新立麺館@宇治田原町:ラーメン(並)

業務からの帰りにふと思い立ち、寄ってみた。前回に訪れたのはたぶんこの時。あれからもう9年が経つなんて...カウンター席に座ると、左隣には出来上がってきたラーメンをデジカメに収めようとしている何やら怪しい人がいた。「誰?」と思ってみてみたら、その方はちょうど10年前あたりに京都府南部を中心としたラーメンサイトをおこされた、あのPONさん。お互いに顔をみて「え!?え”〜 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らぁ麺 つけ麺 奉行 てっぺん@宇治市伊勢田遊田:10食限定濃厚豚骨!!どろ豚ラーメン

午前に職場で業務の後、昼メシ食べに寄ってみた。おおよそ、2年ぶりになるかしらん。午後のちょっと遅い時間。店内、午前中の部活を終えてやってきたと思しき近所の高校のテニス部員(たぶん)に占拠されていた。    それはさておき、何を食べようか特に決めずに訪れた目に、気になるのは新メニューの告知。10食限定が、まだ注文可だという。ならば、と、本日はコレを選択。(店主とのそんなやりと . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

麺屋號tetu@長浜市南呉服町:濃厚鶏soba(醤油)

8月11日の名門南草津店以降、美味い鶏白湯がどうにもこうにも味わいたくって、いても立ってもいられない自分がいた。ここはひとつ、「裏切らない鶏白湯」を「バイクで走って楽しい範囲」で味わおうと思い立ち、出かけたのは長浜市。   ここなら、期待を裏切らないだろう。今まで裏切られたことないし。むしろ食べに行くたび何かしらの「!!」を楽しませてくれるお店でもある。 夏の観光シーズンのさな . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラーメン桃李路(とうりみち)@唐橋:8月限定 生ハムとトマトの冷麺

この日、同行者と昼食の時間帯に付近に居あわせたので「ちょっと寄ってみっか」と、桃李路。限定麺も気になってたことだし。 17日発売開始の滋賀拉麺維新会「カレー」企画な限定メニューも気になりつつも...   選択したのは8月4日発売の「生ハムとトマトの冷麺」。メニューの説明文からして、おおよそ一般的な「冷やし中華」とか「冷麺」とかとは明らかに一線を画してるだろな、という期待から。な . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

麺や 朱夏@奈良市高天町:朱夏ラーメン

前情報とは、時に過大な期待をもたらすもんだ。この日訪れたのは、敬愛してやまないあの方が「監修」したというお店。今年の6月に新規オープンしたそうな。 店舗は集合施設のちょっと奥まったところにあり、ビルの表のトコロにあるこの看板がお店の存在をアピールしている。 メニューはいろいろあるけど、 とりあえずは朱夏ラーメンだろ。 結論:敬愛するあの方が作ってくれるラーメンの味とは程 . . . 本文を読む
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

麺処 ななつぼし@一乗寺:極濃厚ラーメン

このところ個人的な環境の変化で時間的距離が短くなったのをいいことに、この日またしても一乗寺へ。先日行きそびれた新店に赴いてみた。なんでも、つい先月の7月4日にオープンしたそうな。 それにしてもメニューの多彩なお店だこと。お店の外に貼り出してあったチラシの三種(極醤油ラーメン・数量限定極濃厚ラーメン・海の潮ラーメン)からいずれかを選ぶつもりだけど、三つともそれぞれが特徴的でいずれもがキニナル. . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あいつのラーメンかたぐるま@花屋町御前:こくとん塩ラーメン

午後から京都市内で業務。ちょうどいい機会だと、シャッター&ポールで(やっと)赴く。初訪である。開店してから行こう行こうとは思ってたんだけど。それはともかく京都市内にあって、ちゃんと専用駐車場が確保してあるのはアリガタヤ。 師匠格である「俺のラーメンあっぱれ屋」との一番の相違点は、月水金限定ながら夜営業があるということ。また昼営業もちょっと早めの開店時刻なのでこの日の私みたいなシチュエーション . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

