幻の中華そば 加藤屋@大津市 県庁前

滋賀県方面の某筋から、本日のみの限定が加藤屋で出されるというハナシが舞い込む。そしてそれは、京都伏見の「はなふく」とのコラボつけ麺だという。これは食べに行かなくちゃ!と、ゲリラ的雷雨が上がった空が暮れ泥む頃、大津へ。落雷の影響でJRは大幅な遅れが出ながらも、電車は動いていたのでわりとすんなり着くことが出来た。お店の入口には「本日つけ麺のみ」の掲示が。午後7時頃、店内はすでに満員。「本日つけ麺のみ」 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

彩色ラーメンきんせい@高槻市栄町

家族で「きんせい」へ。去る3月の終わりに同じような行動をしたことがあったが、出発した時間が遅かったため閉店間際の到着した結果、売切れアウトの憂き目に会ったことがあった。その代わりといってはなんだが、その時に坊也哲に行くことが出来、結果的にはよかったわけだが。しかし、でも、やっぱり「きんせい」のラーメンが食べたいということで、この日は早めに出発した結果、開店時間よりも早く着いたので、シャッター(※) . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イトメンのチャンポンめん@イエ

先だって、綾部市内の某スーパーにて入手した袋麺76円也。チャンポンといえば、炒めた野菜・肉・魚介をタップシのせて、ぶっとい太麺を白濁した豚骨魚介のスープともにもうもうと立ちのぼる湯気の中をワシワシと食べすすむ...というイメージが私にはあるが、そういうチャンポンとはかなり違っていそうだ。袋の中身は無塩製麺だという油揚げ麺に粉末スープ、エビと椎茸の具。出来上がり図。追加したのは生タマゴのみ。せめてネ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラーメン軍団@一乗寺「梅塩つけ麺」

この日、なあんとなく一乗寺に向かい、なあんとなく軍団前に吸い込まれてしまっていた。 暗にコレが食べたかったのこも知れない。画像にストロボが写り込んだ結果「バテた時こそス○ッと食べれる」となってしまいました。「スポッと」とか「スコッと」は、ちょっとなさそうですが、「スパッと」とか「スラッと」は、ありそうですね。さらに、 「スカッと」とか「スキッと」は、もっとありそうですね。 正解を知りたい方は. . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

谷瀬

の、吊橋。最初はコワい。が、やがて慣れてしまい、多少の揺れも平気になってくる。足下を見ると、真下にはキャンプ場。写っているテントの大きさから高度感がイメージしていただけるだろうか、不安定感から来るコワさは、かつて訪れた四国・徳島・小歩危の赤川橋の方あったかなぁ。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

石段の定番。

グリコ・チョコレート・パイナップル(地域色あり?) . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

川湯

朝の散歩。この辺の宿は、川から湯を引いているようだ。で、散歩のあとのひとっ風呂。極楽なり。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

川湯

その名の通りだった。なんちゅう気持ちのエエ.... . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

潮岬

ちょっと足が竦む。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

串本

娘:「あ!コレ!昨日捕まえたヤツや!」......よくぞご無事で(汗) . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

白浜

旅先の早朝、デジカメを携えてウロつくのはとかく楽しい。まるでタイ王国に居るみたいな気分にさせてくれた和泉ナンバー(笑)。生命力は、理屈でない。モデル交渉中。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

白浜

とりわけ、太刀魚の刺身は久しぶり。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

白浜に向かう道の途中で

立ち寄った高速道路のサービスエリアで食べた「和歌山ラーメン」は680円。 見た目はそれなり。 結論:高速を降りてお店を選ぶべし。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラーメンこぶ志@三条御前

初訪店ではいつも基本メニューを注文することにしているが....最近どこかで誰かさんが絶賛していたのが気になり、この日は7月限定の「塩系どろ壱号」を注文。コレですね。そやけど限定10食って、ほとんど自作ラーメンやん...。厨房には自慢の塩竈チャーシューがあった。生の肩ロース肉に昆布を巻いて、それから塩で固めて焼くそうな。しかし、「塩系どろ壱号」には塩竈チャーシューは合わないらしく、バーナーで炙った豚 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

うどん「ことのは」@ポーアイ市民広場

「みなとや」→「ことのは」は、先々週と全く同じパターンだったりするが、先日ここのうどんを冷やでいただいたとき、その麺のコシの強さにまた今度、温い麺を食してみたいと思っていたところであった。昨日と同様、今回の出張で御一緒していただいている綾部研究所エム氏と昼食をともにした。で、注文はこの日の日替わり定食・きつねうどん。やはり、しっかりしたコシのあるなかなかの麺。さる7月15日より始まった「第2回 関 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