CBRで風になる~♪

パソコンインストラクターのV君です。
趣味のバイクやPCの事を主体に書いて行きます♪

Ryzen9 3900X + X370マザーの設定を最適化

2019年11月25日 | デスクトップパソコン
Ryzen9 3900X 環境に移行して2ヶ月が経ちました。
その間、ASRock X370 Fatal1ty Professional Gaming のUEFIを最適化を図るべく試行錯誤していました。そして以下の設定で落ち着きました。

・Windows10 電源プラン
 AMD Ryzen Balanced

・CPU:Ryzen9 3900X
 Clock:定格(3.8GHz~4.6GHz)
 Core Voltage:Offset -0.1v
 Load Line Calibration:level 2

・メモリー:DDR4 2400 DIMM 16GB x 2枚
 Clock:2933MHz
 CL:18-18-18-39 1T

その際の CINEBENCH R15 の結果は以下の通りです。
X570のマザーボードを使っている方々のスコアを見ると、マルチスレッドのスコアはほぼ変わらないのですが、シングルスレッドの値が3~5%ほど低くでています。これはX370マザーボードが XFR2 に対応していないため、クロックが上がりきらないこととメモリーのクロックが若干低いことが原因と考えられます。



CINEBENCH R15 実行時のCPUの挙動は以下の様になりました。
 
・シングルスレッド高負荷時 4.525GHz


・マルチスレッド高負荷時 4.100GHz

まずCPUですが、ZEN2世代のCPUの常用可能な動作クロックは4.2~4.3GHzと言われています。これは全てのコアがフルロード時した時の値です。
定格の状態でもフルロード時に4.1~4.25GHzで動作し、シングルタスク時には 4.525GHzまでブーストするのでオーバークロックは無意味と判断し定格運用することにしました。

それよりも電圧の高さが問題で、全てオートで設定にしていた時 Vcore の値が 1.45v を超えて動作していました。外れ石でも安定動作するように考慮されているのだと思われますが…
さすがにそれは無いでしょう (〃゜д゜;A アセアセ…

定格電圧での常用は怖いので、Offset の値を -0.1vに設定しました。
まだ下げられそうですが、ASRock X370 Fatal1ty Professional Gaming の UEFIの設定では、これ以上Offset値を下げる事はできませんでした。

続いて Load Line Calibration(急な高負荷時に電圧低下を抑える機能)の設定は Level 3 まで問題なく動作するのですが、Level 4 にしたとたん起動しなくなりました。安全策をとって Level 2 で運用することにしました。

次にメモリーの設定ですが…3000MHzを超えた辺りから動作が不安定になり、CL値を22と緩くして電圧を盛っても 3200MHz でWindows10は起動しませんでした。
ZEN2世代になりメモコンが良くなったと言われていますが、私の環境では Ryzen7 1700Xの時と変わらないので、今持っているメモリの限界値が 2933MHzという事なのでしょう。



最後に、PCIex 接続のSSD(Intel P750 400GB)ですが、グラフィックボード下の x16形状のスロットに刺していると何故かWidows10の起動が遅いので、ダメ元で最下段の x16形状(x4動作)のスロットに刺し直してみました。
一つ前のUEFI(5.30)では SSDを見失い起動しなかったのですが、最新の UEFI(5.80)では問題なく動作しました。Windows10の起動も体感できるほど速くなり大満足です。

一つ不満を上げるとすれば、このX370のマザーボード UEFIのバージョンが 5.80以降更新されておらず、将来性が不透明なところです。まぁ2世代前の物なので新CPUに対応して貰えただけでもラッキーなことなのでしょうが…

とい訳で、Ryzen9 3900X は価格相応のパフォーマンスを持ったCPUと呼べるでしょう。ゲームから動画編集までそつなくこなす優等生だと思います。

 
来週発売される Ryzen9 3950X(16コア・32スレッド)がコンシューマー向け最強のCPUとなりますが …発熱のためベースクロックが抑えられており CPUファンが同梱せず、28cm以上の水冷クーラーを推奨としているところから扱い辛いCPUになるのではと予想しています。

しかも初期入荷数が少ないため奪戦となり入手は困難と予想されるので、欲しい方は発売日当日(11月30日11時)にショップに並んでゲットするしかないでしょう。予算(約10万円)としっかり冷やせる環境をお持ちの方は是非チャレンジしてみてくださいね。私は…Ryzen9 3900Xで十分です。というか予算的に無理です…ごめんなさい。
コメント

