山咲雛子の日記

毎日何かを好き☆と感じ、感謝して、頑張っています。時間が沢山あったら、ゆっくり自然の中で過ごしたいです♪旅もしたいな♪

愉海亭 みやじま

2019年07月18日 | ホテル・宿

鶴岡市の「湯の浜温泉」には今まで、数件の旅館に泊まっていますが、今回は「愉海亭 みやじま」さんを初訪しました。

今年6月に山形県沖地震がありましたが、みやじまさんは岩盤の上に建っている為、翌日も平常通り営業していたそうです。

1Fロビーには、お茶などのフリードリンク機がありました。

海が見渡せる、開放的な立地にある温泉旅館です。

お部屋へ。

角部屋で、素晴らしい眺望のお部屋です♪

しかも、明るくて気持ちの良いお部屋です。

ベランダにツバメさんの巣があり、親鳥が一生懸命餌を運んでいる姿に癒されました。

お菓子。

海水浴場が目の前にあります。

シーズンになれば、海水浴場に宿泊者専用の「ビーチパラソル」「テーブル・イスセット」が用意され、無料で利用できるそうです!

冷水、山形といえば「紅花」の生け花あり、気配りも十分ですね。

洗面所。

アメニティーも気配りありますね。

そう、これなんです、私がこの宿を選んだ理由のひとつ。

ユニットバスではありますが、蛇口をひねれば湯の浜温泉が出てきます♪

源泉自体熱いので、自分好みに温度を調節できることと、好きな時に気軽にお部屋で入れるのです!

しかも、窓からは海が見え、窓を半開きにすれば爽やか風が入ってきます。

この景色、なんて贅沢なことでしょう♪

あればなんでしょう?

波乗りのモニュメントかな?

私がこの宿を選んだその2、部屋食です♪

地酒の「利き酒セット」をオーダー。

仲居さんが次々とお料理を並べました。

お刺身の白身魚は、〆たばかりなのか、味がないくらい新鮮で、お魚のじゅわりとした脂を感じました。

お部屋の窓からの夕陽を眺めながらの夕食です。

贅沢すぎ、ですよね。

釜めしの中身は、蟹でした。

ふんわりと炊けて、味付けも濃くなく、美味しかったです。

私が選んだ理由のその3は、地元で獲れた新鮮な「岩ガキ」です。

食事コースのメインディッシュとなっています。

なんと新鮮なのでしょう♪

プルプルの牡蠣を噛むと、口の中で濃厚なミルクがじゅるりと溢れだします。

味がない?

旨みを感じない?

そのくらい新鮮!

