山咲雛子の日記

毎日何かを好き☆と感じ、感謝して、頑張っています。時間が沢山あったら、ゆっくり自然の中で過ごしたいです♪旅もしたいな♪

気仙沼シャークミュージアムとリアスキッチン

2016年08月31日 | ラーメン

気仙沼シャークミュージアムでは、海産物や、お土産にピッタリな販売店や食事処もあります。

新鮮なお刺身の盛り合わせも1000円程度で買うことができ、なかには一匹買いしたほうが安いお魚も並んでいました。

市場とは違うのですが、それなりに厳選された生魚と、気仙沼を代表する商品の品揃えがコンパクトで、利用しやすいかも・・・。

その日は「リアスキッチン」さんで、気仙沼名物のメカジキを使ったラーメンを実食しました!

メカジキ魚骨味噌ラーメン(800円+税)をオーダー。

メカジキから出汁を取ったスープなんですって!

お魚嫌いな方はNG?かも。

他に海鮮丼やフカヒレラーメンなどもありますが、私が思うに観光地価格になっているような気がしました。

運ばれてきた「メカジキ魚骨味噌ラーメン」は、油で揚げたメカジキの素揚げがどっぷりとスープに沈んでいて、なんだかメニューの写真と違うような第一印象でした。

メカジキを皿に移しました。

スープは確かに魚系の出汁が前面に出過ぎな位で、味噌との相性は?と聞かれたら、私の味覚では「微妙」な感じでした。

ですが、地元のワカメがコシがあって美味しかったです。

スープに浸かって既にグダグダになったメカジキの素揚げは、骨に注意して食べないといけないのですが、骨と骨の間のコラーゲンたっぷりの軟骨が良い味していて、この気仙沼でしか食べることができない名物だと感じました。

次に行くとしたら、最初から「別添え」でオーダーしたいと感じました。

 

食後は小休憩。

2Fのシャークミュージアムあたりをウロウロ。

有料施設なので、入場しませんでした。

(なにぶんにも仕事の休憩時間消化しているため)

2Fには4ウッドデッキがあり、気仙沼の風と海の美しさを感じることができました。

東日本大震災の爪痕が完全には戻っていないのですが、この場所を6か月見てきて、当初よりも随分良くなっている印象を感じています。

あんなことがあったなんて、現実的な記憶が薄れていっているなぁ、と私自身感じています。

 

コメント

ルートイン気仙沼

2016年08月30日 | ホテル・宿

仕事で何度もお世話になった「ルートイン気仙沼」。

7月からこの場所での仕事がなくなったため、残念ながらもう利用させていただくことはないと思います。

快適に過ごせ、お腹をいっぱいに満たしてくれるお宿でした。

感謝をこめて、ご紹介したいと思います。

ルートイン気仙沼は、東日本大震災の復興事業のため、主に工事関係者が多いです。

夕刻になると正面の駐車場は工事関係者の車両でいっぱいになります。

少し歩くのですが、建物の裏にもパーキングがあります。

お部屋はシックな雰囲気です。

ルートインマニアではないのですが、いくつかのルートインを実際に宿泊してみて、私の宿泊した中では、 この気仙沼は一番使いやすいです。

 何故なら、このソファーに身を委ねながら、PCができる、TV画面も程よい距離なのです。

 しかもこのテーブルがあることで、まるで自宅気分になれるんですよね。

こんな感じ。

普通のルートインだと、化粧台みたいな机の前に鏡があって、自分の顔がよく見えるんですよね、あれが嫌なんです私。

バスも新しい感じです。

このホテルもともと山林だったらしく、古いカーナビだとそのころにまだ住所がなかったため、へんな場所に案内されます。

夕食は500円で頂けます。

広いし、プライベートが確保された背の高いソファーの席もあります。

その日のメインは右の皿のおかず。(日替わり)

あとは自分で好きなものを取り分けるバイキング式です。

日替わりのおかずは、必ずお魚と揚げ物がセットになります。

その日のおかずは苦手系なので、結果こんなに盛っちゃってます~♪

しかも、必ず日替わりの麺類がバイキングのメニューに盛り込まれます。

その日は「蕎麦」。

三陸産のワカメたっぷりの「天婦羅蕎麦」にアレンジしてみました。

 

ふと夕食会場のまわりを見渡せは、男性ばかりです。

ですが、ルートインは出張の際の女性にとっては、安心して寝ることができるホテルだと私は感じてます。

人工温泉も気仙沼は広めで快適でした。

何度か利用させていただき、一度はアップグレードのダブルのお部屋を頂いたこともあります。

 

