CBRで風になる~♪

パソコンインストラクターのV君です。
趣味のバイクやPCの事を主体に書いて行きます♪

スイフトスポーツ ZC33S の納車

2018年04月19日 | その他
ご無沙汰しています。
昨日まで11連勤と非常に忙しくブログの更新ができませんでした。
今日は久しぶりのお休み…ということでブログの更新を行いたいと思います。

お題はPCやバイクではなく車です。ですのでカテゴリーはその他になります。
プリウスαに乗って丸6年、総走行距離6.5万Km…まだ高値で買い取ってもらえる&もう7人乗りはいらない…ということで車を買い替えることにしました。次の車は6MTに乗りたい!ただしお手軽な価格で…いうことでモデルチェンジしたスイフトスポーツ ZC33Sに白羽の矢が立ちました。

しかし11月末に予約しても一向に製造ラインに乗らず納車されませんでした orz
やっと3月初旬に製造ラインに乗るとの知らせがあり、4月の初旬にめでたく納車されました。そして通勤の足として使い2種間で500キロほど走行したので、感じたことを写真を中心にレビューしていきたいと思います。

まずは外観を…













うん、スポーティーカーっぽくで個人的に気に入っています。顔はマツダ車っぽいですね。

続いて運転席を…







メーター周りにスズキらしさが出ています。ペダルも良い感じです。

助手席はこんな感じ



後部座席はこんな感じ、プリウスαよりは少し窮屈かな?



最後にもう一度リアビューを…





自分的には先代の ZC32Sより、こちらの方が好みです。

肝心の走りですが、まだ慣らし中なので3,500rpm以上は回していません。
その上でのレビューですが、下からトルクが太く、1400ccのターボ車という感じはしません。発進時に1,000rpmまで回しておけばエンストせず、1,500rpmからアクセルを踏んでいっても、しっかりとパワーがついてきて、2,000rpmからトルク感を感じ後ろから押されるような加速をします。

街中では5速までしか入らず、首都高では6速に入れておけば 2,000rpmで80km/hでの走行が可能なので慣らし運転も苦になりません。このような走り方だと、14~15km/Lとエコドライブが可能です。

次に足回りですが、車体の軽さ(1t)も相まってキビキビと走ります。普通、車体が軽くなると接地感が希薄になると思うのですが、高速走行時にもしっかり接地感を感じ取ることができ安心してアクセルを踏み込むことができました。

ハンドリング関してはハンドルの遊びが少なく、高速走行時には明らかにハンドルが重くなります。この辺りはスポーツ思考の車ですね。プリウスαとの違いを明確に感じ取ることができました。

まだ慣らしの途中なので無理はしませんが面白そうな車であることは感じ取れました。
これで車体価格が200万円以下とリーズナブル(スズキでなければ無理でしょう)なので納車に4ヶ月も待たされたのも納得です。それだけ人気で製造が追いついていないのは致し方なしといったところでしょうか。

後もう少しで慣らし運転も終わるので、その後が楽しみでなりません (〃゜д゜;A アセアセ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Android 使いが iPad pro を購入そして感じたこと

2018年03月01日 | デスクトップパソコン
ご無沙汰しています。この度、同じ業界ですが別の会社に転職いたしました。
覚えることが多く(自宅でも学習)&休みが少ないのでブログの更新を怠っていました。

今回は転職先で使用する iPad について書き綴りたいと思います。
今までタブレット、スマホ 共に Android を使ってきましたが…
職場で iPad講座を行うにあたり iPad pro 10.5 256GB モデルを購入しました。

 

iPad はストレージを増設できないので 64GBだと少し不安です。128GBモデルがあれば良かったのですが、64GBの上は256GBモデルになっており128GBモデルが存在しません。アップルさん商売上手ですね。

せっかく iPad pro を購入したので、Apple PencilSmart Keyboard も同時に購入しました。とんだ散財です。Pencil が 1万円強 Smart Keyboard が2万円弱…付属品だけで3万円ですか…
物は良いのですが高級なパッケージ(箱)はいらないので、もう少し安価にしてください!!

気を取り直し、さっそく購入した iPad pro にアンチグレアの液晶保護フィルムと裏面に【ホワイトレザー】 スキンシール カバーフィルム を貼りました。元の本体色はシルバーです。

 

このカバーフィルム、背面はなるべく傷付けたくないけれど、カバーで重くなるのは避けたい人にお勧めです。カラーおよびデザインも豊富なので、良ければ下のリンクを参照ください。

【全31色】 wraplus for iPad Pro 10.5インチ 【ホワイトレザー】 スキンシール 前面 背面 カバー フィルム
背面 カバー フィルム
Digital Coconuts

私はさらにクリアケース(ハード)を取り付け落下によるダメージ軽減対策を施しました。

ios 搭載の製品を扱うのは iPhone4以来(古っ!!)です。
基本的な操作はそのままで各部正当に進化していると感じました。

まだ使い込んでいませんが、久しぶりに iosを触ってみると何だか違和感を覚え使い辛いように感じました。これは Androidの UIに慣れきってしまった事が原因だと考えられます。iPadを使っている人が Androidは使い辛いという事と同じで慣れの問題だと思います。

そこで、双方を比較して感じた点を書き出してみました。

iPad pro の方が劣っていると感じた点
※AndroidにできてiPadでできない事柄を含みます。

1.ソフトウェアキーボードにカーソルを移動させるための方向キーがない
これに関しては物理キーボード(Smart Keyboard)を使えば不満は解消されます。

2.OSに戻るボタンが用意されていない
iPadにも各アプリに戻るボタンは用意されていますが、Androidの場合、画面の下に必ず戻るボタンがあります。多用するボタンなので定位置にあった方が使い易いと感じました。

3.エミュ系のアプリなど、野良アプリは脱獄しないと使えない
アップルストアには豊富なアプリが用意されているのですが、Android使いから見るとストアのアプリしか使えず痒いところに手が届いていないと感じました。

4.機器内のファイルの保存先が分かりにくい
Androidの場合、ESエクスプローラーなどを使えば、Linuxと同じ感覚でフォルダやファイルを扱えます。iPadの場合、その部分がブラックボックスになっているので違和感を覚えます。

5.値段が高い
これが最も頂けないところです。本体も付属品も高過ぎです。Appleというブランド製品なので仕方がないのかもしれませんが、Androidの場合半額で同等品を揃えられます。

iPad pro の方が優れていると感じた点

1.Apple Pencil … これは素晴らしい
1万円強は高いなぁと思っていましたが、これはその価値があると感じました。ペンの追従性が優れており、「メモ」アプリを使えば文字通りiPadを手帳としてスマートにメモを取ることができます。会議などで一度でもApple Pencilを使うと、もう紙媒体には戻れません。また、イラストなども気軽に描け、夢中でお絵かきをしてしまいました。

2.120Hz対応の液晶で動作はヌルさく
SOC(≒CPU)の性能とOSの軽さも会い合わせて、ヌルヌルさくさくと動作します。まさにストレスフリーです。ただし全てにおいてAndroid端末が遅くにストレスを感じるのか?と言われるとそうでもないです。MediaPad M3(私がメインで使用しているタブレット)は比較性能が高くサクサクと動作します。iPad proには敵いませんが…

3.4つもある内臓スピーカー
タブレットとしては十分高音質だと思います。低音はサイズ的に厳しいですが、クリアな中高音を聴くことができます。低音も欲しい方は Sonyや Boseなどのワイヤレススピーカーを買ってください。

4.高性能なカメラ
実は、まだこの機能を試したことがありません。Youtubeなど、iPhoneやiPadで動画を撮影し投稿されている方々の映像を見ての感想です。安価なハンディカムより手振れ補正や画質が良いのでは?と感じています。

 

散々褒め称えている Apple Pencil ですが、充電時に外す後ろのキャップや充電器とつなぐブリッジが小さく無くしやすいので、私は下の製品を購入し取り付けています。

Apple Pencil 専用 キャップカバー Qosea ペン先カバー アダプタ連接用カバー シリコン 紛失 落下防止 超軽量 3点セット(ホワイト) アップルペンシル Pencil Cap Cover Lighting Adapter Cover
Apple Pencil 専用 キャップカバー
Qosea

Smart Keyboard を取り付けると、下のようになります。このサイズになると、物理キーボードが欲しくなります。キータッチは良いのですが、2万円弱のキーボードにしては少し安っぽい感じがします。

 

「アイビスペイント」アプリを購入し Apple Pencilで、愛車のCBR-954RRをラフスケッチしてみました。



所感、最後に…
今回 iPad や iPad Air2 ではなく、高価な iPad pro を選びましたが…こちらを買って正解でした。

もう、Apple Pencilと「メモ」アプリとの連携が素晴らし過ぎます。「メモ」アプリの不具合(突然画面が1ページ下に移動する事がある)を直して貰えれば言う事なしです。また、Smart Keyboardを使えば、簡単な文書やスプレッドシートの編集も行えるので、出先でノートPCを必要とする機会は少なくなるでしょう。

iPad教材の勉強用だけであれば高い買い物ですが、仕事でもバリバリ使える事が分かり、結果良い買い物ができたと満足しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファイナルファンタジーXVベンチマーク 速攻レビュー

2018年02月03日 | デスクトップパソコン
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク が公開されたので…
早速、実行してみました。テストにかかる時間は今までのベンチマークと比べると短めです。

ベンチマークのダウンロード先は コチラ

実行環境の基本スペックは、以下の通りです。
CPU、GPUともに常用範囲内でオーバークロックしています。

 CPU : Ryzen7 1700X@oc(3.8GHz SMT有効 Vcore 1.35v)
 MEM : 32GB(DDR4-2933 SDRAM 16GBx2枚・CL 18-18-18-39-1T 1.33v)
 VGA : GeforceGTX1070 8GB@oc(ASUS STRIX-GTX1070-O8G-GAMING)
 SSD : 400GB (PCIe Gen2.0 x4接続:システムディスク)
 HDD : 3TB (3TB:WD30EZRX:ベンチマーク保存ディスク)
 液晶 : 27inch(DELL P2715Q 3840x2160 dpi IPS液晶)


・FULL HD(1920x1080 dpi):高品質


・4K(3840x2160 dpi):標準品質


・4K(3840x2160 dpi):高設定


スコア判定の一覧は以下の通りです。

 

所感:このベンチマークは、とても重いです。

Ryzen7 1700x と GTX1070 をオーバークロックしていても、4K解像度では 普通 の評価しか貰えませんでした。FULL HD でも 非常に快適 までには程遠いです。

快適に遊ぶには、FULL HD では GTX1070以上、4K解像度では GTX1080Ti が必須に思われます。
NVidiaの次世代GPU(Volta)で、どの程度遊べるようになるか気になるところですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Windows10 Fall creators update のその後

2018年01月27日 | デスクトップパソコン
メインPCでは先送りにしていた Windows10 Fall Creators Update(RS3)…
4ヵ月後に適用するよう設定しておいたはずでしたが、シャットダウン時に意図せぬ大型アップデートが始まり、メインPCもめでたく!?最新バージョンの Windows10になりました。

シャットダウン時、勝手に大型アップデートが始まる仕様はヤメていただきたい…

先送りにしていたのは、以前の記事 で書いていた通り様々な不具合に悩まされていたためです。しかしリリースされてから3ヶ月程経過し…殆どの不具合は解消されていました。

私の抱えていた不具合の中で唯一改善されなかったのは、タスクバーのコルタナさんだけです。

なぜ、お前は白くなったんだ!!

