山咲雛子の日記

毎日何かを好き☆と感じ、感謝して、頑張っています。時間が沢山あったら、ゆっくり自然の中で過ごしたいです♪旅もしたいな♪

2019年を振り返る

2019年12月26日 | ドライブ

2019年は平成最後の年でもあり、令和元年のスタートでもありました。

ここでは私の旅の思い出をランキングしてみました。

【絶対おいしかった食事:湯の浜温泉 某宿の「岩ガキ」】

新鮮過ぎて味がないんです。

でもクリーミーなんです。

微かに潮の香りがしました。

食味がぶるぶるで、味がないのに濃厚なんです。

それって、なんなの?

そう言われても構いませんが、興味ある方は旬の時期に是非!

追記ですが、2019年は「北前ガ二」が地元ブランドとして登録されました。

宿でオプションで頂くなら、1匹5000円(税別)するくらいの、身がギュッとしまったものらしいので、2020年には是非食してみたいものですね。

 

【20年後にまた行ってみたい公衆浴場:黒川温泉「穴湯」】

地元の方の善意によって守られている共同浴場です。

脱衣所は男女別ですが、脱いでしまえば半ば混浴となります。

お湯は本物ですね。

本当に素晴らしい湯力がありました。

全身に酸素がいきわたり、血流がくまなく全身を駆け巡るような、素晴らしい温泉でした。

こんなに素晴らしいお湯を守って下さっている地元の有志さんに感謝です。

入らせていただいて、本当にありがたいと思いました。

20年後もこの雰囲気が保たれていることを心から願っています。

 

【黒川温泉:深山山荘】

黒川温泉(くろかわおんせん)は熊本県の阿蘇山北側に位置する田の原川の渓谷両側に風情ある和風温泉宿が並ぶ温泉地で、2009年版のミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで2つ星を獲得した素晴らしい温泉地です。和モダンな雰囲気の黒川温泉には年間100万人もの観光客が訪れ、女性人気No.1の温泉とも言われています。

黒川温泉露天風呂めぐり手形で、深山温泉まで私は歩いて行きましたが、無料の送迎バスがありますよ♪

深山山荘さんは、歩いていくと「桃源郷」のような、素敵なパワーを感じました。

独占湯だったことも、良い印象に残った感じがします。

 

【不思議な時間:久高島】

琉球王国の発祥に関わる神の島といわれる「久高島」。

その日は小雨でしたが、徒歩で島を約1周しました。

島へはフェリーで渡ります。

島に到着すると、何故か子供心に還っている自分に気がつきました。

印象的な島でした。

宗教色が強いといえば、そう感じる方も居られると思いますが、各浜の美しさには、感動しかありませんでした。

2019年の沖縄で、全県旅制覇しましたが、今後は島めぐりも旅の要素にプラスしていきたいと。

そのように2019年を振り返りました。

 

年末にあたり、皆さまには、つたない私のブログに訪問頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

10年も続けて来れたのには、皆様の応援があってこそ、と思っております。

時間の経過と共に、もう無くなってしまった飲食店、宿泊所、価格、サービス、いろいろもろもろ含めて、公開となっております状況、お許し下さい。

 

コメント

2019年は私にとって。

2019年12月22日 | つぶやき

一年365日というけれども、年の瀬が迫るにつけ焦りというか、一年がとてもアッという間に感じます。

なぜでしょうか?

365日×24時間=8760時間-(就寝8時間)2920時間=5840時間

5840時間-365日×(生活のために必要な理想時間:食事・入浴・排泄)4時間=4380時間

この4380時間をフルに24時間寝もせず活動しようとしたら、ギュッと凝縮して182.5日ですね。

つまり、一日24時間しか時間がないのだけれど、就寝8時間+理想必要時間を引くと、実働12時間なんです。

365日の毎日の中で、ヒトとして生存するための12時間をいかに充実できるかどうか?

それを2020年には、私なりの考えで充実させていきたいと思っています。

 

現実問題、今までそんなことは考えたことなく、いつも幸せなんだと思って生きてきた気がします。

けれど、2019年は私にとって仕事の面では、かなり厳しかったです。

令和の不安定な時代に、自分のことしか考えられない人との出会いが多くありました。

そんななかでも私なりに敢闘したと、今はもう、そう思うしかありません。

社会の中で他人と共に自分も成長していく、そんななま優しい考えでは、会社社会の中では、もう生きられない時代になったのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

首里城焼失に愕然

2019年10月31日 | つぶやき

あまりの衝撃に愕然としました。

今年のお正月は沖縄で過ごしました。

首里城は初めての観光。

沖縄の歴史を知る上で、とても重要な場所でした。

沖縄のシンボル首里城。

その首里城が、今も燃え続けているとのニュース。

夜の首里城に、どこから火の手が発生したのかは現況のところ、不明とのこと。

何故だろうか?

