山咲雛子の日記

毎日何かを好き☆と感じ、感謝して、頑張っています。時間が沢山あったら、ゆっくり自然の中で過ごしたいです♪旅もしたいな♪

2019年を振り返る

2019年12月26日 | ドライブ

2019年は平成最後の年でもあり、令和元年のスタートでもありました。

ここでは私の旅の思い出をランキングしてみました。

【絶対おいしかった食事:湯の浜温泉 某宿の「岩ガキ」】

新鮮過ぎて味がないんです。

でもクリーミーなんです。

微かに潮の香りがしました。

食味がぶるぶるで、味がないのに濃厚なんです。

それって、なんなの?

そう言われても構いませんが、興味ある方は旬の時期に是非!

追記ですが、2019年は「北前ガ二」が地元ブランドとして登録されました。

宿でオプションで頂くなら、1匹5000円(税別)するくらいの、身がギュッとしまったものらしいので、2020年には是非食してみたいものですね。

 

【20年後にまた行ってみたい公衆浴場:黒川温泉「穴湯」】

地元の方の善意によって守られている共同浴場です。

脱衣所は男女別ですが、脱いでしまえば半ば混浴となります。

お湯は本物ですね。

本当に素晴らしい湯力がありました。

全身に酸素がいきわたり、血流がくまなく全身を駆け巡るような、素晴らしい温泉でした。

こんなに素晴らしいお湯を守って下さっている地元の有志さんに感謝です。

入らせていただいて、本当にありがたいと思いました。

20年後もこの雰囲気が保たれていることを心から願っています。

 

【黒川温泉:深山山荘】

黒川温泉(くろかわおんせん)は熊本県の阿蘇山北側に位置する田の原川の渓谷両側に風情ある和風温泉宿が並ぶ温泉地で、2009年版のミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで2つ星を獲得した素晴らしい温泉地です。和モダンな雰囲気の黒川温泉には年間100万人もの観光客が訪れ、女性人気No.1の温泉とも言われています。

黒川温泉露天風呂めぐり手形で、深山温泉まで私は歩いて行きましたが、無料の送迎バスがありますよ♪

深山山荘さんは、歩いていくと「桃源郷」のような、素敵なパワーを感じました。

独占湯だったことも、良い印象に残った感じがします。

 

【不思議な時間:久高島】

琉球王国の発祥に関わる神の島といわれる「久高島」。

その日は小雨でしたが、徒歩で島を約1周しました。

島へはフェリーで渡ります。

島に到着すると、何故か子供心に還っている自分に気がつきました。

印象的な島でした。

宗教色が強いといえば、そう感じる方も居られると思いますが、各浜の美しさには、感動しかありませんでした。

2019年の沖縄で、全県旅制覇しましたが、今後は島めぐりも旅の要素にプラスしていきたいと。

そのように2019年を振り返りました。

 

年末にあたり、皆さまには、つたない私のブログに訪問頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

10年も続けて来れたのには、皆様の応援があってこそ、と思っております。

時間の経過と共に、もう無くなってしまった飲食店、宿泊所、価格、サービス、いろいろもろもろ含めて、公開となっております状況、お許し下さい。

 

コメント

庄内観光物産館 ふるさと本舗  

2019年07月20日 | ドライブ

湯の浜温泉「愉海亭 みやじま」さんで、庄内浜で獲れたお魚を買って帰りたいというと、山形空港近くにある「庄内観光物産館 ふるさと本舗 」をおすすめして下さいました。

とても広い敷地で、高速バスもこの「庄内観光物産館」で止まるようです。

いろいろなカテゴリーの食事処があり、山形のお土産も充実した品ぞろえになっています。

建物続きですが別棟には、鮮魚を取り扱ったお魚屋さんが集合した施設があります。

建物に入ると海産物独特の生臭いにおいがするのは否めませんが、お魚のケースの中は、庄内浜で獲れた新鮮な魚介類が、並べられていました。

価格は第一印象、安い!と思いました。

 

6月は「うまずら」が旬というので、お刺身を購入。

「ふぐ刺し」が分厚く切られているので、興味がてら購入しました。

頼むと氷をサービスして下さいます。

 

自宅に帰って夜に頂きましたが、お刺身は新鮮で、よい買い物をしたと思いました。

割烹などでふぐのフルコースを頂いたことはありましたが、今回購入した厚切りの「ふぐ刺し」の食感は忘れられません。

身がコリコリして、おいしかったなぁ・・・。

 

庄内観光物産館 ふるさと本舗  

住所 山形県鶴岡市布目字中通80-1(鶴岡ICとなり・火の見櫓が目印)

TEL 0235-25-5111 

営業時間 / 9:00~18:00(年中無休)

コメント

鰻温泉

2019年07月07日 | ドライブ

九州リベンジ旅行の最終地、指宿の「鰻池」に来ました♪

数十年前とだいぶ変わっていました。

NHKの「西郷どん」の影響で綺麗に整備された、と地元の方がおっしゃっていました。

征韓論に敗れた西郷隆盛は明治7年1月の末、猟犬をつれて、鰻温泉を訪れたといいます。

福村市左衛門方に逗留し、毎日狩猟に出かけ、夜は読書をし、雨の日は村の子供達と遊んだそうです。

鰻池は、鹿児島県指宿市にある直径1.3 km、面積1.20[km2、水面の標高120 m、水深56.5 m、ほぼ円形の火口湖で、池田湖から約3 km東にあります。

1912年頃からウナギの養殖が行われていましたが、水質悪化や後継者不足などの問題により、平成8年に終了。

数十年前、ここにテントを張って秋田犬と私で一晩泊まりました。

年月が流れ、この場所の周りは、以前と様子が変わっていました。

鰻湖の傍には、区営鰻温泉ほか、数件の民宿 などがあります。

「西郷どん」さんにより、この鄙びた温泉にも注目が向けられました。

区営鰻温泉のそばには、休憩場や「スメ」と呼ばれる、高温の水蒸気が噴出する場所もあります。

この蒸気を利用した蒸し器が地元では、炊事に利用されているそうです。

数十年前はあちこちで「スメ」の蒸気が上がっていて驚いた記憶がありますが、私の印象ではその頃より、水蒸気の勢いが落ち着いている気がしました。 

区営鰻温泉は、200円で入浴できます。

単純硫黄泉で源泉温度が88.8°Cといわれ、熱いお湯ですので、加水されたかけ流し温泉です。

鰻温泉界隈では、西郷さんが猟のために連れてきた猟犬の石像があちこちにあります。 

全部で13匹なのだそうですよ。

さあ、温泉に入ってみましょう♪

シンプルな造りで、お湯はとても綺麗でした。

入るなり、「あ!ううっ~」。

体に熱いお湯の刺激が走ります。

でもすぐに慣れてしまうのが不思議です。

大地からの施しを頂いていると感じる、ありがたいお湯でした。

汗がポタポタ流れ、疲れがとれて、体が軽くなりました。

お土産に、温泉たまごの販売もあるようです。

民家さんの塀の下は硫黄泉が押し上げ隆起していました。

鰻温泉は小さな集落です。

いつか私が年老いてまたこの地を訪れる時、この区営鰻温泉が、その時も今と変わらぬ姿で続いていることを心から祈りながら、鹿児島空港に向かいました。

 

コメント

日本最南端の駅 西大山駅

2019年07月06日 | ドライブ

若い頃、車に秋田犬とテントを積んで、日本縦断旅行を夫と二人でしたことがありました。

最南端駅の「西大山駅」を経て枕崎を経由、坊岬を見たら、本州にリターンする計画でした。

九州に入るなり、来る日も来る日も雨や台風に合い、濡れたテントが渇くのは人吉の河川の中州(今思えば危険だけど)の2泊くらいでした。

雨ばかりのやるせなさから、お互いに苛立ちが積もりに積もっていました。

指宿に入って信号待ちしている時に、ふと突然に夫が車を降りて、向こうに消えてしまいました。

何でもないことの、些細なケンカが原因で。

その時の夫の捨て台詞が強烈でした。

「坊岬で僕は消えてなくなるよ」と。

 

そうして私はその夜、予定していた鰻池にテントを張り、愛犬とふたりで、泣きながら一夜を過ごしました。翌朝、枕崎駅に向かうと「夜に駅のベンチで泊まった男性がひとりいた」と聞き、まさかと思いましたが、特徴が違うので胸を撫で下ろしたものです。

