山咲雛子の日記

毎日何かを好き☆と感じ、感謝して、頑張っています。時間が沢山あったら、ゆっくり自然の中で過ごしたいです♪旅もしたいな♪

大丈夫です!

2015年04月30日 | つぶやき

4月はGW前の忙しさもあいまって、心と体のバランスを崩したまま、ブログに向き合い皆さまにご心配おかけしてしまいました。

日々のお仕事の中でも「この頃体調良くないんじゃない?」

「痩せて、病気でもしているのでは?」

などなどまわりから頂くことも多くて・・・実際体調も良くなくて、休んでしまうこともありました。

けれど、おかげさまで、現状から少し楽になりました。

なぜかというと、ある日のこと。

仕事上のお得意様とは、プライベートなお話はしないというのが私の指針なのですが、あるタイミングでなぜかその流れでなってしまい、相手が受け止めて下さるような雰囲気になると話をしなければ」と思うに至り・・・

普段懇意にして頂いているからか、本当に軽く話しただけなのですが、共感していただいたことで、心が軽くなっていくのがわかりました。

不思議ですが「話すこと」だけで、癒されたのでした。

 

人ってやはり、集団で生きていく宿命なのですね。

一人で悩んでいたって、一人で頑張っていたって、行き詰まった時は、一人では判断停止のまま。

皆と分かち合うことで、成長できるのですね。

感謝です!

 

コメント

月岡温泉飲泉場

2015年04月19日 | 温泉

月岡温泉にはここ数年、毎年訪れていると私自身思います。

あの、エメラルドグリーンのポカポカよく温まる良質なお湯が好きです。

温泉街全体では年間を通じて、さまざまなイベントを企画したり、無料の駐車場や無料の足湯の完備など、組合が一致団結して町興し(温泉興し)を頑張っているのが、とても素晴らしいと思います。

けれど、此処にたどり着くまで、私の住まいから何時間もかかってしまいます。

もっと身近にあれば、最高なのですが・・・。

「湯めぐりパスポート」も温泉街挙げての企画のひとつで・・・

最終地点は「湯めぐり手形奉納所」。

ここには、月岡温泉の新鮮な温泉を飲湯できるのですからビックリ!

親切にも、プラコップまでご用意があるのがとても嬉しいです♪

もったいないくらい、蛇口から随時お湯が流れています。

(私の家の浴槽がそうだったら良いのに・・・う~)

「白玉の湯 泉慶」さんの露天風呂にあった個性的な石の模様・・・

この地ならではの石なんですねぇ~。

コメント

月岡温泉結城屋のかりんとうまんじゅう

2015年04月18日 | 

月岡温泉のお土産は、いつも「結城屋」さん。

ここでお買い物すると、サービスでお饅頭を1個つけてくれます。

それがなぜかとても嬉しいんです。

店内では、セルフですが無料でお茶も頂くことができます。

「結城屋」さんで、私の一番のお気に入りは「かりんとう饅頭」。

できるだけ早く食べないと、パリパリしたかりんとうの食味が落ちろそうです。

普段「あんこ」苦手な私でも、美味しく頂いています。

他にも月岡温泉街には、たくさんの饅頭屋さんがあります。

1個買いOK!ですので、それぞれの個性を楽しんでみてはいかがでしょうか?

コメント

白玉の湯 泉慶 食事

2015年04月17日 | 

夕刻になり、食事処は個室でした。

さすが新潟、美味しい地酒がたくさんありますね♪

お部屋にしても宜しいくらいのゆったり寛げる個室でした。

その日のお品書き。

メインは、牛ステーキかのど黒をチョイスできましたので、相方とシェアし合う事にしました。

お酒は・・・

これ!

純米吟醸「夢」

飲みやすくて、食中酒にとても満足な味わいです。

前菜

料理の魅せ方が現代風です。

(仕込み、ちょっと大変そうです・・・)

お刺身も鮮度良くて盛り付けもセンス感じます。

こちらは茶碗蒸し。

餡がかかっていて金箔が浮いています。

この金箔自体は、何の味もしません。

月岡温泉の宿では、宿によって違いはあれど、この饅頭風のお料理が提供されます。

好きな箸休めです。

メインの国産牛のステーキは、お肉が柔らかくてジューシーでした。

陶板焼きでないところは、さすがです。

のど黒の塩焼き。

本当に贅沢な 旨みのあるのど黒。

塩焼きが一番美味しいです。

焼き加減も絶妙に美味。

もう、本当に虜になる味でした♪

山菜を含む天婦羅。

〆のご飯。

お漬物と味噌汁だけで、ご飯が進みます。 

とても愛らしいスタッフさんがお料理を運んでくれるため、相方は普段オーダーしないようなウィスキーをロックでオーダーしたりして機嫌↑↑

(今まで色々と旅してきましたが、こういうの珍しいです。それだけ接客素晴らしいと感じました)

デザート。

明日は、キッチンでバイキングです。

朝ごはんも期待できそうです♪

 さて翌朝。

 お好きなテーブル席へと案内されました。

こんなに欲張って盛り付けしてしまいました!

つきたてのお餅も、冷たいうどんもありました。

大好きなお粥も、とても美味!

本当に食べ切れなくて、動けなくなりそうなくらい、ついつい欲張ってしまった朝ごはんでした。(反省)

帰りにサービスのチケットで、ロビーでコーヒーをいただきました。

楽しかったですね、この旅も・・・。

後は帰るだけなんて、なんか切ないものですね。

 

 

コメント

白玉の湯 泉慶 温泉

2015年04月16日 | 温泉

「白玉の湯 泉慶」さんのお風呂へと続くロビーは、ちょっとした美術館風になっています。

大型の施設のため、お部屋からお風呂にたどり着くまでが長くて、何度もお風呂を楽しみたい渡しには難です。

女性と男性のお風呂は朝1時~4時まで閉鎖で、翌日は男女入れ替えです。

女性の暖簾をくぐるとあたたかい梅茶をいただけるコーナーがありました。

パウダールームも風格があります。

整然と掃除が行き渡った脱衣所。

白玉の湯 泉慶のお風呂は循環ろ過が行われています。

 月岡温泉のエメラルドグリーンのお湯とは何か違っていましたが、すぐにポカポカあたたまり、肌がツルツルするところは同じでした。

その日の男湯はこの豪華な雰囲気の階下にあります。

翌日行ってみましたが、ゴツゴツとした巨石が積み上げられた露天風呂と、タイル張りの内湯でした。

ちょっとした水風呂とサウナもありました。

コメント