感を抱いたのでしょう。

参院では「中国の脅威」と何度かハッキリ言っています。

特に次世代の党、和田政宗議員の質問は実にわかり易く

安保法案の内容を理解する人も増えたと思います。(中継を聞いていたらですが)


また衆院での民主党の質問が如何に的外れだったか、よくわかりますし

参院での議論で民主党の駄目さ加減がよくわかります


民主党の主張を聞くと、本当にこの人達は日本の事を考えているのか、

日本より中国の事を考えているのではないか、そう思ってしまいます。

韓国第一だから自ずと中国の言う事に従うのかも。


29日にも民主党の枝野幸男氏が

安倍首相の中国名指し不適切=枝野氏

 「日中首脳会談を模索している状況で、特定の国名を出すことがトータルの

わが国の外交安全保障戦略上、適切だとは到底思わない」と批判した。


これが民主党幹事長の発言です。

6年前の夏、民主党を信じて投票した有権者の皆さん、

民主党がこのような党だと知っていましたか?

 

最近の民主党は共産党化しています。

その証拠に共産系の学生グループSEALDsに共感し

民主党公式サイトに枝野幹事長が集会で挨拶する動画をアップしています。

【#本当に止める】学生団体SEALDsの抗議行動に枝野幸男幹事長か?参加 2015年7月17日


衆院でのプラカード採決事件で委員長の紙を取り上げた寺田学議員

タクシー泥酔事件の後藤祐一議員SEALDsの集会に参加しています。

これらは全て民主党公式サイトに載っています。

またツイッターで有田芳生議員は何度もSEALDsの活動を取り上げています。


民主党は共産党化しているのか、それとも党の生き残りの為に

共産党と仲良くして損はないという発想なんでしょうか。

そして自民党を批判できるなら何でも利用するとも言えそうです。


国益を考えないような政党は早く消滅してもらいたいです。

 

 

ご訪問ありがとうございます。クリックして応援お願いします。

    にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ 

     にほんブログ村

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

朴槿恵の妹の発言 河野洋平に聞かせたいわ

2015-07-31 08:56:49 | つぶやき

    朴槿令さん、日本大使館前の慰安婦像を撤去するよう、お姉さんに言って欲しいです。

            日本への謝罪要求に苦言 朴大統領の妹、発言で物議

 2015.7.30 22:47

「なぜ日本に謝れと言う」朴大統領の妹、槿令氏が苦言 靖国参拝批判は「内政干渉」「慰安婦は韓国が面倒見るべき」  (産経ニュース)

【ソウル=藤本欣也】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領(63)の実妹、朴槿令(クンリョン)氏(61)が30日、「日本の神社参拝は子孫が先祖を訪ねていくものであり、100年前の先祖が悪いことをしたから子孫が参拝をしないというのは人の道にもとる」と日本人の靖国神社参拝を擁護、「韓国がそれに関与しようとするのは内政干渉である」と主張した。槿令氏が同日、日本から帰国した後、ソウルの金浦空港で韓国メディアの取材に答えた。

 聯合ニュースによると、槿令氏は「天皇が頭を下げているのに、なぜ(日本の)首相が替わるたびに謝れと言うのか」と韓国の対応を批判。「日本は韓国の経済発展の基になることをたくさんしてくれたのに、被害意識だけ抱いていては国益にならない」と主張した。

 慰安婦問題については、「元慰安婦をはじめ苦痛を受けた方々に対しては、韓国国民が国内で面倒を見なければならない」と述べた。

 また、「北東アジアの平和実現のために日本は親しくつきあわなければならない隣国であり、解放前の“親日”と解放後の“親日”では概念が違う」と強調した。

 槿令氏は現在、社団法人「韓国災難救護」の総裁を務めている。槿恵氏は2013年に大統領に就任した後、実弟の志晩(チマン)氏や槿令氏を大統領府から遠ざけ、関係が疎遠になったといわれる。槿令氏の結婚に槿恵氏が反対したこともあったとされる。

 槿令氏はこれまでも日本の重要性を主張するなど、日韓関係では肯定的な発言を繰り返している


朴槿恵の妹朴槿令がニコニコ生放送のインタビューに注目すべき発言をしたようです。

●日本人の靖国参拝は当然の事。

●韓国が靖国参拝を批判する事は内政干渉。

●元慰安婦は韓国が面倒を見るべき。

他にも、

日本は公式に4度謝罪した。

首相が替わる度に謝罪を要求し続けるのは不当だ、とも。

 

韓国人が至極常識的で真面な発言をするのは驚きですし、

朴大統領の妹という事で更に驚きです。

この朴槿令さんの発言を日本の左巻き達に聞かせたい。

特に、河野洋平や村山富市に聞かせたいです。

 

尚、この発言は8月4日(月)22時からニコ生で放送される予定だそうです。

 

ご訪問ありがとうございます。クリックして応援お願いします。

    にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ 

     にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹島は日本固有の領土です 2月22日は竹島の日