この不思議な感覚は、言葉には表すことが難しいです。

食べ終えて、思わず、フッって微笑んでしまいます。

食感を味わう、そんな感じです。

山形の海側の道の駅などで頂く岩ガキとは、まったく別物です。

岩ガキを頂きたいのならば、お金はかかりますが、旅館に泊まって食べるのが正解だと私は思っています。

旅館の名にかけて、衛生管理が徹底されているから。

夕日が沈んでしまうと、空が青から紺に染まっていきます。

〆の蟹の味噌汁。

デザートとお茶が最後です。

充実した夕食でした♪

さてみやじまさんでは夕方に、山形ワインとおつまみの振る舞いがあります。

館内放送があり、1Fの朝食(夕食)会場に行ってみました。

小さめのグラスに1杯と山形名物玉こんにゃく1個だけですが、湯上りの気分転換になりました。

さて、朝食です。

海岸を見ながら頂く朝ご飯、気持ちが良いですね。

手作り感があって美味しく頂きました。

朝から贅沢な気持ちです。

スタッフさんにお願いすると、お粥も頂くことができました。

ご馳走様でした♪

温泉もですが、お料理も、お部屋も良く、接客もお見送りが嬉しく、本当に気分の良い時間をこの旅館で過ごすことができました。

来年もまた、「岩ガキ」を食べに泊まりに来たいなぁ~。

コメント

東映ホテル

2019年06月27日 | ホテル・宿

天神駅から夜、屋台を見ながらその日のホテル「東映ホテル」へ。

1Fロビー。

フロントさんに「チェツクインですか?」と言われお部屋のルームキーを渡されました。

「お会計はあちらで」と。

煩わしいですね。

フロントさん、ふたりも居られる意味解りませんよね。

それで、本館と別館で迷ったんですからね。

私のその部屋の階には、ICEもアルコールの自販機もありましたが、1Fに下ればすぐコンビニあり便利です。

お部屋。

清潔感がありました。

空気清浄器もあり。

女性には嬉しいです♪

 アメニティーもまあまあいい感じでした。 

 朝の窓からの眺め。

朝食付きプランの為、1Fはバイキングでの朝ご飯。

自由なお席に座ることができますが、アジア圏のお客様も多くいらしてました。 

フルーツ、ヨーグルト、スイーツがあったのが良かったです。

博多駅まで歩いて15分程度で、天神、博多駅の両方楽しめる立地にあるわりに、比較的安価だと思いました。

コメント

果実の山 あづまや

2019年06月21日 | ホテル・宿

仕事が終わってから温泉に行こうと、夫が宿をとってくれたので、あまり期待もせず夕方に自宅をでました。

「なんていう宿なの?」と聞くと「果実の山」と夫が答えます。

温泉と果実の山のイメージが繋がらなく、はじめは民宿風の宿なのかと想像を巡らしていましたが・・・。

宿に到着しました。

「果実の山 あずまや」さん。

駐車場の横に上山2号源泉の跡がありました。

ロビーは広く、15時~18時までラウンジにてウェルカムワインのサービスがありました。

15時~20時までコーヒー、ハーブティーの無料サービスがあります。

たくさんのハーブの中から、自分好みにブレンドして頂けるのが良かったです。

美味しい紅茶ができました♪

お部屋も清潔感があって、期待していなかった分、サプライズでした。

お菓子。

お部屋にもお風呂がありましたが、温泉ではないと思います。

窓からの眺め。

 さあ、大浴場に行ってみましょう。

脱衣所も掃除が行き届いていました。

脱衣所にも冷水完備させています。

 女性大浴場。

 循環ろ過をしていますが、広めの浴槽でゆったりできました。

サウナもあり、水風呂もありました。

露天風呂はかけ流しのため、若干湯触りが違いますね。

上山温泉は源泉温度が高いので、湯上りはさっぱりするのですが、じっくりと長湯するのは疲れます。

夕方のチェックインでしたが、十分温泉を楽しむことができました。

 

さて朝ご飯はバイキングです。

いろいろメニューがあったので、欲張って しまいました。

お粥があったので嬉しかったのですが、お粥にもしっかりと塩味がついていました。

おかずも全て私には味が濃くて、半分しか胃が受け付けず、夫に手伝ってもらいました。

ん~ん、残念。

 

チェックアウトの際、宿泊者が希望すれば「コストコ」の一日利用券がもらえるサービスがありました。

何かする予定もなかったので「コストコ」に行きました。

入浴剤や食品などを購入しました。

ちょっと変わった週末の過ごし方だったように思います。

 

コメント

旅の宿 南條

2019年06月11日 | ホテル・宿

別所温泉で私が選んだお宿が「旅の宿 南條」さん。

このお宿はなんと、現令和天皇が学生時代にゼミで逗留した場所なんです。

令和元年の今、かつてではありますが令和天皇がご滞在された旅館に泊まるなんて素敵ではありませんか。

現令和天皇が宿泊したのは、昭和57年のことだったそうです。

その頃別所温泉では、一番新しいお宿だったから選ばれたのではないか、とお聞きしました。

2019年4月に1Fロビーと3F食事処をリフォームしたそうです。

お風呂の近い場所のお部屋に案内されました。

 玄関はいって小部屋。

お庭の見えるお部屋でした。

贅沢ですね。

お庭につつじの花が咲いていました。

洗面所とおトイレ。

お菓子は小さめの「ゆべし」。

建物の構造で壁が薄く、夕方になるとチェックインしたかたが上の部屋で歩くたびに、音が天井からドシドシと響きました。

お風呂に行ってみましょう♪

冷水器があり、温泉の飲泉もできるスペース。

朝ヨガが別所温泉で行われているようです(料金別途)。

 女性浴場。

洗い場の一部のカランからは、温泉が出てきます。

温泉シャワーで洗髪できるなんて、とても贅沢ですよね。

熱すぎず、ちょうど良い湯加減でした。

温泉は単純硫黄泉。

微かに香りがありました。 

露天風呂。

チェックイン時はお湯がかけ流しの状態になっておらず、お湯の表面が汚れていました。

 

旅館の夕食は一人では食べきれないので、朝食つきのプランにしました(某サイト:11880円+入湯税)。

 

この旅館を選んだ理由のふたつ目は、朝食の「薬膳粥」が決めてでした。

期待しすぎていたのか、味はごくごく普通でした。

薄いお出汁とお塩で炊いたお粥という感じです。

長芋の上に、醤油を搾る前の大豆がのっている小鉢は印象的でした。

朝食はどれも味が濃くて、長野の方はこんなに塩分を摂るのかと、不思議な気持ちになりました。

周りのファミリーからも、味がしょっぱいね、という声が聞こえてきました。

日本人の平均塩分摂取量は女性の場合、9.4gというデータがありますが、厚生労働省では減塩目標を女性7gとし、高血圧学会では6gとしています。

この旅館の朝食は半分しか食べれませんでした。

楽しみにしていた朝食なのに、残念だなぁ~。

私が今まで泊まったお宿と比較しても、総合して、割高だったように感じました。

 

 

コメント

料理旅館 立花屋 お部屋

2019年05月28日 | ホテル・宿

西国三十三観音巡礼33番札所にある「料理旅館 立花屋」さんが、巡礼最後のお宿です。 

お部屋に案内頂きました。

 私一人ではもったいないくらいの広いお部屋です!

お花が生けられていました。

嬉しいです♪

お菓子。

もともとはこのお部屋に浴室があったようで、今は使われていませんでした。

お部屋からの眺め。

すごい山の中なんだなぁ~。

1Fには、沢山のカメラが展示されています。

ぼけて映ってしまい、スミマセン。

お風呂の入口そばにある冷水器。

女性浴室。

24時間入浴できるそうです。

温泉ではありませんが、よく温まるお湯でした。

 

姉妹店の「谷汲温泉 満願の湯」や、チェックアウト時の樽見鉄道「谷汲口」までの送迎などのおもてなしもあり、仁王門すぐ前という立地もよく、宿泊して良かったです。

次にご紹介いたしますが、お料理もおいしかったです。

早朝6時の華厳寺にお参りに行けたのも、思い出になりました。

(本堂では朝のお勤めなどはなかったようでした)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント