猪突猛進 鈴木研究室へようこそ

関西医療大学大学院 教授である鈴木俊明研究室の紹介や鈴木が日頃考えている教育・臨床・研究への思いを熱く語ります。

積極的に行う勉強は意味がありますね。

2021-11-21 10:30:00 | 日記
今 中学受験をテーマにしたテレビがありますが、毎回ビデオを撮って見ています。

自分の中学受験を思い出します。私はある中学校に行きたいだけで小学生4年生から必死に勉強しました。模擬試験では常に合格圏内でしたが、実際は不合格となり、人生最大な挫折を経験しました。進学塾の先生は他の私学の受験を進めてくれましたが、私は全くその中学には全く興味がありませんでしたので、地元の公立中学に進みました。

小学生の非常に頑張った経験が、その後の人生になっても頑張らないといけない時にも頑張れたのではないかと思うわけです。

何かの明確な目標をもって勉強することが非常に大事ですね。

ドラマを観ながら、もしあの時 合格していたらどんな人生であったかを想像すると面白いですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オンラインが普通の生活になっているわけです

2021-11-13 12:23:00 | 日記
久しぶりに対面の出張で日帰りでしたが、1日中バタバタしていました。

明らかに疲労がある! 

なかなか前のようには戻りにくい身体になってしまっています。

今からzoomで3時間講演ですが、このスタイルが定着している今日この頃です。

体力つけないといけないかな?
真剣に心配している私でした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナの影響は非常に大きいと感じる今日この頃

2021-10-20 17:33:00 | 日記
コロナ禍のなかで、自分の仕事が大きく変化してしまった。毎日のように外部の施設へ行き勉強会を開催したり、週末は講演会で全国に行かせていただいていました。しかし、今は全てzoomで処理し、もしかしたらコロナの前より忙しいのではないかと思っています。それと同時に、コロナ前の状況に戻った時、同じように活動できるか? という感じになっています。

朝から大学での勤務、夕方から様々な団体の会議や大学院生の指導や勉強会を行う。同一日に複数のイベントをこなすときもあり、これは遠隔で可能なことの利点です。

コロナ前の状況に戻ったときには今と同じ調子ではできないので、今より仕事量は確実に減ってきます。

私はコロナ前の状況になっても今と同じようにzoomを使って仕事しているのだろうな。と思いながら暮らしています。

ただし、今一番寂しいのは、授業は一部を除き全てオンデマンドで行ってますので、学生の顔と名前が一致しないことです。以前は、全員一致しており、学生の気質もよく分かりましたが、今はなかなかです。

先日も大学のエレベーターで学生と一緒になり、私から 貴方は ・・・学科の学生さん? と聞きますと、理学療法学科です。との答えでした。恥ずかしかったな。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やはり面白い  F波研究

2021-10-09 10:12:00 | 日記
基本に戻れる良い時間でした。昨日は私が専門にしていますF波プロジェクト研究会でした。アメリカより大事な先生も参加いただくために時差を考えて夜8時30分からの開始とし、10時30分まで熱い議論をさせていただきました。私より大先輩の方々と熱く議論させていただき、非常に勉強になると共に研究者としての原点を感じさせていただく機会でした。

大事にしたいこの時間 と思いました。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自主トレーニングの書籍を発刊いたしました。

2021-09-15 10:10:00 | 日記
私が監修者の一人として関与させていただいた関西理学療法学会編集「Self Training based on Motion Analysis 動作分析から考える自主トレーニング」が編集工房 ソシエタスより電子出版として発刊させていただきました。

下記のURLよりご覧ください。
 https://amspro.biz/articles/2021-09-13.html

また、恥ずかしながら、PR動画も作成してみました。下記よりご覧ください。
 https://youtu.be/nhFucpknbgQ

この書籍は非常に多くの会員さんに著者として参加いただきました。

素晴らしい書籍になりましたので、宜しくお願い致します。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする