おしる子日記

流山市限定の地域タウン情報です!!是非見て下さいネ。特ダネ満載とはいきませんが・・・?

きょう4月16日(土)の「ちいき新聞」に“ドキュメンタリー映画『がんと生きる言葉の処方箋』ながれやま上映会”が紹介されました

2021-04-16 | Weblog

流山市社会福祉協議会のfacebookより転載させていただきました。

https://www.facebook.com/nagareyamashakyo/

きょうポスティングされた人気情報紙『ちいき新聞』流山版4月16日号に“ドキュメンタリー映画『がんと生きる言葉の処方箋』ながれやま上映会”が紹介されました。5月8日(土)スターツおおたかの森ホールで開催される映画上映会とトークイベント、コンサートによって「がん」などを考える催しです。

「がん哲学」を提唱された樋野先生の考え方に共鳴してそれぞれカフェを開催して役割使命に生きる4人の主人公たち。彼らが、そしてカフェに集う人たちが「言葉の処方箋」と共に、私達に語り掛ける。「病気であっても病人でない」、誰もが尊厳を持って生きられる社会構築を目指して病を抱えて生きる人に、そして、そうでない人にも見ていただきたい感動の名作。流山市社会福祉協議会が後援させていただいています。ぜひ、ご覧ください。



ポスティングされた人気フリーペーパー『ちいき新聞』流山版4月16日号1面

以下、紙面から。


病気は人生の夏休み

映画「がんと生きる 言葉の処方箋」

 

がん患者や家族たちが心を開いて語り合う「がん哲学カフェ」。その様子を映した映画「がんと生きる 言葉の処方箋」は、新宿武蔵野館で3日間の上映予定だったが、1週間延びるほどの大好評だった。その後、全国各地を巡回し、流山市でも上映会が行われる。

 

人間の尊厳を尊ぶカフェ

 

「がん哲学外来」の創始者、順天堂大学の樋野興夫名誉教授が患者との面談の中で、その人の心に投げ掛ける言葉を「言葉の処方箋」と言った。

これを受け取った人は癒され、気持ちが解放され、「病気であっても病人ではない」と前向きに明るく生きるようになるという。

樋野さんの考え方に共鳴した人たちが立ち上げたのが、「がん哲学カフェ」だ。現在、全国に180カ所ある。

 

障害者教育の仕事に携わった経験のある福原俊二郎さんは、樋野さんの講演会を聞き、「障害や病気の人への寄り添いの本質を知った。人間の尊厳を尊ぶことだ」と目からうろこの思いだったという。自身はがんに罹患したことはないが、すぐに「がん哲学カフェ」の活動に参加した。

 

膵臓がんだった勝俣清三さんは、このカフェを多くの人に知ってほしいと、流山市での上映会を決意。「明るく、使命感を持って活動することが、免疫力アップにつながる」と、がんを抱えながら実行委員長を務めていたが、4カ月後に帰らぬ人となり、後を福原さんが引き継いだ。

 

撮影中に監督自身もがんが発覚

 

同作品の監督、野澤和之さんは、この「がんと生きる 言葉の処方箋」の撮影中に自らもがんであることが発覚し、闘病しながらの制作という予想外のこととなった。

 

「まさに執念の作品です。しかし、監督自身ががんの治療をしながらの制作ということが、この作品の質を大きく高めたと思います」と福原さんは話す。

 

50代で乳がんの中野綾子さんは、がん哲学カフェに参加して、「安心して自分の気持ちが出せる場に出合えた」と感じたという。自分の住む地域にもこういう場を作りたいと、「柏花野井がん哲学カフェ」の立ち上げに参加。「発病したからこそこういう真に豊かな活動ができ、感謝です」と明るく話す。(敏恵)

 

日時 5月8日(土)午後1時30分開演(午後1時開場)

※午後3時~樋野興夫さん、野澤和之さんの講演とアントニオ斎藤さんによるバイオリン演奏あり

場所 流山市スターツおおたかの森ホール

(流山市おおたかの森北1-2-1)

料金 大人1,000円、中高生500円、小学生以下無料

問い合わせ 04-7143-4005福原(がん哲学カフェについてもこちら)

 

コメント

きょう4月16日(金)の読売新聞に利根運河の話題が紹介されました

2021-04-16 | イベント

きょう4月16日(金)の読売新聞朝刊に利根運河の切り絵をオランダ大使館に寄贈された皆さんの話題が掲載されました。

 

写真には切り絵作家の飯田先生と流山市観光協会の志賀会長のお姿も

以下、紙面から

利根運河の切り絵大使館に

流山の飯田さん

オランダ人技師設計で

 

流山の切り絵作家・飯田信義さん(73)が、利根運河の風景を表現した切り絵をオランダ大使館(東京都港区)に寄贈した。

飯田さんは元市職員。旅先で出会った切り絵作品に魅了され、独学で切り絵を始めた。切り絵を施したあんどんを市内の街角に置く取り組みは2019年、国から表彰を受けた。

オランダと同市は、市内を流れる利根運河が明治時代、オランダ人技師ムルデルによって設計された縁がある。切り絵を使った町おこしを進める市民有志が、オランダにも魅力を発信しようと寄贈を考えた。

