CBRで風になる~♪

パソコンインストラクターのV君です。
趣味のバイクやPCの事を主体に書いて行きます♪

oBook10SE(Remix OS)のその後

2018年12月12日 | Androidタブレット
仕事が忙しく明日は豊橋、来週は大阪への出張と中々ゆっくりできません。
今日は、その中の貴重なお休み…ということでブログを更新したいと思います。

2年ほど前に購入した、Remix OS 専用端末 oBook10SE…

 

Widnows10ライクなUIで、Andoridのアプリが動作するというコンセプトは悪くはないのですが、自分の使い道に合わずお蔵入りしていました。oBook10SEのレビューは以下のリンクで詳しく紹介しているので興味がある方はそちらをご覧ください。

 https://blog.goo.ne.jp/rxn10223/e/d82e413e58e4e436046408413b221817

この端末に搭載されている Remix OSですが、随分前(2017年7月17日)に開発が終了していました。ベースが Android5.0なので使えない事はないのですが、今となってはソフト、ハード共に時代遅れ感が否めません。

oBook10SEのスペック
 CPU :Atom Z3735F(4コア 1.33GHz-1.83GHz)
 MEM :DDR3L-SDRAM 2GB
 SSD :eMMC 32GB
 画面 :10.1インチ(1280×800dpi)IPS液晶


Windows10をインストールして使えないのかな?と考えたのですが…
英語のサイトでもWindowsをインストールした前例が見つからず、またできたとしてもスペックがスティックPCと変わらないので諦めました。
しかしお蔵入りでは勿体ないので使ってもらえる友人に譲渡するか、Androidタブレットの電池が無くなった時の非常用端末(ネサフ、YouTube視聴)として使って行きたいと思います。

この件に関しては一つ上のモデル oBook10(Widnows10+Android5.1)を買っておけば良かったなぁと後悔しています。Remix OSの開発がこんなに早く終わるとは思っていなかったので残念で仕方ありません。

Onda oBook10 タブレットPC 10.1インチ Windows 10 + Android 5.1デュアルブート CPU:CherryTrail、RAM4GB、ストレージ64GB、2 in 1 分離型キーボード付きセット [並行輸入品]
Onda oBook10
ONDA
コメント

MDR EX650(イヤホン)を購入

2018年11月22日 | その他
ご無沙汰しています。
今回は久しぶりに買い物らしい買い物をしたので、そのレビューです。

今まで愛用してきたイヤホン MDR EX510 が経年劣化壊れてしまいました orz
とてもお気に入りだったので、同じ系列と思われる MDR EX650(以下 MDRは省略) 購入しました。

上位モデルの EX750 は少しお高く、下位の EX450 は音質的に少し不安だったので、その中間を EX650 を選びました。amazonの評価が高かったのも、購入の後押しとなりました。

新規購入といっても 4年前のモデルなのでネット上でも取扱店が少なくなり販売価格は EX750 とそれほど変わりません。ではなぜ EX650 にしたかというと、大須に行った際、偶然安価で売られているのを見つけたからです。ネット上だと1万円弱の製品が 5,800円…これは買いでしょう。



しかし後でマイク付きの MDR EX650AP が 5,500円以下で売られているのを見つけ複雑な気持ちになりました。まぁアレですね、買ってしまった後に購入した物の値段を調べない事ですね。

気を取り直して EX650 のパッケージを開封してみると本製品、替えのイヤピースとポーチが入っていました。イヤホン自体は小さく見栄えは真鍮の輝きが無ければ 980円で売られているイヤホンと変わらないですね。



早速 Huawei のタブレット Mediapad M3 につないで音楽を聴いてみると…私のくそ耳でも低音が強く高音が伸びず音場が狭いと感じました。正直ヤラカシタと思いました。しかしイヤホンは買ったばかりだと音が固いので念のため24時間エージングした後に聞き直してみると、低音が強いのは相変わらずでしたが高音と音場は随分改善されました。

ここで、ふと EX650 は Mediapad M3 と相性があまり良くないのでは思い、Xperia Z4で聞き直してみると…音色が豹変しました。低音を強くして、少し音場が狭くなった EX510 という感じになりました。

Mediapad M3はスピーカーが頑張っているので、イヤホンでもそれなりに良い音が鳴るだろうと思っていたのですが間違いでした。アンプでここまで音が変わるのにはびっくりです。