YZF-R125 復活

2019年11月08日 | オンロード バイク
今日は仕事がお休みだったので…
YZF-R125(以下 R125)の復活を図るべく、まずはプラグの交換を行いました。

燃料ポンプは新品でセルは元気よく回りCDIのエラー警告などは出ていない…
となると電装系の末端であるプラグが怪しいという事でAmazonで注文していたイリジウムプラグと交換しました。取り外したプラグですが…



ススで真っ黒。長男がエンジンをあまり回さず乗っていたのが原因なのかなぁ
これだけカーボンが着いていたら、さすがに着火しないですよね。

そしてプラグを取り換え、セルを回してみると…いっぱつで始動。アイドリングも安定しました。また1時間ほど試乗しましたが、全く問題なくエンジンは絶好調でした。

エンジンが、かからないとレッドバロンに修理をお願いしたのですが…
プラグも見ていなかったという事ですね。

紆余曲折はありましたが何はともあれ、R125が復活して良かったです。
これでまた親子でツーリングができますから…
コメント

レッドバロンの修理の対応

2019年10月31日 | オンロード バイク
今月も仕事が忙く、なかなかブログをアップできずにいました。
今日は非番なのでッドバロンの修理の対応についての疑問について語りたいと思います。主に修理に対するクレームなので、そういった内容を好まない方はこれ以上先に進まず、そっと閉じて頂ければ幸いです。

1ヶ月前に YZF-R125(以下 R125と呼びます) のエンジンがかかりにくくなり、アイドリング中にエンジンが止まってしまうなどの現象が発生しました。エンジンがかからない時はかなり長い間セルを回さないといけないので、R125の購入先のレッドバロンに持っていきました。

ここで R125乗りなら、燃料ポンプの不具合(もともと燃料ポンプが壊れやすい)かなぁと感づくと思います。そのことを工場長に伝えR125を預かってもらいました。

その後、連絡があり燃料ポンプの交換、修理代金はパーツも含め10万円を超えると聞かされびっくりするのですが…燃料ポンプ単体では部品を取り寄せられずタンクを丸ごと交換になるため高額になるとの事でした。
少しの間考え他業者では8万円程でタンクを丸ごと交換してもらえるそうですが、20年間このお店と付き合いがあり工場長にはいろいろとお世話になっているので、仕方がないなと修理をお願いすることにしました。

改めて修理のお願いに上がった際に「このまま乗っていて完全に燃料ポンプが壊れると自走できなくなるよ」と言われました。やはりそうですよね。

修理明けに長男と一緒にR125を取りに行き1ヶ月間放置していましたが…
先週、長男がR125で出かけようとした際、エンジンの調子が前の状態より悪くなり、とても出かけられないとメールがありました。
その2日後に再度レッドバロンに持って行こうと思ったのですが…全くエンジンがかからなくなりました。キーをオンにした際に燃料ポンプの回る音(ウィーンという音)は聞こえセルは元気に回るのですが、エンジンがかかる気配は全くありません。

そこでレッドバロンのロードサービスで車体を取りに来てもらおうと連絡したところ工場長はお休みで別の整備士が電話にでました。その際、最初に聞かされたのは車体の引き上げは、その車両自体がにレッドバロンの任意保険に入っていることが条件なので、別のバイク(レッドバロンで購入)のオプションで付けているファミリーバイク特約ではロードサービスは適用されないとの事…以上の理由により車両の引き上げには5~6千円かかると言われました。
ちなみに、そのレッドバロンと自宅の距離は5kmほど離れています。

えっ…1ヶ月前とはいえ修理してもらう前と同じ症状で、しかもそれが酷くなりエンジンがかからなくなったのに引き上げにお金を取るのですか…さすがにそれは無いなと思い店長に電話を替わってもらいました。

高額な修理費用を支払いこれで安心して乗れると思った矢先の出来事なので、少しカッとなって強めの言葉で話してしまいました。それがいけなかったのか、店長は「燃料ポンプを交換してくれと言われたので交換した。エンジンの不調は他に問題がある可能性があるので引き上げにはお金がかかる。JAFに入っているのであれば車両の引き上げはJAFにお願います」の一点張り…ちなみにJAFには入っていません。

イヤイヤ…エンジンの不調を聞いた際にちゃんと原因を調べ直すのが当たり前でしょう。素人の推測を鵜呑みにして言われたことをこなしたので、それ以外は別件ですは無いでしょう。

話は平行線で進まないので、本社に電話をしてみると…それはお店の判断なので店長がそう言えばそうなのでしょうと一蹴されました。仕方がないので次に近い店舗の店長に電話をしてみると、しっかりと話は聞いて貰えたのですが「やはりその話は、修理をお願いしているお店の店長と話をつける必要があるので、そのお店から再度電話をかけさせます」と言われました。

その後、車両の引き上げをお願いしているお店の店長から電話があり(とても不機嫌そうでした)修理した燃料ポンプが原因であった際には運送料は掛からないようにしますと妥協案を提示されました。その際に「ちょっと他の相談窓口へ電話をしてどうするか考えようと思います」と言うと、「何処に電話をかけてもらっても構いませんが?」軽くと逆切れされました。

私は、エンジン不調の原因をしっかり確認せず修理依頼者の推測を元に部品を交換して修理後のテストをしっかりしなかったことを認めてほしかった…それだけです。別途必要になるパーツ代と修理費はもちろん支払います。ただその時にかかる車両引き上げ代金の請求(私には高額)には納得できなかったのです。

また、ここまでのやり取りで、例えお店側の不備は無くても店長からは、申し訳ございませんの一言が出てこなかったのは営業として如何なものなのかと思いました。

その後、個人でやっている別のバイク屋さんに話を持って行った際に「原因を調べるのに7千円以上かかり修理代は別途必要です。」と言われましたが、この言葉からは「しっかり不具合の内容を確認してから作業に入ります。」との意図が読み取れ納得できます。

バイクは乗るだけで修理の類は一切したことはなかったのですが、R125はSOHCの単気筒と構造は単純なので、次に疑わしい電装系の一つプラグを交換してダメであれば近くのバイク屋さんに持って行きたいと考えています。

最後に…読者の方々には私の方がクレーマーで気分を悪いと思われた方もいるかも知れません。その事に関しては申し訳なく思いますが、ここでちょっと愚痴を吐き出させていただきました。

この件に関して否定的な意見がなければ、この後の内容もブログに書いていきたいと考えています。
コメント

Ryzen9 3900X を X370マザーで常用!

2019年09月12日 | デスクトップパソコン
先日ようやく手に入れた Ryzen9 3900X(以下3900X)今回は、それをX370チップセットのマザーボードで使用する際に合ったトラブルや使い心地などを書いていきます。


まずは古いチップセットで最新のCPUを動作させるにはUEFI(≒BIOS)の更新が必要になります。
Ryzen7 1700X(以下 1700X)で使用していた「ASRock X370 Fatal1ty Professional Gaming」(以下 X370マザー)のUEFIのバージョンは 3.10でした。
この状態から 3900Xに対応させるには最低2回のUEFIのアップデートが必要でした。



まずはRyzen7 1700xを搭載したまま、第2世代Ryzen(ZEN+)対応 のUEFI(ver3.30)にアップデート。更に第3世代Ryzen(ZEN2)対応 のUEFI(ver5.30)にアップデートし動作確認を行いました。

この時に何故かPCIex4 接続のSSD(Intel750)を見失うようになり、OSの起動ができなくなったので、上から2段目のPCIex16スロットにINTEL750を移動させました。

PCIex16スロットを2本同時に使用するとx8動作になり帯域が減るので、上段のグラフィックボードの性能が2~3%下がります。ほぼ誤差ですが(汗)

これで動作確認はとれたので、いよいよ CPU の交換です。
AMDのPGAソケットは、INTELのLGAソケットは異なり CPU側にピンを持っているので不意な事故でマザーのピンを折ってしまい使い物にならなくなる可能性が低いので安心です。

CPU交換後、CMOSクリアを行いPCの電源を入れると無事 UEFIが起動しました。ホット一安心です。UEFIの設定を確認しWindows10を起動させたのですが…ここで問題発生!!

画面が周期的に暗転を繰り返しブルースクリーンの繰り返し。デバイスマネージャーを確認すると正常に動作していないデバイスが多数見受けられました。最新のドライバーセット「AMD all in 1 with グラフィックカードドライバ バージョン:19.10.16_19H1_WHQL」を適用しようとしたのですが EXEを実行しようとするとブルースクリーン…

Windows10の再インストール(各種アプリのインストールなどシステムの復旧にとても時間が掛かるのであまりやりたくない)を覚悟しましたが、一つやり残していることを思い出したので、まずはそれを試すことにしました。

その内容は…UEFIを最新の状態(ver5.80)にすることでした。
説明文を読むと旧世代のCPUでの使用は推奨しないとの事…という事は最新のRYZEN 3xxx(ZEN2)シリーズに最適化されているとも読み取れます。

早速、UEFIを最新(Ver5.80)にアップデートしてCMOSクリアした後、UEFIの設定を確認しWindowsを起動してみました。そうしたところ以前のような画面の暗転およびブルースクリーンは起こらずシステムは安定したように見えました。

しかしデバイスマネージャーでは相変わらず認識できていないデバイスが多数見受けられました。Windows10の場合ネットにつながっていると、デバイスドライバは自動的に適用されるのことが多く、こういった現象に当たる事はあまりありません。

ここで最新のドライバーセット「AMD all in 1 with グラフィックカードドライバ バージョン:19.10.16_19H1_WHQL」を数回実行…全てのデバイスが正常に動作するようになりました。
いやぁ~Widnowsの再インストールが必要になるかと焦りました。

そしてタスクマネージャーを確認!



24スレッドの動作は圧巻ですね。ロマンがあります ( ´艸`)

続いてみんな大好きCINEBENCHの実行です。


※マルチスレッド時のスコア 3172


※シングルスレッド時のスコア 202


※マルチスレッド時のスコア 7232

CINEBENTCH R20 では Ryzen7 1700X の2倍のスコアを記録しました。
また、CINEBENTCH実行時のクロック周波数は 4.05GHzを保っていました。

続いて真のシングルタスクの処理を計測するスーパーパイを実行。



シングルタスク時、クロック周波数は4.5GHzまで上がることを確認しました。



1700X(4.0GHzまでOC)では 11~12秒台だったので スコアは2秒以上縮まりIPCの向上が伺えます。ただしこのアプリはINTELが強くオーバークロックした Corei7 4930Kでは8秒代前半だったので、それには及びません。

しかし、これだけ性能が上がると何をするのもサクサクで、ベンチマークのスコア向上だけでなく実際に速さを体感できます。←コレ大事

ただし良い事ばかりではなく…
極めて負荷の高いCINEBENCHを連続で実行すると、簡易水冷(CORSAIR H110i)を用いても CPU温度は80℃に達します。室温は30℃を超えているので、これ以上CPU温度が上がることはないと思いますが…

最後に、X370マザーで 3900Xを運用する時のデメリットを上げていきます。

・XFR2に対応していないため、カタログ上の最大クロック周波数の 4.6GHzまで上がらない
・PCIex GEN4.0 に対応していない
・UEFIのアップデートが必須 + 苦労する

X370マザーで 3900Xを動作させた場合、最大クロック周波数は4.5GHz ですが、下位モデルの 3700X の場合、4.4GHzなのでそれよりも高クロックで動作します。CPUをしっかりと冷却していれば、全コアブブースト時のクロック周波数は X570マザーと変わらず 4.05GHzまで上がります。
PCIex GEN4.0 対応のハードウエアが、MVMeのSSD以外、殆ど存在しない事を考えれば X370でも十分実用的です。

私は 1700X購入時 ZEN2世代のCPUまで X370マザーを使い回すことを考え、同時の上級グレード(下の機能を搭載)であった「ASRock X370 Fatal1ty Professional Gaming」を購入しています。

・16フェーズのVRM
・10個のSATA3端子
・2個の有線LAN(内1つ5GHz対応)
・Intel® 802.11ac WiFi + BT 4.2搭載

同じ仕様を満たすものを買うとなると結構な出費になるので、暫くはこのままX370マザーで 3900Xを使って行きたいと思います。
コメント

やっと Ryzen9 3900X を買えました

2019年09月07日 | デスクトップパソコン
昨日やっと Ryzen9 3900X(以下 3900X) を定価(64,584円 税込み)で買う事ができました。
丁度非番だったのでネサフをしていたところ、パソコン工房である程度まとまった量の仕入れがあったようなので、大須まで行ってきました。



グッドウィルは11時開店でしたが、現地に10時20分に到着し暇だったので、10時30分開店のツクモへ行きCPUの価格一覧表を見てみると…ここでも3900X の在庫が復活していました。

まぁ速攻で確保ですよね。
あれだけ手に入らなかった 3900X ですが意外とあっさりと買えてしまいました。
Amazonプライムでも予約を始めた様です。

 
今回の3900Xの大量入荷は、まもなく Ryzen9 3950X(以下 3950X)が発売されるので、その前に 3900X をしっかりと売って置きたかったのかなぁと考えさせられます。

まぁ 3950X は10万円近くするので買えませんが…
3900X のスペックはシングル・マルチスレッド共にバランス良いのが魅力なので待った甲斐がありました。
昨日は午後から予定があったのでメインPCに組み込めませんでしたが、次の休みにCPUの取り換えを行いと思います。
コメント