電気屋さんにディスプレイされている新型ノートPCでも背景が白くなっているコルタナさんを見かけます。仕様変更されたのでしょうか?でもタスクバーに白いコルタナさんは違和感アリアリです。

 

私と同じく背景の白いコルタナさんに違和感を感じる方も多いようで、対処方法がいくつか上がっていたので、ご紹介します。

・Windows10 の言語設定を一旦、日本語以外に変更し元に戻す
 この方法で上手く行っても、ある日突然コルタナさんが白く戻ってしまいます。

この問題を 最終的かつ不可逆的に解決 できる手段は2通りあります。

1.「設定」の「色」の「既定のアプリモード選択します」を「黒」に設定する

 
 コルタナさんは元の色に戻りますが、設定画面が黒くなるのはいただけません。

2.レジストリの値を変更し固定する
 ・「ウィンドウ」キー押しながらと「R」キー押す
 ・「rededit」と入力し、レジストリエディタを起動する
 ・メニューの下のアドレスバーに

  HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Search\Flighting
  と入力し「Enter」キーを押す
 ・「Current」の値を「0」に「RotateFlight」の値を「1」に変更する

 

 ・「Flighting」を右クリックし、[アクセス許可]をクリックする

 

 ・サインインしているユーザー名を選択し「読み取り」の[拒否]にチェックをつける

 

・「OK」ボタンをクリックし、レジストリエディタを終了する
・Windows10を再起動

※レジストリを誤って変更した場合、最悪 Windowsが起動しなくなる恐れがあります。
 レジストリの変更は自己責任でお願い致します。


 

これでコルタナさんの問題も解決です!

やはり、OSの大型アップデートはしばらく様子見し、2ヶ月以上経過してから適用した方が良さそうです。月日が経てばOSや各種ドライバは成熟され安定し、アプリも新しい環境に適応していきます。仮に不具合が出たとしても、その頃にはネットを調べれば殆どの問題を解決できるようになっているでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

VGA切替器の導入

2018年01月21日 | レトロパソコン
今回もレトロPCネタです。現在所持しているレトロPCは以下の通りです。

・PC-8801mkII FR
・PC-9821cx
・PC-9821Ap


自室にはそれ以外に、メインで使用しているデスクトップPCがあります。
部屋が狭いので、レトロPCにはデスクトップPCのサブディスプレイを利用し、スピーカーはデスクトップPCと共有しています。

3台のいずれかのレトロPCを使う場合、毎回ディスプレイとスピーカーのコネクタを付け直すのが面倒なので以下の製品を購入しました。

ES-Tune VGA切替器 簡易版 4入力1出力 オーディオ機能 1920*1420に対応 手動 パソコン
VGA 4入力1出力 切替器
ES-Tune

最大4台の D-Sub15ピン(VGA)と、3.5mmステレオミニ(音声出力)を同時に切り替えることのできる優れものです。ただし、VGA出力端子が前面にあるため全て機器を接続するとを下のようになり VGAケーブルの根元に負荷がかかりいつか断線しそうです。見た目にも美しくないですしね。

 

そこで、D-sub15ピン L字型ジェンダーチェンジャーを2つ用意し…

ハイパーツールズ L字型 ジェンダーチェンジャー D-sub15ピン オス・メス
D-sub15ピン L字型ジェンダーチェンジャー
ハイパーツールズ

見た目と実用性の問題を解決しました。

 

合体!! おぉ~いい感じです。

 

これで3台のレトロPCを、1台のディスプレイとスピーカーで使いまわせます。
この切替器で唯一気になる点はボタンを押すとガチャンと大きな音がするところです。物理的に電気回路を切り替えているので致し方なしです。2千円弱とお安いので文句は言えません。

後はキーボードですが…PC-88とPC-98ではキーボート接続端子が異なるので別々に用意し使うことになります。一つのキーボードを使いまわすには接続端子を統一する必要があります。レトロPCにUSB接続のキーボードを使えるようにする変換機があるにはあるのですが、一つ1万円もするので流石に買えません。( ´゚д゚`)エー

この切替器を導入した結果…デスク周りはこのようになりました。



写真の左側にあるディスプレイがレトロPC用でメインPCのサブディスプレイを兼ねています。音声出力は中央のディスプレイ下にあるBoseのスピーカーを共有しています。PC-9821Apの左にある黒いタワーケースがメインのデスクトップPCです。

レトロPCに囲まれて幸せ者です。VGA切替器には後1台接続できるので…PC-8801FA or MZ-2500を手に入れて、つなげたいですね。どちらもオークションで見つけるしかないので、程度の良いものが安価で出品されたら凸したいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加