ラーメン どん&お好み焼き どん@東近江市石谷町

ラーメン どん & お好み焼き どん @ 東近江市石谷町1277-2八月中は、休業だそうです。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

彩色ラーメンきんせい@京都拉麺小路:黄金の塩

九州出張を終え、のぞみ52号で京都に戻ると19時半過ぎ。このまま家に帰っても晩メシはない。観光のピークシーズンでもないド平日の夜。ロケーション的にはいつでも気軽に行けるはずなのに、行ってみればいつもアジア系インバウンドを中心に観光客でごった返している京都拉麺小路。昨年やってきた「彩色ラーメンきんせい」、京都府内への初進出ということに喜んではいたが、行けばいつもあまりの混みっぷりに、また今度でいいか . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

元祖ぴかいち@博多区博多駅前:ラーメン

鳥栖から在来線で博多に戻り、帰りの新幹線に乗るまでに少し時間があったので、せっかくだから面白そうなお店を検索。白濁豚骨な博多ラーメンは昨晩、この日の昼と連続していたのでもういい。トンコツ以外に無いのかこの街は?いやいや、そんなことはなかろうて。ところが某口コミ投稿サイトの点数だけを頼りに検索していると、博多一幸舎の総本店とからーめん二男坊の博多本店とか、名代ラーメン亭の博多駅地下街店だとか、ナント . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

博多ラーメン膳@鳥栖市元町:おいしいラーメン&おにぎり

先日に引き続き、泊を伴う九州業務。この日は佐賀県鳥栖市で午前に一番大きな出番を終え、ホッとした気持ちで現場近くを検索することココがヒット。行ってみれば、ソコは広い駐車スペースのある郊外型の箱店。行ってみるまで知らなかったが、昭和食品工業という会社が、福岡県内に5店舗、佐賀県にはココ鳥栖市に1店舗を手掛けるチェーン店らしい。こういうチェーン店も、現地に来なければ味わうことのないもの。しかも、ラーメン . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

博多一双 博多駅東本店@博多駅東:ラーメン

この日、業務で九州へ。終日の仕事を終えたあと、向かった宿は博多駅の筑紫口側。調べてみれば昨年秋に一度訪れて居ながら行けなかったこのお店の本店が徒歩数分のところにあると知り、さっそく向かう。行ってみれば、22時は過ぎようとしている時間なのに、外待ちの行列10名程度。たまたまそうなのか、いつもそうなのか?確かに九州市のターミナル駅のすぐ近くだから、京都でいえばたかばしのところのアキラ&新福菜館的存在に . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラーメンきたろう@京田辺市大住中島:夏季限定 冷やしラーメン

思えば不思議なお店である。田んぼの前にポツンと建つコンテナ店舗。こういうの、ラーメン店の立地条件としてはどうなのか、素人目にはわからないが、すでに20年以上、この場所で続いている。自分がかつて主宰していたサイトのアーカイブを確認すると、2002年5月に初めてこのお店のレビューを掲載しているが、その文中には「確か5年前の夏、なーんにもないところにポツンと開店し...」としているので1997年(=平成 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

蕎麦 市のせ@甲賀市信楽町宮尻:「花」&more

茶畑の広がる山あいに、ぽつんと一軒家。って、なにかのテレビ番組ではないけれどR422からちょこっと入ったところにあるとてものどかなロケーションにある物件。滋賀の蕎麦好きな方ならすでにご存知のことかもだが、あの「生粉打 作美」が甲賀市甲南町に移転して後、この物件はどうなったんかいなぁ...と思っていたら、次もやっぱりおソバ屋さんが入ったらしい。で、この日行ってみた。現地には開店およそ30分前に着。事 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大津石山 麺屋しん@大津市粟津町:丸鶏スープの塩ラーメン

7月18日にオープンし、滋賀のテイク・フリー情報誌チェキポン43ページにも掲載されている新店、「大津石山 麺屋しん」(「麺屋しん」という屋号は日本国中に複数存在するようなので、ココではあえて「大津石山」をつけておこう。)に行ってきた。正式オープン前のプレオープンも含め、当面は夜営業だけと聞いてはいたが、昼営業の開店時刻5分前辺りにシャッター(&ポール)してみると、外から窓越しに見える店内は明かりも . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