EX650 はそこそこ良いアンプを搭載した音楽プレーヤーを使用すれば満足できる代物ですが、アンプがしょぼいと残念な感じになる…と結論付けて良さそうです。

そうなると Xperia Z4 はあくまでスマホなので、新しくなった Sony のウォークマン(NW-A55)が欲しくなりますね。たぶん買わないけど…(〃゜д゜;A

ソニー SONY イヤホン MDR-EX650AP : カナル型 真鍮製ハウジング マイク付 ブラスブラック MDREX650AP BQ
MDR EX650AP
ソニー

ソニー SONY ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A55 : Bluetooth microSD対応 ハイレゾ対応 最大45時間連続再生 2018年モデル グレイッシュブラック NW-A55 B
Sony NW-A55
ソニー
コメント

Android版 PC-9801エミュレータ

2018年10月01日 | レトロパソコン
先週は、風邪をこじらせ気管支肺炎になってしまいました。
4日間、熱(38℃以上)があり、咳き込んでいたのに無理に仕事をした結果です orz
お陰?で4日間お休みをいただき、ゆっくりとした日々を過ごすことができました。

さて、今回はAndroid版のPC-9801エミュレータ(以降 PC98エミュ)のお話です。別の機会にWindows版のPC98エミのお話をしたいと考えています。

まぁ まともに動くAndroid版のPC98エミュはNeko Project II(以降 NP2)しかないのですが…他のエミュの殆どは開発を中止もしくは中断しているので、事実上Android版のPC98エミュはNeko Project II一択です。しかしGUIや操作性に癖がありMX8(PC-8801販のエミュレータ)のように快適に使うのは難しいです。

では早速Android端末にNP2をインストール手順を記述していきます。

1.まずは、NP2 Android Lollipopから必要なファイルをダウンロード

 ・np2 android lollipop1114.zip



2。これを解凍し「np2_lollipop_0813_landscape.apk」USBメモリに保存

3.「Font.rom」 もしくは「 Font.bmp 」を手に入れ USBメモリに保存
  Font.bmpならWindows版のNP2(np2.exe)を起動させ
  フォルダの中に「font.tmp」というファイルを「font.bmp」にリネームして取得可能


4.Android端末の「設定」-「セキュリィー」から「提供元不明アプリ」を「ON」にしておく

5.USBメモリ内の「np2_lollipop_0813_landscape.apk」を
  ESファイルエクスプローラー」などでAndroid端末の任意のフォルダににコピー

6.「np2_lollipop_0813_landscape.apk」を実行してインストール

7.ローカルフォルダに「ap2_landscape」フォルダを作成

8.「Font.rom」 もしくは「 Font.bmp」とゲームのイメージファイルを
  「ap2_landscape」フォルダにコピー

9.作成された「NP2 android_Iを実行

10.エミュレータの「NP2のメニュー」ー「設定」から画面の大きさを最適化
  「Width」は横、「Height」は縦のピクセルを表します。
  本体の解像度の 95%から90%位にしておくと丁度いい大きさになります。
  2560x1440dpi なら 2432x1368dpi といった感じです。





11.ゲームアプリによりエミュの速度を最適化
  「東方の体験版」なら「NP2メニュー」-「Emulate」ー「Configre…」から
  CPUの速度をMAXにして「Architectere」を「EPSON」に変更






12.FDDもしくはHDDの設定で実行したいゲームアプリを選択してリセット









お疲れさまでした。以上でPC-9801のアプリをAndroidで遊べます。

ただし、かなり重いので最新のスマホもしくはタブレットでないと快適に動作しません。
MediaPad M3 でも東方の体験版だとコマ落ちしたり、音楽にノイズが入ります。
まぁエミュの開発がゆっくりなので仕方ないですね。

また、フルサイズの物理キーボードを接続しないとシューティングゲームなどは厳しいです。
私の設定が甘いのか、ゲームパッドが使えないのは地味に辛いです。

最近発表されている Android端末はミドルスペックの製品ばかりなのでハイエンドのタブレットが欲しくてたまりません。個人的には「HUAWEI」や「SONY」を応援しています。
コメント (2)

台風そして停電

2018年09月05日 | その他
ご無沙汰しています。生きています (〃゜д゜;A アセアセ・・・
仕事で忙しく月1回の更新もままならない状態です。今回は生存確認ということでアップしました。

