豊中 麺哲@豊中市岡上の町:薄口醤油

実は、今回初めて訪れる(そんな私はモグリかも)。開店したのは2003年10月16日。もう7年も前のことになる。以来、このお店が…というよりこのお店の店主が、今世紀になってから関西のラーメン界に与えた影響は、計り知れないものがあるんじゃないだろうか。「庄司忠臣」という名を検索すれば、その詳細はゴマンと出てくるだろう。 彼にまつわる伝説の数々にハナシを持って行くと、もう止めどもなくなる . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

胡同製麺(ふーとんせいめん)@大阪駅前第3ビル地下2階:つけ麺

関西望麺会出席のために、少し早めに大阪入り。 会では、色々とお役目もありそうな様子なので、コトの次第によっては、もしかしたらしばらくは食事にありつけないかもしれない...と、思い、ちょっと腹ごしらえを、とばかりに会場のスグ近くを徘徊してみて見つけたのがこのお店。今年の7月にオープンしたそうだから、まだ新店といって差し支えないだろう。 それにしても、ちょっと珍しいネーミング。「胡同」とは . . . 本文を読む
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

さまさま 城陽店@城陽市富野:ラーメン

こないだ、なんとなーく「食べログ」を検索していて、ちょっと気になるお店を見つけた。 どうやら、オラが町城陽に、なんでもラーメンを出す新しいお店が出来ているらしい。 それは「新しいラーメン屋さん」ではなく、「ラーメンも食べさせてくれる定食屋&居酒屋さん」のようだ。 で、本日、午後から出張ついでのランチに赴いてみた。 間口の小さい細長いお店は入口のところがカウンター席で、お店の奥の方がテーブル席 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

幻の中華そば加藤屋 伏見にぼ次朗@伏見区深草西浦町:森 次朗

先日「幻の中華そば加藤屋」ブログに、11月18日より伏見にぼ次朗の昼営業開始する旨の告知がアップされた。業界の内情はよくわからないが、10月24日の伏見にぼ次朗オープンは、開店前に十分な準備が整わない中での門出だったのかもしれない。前回の初訪時は、残念ながら「にぼ次朗」としては元店になる南草津で食べた印象からくる期待とは、いささか違ったものであった。しかし、その元店たる南草津のにぼ次朗もまた、今で . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

SHABATON(しゃばとん)@奈良市六条町:豚つけ麺

新規開店の翌日、朝一番の客として訪れたのは約一ヶ月前のこと。そのときには「豚そば」をいただいた。 この日の券売機。開店当初から設定されている黄色いボタンの「豚まぜそば」は、まだ始めていない。思うに、新規開店の後、まだ細かいところをいろいろと調整しているのだろう。 今回は「豚つけ麺」の青いボタンを押した。 お店スタッフが食券を確認しに来てくれたとき、麺の大盛りについて、つけ汁への一 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

らー麺 鉄山靠(てつざんこう)@大津市萱野浦25-1:淡麗スープ 醤油らー麺

長浜からの帰り道、お店によっては昼営業と夜営業のあいだの中休みであることが多い時間帯にお店の前を通過。どうやら通し営業でやっているらしい。さる11月15日に開店したばかりの新店。せっかくなので、寄って見ることにした。 「靠」という字は、ふだん見ないし使わないし、たぶん手で書いたこともない。その意味については、コチラにあった。店主がその道の関係者なのかな?中に入ると、トビラから続く廊下を中心に . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

The Ra-men style 號 tetu(こてつ)@長浜市南呉服町:鶏白湯Ra-men

さる11月10日にオープンしたという長浜の新店がちょっと気になり、一気に湖岸道路を北上してみた。出発前に、ガソリンを満タンにして、トリップメータをリセットしてから走った結果、お店までの距離は約110km。下道ばかりでなるべく信号が少なくて交通の流れがスムースと思われる道を選べば、概ね2時間半ってところかな。 調べた地図では長浜駅のすぐ北東。レトロな町並みの中でお店を探すが、ノレンがないことも . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

麺座@京阪電車丹波橋駅:黄そば「京風豚骨醤油」

前日に引き続き、付近某所にてカン詰め仕事。お昼頃、10分の合間に目指したのがココ。駅のうどん・そば店は時間のない時ほど重宝するもんだ。 確か昨年の今頃あたりまでは、「黄そば」なんてメニューはなかったように思うが、このところはちょっとした流行になっているのか、ココ丹波橋の麺座でも食べられるようになっていた。それはそうと、「みんなで駅ラーしようよ委員会」って何?(ググっても、出てきませんでした) . . . 本文を読む
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

幻の中華そば加藤屋 伏見にぼ次朗@伏見区深草西浦町:森 次朗

当分は夜営業だけで続けるらしく、ナカナカ行けそうにないなぁと思っていたが、近くで夕方にハネた仕事があったので、コレ幸いと訪れてみることにした。 メニュー構成は南草津の「にぼ次朗」と全く同じ。「にぼ系」と「森系」の2系統。今回は、南草津で食べた印象ではよりインパクトのあった「森系」を「次朗」で注文。 ああ、これだこれだ、この出で立ちだ。本日、キャベツがちょっと少なめかな?ヤサイマシコール . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

麺場 田所商店@桃山御陵前:北海道味噌ミニチャーハンセット

本日・明日と、この界隈でカン詰め仕事。といっても、食事に出られるのはありがたい。 この界隈なら、大黒様の「安い・早い・ウマイ」のひとときがココ数年感のド定番なのだが、本日はちょっと浮気して、「彩美庵」のトナリに去る6月に関西初出店を果たしたあの味噌ラーメン専門店に赴いてみた。 で、ランチタイム限定サービスの「お得なセットメニュー」から、ミニチャーハンセットを「北海道味噌」で注文。ちなみ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

本日の朝ラー@自宅

このところの、休日の朝のちょっとしたお楽しみ。本日はキャベツと、昨日職場の畑(...なぜか職場に畑があるのです)から収穫して来た春菊をさっとボイルし、白ネギと生卵を加え、一味をパッパッと。 本日の素材はエースコックのワンタンメン。加温野菜との相性はこの上なくよい。そうと気づいたのは昔、友達んちのお母ちゃんがキャベツをタップシ入れたコレを作ってくれた時のことだった。懐かしい記憶。今回も、もっと . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一乗寺ブギー@一乗寺:1周年記念限定 第3弾「鶏白湯つけそば」

予告を載せたら食べに行かなきゃ。と、開店前シャッターで行って来た。今回、実施二日前の突然の告知となったのには、実は、誠に祝福すべき理由からであることが、行ってみて分かった。 私を含め、開店前には約10名程度の待ち客が。やっぱり人気の鶏白湯ゆえ? しゃかりきグループの...というか、店主・梶さんが作る「鶏白湯つけそば」は、これまでに何度となく限定メニューに登場しているが、食べてみるのは今 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )

【予告】一乗寺ブギー@一乗寺:1周年記念限定 第3弾「鶏白湯つけそば」

昨日の「第2弾」で終了だとばかり思っていたけど、あさって11月3日(水・祝)文化の日に、また第3弾をやるんだそうです。なんと、本日付けで「しゃかりきブログ」に告知されました。自分としては、しゃかりきの「鶏白湯」は食べたことがあるけど、「鶏白湯」の「つけそば」は未食。(過去の限定メニューで度々登場してるようだけど)これは楽しみだ。【追記】価格は800円。限定30食とのこと。(http://twitt . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )