CBRで風になる~♪

パソコンインストラクターのV君です。
趣味のバイクやPCの事を主体に書いて行きます♪

Android版 PC-9801エミュレータ

2018年10月01日 | レトロパソコン
先週は、風邪をこじらせ気管支肺炎になってしまいました。
4日間、熱(38℃以上)があり、咳き込んでいたのに無理に仕事をした結果です orz
お陰?で4日間お休みをいただき、ゆっくりとした日々を過ごすことができました。

さて、今回はAndroid版のPC-9801エミュレータ(以降 PC98エミュ)のお話です。別の機会にWindows版のPC98エミのお話をしたいと考えています。

まぁ まともに動くAndroid版のPC98エミュはNeko Project II(以降 NP2)しかないのですが…他のエミュの殆どは開発を中止もしくは中断しているので、事実上Android版のPC98エミュはNeko Project II一択です。しかしGUIや操作性に癖がありMX8(PC-8801販のエミュレータ)のように快適に使うのは難しいです。

では早速Android端末にNP2をインストール手順を記述していきます。

1.まずは、NP2 Android Lollipopから必要なファイルをダウンロード

 ・np2 android lollipop1114.zip



2。これを解凍し「np2_lollipop_0813_landscape.apk」USBメモリに保存

3.「Font.rom」 もしくは「 Font.bmp 」を手に入れ USBメモリに保存
  Font.bmpならWindows版のNP2(np2.exe)を起動させ
  フォルダの中に「font.tmp」というファイルを「font.bmp」にリネームして取得可能


4.Android端末の「設定」-「セキュリィー」から「提供元不明アプリ」を「ON」にしておく

5.USBメモリ内の「np2_lollipop_0813_landscape.apk」を
  ESファイルエクスプローラー」などでAndroid端末の任意のフォルダににコピー

6.「np2_lollipop_0813_landscape.apk」を実行してインストール

7.ローカルフォルダに「ap2_landscape」フォルダを作成

8.「Font.rom」 もしくは「 Font.bmp」とゲームのイメージファイルを
  「ap2_landscape」フォルダにコピー

9.作成された「NP2 android_Iを実行

10.エミュレータの「NP2のメニュー」ー「設定」から画面の大きさを最適化
  「Width」は横、「Height」は縦のピクセルを表します。
  本体の解像度の 95%から90%位にしておくと丁度いい大きさになります。
  2560x1440dpi なら 2432x1368dpi といった感じです。





11.ゲームアプリによりエミュの速度を最適化
  「東方の体験版」なら「NP2メニュー」-「Emulate」ー「Configre…」から
  CPUの速度をMAXにして「Architectere」を「EPSON」に変更






12.FDDもしくはHDDの設定で実行したいゲームアプリを選択してリセット









お疲れさまでした。以上でPC-9801のアプリをAndroidで遊べます。

ただし、かなり重いので最新のスマホもしくはタブレットでないと快適に動作しません。
MediaPad M3 でも東方の体験版だとコマ落ちしたり、音楽にノイズが入ります。
まぁエミュの開発がゆっくりなので仕方ないですね。

また、フルサイズの物理キーボードを接続しないとシューティングゲームなどは厳しいです。
私の設定が甘いのか、ゲームパッドが使えないのは地味に辛いです。

最近発表されている Android端末はミドルスペックの製品ばかりなのでハイエンドのタブレットが欲しくてたまりません。個人的には「HUAWEI」や「SONY」を応援しています。
コメント

台風そして停電

2018年09月05日 | その他
ご無沙汰しています。生きています (〃゜д゜;A アセアセ・・・
仕事で忙しく月1回の更新もままならない状態です。今回は生存確認ということでアップしました。

台風21号凄かったですね。一番酷い時に運転していたのですが、木の枝、三角コーン、剥がれたであろうトタンの板、バケツなどが飛んできて怖い思いをしました。名古屋でこれですから、関西の方はもっと酷かったと思います。被害にあわれた方はお悔やみ申し上げます。

そんなこんなで14時半頃、帰宅しホッとしていたところ、全ての電化製品が機能を停止しました…停電です。これが長く続き16時から21時頃まで真っ暗で何もできませんでした。トイレに行くのも懐中電灯が必須で普段如何に電気に依存して生活をしているのか思い知らされました。
居間に家族が集まり非常用のろうそくで明かりを灯し、ラジオで情報を得ていました。ろうそくの灯は良いですね。心が癒されます。自宅は団地の1階なのでガス水道は使えたのですが、3階の方々は水が出なくなったとお話されていました。本当に電気がないと何もできないのですね。

これらの災害に備え少しずつ防災グッズを用意したいと思います。キャンプ用品などは役立ちそうですね。非常用品ではなくキャンプ用品が増えそうですが (;^ω^)アセアセ
コメント

学習用プログラミング言語 SCRATCH 3.0 のご紹介

2018年07月30日 | デスクトップパソコン
ご無沙汰しています。
今回の題材は教育機関で広く使われている、SCRATCH の次期バージョンについて書いていきます。

SCRATCH とはコードの代わりにブロックを使用し、それを積み上げてプログラムを組むビジュアルプログラミング言語です。子供でも簡単に扱えるよう難しい命令を使わず直感的にプログラミングを学べます。
プログラム言語としてみた場合、制約が多く本格的なプログラミングには向きませんが、簡単なゲームなら作成できます。以前、SCRATCH2.0について記事を書いていますので、詳しくは コチラ を参照ください。

SCRATCH3.0 の正式リリースは 2018年1月2日を予定しています。
英語版のプロトタイプは昨年、日本語のプロトタイプは今年の4月にアップされています。正式販のリリースまでこれだけ余裕を持たせているのは、各教育機関が教材を完成させるのを待っているかのようです。

SCRATCH3.0 プロトタイプの HP は コチラ

では、SCRATCH3.0になって何が大きく変わったかというと、今まで Adobe Flash 上で動作していたものが HTML5(CSS、JavaScript)上で動作するようになります。これは Adobe Flash に対応していなかった、i pad や Android のブラウザ上でも動作する事を意味します。

試しに i Pad pro の Safari・Chrome ブラウザで動作確認をしてみたところ、動作が少し重くメニューバーの表示が若干壊れていましたが、それ以外特に問題なく動作しました。この辺りは正式リリース版で改善されることを望みます。またPCのオンライン版では IE 以外のブラウザで動作することを確認しました。


※このイメージは、PCのFirefoxブラウザ上で動作させているスナップショットです。

GUIも画面レイアウトが見直され、デザインも今どきのポップなイメージに変更されました。
その他、SCRATCH2.0 の上位互換となっているので、今まで作った作品を SCRATCH3.0 で動作させることが可能です。SCRATCH2.0 で作成したプログラムは無駄になりません。


※このイメージは、PCのFirefoxブラウザ上で動作させているスナップショットです。

SCRATCH3.0 の完成度は高いのですが、まだプロトタイプなので、作品をオンライン上に保存したり共有することができません。この辺りは正式リリースを待つしかなさそうです。

以上、駆け足で SCRATCH3.0 を紹介してきましたが、タブレットやスマホ(画面が小さいのでキビシイかも)などでも動作するので、PCを持っていない子供たちにもマインクラフトのように爆発的に普及する事が考えられます。

自分が子供の頃(1980年代)はマイコンブームで、BASIC でプログラムを組み遊んでいました。
その頃は 月間マイコン、I/O、ASCII や BASICマガジン などの雑誌が情報源だったのですが、それがインターネットに変わったと考えると、SCRATCHの普及は1980年代のマイコンブームの再来のように感じます。

プログラミングを知らない大人でも、下のような書籍を読めば覚える事ができるので、是非、子供たちと一緒にプログラミングを楽しんでいただければ…と思います。

できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch プログラミング入門
Scratch プログラミング入門
インプレス
コメント

スイフトスポーツ ZC33S の慣らしを終えて

2018年06月14日 | その他
ご無沙汰しています。仕事があまりにも忙しく更新を怠っていました。
しかし月に1度は更新するように頑張ります。今回の内容はタイトル通り車の話になります。

スイフトスポーツ(ZC33S)を2ヶ月間、通勤の足として使い 2,500Km程走行したので、そのレビューを書いていきたいと思います。

納車時のレビューは下のアドレスをご参照ください。
https://blog.goo.ne.jp/rxn10223/e/93b0964400cf271073a3ab360e000c32



・エンジン特性について

ちまたで言われている通り、低速からトルクフルでクラッチペダルが軽いので、発進は楽です。
2,200rpm辺りから力強くなり、3,000rpmから背中を押されるような加速をします。その後のトルクはフラットで、レブリミット(6,000rpm)までスムーズに回ります。私的にはターボと聞くと高回転で勢いを増し、胸のすくような加速を期待していたのですが、実際には真逆で扱いやすく良くできたエンジンだと思います。

高速道路を6速 100Km/h 巡行する際、エンジンが2,700rpmまで回るので少し疲れます。加速重視なのは分かるのですが、欲を言えば6速は高速走行が楽に行えるように、2,500rpm以下に抑えて欲しかったです。

・ギヤについて

ギヤは1速から2速は離れているので、交差点をゆっくり曲がる時、1速で超ゆっくりアクセルを踏むか、2足で半クラッチを使うか迷う事が、間々あります。また、2速から5速まではクロスしているので、一般道を走行する際、ギヤチェンジが多くなり忙しく感じます。これを面倒だと思われる方は、6ATをお勧めします。私は楽しく感じているので6MTで満足しています。

・リミッターについて

スピードリミッターは180Km/hで、レブリミッターは6,000rpmです。6速 180Km/h走行時の回転数は4,900rpmなので、まだまだ余裕があります。EUCを書き換える(チューニングメーカーで10万円程度)だけで+20ps、また各種リミッターの変更や解除ができます。計算上スピードリミッターの解除で 220km/h、レブリミッターを6,500rpmに変更することで 240Km/hほど出せるようになります。260Km/hのスピードメーターが生かせますね。サーキットを走らない方は無用の長物ですが…

・ブレーキについて

自分の中では満点です。フロントブレーキローターのサイズアップ図られ、また車体が軽いこともありノーマルでも十分効きます。サーキット走行でもブレーキパッドの交換だけで行けるでしょう!

・ハンドリングについて

高速走行時、タイヤのグリップ力(195/45R17)とダウンフォースのお陰でハンドルが重くなりグリップ力を強く感じます。タイヤはノーマルでも十分ハイグリップです。減りが速そう(特にフロント)ですが…
車体が軽くハンドリングがクイックなので、慎重な運転が必要です。最高速を楽しむのではなく、タイトなコーナーが続く、小・中規模のサーキットやジムカーナを楽しむ車だと思いました。
ハンドルの追従性が良く、ブレーキの利きも十分なのでワインディングは楽しめます。ただ、FF車の構造上仕方ないのですがアンダーが出るので、しっかりとした加減速を意識する必要があります。
サスは街乗り仕様で、スポーツ車としては柔らか目かな?しかし結構踏ん張ってくれるので、コレはこれで良いのかも…

・室内の静粛性について

本当にターボ車なのか疑うほど、ターボの吸気音が聞こえません。回してもエンジンのメカノイズとマフラー音のみで、そのマフラー音もこもった感じなのでマフラーを交換したくなります。またロードノイズが大きいので、その辺りは値段なりの静粛性と言わざるを得ません。

・各種安全装置について

一般道では車線逸脱警報がうるさく邪魔に感じます。衝突警報装置も時々誤動作するので、アナログ人間な私には、これらの機能は必要ありません。まぁカットできるので良いのですが…

色々とダメ出しをしましたが、総合的にはとても良くできた車だと思います。
エンジンがもう少し高回転まで気持ちよく回ってくれれば申し分ないのですが…
その辺りを解消するため、いつかECUを書き換えマフラーを交換したいと思っています。
コメント (2)

購入を躊躇しているもの

2018年05月17日 | デスクトップパソコン
ご無沙汰しています。
今回は表題にある通り、欲しいのですが買うのに踏み切れないものを紹介していたいと思います。

1.Ryzen7 2700X

AMDのCPU、ZENシリーズの2代目です。

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX
AMD CPU Ryzen7 2700X
8コア / 16スレッド(3.7 GHz / 4.3 GHz)
AMD

今現在、デスクトップPCで RYZEN7 1700Xを使用しているのですが、2700X に交換するとマザーボード(X370チップセット)を使い回しても、15%ほど性能が向上するようです。

新しいマザーボード(X470チップセット)に交換した場合、賢くなったターボブースト機能により、更にパワーアップするようですが、RYZEN7 1700X を3.8GHzにオーバークロックして常用しているので、その差は縮まると考えられます。

さすがにマザーボードとCPUを同時に交換するのは辛い(7万円ほどする)のでCPU単体の交換になるのですが、約10%の性能向上に4万円(CPU単体)の価値があるのか微妙です。20%以上性能向上したのであれば、即購入なのですが…

2.MediaPad M5

HUAWEIのAndroidタブレット(8.4インチ)です。

Huawei 8.4インチ MediaPad M5 8 SIMフリータブレット ※LTEモデル 32GB RAM4GB/ROM32GB 5100mAh【日本正規代理店品】オリジナルケース付属
クMediaPad M5 8 SIMフリータブレット ※LTEモデル
Huawei

現在 MediaPad M3を使用していますが、その後継です。主な変更点は以下の通りです。

・狭額縁設計(ベゼルレス)により、高さが2.9mm小型化
・重量が310gになり、20gの軽量化
・SOCが Kirin 960(M3は Kirin 950)に強化され、1.8倍の高速化
・アウトカメラの強化(800万画素から1300万画素へ)
・充電兼用コネクタが、USB TYPE-C(M3はmicroUSB B)に変更
・イヤフォンジャックの省略(USB Type-Cの変換アダプターが同梱)
・OSがAndroid 8.0(M3はAndroid 7.0)に更新

順当にスペック向上しています。Androidタブレットにカメラの性能は期待していないのですが重量減は魅力です。しかし、SOC(≒CPU)の性能向上が微妙なのと、イヤフォンジャックの省略が痛いです。また、充電兼用コネクタが、USB TYPE-Cになったのも次期早々かと…

メモリ(4GB)とeMMC(32GB)の容量、液晶ディスプレイ解像度は変わらず、買い替えるほどでは無いのかなというのが素直な印象です。

これらを今回スキップすると、来年の今頃出る新製品が買い替えのタイミングになると思われます。両方同時に買うのは金銭的に難しいので、どちらを買っておくとなれば、Ryzen7 2700Xかな…

もしくは、この夏出ると言われている、Nvidiaのグラフィックボード(コードネーム:Volta)を買うために資金を貯めておくのが良いのか悩みどころです。何でもそうですが買うまでの間が一番楽しいので、暫くその楽しみを味わいたいと思います。( ̄▽ ̄) アハハ…
コメント