つけ麺孤高:つけ麺並

難しいんだよなぁ。「食べログ、Twitter、自身ブログなどにラーメン〇〇で食してきたような内容は書かないで下さい。」と、メニューに書いてある。ならば、「つけ麺孤高で食ってきた」という記述ならOKなワケだ。その旨、店主にも確認はとった。 とはいえ、メニュー表の書き方やテーブルの雰囲気や器、 麺の盛り方、 つけ汁の感じ...から、皆さんおおかた場所は特定できてしまうんじゃないかしら . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あらじん@一乗寺:濃厚豚骨味噌ラーメン

ちょうど盆休みの時期ということもあって、狙って行ったあのお店は臨時休業、ならばココへと向かったお店はすでに昼営業を終えてしまってた。あーあ。こういう時こそ、行ったことないお店の新規開拓だなと思い立ち、赴いてみた。そんなことだから前情報は一切なし。後になって調べてみたら昨年(2014年)9月にオープンしたとのこと。そろそろ一年かぁ。  「豚骨」よりも前にくるのは味噌。メニューのトップ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラーメンととち丸@大津市大江6丁目:第2号・冷たいラーメン

8月9日をもって、いったん販売終了となったラーメンととち丸の「冷たいラーメン」。しかし、暑い夏はまだまだ続く。   ということで、ラーメンととち丸では少し材料を見直すことによって、第2号の「冷たいラーメン」が発売されている。この日、機会を得たので行ってみた。 見た目には、ほぐしたホタテ貝柱のフレークが乗っていないことの他は、先日いただいた「冷たいラーメン」と一緒。 で、冷 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラーメン無鉄砲京都本店@木津川市梅谷髯谷

以前もそうだった。狙って行った鶏白湯に残念な思いを抱いて、翌日、別のお店の鶏白湯に癒されて。今回もそうかもしれない。狙って行った豚骨に残念な思いを抱いて、翌日...っていう流れでの、ほぼ1年ぶりの木津本店。   久しぶりなので、やっぱりストレートに味わいたい。なので呪文は「チョイアサコナヌキタレヌキスープスクナメカタネギデキルダケ」。(これがなんでストレートなのかという抗議は受け付け . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

麦笑 堅田店@大津市今堅田三丁目:醤油とんこつチャーハンセット

堅田方面でヤボ用からの初訪。それにしてもこのグループ店の歴史はややこしい。たしか、滋賀県草津市に1号店を構えた「麺屋風火」から、そのうち「麺屋なかまる」が分派し、それがやがて「豚人」に屋号を変え、そこからやがて「麦笑」というブランドが出てきて、あげく「神豚」とかいうブランドも...と、「僕ぐらいになりますと」という方ならササっとその系譜図ぐらいは書いて説明してくれるだろうけど、私のような初心者には . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

くすたろう@大津市中央二丁目:くすたろうステーキ会席ロース会席150g

いつもはラーメンばっかり啜っていますが、節目節目においてはグループでお食事という機会もあるでしょっ、ていうお盆。なんだけど、突然ミセノヨヤクイレロといっても、日が日だけにそう簡単にはいくまいて。でも諦めずにリサーチかけまくって、何軒も「今日は満席ですから」と断られ続けるなか、「◯名さまですね、ご用意できます。お待ち申し上げております!」と最後にたどり着いたのがココだった。いいお店って、予約の電話入 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らーめん与七@堅田:豚骨魚介つけ麺

この日、気がつけば堅田にいた。ならば、このお店に訪れる事になるのは必定。このブログとしては2年ぶりということになるが、実はブログ書くのをサボっている間にちょくちょくと赴いていた。 しかし、いつだって注文するのは判で押したように「とんこつらーめん」ばっかりだった。そんなわけで、そろそろ違うものも試してみるべ、と、1000円札を券売機に挿入し、しばし迷う。「あっさりとんこつ」も「しょうゆ」も「ま . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

拳ラーメン@梅小路公園前:臨時営業 元祖ナックル鶏白湯ラーメンねぎご飯付きセット

それにしても昨日の鶏白湯にはちょっとガックシだったので、できるならウマーイやつをいただきたい...と朝から情報収集。この日限定50食で鶏白湯をやるというなら、癒されに行きましょう。  拳ラーメンに来るのは何年ぶり?前に来たのは3年前の、しかもコラボイベント営業のとき。ずいぶんとご無沙汰だこと。お店の前の様子もすっかり変わってしまっていた。また、筋向いのバイク駐輪場がきちんと整備され . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