2019年は、ありえないことが、次々とおきています。

天災も。

シンボル焼失も。

毎日のニュースが、衝撃過ぎます。

心が痛みます。

 

コメント

佐々木酒造店の蔵開き

2019年10月01日 | 

東日本大震災の津波で流されて被害を受けた「佐々木酒造店」さん。

2019年10/1 に、名取市市閖上で現地再建し、蔵開きを行うというので行ってみました。

オープンの14時前から、すでに蔵開きを待つ行列ができました。

宮城県酒造組合によると、県内の加盟25社で最後に復興した酒蔵となったそうです。  

完成したのは、工場棟と店舗棟の2棟。酒蔵の工場棟は鉄骨2階、延べ床面積758平方メートルで、釜場や仕込み蔵、圧搾室など9区画を整備。

製造能力は1シーズン7万2000リットルで、震災前の水準に戻ったそうです。  

店舗棟では、日本酒も販売されています。

木造平屋の多目的室を併設して、各種イベント活用を見込み、今後は酒蔵見学も随時受け付けるのだとか。  

その多目的室はその日、試飲会場となりました。

3種のお酒が試飲できました。

残念ですが私はドライバーなので、一番美味しかったお酒を購入して頂き、お家で頂くことにしました。

佐々木酒造さんは、再建した酒蔵で今月中旬に酒造りを始め、11月下旬の初出荷を見込んでいるそうです。

あんな悲惨な出来事の悲しみを乗り越え、一歩一歩前に進むことで、地域の活性化につなげてほしいと、そう、強く願いました。

 

コメント

だし廊

2019年09月27日 | ラーメン

ミシュランガイドにも取り上げられ、だしソムリエの資格を持つラーメン店「だし廊」さんに初訪。

初訪で、いきなり食券機と向き合うとなると、そそられるというよりは、ちょっと固まっちゃう私。 

初訪でチョイスを失敗するんじゃないかと不安を感じたり、次の方が並んでいるとすごく追い詰められる心境になります。

欲張りな女性ならではの特性なのかしらね???

席に着くとメニューが置いてあり、本当にそのチョイスで良かったかと詳細を確認してしまいます。

お洒落なメニュー表ですね。

店内もカジュアルで、女性好み。

夫は「飛魚だし醤油そば」をチョイス。

飛魚独特の甘味より、醤油の風味の方が勝っているスープですが、とても綺麗な味わいでした。

自家製麺はコシがあるストレート麺。

麺が伸びにくいので、この強めの醤油の味が麺に浸みこみにくく、さらりと頂けます。

料理全体の足し算、引き算がよく計算されたラーメンだと思いました。

それに化調感がほぼ無いのにも驚きです。

最後までおいしく頂ける、上質な味わいでした。

その日のご飯は3種。

鰹節と卵ごはん。

お得なメニューに驚きました。

私は「貝だし塩そば」

なんて美しいビジュアルでしょう♪

欲張り感を満たしてくれる、さも女性好みの雰囲気と、ほんわりとした湯気の香りからして、スープはあっさり、かつ飽きることない洗練された味わいなのではないか、と。

その通りだった。

しかもこの平たくて薄いパスタのような卵麺との相性抜群です!

もうやだぁ~、美味しくて鳥肌!

ツルリと口の中に取り込まれていくときの、くすぐったいような感蝕に、滋味深いスープの余韻がたまりません。

この食味の美味しさに飽きることなく、最後まで食べつくしたい気持ちに駆られ、その日の日替わり「とり皮ご飯」を途中でオーダー。

これも薄味かつ、塩加減がちょうど良くて感激しました。

最後はスープを全てご飯に投入して、おじや風にして頂きました。

美味しかった!

ブログでは教えたくない行きつけのラーメン屋さんがあるのですが、その日頂いたメニューは美味しくて「だし廊」さんの勝ちでした。

でも多分、好き嫌いが別れ、二郎系や家系が好きな方々なんかにはウケないんだろうと思います。

 

次は違うメニューを頂きたいと思います。

ご馳走様でした♪

 

■だし廊

住所 宮城県仙台市青葉区一番町2-2-11 TKビル 1F

営業時間 11:00~21:00(通し営業)

 

コメント