気になる事  blueのためいき

日々気になる事を記します。
共感してくださる方もそうでない方もちょっと立ち止まって考えて頂ければ、うれしいです。

竹島は日本固有の領土です 2月22日は竹島の日

日朝政府間協議    拉致問題解決に結びついてもらいたい 

2014-03-31 13:08:36 | 期待したい

日朝政府間協議始まる 伊原代表「率直にやりとり」(朝日新聞) - goo ニュース

日本と北朝鮮の外務省局長級による政府間の公式協議が30日、中国・北京の北朝鮮大使館で始まった。公式協議は2012年11月以来の再開で、日本側は北朝鮮に拉致被害者の再調査を求めた模様だ。協議は2日間で、31日は日本大使館で行われる予定。

 初日の協議終了後、日本側代表の伊原純一・外務省アジア大洋州局長は記者団に「真摯(しんし)で率直なやりとりができた」と述べたが、内容は明らかにしなかった。

 日本は、12年の政府間協議で拉致問題の再調査検討で一致した経緯を確認し、北朝鮮に実効性のある調査を求めたとみられる。一方、日本が北朝鮮国籍者の原則入国禁止など独自の制裁をしており、北朝鮮がその解除を求める可能性がある。日本は北朝鮮が再調査に応じる姿勢を示せば、制裁の一部解除も検討する。


_________________________________________

建前は拉致問題の再調査ですが、拉致被害者は北朝鮮にとって大事なカードのひとつです。

調査をするまでもなく、拉致被害者がどこで どんな職に就いているか・・・

いいえ、どんな職に就かさせているか北朝鮮は把握している筈です。

しかし、機嫌を損ねると解決がまたもや遠のくでしょう。

また譲歩するとのらりくらりと情報を小出しにし、完全解決にはなりません。

そこが難しいところです。

出来れば、一挙に解決となればいいのですが・・・・・。

 

安倍さんは今までの政権に比べ、桁違いに拉致解決に心血を注いでいます。

安倍政権に期待したい。

しかし決定打というか妙案があるか、どうなのか。

運とツキとそして巧妙な作戦。

何とかして今年中にも解決してもらいたい。

そして親子で、兄弟で喜び 抱き合う姿を見たいです。

 

 

コメント

"日米韓"首脳会談決定 新報道2001 2014年3月23日(1/3)・3月30日(3/3)

2014-03-31 11:58:44 | 動画

 

フジテレビ日曜朝の「新報道2001」で先週と今週『河野談話』について見直しをするかどうかについて

討論していました。

先週は拓殖大学の武貞秀士教授、救う会会長西岡力氏、総裁特別補佐の萩生田光一氏、民主党の松原仁氏が出席されています。

 

 

 

 

今週は菅官房長官が出席され、政府の考えを述べられています。

 

 

いづれにしても、河野談話を検証し 従軍慰安婦に強制性はなく

吉田清治のフィクションであり、あたかも真実のように世の中に広めたのが朝日新聞、福島瑞穂だという事。

また河野談話を発表するに当たり韓国側からの強い要求に押し切られ、

韓国に対する同情から その場しのぎで日本が大きく譲歩した事。等々を国内外に広めるべきです。

 

この事は 韓国の怒りが収まり、日韓関係が良くなればとの事なかれ主義的発想だった事です。

いわば、駄々っ子が泣き喚き収拾がつかなくなった時、お菓子を与えて機嫌を直す

あのパターンですね。

結果、幼児が成長し我儘を言わなくなるまでお菓子を与え続けなければならない・・・・。

そうです。

韓国は永遠に幼児であり、そして永遠に恐喝するヤクザと同じで始末に負えないという事です。

この負の連鎖を断ち切る為には、日本が変わらなければなりません。

いつまでも韓国の機嫌を取る為、韓国の言いなりになる事を止めなければなりません。

つまり、その場しのぎで改善しても未来永劫脅し続けられる事を学習すべきです。

 

具体的には従軍慰安婦の存在を否定する事

戦時中の賠償は日本が巨額の資金援助をし、韓国に残した日本の資産も韓国に譲り

既に解決している事を世界中にハッキリ言うべきです。

 

世間でリベラルと言われる人は捏造慰安婦に対して同情的です。

(例えば田島陽子氏とか社民党、共産党の方々)

そして日本を責め立てます。

彼らには愛国心が無いのでしょうか。

彼らには日本人としての自尊心はないのでしょうか。

本当に嘆かわしいです。

 

 

 

 

コメント

拉致問題で進展は? 日朝協議きょう再開 新報道2001 2014年3月30

2014-03-30 17:59:00 | 動画

 

<!-- 拉致問題で進展は? 日朝協議きょう再開 新報道2001 2014年3月30 -->

今朝の「新報道2001」に菅官房長官が出演されていました。

「河野談話」についての考えも述べられていました。

 

菅氏は最初日韓関係について

「日本は今までの歴史をさかのぼると、何とか日韓はうまくやりたいと、これは当然の事ですが

その場しのぎで解決して、また時間が来るとまたおかしくなる。その繰り返しだった。

ですから私たち政権は基本的な事は、日本の立場をしっかり主張して、そういう中で本格的な日韓関係を築いていきたい。」

 

その後

3:36頃~ 塩田潮氏が

「河野談話の検証という風に言って、しかし見直しはしないという話がありましたが、

あれは この日韓の関係の将来どういう風に考えるという事なのか」と聞いたところ

菅氏は

「ここは大事な事だと思います。河野談話が発されて一時日韓関係が物凄く良くなったんですよ。

しかし時が経ってまた元に戻った。

その中で衆議院予算委員会で河野談話を作成した当時の官房副長官、事務方の責任者である

石原元副長官が出席されて、そこで証言されたんです。

例えば慰安婦の方16人の方から意見を伺った。その裏付け捜査が全くしなかった。調査しなかった。というのが一つ。

それと同時に、これは新しかったんですが 日韓の間ですり合わせが行われたんじゃないか。

という事が推測されるという証言があった。

更に言われたのは 当時はこれで良かった。そして日本は 石原さんの話ですと、善意のなかで言われたことが

今日(こんにち) このような状況が出来て非常に悲しい。と証言をされた。

ですから擦り合わせ部分というのはどうかというのは政府としてやはり検証するという事は

私は政府の立場で責任だと思います。

しかしここは見直しはしない。と総理は明言しています。私も見直しをすべきじゃない。

当時の政府間で合意した事ですから。」

それに対し平井解説副委員長が

先週の萩生田氏の発言(見直しもあり得る)を持ち出し

そして最初の菅さんの発言で、「日韓関係はその場しのぎでは駄目だと言ったが、見直さないというのはその場しのぎではないか」と。

それに対し菅さんは

「見直しは相手が応じなければ駄目じゃないですか」と。

 

政府としては簡単に河野談話を見直すとは言えないようです。

ということは

①河野談話は見直さない。

②河野談話が発表される経緯は検証する。

即ち、河野談話を破棄することはないが検証しその結果を公表するという事ではないでしょうか。

 

まずは

①強制性があったという証拠はない。

②韓国側の求めに応じ、韓国側が納得できる文面にした。

それは韓国の怒りが収まり日韓関係がうまくいく事を目的とし

日本が韓国に譲歩した結果の河野談話だった。ということです。

 

日本が反省しなければいけない事は歴史問題ではなく

その場しのぎの考えで、韓国に配慮してしまった事です。

今後、河野談話の検証と従軍慰安婦の強制性について検証すべきでしょう。

そして、その結果を国内外に公表すべきです。

それにより韓国側が反発してきても迎合することなく真実を貫いてもらいたいです。

 

 

 

 

コメント

3月30日たかじんのそこまで言って委員会⑦

2014-03-30 17:56:35 | 動画

 

<!-- 3月30日たかじんのそこまで言って委員会⑦ -->

コメント

3月30日たかじんのそこまで言って委員会⑥

2014-03-30 17:55:15 | 動画

 

<!-- 3月30日たかじんのそこまで言って委員会⑥ -->

コメント