担当が変わり、気仙沼とは縁がなくなってしまったのは寂しい気がしていますが、仕事を通じて何かしらの貢献ができたことは、私自身誇りに思いたいです。

気仙沼は小さい町ですが、海や温泉にも恵まれ、人情も厚く、独特の名物もあります。

これからしばらくは気仙沼の記事をご紹介していきますね。

 

コメント

ホテルモントレ仙台 エスカーレ

2016年08月29日 | 

プラハのカフェをモチーフにデザインされたレストラン。ステンドグラスに趣をこらした「エスカーレ」でランチ。

今回は、佐々木巧のおすすめランチコース「セレブ」(ネット予約割引4500円税・サービス料込)

 

前菜はキッシュ。

沢山のお野菜を使ったサラダ。 

手長海老とオマールエビのグリル。

焼き加減が絶妙でした。

それに、女性が好きな海老攻めで来るとは・・・♪

口直しのシャーベット。(赤ワイン風味)

牛ヒレ肉とフォアグラ、バルサミコとベリーのソース。

三ツ星のフレンチ「ミシェル・ブラストーヤ ジャポン」で味わったフォアグラとはそもそも素材が違う感じでしたが、フォアグラの焼き加減、牛ヒレ肉の火の通し方もとても丁寧です。

この値段で、いいお仕事されていると感じました。

木苺のソースのデザート。

 

「エスカーレ」さんのポイントは3つ。

*ネット予約で10%OFF、しかも税・サービス料込みこみ価格でこの内容の料理を頂けるのは、お得だと思いました。

*奇抜さや洗練さはないけれど、オーソドックスな料理内容を丁寧に仕上げていると思います。

*来店目的をネットで書き込みしたら、小さなブーケを頂いたり、記念写真を撮影して下さったりで、サービス面がとてもワンダフルでした。

本当にサプライズで、幸せなランチ時間を過ごすことができました。

 

ホテルランチはゆっくりおしゃべりしながら過ごすことができるので、時間のあるときにはおススメです。

記念日には是非、ご利用してみて下さい。

 

コメント

勝山館 パドリーノ・デル・ショーザン

2016年08月28日 | 

 以前仙台勝山館でランチをしたときは、フレンチだった気がするのですが、イタリアンに変わったのでしょうか?

ランチ(4000円+10%+8%)を予約。

日本庭園を眺めながらの食事は気分が解放されます。

仙台勝山館は、ウェディング会場でも知られていますが、勝山酒造が母体で、他に宮城調理製菓専門学校も運営されています。

 

凄い器で運ばれてきた、かぼちゃのポタージュ。

濃厚な味わいのスープでした♪

前菜。

バジルのソースがフレッシュな食味で気に入りました。

勝山館のソーセージ。

仙台の百貨店などでも販売されています。

濃厚な味わいの挽肉が、ギュギュっと詰まっています。

 パスタはいくつかの種類から選ぶことができます。

「桜えびとアスパラガスのペペロンチーノ」をチョイスしました。

生パスタなので、モッチリとした弾力のある麺で、優しい味付けでした。

 他にニョッキもあります。

リゾットも数種類から選べます。

私は、ホタルイカのクリームリゾット。

薄めの味付けでした。

 トマトと豆のリゾット。

イチゴにアイスクリーム。

カフェラテ。

 

おしゃべりしながら、2時間半かけて、ゆっくりゆっくり食事しました。

雰囲気もサービスも良いし、食事を楽しみながらゆっくりできるのが良いです。

全体的に味付けは、優しい感じに仕上がっていました。

特にコレといったメニューの印象はないのですが、良い時間を過ごすことができました。

コメント

天厨菜館 新宿高島屋

2016年08月27日 | 

 「タカシマヤカード」を持っていると便利です。

お買いもの中は、荷物をすべて預かってくれます。

それに飲食店街での精算も、カード1枚あればOK!

新宿高島屋タイムズスクエア14Fの「天厨菜館」さんに再訪。

北京料理のお店です。

新宿のビルの景色を眺めながら食事できます♪

 メニュー。

 「フカヒレ」と「北京ダッグ」が頂けるお店です。

紹興酒をオーダー。

この壷から目の前で、お酒を注がれます。

「ぬる癇」でオーダーしたため、温めるのに少し待たされました。

小龍包。

付け合せの黒酢が美味。

その日はランチ(1890円)をオーダー。

ここの中華は素材感が活かされていて、油も感じさせず、あっさりとした味付けで私の好みのお店です。

 新宿高島屋タイムズスクエアには30店舗位、多岐の分野に渡ってレストランがあるのですが、いつも来るたびに、このお店になってしまうんですよね。笑。

コメント