カップ高安:感想

十勝新津のカップ「高安」を昼に食った。 京都ラーメン革命にも情報が掲載されているので、ちょっと期待しながらお湯を注ぎ、フタを開けた。 結論からいうと、高安の味が全然感じられない。 こってり感の中に感じる独特の甘みのようなものが全くない。 高安のラーメンは、こんなもんじゃない。 麺も相変わらずいつもの十勝新津のものとなんらかわるものではない。 何歩かゆずって、どこそこの店と名乗らない形でこの味ならま . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

山空海温泉

福三に寄ったあと、プチドライブがてら大阪府能勢町にある「山空海温泉」にいって来た。多分地図には載っていないと思う。 ネットで探していろいろ出て来た情報をたよりに、屋根に描かれた赤い温泉マークを探し当てた。 そのムードは桂小枝探偵のレポートにうってつけのロケーション。 聞きしに勝る温泉だ。ほんのり硫黄臭の漂う源泉かけ流し。 浴槽は40~43度の熱めの湯と、は32~36度のぬるめの湯に分かれている。こ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

福三の「極海老ラーメン」

あの「濃厚鶏そば」に次ぐ福三の限定20食ラーメンとして、9月15日から発売になったという福三の「極海老ラーメン」を食べに行った。 まずお店に入ったときに、これまで感じなかった海老の匂いが漂う。一杯のラーメンに、北陸産の甘エビを30尾以上使い、具にはブラックタイガーの海老ワンタンを三つ散りばめ、このスープに合う麺をレギュラーの福三ラーメンとは別にセレクトし...と、1杯700円だがその実かなりコスト . . . 本文を読む
コメント ( 3 ) | Trackback ( 2 )

コンビニのすぐ隣の光景

カップ高安を買い求めに行ったローソンのすぐ隣は、いつの間にか100円パークになっていた。そこにはかつて、京町屋があったことは、この壁からうかがい知ることができる。センターラインを引くほどの幅員がないような京都の街なかの道を歩いてみれば、このような光景にはけっこう出くわすものだ。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

とりあえずゲット

勤めの帰り、ローソンに寄って十勝新津のカップ高安を買った。やはり十勝新津は十勝新津ということのようだ。 私はまだ食べてないので何ともいえないが、とりあえず入手はしたので近日中の感想をここに書くことになるだろう。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

無鉄砲 京都本店 夜ノ部

学校の帰りに木津町某所に遊びに行っていた息子を拾った後、一緒に夜の部に行った。京都本店が開店した日以来のことだ。休日の昼より行列は少なめとはいえ、それでも40分待ちだった。行列の前後には2、3年前に高校を卒業したような兄ちゃんたちが多かった。「ホンマに天一よりうまいんけえ~、ここ?」とかなんとか、あっちこっちにラーメン談義に花が咲いていた。ムテの行列に並ぶとき、周囲の自然な会話の中に必ず聞こえてく . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

本日発売の「Leaf」は京都ラーメン特集。

ウチの本棚には1998年3月号の「激戦地京都のラーメン究極の32杯」なんてのが、いまだにあったりするのだが、見比べてみると隔世の感がある。どんなに情報化がすすんでも、紙メディアの記録性は不変だということを、二つの「leaf」のラーメン特集を見比べつつ、しみじみ思う。ところで今日発売の「leaf」は多角的な視点から京都のラーメンを見ていて、雑誌のラーメン特集としてはなかなか面白い。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

21時02分

阪神、ええとこなしやん。もう。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カップ高安、ローソンで明日から発売

私自身、そんなに熱心な阪神ファンというわけではない。が、阪神には勝って欲しいという気持ちはある方の人間ではある。 おととい、昨日と、ブログの引っ越し作業をしている間にタイガースは目も当てられない負け方をしているじゃないか。なんだか実力差が全然違うチームが対戦しているようにさえ見える。二週間以上のブランク、選手の若さ等が影響したのだろうか。明日からの巻き返しを期待したい。ってか、このまま昨日までのよ . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ブログ変更

ところで、本日、日記としてのブログをジオログからgooに乗り換えた。yahooブログみたいに不特定多数の使用者がいないせいか、ジオログは動作が軽いところはいいのだけど、今ひとつ使い勝手がよくなくて、いろいろ探してここに落ち着くことにした。この前hiimekuriからジオログに替えたのが一週間前。もし、ブックマークなどされている方があれば、なんだかコロコロと替えてしまって申し訳ないことです。ブログの . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

やりたくないけど

中古住宅な我が家では、このところ、洗濯機の水を落とすと、外にある排水溝へ雑排水を通すコンクリートの汚水ますがあふれるらしい。「なんとかして」と妻に言われて、気が進まないけど、放っておくといよいよヤバいことになるので、重い腰を上げて様子を見てみた。 「ほな、いくで」と、ウチの中で妻が洗濯機の水を落とす。すると、汚水ますのなかの排水は、じわじわとふえてきて、地面ににじみ始めた。いっぽうで、排水溝への出 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

宇治市小倉の「まるちゅー」へ

四川麻辣麺、とんこつラー麺、上海塩ラー麺、広東醤油ラー麺、長崎皿うどん、長崎ちゃんぽん、みそちゃんぽん...お店を外側から見ている限りは何だか四川風の辛いラーメンがメインであるかのような印象をもつのだが、メニューを見る限り、どうもそうではないようだ。そこで、サンプル画像にスライスされたレモンが映っていたのがちょっと気になって、「上海塩ラー麺」を食べることにした。トッピングにレモンが載るラーメンを食 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

やまとじライナー

先ほどの記事で書いた「やまとじライナー」の画像です。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大阪出張 ついでに「花京」へ

本日、大阪出張。始発列車で城陽から奈良方面に向かい、木津から乗った「やまとじライナー」で、かつて特急しなのに使われていた381系列車に(この年になって)初めて乗った。子供の頃、あこがれていながら乗ったことがなかった旧国鉄初の振り子式車両だ。しかも塗色は旧国鉄のまま。意外なところで意外なものに出会えて、何だかうれしかった。また、出張先で、偶然に大学時代の友人に会う。久しぶりで、これもうれしいことだっ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今度の火曜日、カップ「高安」発売だって。

北海道の十勝新津製麺が、このたびローソン各店(関西地区限定)で、あの「中華そば高安」のカップ麺を発売するとのこと。 そのスープは高安の厨房で作られるのでなく、十勝新津製麺の札内工場で作られているものなのだろう。 ちなみに、本日の画像は、2002年の夏に稼働しはじめたばかりの十勝新津製麺札内工場を訪問したときに撮った画像の内から、HPへの上梓を許可していただいたもののうちの一枚。十勝新津製麺カ . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