猪突猛進 鈴木研究室へようこそ

関西医療大学大学院 教授である鈴木俊明研究室の紹介や鈴木が日頃考えている教育・臨床・研究への思いを熱く語ります。

SNSに書くタイミングは慎重にしないといけません

2020-02-24 09:37:00 | 日記
FacebookなどのSNSには毎日、様々な沢山の情報が投稿されています。
こんなところに行ってきました、学会で発表してきました のようなリアルタイムで皆さんにお知らせしても良い内容もありますが、反対に投稿の時期を待つ内容もあります。

例えは、なにかの試験の試験員をしている方が今回の試験の公表をしている、「結婚しました」という内容が職場の方々が知る前にSNSで知らされるなどなどです。
先日もある方が、今日入籍しました という内容のSNSがあげられました。この方の職場の方は知っているの? という疑問な投稿がありました。

社会人としてモラルを持ちながらSNSを使うようにしないといけません。
コメント

ありがとう 感謝 は私の方です。

2020-02-05 14:55:00 | 日記
2月3日 大学院の公開発表会がありました。
鈴木研究室からは6名の院生が頑張りました。

2年間 1週間に1回は私の前で発表すること、必ず新しい内容にすることを条件に頑張ってくれました。

最後の公開発表会では素晴らしい発表をしてくれ、質疑応答もしっかりしてくれました。感動です。

夜の懇親会では、鈴木研究室の先生方、大学院修了生、学部ゼミ生もきてくれて本当に良い時間を過ごしました。

大学院のみなさんから 感謝 というプレゼントをいただきました。厳しい指導を愛情と感じてくれた院生に私から 感謝 と言いたいです。

本当にありがとう!  家族です。











コメント

最後は思いの同じ人だけで頑張ります。

2020-02-01 14:12:00 | 日記
複雑な気持ちです。でも今はあっさりしています。

私の臨床指導が厳しい 参加したら指摘されるために参加したくない

10年くらい前と比較するとかなり優しくなっているのですがね。

股関節が屈曲していない患者さんを、股関節屈曲しているから問題であるということは、全く良くない。そこを指摘しているので喜んでほしいのですがね。

今までは、多くのセラピストを良くしたいと考えていましたが、諦めました。

私に指導して欲しい方だけを教育することにしました。

まあいろんなタイプのセラピストがいても良いのですが、解剖学や運動学的な解釈は確実に正しいことにならないといけないですね。

昔、有名な大学教授が、ご自分で研修会などを企画して参加してくれる人を真剣に教育するために大学を辞められました。なんかその思いが今よくわかりますね。

理学療法士としてあとどのくらい働けるかわかりませんが、最後は自分の思いがわかる人だけで仕事したいですね。 

コメント (2)

元気で私を支えてくれた皆さんに感謝です。

2020-01-21 21:22:00 | 日記
本日、学校法人関西医療学園より25年勤続の表彰をいただきました。振り返りますと、大阪の病院に2年間、母校の京都大学に6年間、そして関西医療大学に25年間ということになります。
25年間のなかにはいろいろな経験があり、他の大学からのお誘いもありましたが、その時の職場の皆さん、学生さんの可愛らしさが、本学で長く勤められたのだと思います。家族の皆さんには、私のわがままを文句一つ言わず、見守ってくれたおかげです。
関西医療大学では、理学療法だけでなく鍼灸医学の良さも実感でき感謝しています。

これからも頑張りますという反面、きちんと部下を育てたいとおもいます。



コメント

装具装着して単に歩かせるだけがセラピストではない

2020-01-17 19:54:00 | 日記
本日、私の関連病院で回復期の脳卒中片麻痺患者を診させていただきました。
患者様は私の知り合いで、半年以上前に発症され、急性期、回復期の病院でリハビリテーションをされていました。

実際に拝見しますと、麻痺側上肢もきちんと触られていない。治療されていない。治療前には少し上肢を挙上させると痛みがありましたが、アライメントを整えて肩より上方に他動ですがあがるようになる。
歩行を拝見すると、非麻痺側下肢への十分な体重負荷ができていない。前の施設で、長下肢装具をつけて歩かすだけとのことでした。私は装具をつけずに歩行練習をさせましたが、非麻痺側立脚期では非麻痺側股関節を外転しさせ、体幹を非麻痺側へ傾斜させていました。そのため、麻痺側下肢を振り出す能力も低下していました。麻痺側立脚期も十分な体重負荷ができていない。これは予想ですが、歩行練習の際に、後方からセラピストが腰あたりを支持し、大きく非麻痺側に体幹を傾斜させる歩行を学習してしまったのであると思います。

私は「装具を使うな」とは言っていない。トレーニングでは装具なしで練習することが将来的に大切であると言っているのです。装具を使う場合でも、吉尾先生が良く言われている 垂直刺激をいれる。要するに、きちんと体重をかけることを大事にしてほしいわけです。

非麻痺側の中殿筋、大殿筋の筋力低下が著明であり、きちんと非麻痺側下肢に体重をかける練習をするだけで、麻痺側下肢が綺麗に振り出せるようになったわけです。

私は運動学を重要と考えて評価、治療しています。今回の症例は決して、難しい解釈ではなく、簡単な運動学的な解釈ができていることが重要になったわけです。

このようなことが本当に大切な 臨床推論なのではないでしょうか? 本人さん、ご家族さんは満足してくださったようですが、私はセラピストの無能さに寂しくなりました。

ただし、私の関連施設の部下は私の思いが伝わっていますので、大丈夫です。頑張ってくれます。期待しています。





コメント