山咲雛子の日記

毎日何かを好き☆と感じ、感謝して、頑張っています。時間が沢山あったら、ゆっくり自然の中で過ごしたいです♪旅もしたいな♪

レストラン シェヌー 再訪

2019年09月16日 | 

宮城県塩釜市の塩釜神社に参拝しました。

フレンチレストラン「シェヌー」さんは、塩竈神社のすぐ近くにあります。

テラス席もありました。 

今回はお祝い事のため、個室でのランチを予約しました。

雄勝石に盛り付けられた「始まりの料理」は、定番のあたたかいキッシュと、その日はカツオのマリネ。

私が選んだ前菜は「オマール海老と帆立貝、スモークサーモン、海の幸のテリーヌ仕立て、ピスターシュ風味」

野菜の扱いも繊細で、何よりオマールエビの甘味がたまらないですね。

このお店の定番はメニュー「三陸の幸サラダ ” 千賀の浦 ” 」。

新鮮な魚介類がサラダ仕立てになっています。

「鴨とフォアグラのテリーヌ仕立て」

綺麗な盛りつけです。

次はスープ。

「海の幸のロワイアルスープ、カプチーノ仕立て」

いつもと変わらない味、美味すぎて鳥肌が立ちます。

本当にこのスープ最高すぎる♪

スープは+400円(税別)で「海の幸のパスタ」に変更可能です。

その日は手長海老でした。

パスタはコシがあって、クリーム系のソースと馴染み、お得感があります。

夫は普段お魚は好んで食べないのに、お魚をチョイス。

「金華鯖のグリル」

ここに来てどうしてサバなのか私には理解できませんが、お魚を好きになろうとする気持ちがフレンチならと、心を動かしたのでしょうか?

少し頂戴しましたが、良質な脂の乗ったサバの味でした。

「仙台牛ランプ肉のグリエ梅風味のソース」

料金追加なしメニューであれば、今回このメニューのチョィスが一番良かったのではないかと思いました。

「和牛ほほ肉のビール煮込み」

ほほ肉だけあって肉の線維が荒いですが煮込むことで、ふわりとした肉質の印象。

私は「川俣シャモ胸肉のローストとモモ肉の詰め物、フォアグラ添え、マデラソース」をオーダー。

理由は、その日海老や蟹系の食材と、肉はフォアグラが頂きたかったため。

でもこういうシチェーションで、鶏はイマイチでした。

モサりとして、喉が乾きすぎました。

冷菓。

マスカットが旬のため、美味でした。

デザートはこの6種の中から3種をチョイスできます。

ピスタチオ、フランボワ―ズ、紅茶系をチョイス。

その日は、生フルーツ系がなかったのが残念。

冷菓とデザートたちの甘さ攻撃により、体内は消化にフル稼働でパニックしたか、少しぼんやり気味になる私。

そんなに甘さを感じさせない、そんなデザートがあってもいいような気がします。

最後は、焼き菓子とコーヒー。

皆で頂くと幸せも広がりますね♪

 

■レストラン シェヌー

住所 宮城県塩釜市海岸通7-2        

TEL 022-365-9312

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 猿羽根山地蔵堂とさばねやまそば | トップ | だし廊 »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事