自家製麺と定食 弦乃月@愛知郡愛荘町東円堂:11月試作会:名古屋コーチンと金目鯛の乳化スープ

さる10月27日(日)の時は、テスト営業ということで、食べに来たいと思う人は誰でも来てよかったが、今回は「試食会」。参加資格はこれまでの弦乃月で食べた「醤油そば」が好きな人で、事前に大将のSNSに参加表明をした人に限定しての営業…もとい、試食会。はじめての、「弦乃月の夜」。そんなわけで、あらかじめ参加表明しておいたのは、言うまでもない。名前(HN)チェック表を見れば、今回の参加者は概 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新福菜館 久御山店@大久保田原交差点西:A定食(中華そば並+やきめし小)

このところ毎週恒例、木曜夕刻のハラゴシラエシリーズ。そーいえば、この処すっかり御無沙汰、新福菜館。およそ7年ぶり。カウンター席に座り、真っ先に目に飛び込んできた定食メニュー。平日は終日提供。あれこれ考えなくていい。うん。Aセットにしておこう。と、Aセットを注文しつつ、一応お品書き全般をチェックしておく。7年前、650円だった中華そば(並)は、現在780円。そして、今後はどうなっていくだろう。こうい . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自家製麺と定食 弦乃月@愛知郡愛荘町東円堂:テスト営業限定 雲呑醤油そば

9月22日(日)限定「喜多方肉そば」の営業を終了後、次の仕込みをしている最中にアクシデントに見舞われた結果、当面の間、臨時休業を余儀なくされた愛荘町の弦乃月。あれから大将の怪我の回復は驚異的に早く、この日久しぶりに試験的な営業を行う旨がSNS上で告知されていた。営業開始は朝9時からの予定だという。もしかしたら、駐車場が混むかも知れない予感もあって、この日初めてバイクで現地に赴いた。現地についたのは . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

麺将 重厚軍団@京都刑務所矯正展 サテライト屋台:矯正展オリジナル和風とんこつラーメン

昨年、大人気を博した麺将 重厚軍団@一乗寺のサテライト屋台店舗が今年もやってくるというので馳せ参じる。麺将重厚軍団としての矯正展への出店は、今年で二度目だが、矯正展自体は今回で42回を数えるらしい。年に一度の開催だとしたら、今年は2019年だから、2019−42=1977年。つまり、昭和47年が初開催の年だったことになるのだろうか。昭和47年といえば、「東山区山科」が「山科区」となり、 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

三国志@三室戸:汁なし担々麺&ごはん小

およそ6年ぶりになるかな?以前初めて訪れたときにはナカナカ美味い担々麺を味わわせてくれるという好印象を持ちつつ、クルマで訪れるとしたら、近隣のコインパーキング事情がちょっとネックかな?と、勝手に思い込んでいたのか、この日改めてクルマで訪れてみたら、京阪電車宇治線三室戸駅を挟んで、お店のほぼ真向かいのところに、いつでも60分100円と、手頃なデ段のコインパーキングがあるではないか。で、車を駐めて、踏 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

麺処森元久御山店@久御山町佐山東代:塩ラーメン

このところ毎週恒例、木曜夕刻のハラゴシラエシリーズ。実はここにやってくる前に、近くにあるラーメン店「てっぺん」の夜営業を狙ってシャッター&ポール。だが、営業開始時間の17:30になってもダーレも現れず、店内に灯りもつかずだった。5分経っても10分経っても状況は変わらずだったので止む無くコチラに移った次第。臨時休業するならするで店先に張り紙の一枚でもあれば、冷たい雨の中、無駄に待つこともなかったのだ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らーめんつるぎ@ 宇治市広野町西裏:酒粕らーめん塩

この日の昼、チャンスが出来たので訪れてみた。かつて「第一旭大久保店」だった場所に新たにオープンしたバリバリの新店。上掲画像だと具体的な場所がイメージしにくいかも知れない。このようなアングルから撮れば、どうだろう。かつての第一旭大久保店の場所を知る方には、「あー、アソコか」と、なるのではないかしら。ちなみに一本南を通る府道15号新宇治淀線の大久保交差点付近はJR新田駅南をくぐるアンダーパスが完成して . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