その頃はカーナビという便利なものがなく、地図を見ながらの移動でした。

近くの枕崎立神郵便局で、「東北に車で帰るのだけど、どうしたらよいか」漠然とした気持ちで、聞きに入りました。

郵便局員さんは、それはそれはすぐには理解できないほど驚いていましたが、フェリーでは犬は車から出してはいけないことから、主に、陸上で帰るしかないことを教えてもらいました。

私は、話を少し聞いて貰っただけで、ホッとしたものです。

呼吸を整えて、いざ覚悟の思いで、車を走らせました。

その夜思ったことがあります。

鹿児島で夫と連絡がつかなくて会うことができなかったら、私は東北に帰り、新しい道で自分の生き方で生きて行く、と。

1時間走ったところで、夫の携帯に電話してみました。

繋がりませんでした。

まだメールがなかった時代です。

それから20分したら、夫からの着信がありました。

指宿の「砂むし会館 砂楽」に歩いて向かっているからそこで仲直りしよう」というんです。

私の心はもう踏ん切りがついて冷めかけているのに、それも知ってか知らずか、何事もなかったような感じでさらりと言ってきたんですね。

そう考えると「行ってあげなかったらかわいそう」と思えてきました。

そもそも私もイライラが原因だったし、お互いに今なら許しあうことができるのなら、お互いに認め合って許してあげようと思いました。

そうして砂湯で再会して、昨晩の出来事を水に流しました。

西大山駅に着きました。

鹿児島県最南端及びJR日本最南端の駅である「西大川駅」は無人駅です。

近くには日本百名山で「薩摩富士」とも呼ばれる開聞岳が見えます。

それはそれは、遠目に見ても美しい山です。

最南端の駅のホームに立ち、嬉しそうに写真を撮ったりしている夫を見て、あの時携帯が繋がらなかったら、この人の傍には私はいなかったなぁ~、と思い出します。

どちらが良かったか?って自分にあらためて、質問してみます。

答えは「今でしょ♪」

こうして今までのふたりで旅ができたのも、許しあうことができたからと思っています。

ささやかだけど、楽しい時間。

 

あの時、約束していたことがあるんです。

「私たちが分かれることなく何十年も続いたら、いつか鹿児島でリベンジ旅行しようね」と。

約束から、数十年経ったとは思えないくらい、アッという間に時が過ぎましたが・・・。

 

この旅の最後は「鰻湖」です。

辿りつくあいだに、些細なケンカをしてしまおうものなら、元も子もありませんね、リベンジ旅だけに。

さあ、最後の目的地「鰻池」に参りましょう!

 

コメント

知林ヶ島

2019年07月05日 | ドライブ

指宿の砂楽からレンタカーで、「知林ヶ島」に向かいました。 

鹿児島は南国ムードの色香がありますね♪

本州とは、全く雰囲気が違います。

お花も色とりどりに咲き乱れていました。

きれいですね♪

車を駐車場に停めて、鹿児島湾(錦江湾)に浮かぶ美しい無人島知林島まで歩いて渡ります。

渡れるのは、3月から10月にかけての大潮又は中潮の干潮時と言われています。

その頃、長さ約800mの砂の道が出現し、道祖になるまでの時間のみ、知林ヶ島に歩いて渡ることができます。

陸と繋がる島であることから、縁結びの島とも言われているそうです。

海も綺麗で、波も穏やかです。

ゆっくり歩いたので、1時間弱で渡ることができました。

島に着くとボランティアさんたちがおられました。

渡島証明書は、1部100円で頂けます。

ヒョウモンダコやカツオノエボシに会ったら注意です。

しばらくすると、ボランティアさんたちがのぼりを片づけながら「時間です~、島から出てくださぁ~い!」と呼びかけています。

その日は13時半くらいから、潮が満ち始めるようでした。

名残惜しく、貝拾いしながらもと来た砂州の道を渡りました。

とても気持ちが清々しく、気持ちの良い海渡りでした。

潮が満ちたら、道が消えてしまうなんて、ロマンティックですよね。

デートにおすすめしたいスポットです♪

 

コメント