朝日屋@大垣市東長町:中華そば

東員町の「鶏暁」のあと、せっかく三重まで足を伸ばしたからもう一軒は行っとくべしで大垣方面に北上。この辺りには行っておきたいお店がいっぱいあるが、今回その中の一つ「朝日屋」へ。いわゆる地元に古くからある麺類・丼物のお店。お店の前に着くやいなや、うどん出汁の高〜いカホリが立ち込めている。こりゃ期待。

トレンディー(という単語自体がもはや死語だとは思うが)なラーメン店を巡るのもいいけれど、こういうレトロな食堂もまた、巡って楽しいもの。そのメニューには必ず地方色が付き纏う。例えば京都市内だと当たり前にある「衣笠丼」はココにはない代わりに「志乃田丼」があったり、「酢なし中華」(酢の酸味を抜いた冷やし中華だそうな)を始め、「うどんきし」「うどんころ」「おかめ」「ゆつきうどん」「おかとしうどん」と、ナンデスカソレハのオンパレード。でも、注文したのはアホのひとつ覚えで「中華そば」。

 脂分、ゼロ。といいうか、まんまうどん出汁。麺はしっかり中華麺。なので「黄そば」と言ってもいいのかもしれないが「黄そば」という呼称自体が関西文化圏ならではのものだそうだから、コレはあくまで「中華そば」...って、どうでもいいか。とにかく、とことんクリアなダシ。そこに「中華そば」らしく、チャーシューふた切れ、ちょこっとメンマ。青ネギ少しとかまぼこふた切れ。

味わってみる。と、うおお!ぎゅいんぎゅいんのカツオ出汁!旨味が旨味と感じられるところを突き抜けて、もはや酸味に近いところまで効きまくる!すごいインパクト。麺はしっかりとした食感のあるちょっと捩れ気味の中細麺で、よくありがちなボソ感とかヤワ感皆無。ビシッと喰わせる秀逸麺。ちょっとカタメのチャーシューの食感と味わいまたよろしく、まさに聞きしに勝る切れ味抜群の「うどん屋さんの中華そば」でした。ちなみにココの冷たいメニューも秀逸らしく、こんどは暑〜い時期に汗をかきかき訪れてみたいものだ。

勝手口には岡持ち多数。出前需要も多いようで。こんなお店が近所にあれば、さぞかしいいなぁ。

朝日屋うどん / 大垣駅
昼総合点★★★★ 4.0

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 鶏暁@三重県... ラーメンとと... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。