はなふく@伏見

本日のツアーいったん解散のあと、突如ケータイの呼び出し音。ウチから、帰りが遅いと怒りの電話か、はたまた職場の緊急連絡??着信画面は、本日の運転手某氏。.....忘れ物の連絡? して声の主はその助手席に居るはずの某Q氏。  「今ならはなふくにつけめんがある」そうな。 で、まったく予定外に「はなふく」訪問となる。今のところ、つけ麺は夜の部のみ。しかも不定期に提供という。だから今回は逃せないチ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

富田屋@宮津駅前

安くてウマい魚が食べられる、グループで丹後に来たら、ここは外せないという名店。以前に単独行で訪れたときは中華そばだけをいただいたが、今回はここで念願の魚料理&ぷはぁ。グループだと、いろいろ頼めていろいろ味わえるのがイイ。 ということで、 とりあえずサザエの壷焼きっ! チリトリに乗っけて出てくるアサリの酒蒸し。あさりがデカイっ! サシミ盛り合せっ! マルゴの鎌塩焼きっ! 岩牡蠣の焼いたんっ . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

伊根

チャクリキを出て宮津方面に向かう途中、ちょっと寄り道して造り酒屋と舟屋の風景を見に行った。 「ええと、確かこの辺にあったんだよなー」 としばし行きつ戻りつして見つけたのは「竹の露」「京の春」等の銘柄をもつ向井酒造。  (私を含む)酒好きの同行メンバーはここでアレコレと試飲を楽しむ。  向井酒造の杜氏さんは若い女性らしく、マンガ「夏子の酒」のあの世界に共通 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

麺家チャクリキ@与謝郡与謝野町字石川

3軒目の目的地、麺家チャクリキに到着。 これで三度目の訪問となる。 初訪時につけめんを食して、京都北部でこれだけのレベルがあることを知り、同日夜に再訪して、あっさりホタテの塩らーめんを食して、さらにホホーと感心したが、実は基本の普通の「らーめん」が未食だったので今回はコレを注文。やって来たラーメンは、ナルトや海苔で飾り付けてあるとはいえ、見た目に特に目立ったインパクトはない。 スープ一口目。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

福すけ屋@福知山市字長田

ツア-2軒目。注文したのはラーメンの小。オーダーを聞きに来てくれた女性店員さんは「へ!?単品ですか!」と聞き直した。この店の昼営業時 にはラーメンとヤキメシセットがあり、我々のような男性グループ客は、そのセットものを注文するのがほとんどなのだろう。その語気に、「ヤ キメシセットの注文は?」という思いを感じるも、食べたいのは小サイズであるので、今一度「単品の小!」と復唱する。しばし待った後、運ば . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラーメンたかはし@丹波市氷上町

8月31日(日)、北近畿ラーメンツアーに参加。一軒目にむかった「ラーメンたかはし」。お店は、一軒の家屋に大将の奥方がやってるという美容院と隣り合わせになっていた。事前に予習しての訪問だったが、それにしてもこのメニュー、何を注文しようかやっぱり迷う...。 ラーメンはとんこつスープを基本にタレと載せモンによるバリエーションにざる、ぶっかけ、つけの水締め系、それにカルボナーラ(!) メニューはその他 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

幻の中華そば加藤屋@大津市 県庁前

店主ロバートのオススメでにぼちゅうの醤油をいただく。 一口目に煮干しがガツンと来る。見た目には背脂ぎっとりだが、その実しつこさや脂っぽさはなく、煮干しの味わいとともにスルスルっと食べてしまえる秀逸な一品。 さらに、味つけを控え、歯ごたえで喰わせるメンマ、しっとり柔らかなチャーシュー、シャクシャクの細かな刻みネギの新鮮な香りの刺激... ラーメンは加藤屋でしか食べないと云う熱烈な固定客が多 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大黒ラーメン東福寺店@東福寺駅前

京阪線から奈良線へ乗り換え、改札を出たついでに。(そういう気軽さで行ける距離だし) コストダウン、感じません。 本店を凌駕する美味さ。なんといってもスープが濃い! 先日、本店でもらった割引券が使えた結果、お値段たったの370円!イマドキ、驚愕のコストパフォーマンス。 . . . 本文を読む
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

とんとん来跡@南座前。

店舗のあった建物は取り壊されている様子。 これから、どうなるのかなぁ... . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

麺屋○竹@裁判所南

これまで何度か来ている○竹で、食べたことがなかった「つけそば」を大盛で注文。 麺の量が何グラムなのかは分からないけど、「並」の量ならきっと少なかったかも。最近、なにかと全粒粉麺に出会うことが多いからか、中華麺らしい白みの強い黄色な麺が却って新鮮に見える。 中細のストレート麺は見た目から来る印象とちがい、コシ、歯ごたえ、喉ごしに出張がある優れた麺。コレを魚出汁の効いたソバつゆっぽい中にゴマ油的香 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

すがり@四条烏丸 観音堂町

8月11日にオープンしたという新店に行って来た。新店...といっても、扉横の「和醸良麺」がなければ、それが店舗であるとは想像もつかない、古い京町屋の家屋そのまんまの外見。ハナシにきいていたとおりだ。おそるおそる年期の入った古い木戸を開けてみると、そこではじめてここが店舗であることがわかる....そんな感じ。あとで店主からきいたところでは昼の営業時間は11時からとしているが、やがては30分遅らせるつ . . . 本文を読む
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

いいちょ@下鴨東半木町

「タンポポ」と同じく、ここでも「サミット和え麺」を注文。いいちょでは「しるなしたまごかけそば」であり、玉子を使う&ゴハンを付けるという当初のルール(?)を遵守しているようだ。8月16日、お昼どき。店内満員、待ち客も店外に並ぶ。しかし和え麺を進んで注文する人は少ない様子。これがサミット和え麺第1幕「いいちょ」版。レギュレーションどおりに玉子を使い、ゴハンも付ける。麺はおそらく、いいちょの普通のラーメ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

タンポポ@紫野

さる8月15日を皮切りに何店かのラーメン屋さん有志の中で「京都和え麺サミット」なる企画が始まっている。ポスターによれば、主催は「京都ラーメン店協会」。参加予定店は「いいちょラーメン」「ラーメン荘夢を語れ」「鶴はしラ-メン」「らー麺なかにし」「ラーメンこぶ志」「京都千丸しゃかりき」「らーめんや亜喜英」「吟醸ら-めん久保田」「タンポポ」。その他交渉店ありとのことである。どのようなきっかけから、どのよう . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

幻の中華そば加藤屋@大津市 県庁前

お盆営業ですが。 Posted by ロバート , on 8 月 12, 2008 at 11:40 PMCategory: 91.今日の加藤屋 ず~っと営業ですので遠慮なくおいで下さいませ。m(__)mというわけで遠慮なく行ってみた。今夏、加藤屋では冷たい限定メニューをやっている。今回は「冷製ロバートまぜそば」を注文。キリリと冷した器に盛られた麺は、暑いこの時期にはホントありがたく、涼しくいただ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラーメンあじと@河原町三条下ル大黒町

夜9時から翌朝6時という営業時間は、完全に夜の街のラーメン。食べに行くなら、夜しかないワケだが、以前某店の行列に並んでいた時、たまたま居合わせた彼が「逆に朝早くを狙う手もありますねー」と言っていたことを思い出し、早く目覚めた盆休みの朝、バイクでウチを出た。到着したのは朝5時半過ぎ。幸い、お店は営業していた。が、店内は満員(こんな時間なのに!)。飲み明かしたお客が楽しそうにしている様子。しばらく待て . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )
« 前ページ