京田辺塩元帥 @京田辺市三山木:醤油つけ麺ごはんセット

午後からの移動で丁度この辺りを通過することになったこの日、昼メシにはココ一択ということで寄る。およそ5年ぶりか。午後の少し遅い時間。幸い、外待ち客はなく、この後すぐに店内に通していただいた。と言いつつ上掲のメニュー画像は待合室で撮ったものだが、さて、何をいただこうか少し迷い、塩元帥ではこれまで注文したことのない「つけ麺」、それも「醤油つけ麺」を試してみることにした。また、お昼のサービスセットでゴハ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Abats奥村@ 松原通烏丸東入ル俊成町:秋の限定 肉担担まぜそば

この日「即位礼正殿の儀の日」で、今年度だけの祝日。けれどAbats奥村ではこの日、平日ランチ営業を行うとのことで、コレは行くしかないでしょう、ということで同行者を伴い、近隣コインパーキングに車を駐めて訪問。お店に入ると先客二名。なんと、よりにもよって、お二方とも、古くからのお知り合いではありませんかw今回、ワタシの狙いは、この秋の限定麺「肉担担まぜそば」をごはんセットを、同行者はランチメニューのレ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

麺屋裕@ 山科区東野百拍子町:蟹塩鶏白湯そば

この日、関西ラーメンダービー2019第二レースへの思いも強くあったが、あいにく山科にて終日業務。で、昼に、センパイが「どっかウマいラーメン屋に連れていけ」と仰るので、とりあえず、山科で、気軽に(近くのコインパーキングに)クルマを置くことが出来て、かつウマい、となればココが筆頭だろうと御案内。日曜のお昼時、外待ち行列8名程度。待つことしばしで、中待ちスペース最後尾。メニュー表はすでに外待ちをしていた . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らーめん塩醤@日野町松尾1丁目:豚骨らーめん&塩らーめん

近頃オナカマさんのSNS情報でチラホラと見る、最近オープンしたらしい日野町の新店。同行者を伴って行ってみれば、開店祝いの花がノレンの傍らに置いてあった。店内の、本来なら小上がり席としてのスペースにもいくつかの祝花。やはり、つい最近オープンしたのだろう。かずさん情報では開店日は2月ほど前になっているが、そうだとしたら、いまだにこれだけの祝花がお店の内外にあるとは考えにくい。Twitter上で探りを入 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

丸亀製麺城陽店@城陽市寺田:チーズ釜玉(並)

このところ毎週恒例、木曜夕刻のハラゴシラエシリーズ。職場の会議が長引いた結果、次の集合時間までに時間的余裕がない。で、こういう時こその丸亀製麺。休日のお昼時なんかはものすごい混雑になることもあるけど、ド平日の夕刻は空いている。「うま辛肉々釜玉」は季節限定商品なのだろう。紅葉をあしらった幟を三枚並べて、あたかも大きな日除け幕のようにして、店舗入口でアピールしている。店舗入口のメニュー表。定番レギュラ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

関西ラーメンダービー2019第1レース@京都競馬場

ここ数年、毎年この時期恒例開催な関西ラーメンダービー。初めて訪れたのは2015年のことだったかな?以来、毎年毎回すべてとまではいかないでも、予定が合えば行くようにしている。とりわけ、気心知れたキモイラヲタお仲間さん同士で集まって、あーだこーだいいながらゆっくりと過ごすにはうってつけのイベント。この日、晴れてさえいればバイクで行こうと目論んでいたが、けっこうな雨予報につき公共交通機関利用で移動。朝9 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

セカンドハウス草津店@草津市追分南:ゆばちりめんと旬菜のペペロンチーノ

この日、草津市追分南の「かがやき通り」界隈で同行者らの専属ドライバーとなり、買いモノに付き合わされる。で、一見、精肉店とはとても思えないような瀟洒な店舗で...とびっきりのニクを買い(画像はイメージです)すぐ近くにある、これまたドコぞのリゾート地みたいなお洒落なベーカリーで、これまた、とびっきりのパンを買い、その後はいよいよ県庁前店舗での営業がラストに近いラーメンモリンに向かうキモチ満々でいたのだ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らーめんみふく@大津駅前商店街:10月12日 数量限定 トリトンつけ麺(熱盛り)

せっかくの三連休だというのに台風19号の接近でこの日は多くのお店が臨時休業とする中、昼は営業するというアナウンスがあった。さらに、面白げな限定メニューも楽しめそうなこともあったのと、暴風警報は発表されていたが、午前中のうちはまだ風も穏やかだったので、大津駅北口公共駐車場にクルマを駐めて訪れた。こういう雨の日だったから実感したのは、あの駐車場から「らーめんみふく」まで徒歩で行くルートは、そのほとんど . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