麺切り白流@岐阜県瑞穂市森:うす口醤油そば

麺屋白神を出たあと、「二代目 白神」にも行ってみようかと一旦思い立ったが、調べてみればクルマで5分と非常に近く、続けざまに食うのは少し辛いかも、と思い、来た道を戻る方向にしばらく走った辺り狙いを定めると、このお店が浮上。2018年5月のオープン後、あちこちでその名を見聞きしており、ゼヒ行ってみたいけど、ちょっと遠いしなぁ...的存在だったところに寄ってみた。お店の前には十分な駐車スペース。ウエイテ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

麺屋白神@岐阜県関市巾2:えびそば

大津市木戸のパン麺ネ本屋で出汁冷麺をいただいたあと、マキノ・木之本からR303に入り揖斐川町を抜け、谷汲・本巣を通過し関市へ。目的地に着いたのは開店10分前あたり。すでに店前には待ち客4名。で、5人目に着く。その後からどんどんとクルマがやっていて、お店前の駐車場はたちまちほぼ満車となった。少し早い時間に到着できて良かったぜ。このお店、随分前から気になっていた。このお店の麺はつい最近まで湖国でも味わ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

パン麺 ネ本屋@大津市木戸:出汁冷麺

朝早くに、今日は遠出しようと決心した。前からその名を知っていながら、なかなか行くことのない少し遠くに足を伸ばしてみることにした。で、下道コースをグーグル先生に尋ねると、コース上にこのお店があった。朝メシに、ウッテツケではないか。出汁中華の方は初訪時に味わったが、冷麺の方はまだだったこともあって。パン屋さんが、朝早いのは、歌にも歌われるとおり(それにしても演技派の尾根遺産だこと)だが、「靴を脱いで上 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らーめん双龍製麺@久御山町田井荒見:トリプルブレンドつけ麺(並)

今月14日、悲しい知らせが入った。突如として、今月29日には閉店だという。開店した頃は営業が不安定で、昼営業に食べに行くもやっていないこともしばしば。そんなところから始まり、「足繁く」とまでは言えないが、食べに行くチャンスが出来た時にはたえず候補に上がる。そういうお店であることに間違いはない。国道1号線の洞ヶ峠〜京滋バイパス森交差点の間では麺屋たけいR1号店とともに、余計なものを加えたりせずキチン . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

Abats奥村@松原通烏丸東入ル俊成町:夏の限定 冷やしおざる中華

丁度一年前、平日の昼に機会を作って初訪し、提供してくれる麺料理の素晴らしさにコレは良いお店に巡り会えたと喜んだものだった。で、今年もこの時期にチャンス作ってこの日訪れることにした。ランチメニューはレギュラーで六種あるが、夏の暑い時期、狙い目はコレ。ワタシは2玉260gで、同行者は1玉130gで注文。昨年の夏限定は「冷やしざる中華」だったが、今年は「冷やしおざる中華」。「お」に、塩味テイストであるこ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

麺匠 眞@大津市松本1丁目:煮干拉麺

このところ、大津市内に新しいラーメン店のオープンが相次いでいる。この日はとりあえず、ココ「麺匠 眞」に訪れてみた。やってきたのは開店15分ほど前。幸い先客はなく、シャッター&ポールと相成る。ノレンには「京都拉麺 Since 2010」と、ある。このお店の大将、以前は京都府庁前で「拉麺さわら木」(ココとココに過去記録)を営まれていた方だという情報は事前に得ていた。クルマが多く行き交う表通りに大きく掲 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

CHINA GARDEN 一層樓@北ビワコホテルグラツィエ:小籠包食べ放題飲茶バイキング

この日、同行者のリクエストもあり、麺類専門店狙いではなく、ちょっと豪華にホテルのランチ・バイキングへ。行ってみると、北ビワコホテルグラツィエの本館ではなく、SOPRAという名の別館だった。滋賀のホテルでランチ・バイキング...となれば選択肢は数々あると思うが、ココの場合は小籠包あるいはミニヌードルの食べ放題が特徴だそうで。それはそうと、数ある料理をセルフサービスでとってくるスタイルは、あんまり美し . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