台風21号凄かったですね。一番酷い時に運転していたのですが、木の枝、三角コーン、剥がれたであろうトタンの板、バケツなどが飛んできて怖い思いをしました。名古屋でこれですから、関西の方はもっと酷かったと思います。被害にあわれた方はお悔やみ申し上げます。

そんなこんなで14時半頃、帰宅しホッとしていたところ、全ての電化製品が機能を停止しました…停電です。これが長く続き16時から21時頃まで真っ暗で何もできませんでした。トイレに行くのも懐中電灯が必須で普段如何に電気に依存して生活をしているのか思い知らされました。
居間に家族が集まり非常用のろうそくで明かりを灯し、ラジオで情報を得ていました。ろうそくの灯は良いですね。心が癒されます。自宅は団地の1階なのでガス水道は使えたのですが、3階の方々は水が出なくなったとお話されていました。本当に電気がないと何もできないのですね。

これらの災害に備え少しずつ防災グッズを用意したいと思います。キャンプ用品などは役立ちそうですね。非常用品ではなくキャンプ用品が増えそうですが (;^ω^)アセアセ
コメント

学習用プログラミング言語 SCRATCH 3.0 のご紹介

2018年07月30日 | デスクトップパソコン
ご無沙汰しています。
今回の題材は教育機関で広く使われている、SCRATCH の次期バージョンについて書いていきます。

SCRATCH とはコードの代わりにブロックを使用し、それを積み上げてプログラムを組むビジュアルプログラミング言語です。子供でも簡単に扱えるよう難しい命令を使わず直感的にプログラミングを学べます。
プログラム言語としてみた場合、制約が多く本格的なプログラミングには向きませんが、簡単なゲームなら作成できます。以前、SCRATCH2.0について記事を書いていますので、詳しくは コチラ を参照ください。

SCRATCH3.0 の正式リリースは 2018年1月2日を予定しています。
英語版のプロトタイプは昨年、日本語のプロトタイプは今年の4月にアップされています。正式販のリリースまでこれだけ余裕を持たせているのは、各教育機関が教材を完成させるのを待っているかのようです。

SCRATCH3.0 プロトタイプの HP は コチラ

では、SCRATCH3.0になって何が大きく変わったかというと、今まで Adobe Flash 上で動作していたものが HTML5(CSS、JavaScript)上で動作するようになります。これは Adobe Flash に対応していなかった、i pad や Android のブラウザ上でも動作する事を意味します。

試しに i Pad pro の Safari・Chrome ブラウザで動作確認をしてみたところ、動作が少し重くメニューバーの表示が若干壊れていましたが、それ以外特に問題なく動作しました。この辺りは正式リリース版で改善されることを望みます。またPCのオンライン版では IE 以外のブラウザで動作することを確認しました。


※このイメージは、PCのFirefoxブラウザ上で動作させているスナップショットです。

GUIも画面レイアウトが見直され、デザインも今どきのポップなイメージに変更されました。
その他、SCRATCH2.0 の上位互換となっているので、今まで作った作品を SCRATCH3.0 で動作させることが可能です。SCRATCH2.0 で作成したプログラムは無駄になりません。


※このイメージは、PCのFirefoxブラウザ上で動作させているスナップショットです。

SCRATCH3.0 の完成度は高いのですが、まだプロトタイプなので、作品をオンライン上に保存したり共有することができません。この辺りは正式リリースを待つしかなさそうです。

以上、駆け足で SCRATCH3.0 を紹介してきましたが、タブレットやスマホ(画面が小さいのでキビシイかも)などでも動作するので、PCを持っていない子供たちにもマインクラフトのように爆発的に普及する事が考えられます。

自分が子供の頃(1980年代)はマイコンブームで、BASIC でプログラムを組み遊んでいました。
その頃は 月間マイコン、I/O、ASCII や BASICマガジン などの雑誌が情報源だったのですが、それがインターネットに変わったと考えると、SCRATCHの普及は1980年代のマイコンブームの再来のように感じます。

プログラミングを知らない大人でも、下のような書籍を読めば覚える事ができるので、是非、子供たちと一緒にプログラミングを楽しんでいただければ…と思います。

できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch プログラミング入門
Scratch プログラミング入門
インプレス
コメント