絵は利根運河沿いにあるムルデルの碑と満開の桜を表現。飯田さんが、3か月かけて作ったことを伝えると、ペーター・ファン・デル・フリート大使は「こんな作品は見たことがない。とてもきれいだ」と感心していた。

コメント

4月14日の読売新聞夕刊に「ビリケン米国生まれのマスコット」

2021-04-15 | イベント
 
はじまり
 
ビリケン 米国生まれのマスコット
 
「足の裏をさすると願いがかなう」とされ、大阪の観光名所・通天閣の展望台ににある像が有名な「ビリケン」さん。実は、米国生まれです。1908年に、女性美術家が夢で見た神様をモデルに考案したマスコットで、09年就任のウィリアム・タフト大統領の愛称「ビリー」にちなんで名づけられたと言われていますが、異説もあります。

 
 米国で流行したビリケンは、ほどなくして日本にも上陸。大阪・新世界に12年に開業した遊園地に「ビリケン堂」が作られ、翌年には千葉県流山市の利根運河に、一帯の賑わいを願う石のビリケン像が置かれるなど、各地で縁起物として、親しまれました。
 
 
 ただ、社会に定着するには至らず、再び脚光を浴びるのは90年代以降です。大阪のビリケンは遊園地の閉園とともに行方不明に。80年代に作られた2代目の木像は、96年の映画「ビリケン」を機に人気が復活しました。なでられすぎた足の裏が5センチもへこむほど愛され今の像は3代目です。野ざらしだった利根運河の像も、修復を経て文化財としての価値が見出されています。(竹上史郎記者)
 

…以上は昨日の読売新聞夕刊ですが、

遡ること110年近く前になりますが、1912年(明治45年)2月8日付の同じ読売新聞は…

 

 「ビリケン! かう言つただけで人はもう笑ひ顔をする、ビリケンはそれ程までに擴ひろまりそれ程までにオカシがられる」 

という書き出しで、


ビリケンは1908年、米国の女性美術家の夢に現れ、「俺様の像を作ればお前の名声は世界に轟とどろく」と告げた神様とのこと。女性は像を作り、シカゴの展覧会に出品したところ、幸運のマスコットとして大評判になり、海を越えて日本にも伝わった…という内容の記事が掲載されているようです。

 

…と、まあ、なんだか今日は、「ビリケン博士」になったような気分です。これを機会に、もう一度、利根運河のビリケンさんに会いに行ってみようかな。

ビリケンさんの手は短くて、足の裏に手が届かないでしょうから、代わりにくすぐってあげ、笑ってもらうことで福を授かるような気がしますよね。いまのコロナ禍ではエアタッチでしょうか。

そう言えば、最近、利根運河交流館にもすっかりご無沙汰していました。桜のお花見の季節も終わった静かな利根運河。菜の花を愛でながら新緑の風に吹かれるのもいい季節ですね。

 

以下利根運河交流館のフェスブックより転載させていただきました。

 
流山市では、「ビリケンさんの大喜利コンテスト」の作品募集中です。
 応募用紙にある利根運河ビリケンさん達の歴史を紹介したマンガを読んで、吹き出しにビリケンさんの気持ちを書き入れ、利根運河交流館にある「作品箱」に入れてください。
 その場で、利根運河ビリケンさんのぬいぐるみキーホルダーをプレゼント!(先着300名様限定です)
 応募用紙は、市のホームページからダウンロードできますが、
利根運河交流館にもございます。
 銀色に輝く、ぴかぴかの二代目ビリケンさんに会いに、利根運河にお越しください。
 
 
 
利根運河ビリケンさんのぬいぐるみキーホルダーに興味津々の「レオ」(我が家のネコです)
コメント

4月14日(水)の朝日新聞に折り込まれた『グッド・モーニング』に森の図書館のイベント

2021-04-15 | イベント

 


昨日4月14日(水)の朝日新聞朝刊に折り込まれた人気タウン紙『グッドモーニング』4月号で、森の図書館で開催されている「画家 長縄えい子の仕事」展などが紹介されました。

 

紙面の都合でここには掲載されませんでしたが、4月18日(日)13時30分から森の図書館で「健康のための自転車講座」も開催されるそうです。

講師には門倉医院の門倉正樹院長をお招きされるそうです。ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいとのこと(森の図書館04-7152-3200)。

コメント

4月2日(金)の東京新聞に目指せ!47都道府県コンパスの民謡紀行

2021-04-14 | イベント

 

流山でお馴染みの漫才コンビ『コンパス』。4月2日(金)の東京新聞に「目指せ!47都道府県 コンパスの民謡紀行」という連載が紹介されていました。

 

流山の西本宏一さんと富山の中島和彦さんの実力派若手漫才コンビです。流山と富山「まあ、山つながりと言うことで…」と流山市生涯学習センターで続けられていた『笑って健康!お笑い大行進』では毎回、中島さんが言っていたのを思い出します。

 

このおふたり、軽快なテンポの漫才も面白いのですが、漫才の中で、西本さんの三味線に、中島さんが歌う「民謡」も人気です。

 

『ガキの使いやあらへんで!』では同番組恒例の「山-1グランプリ」で優勝したり、JCOMでは『東葛一直線』のレギュラーだったりと多方面でご活躍中のおふたり。

 

いつもふざけているようで、ちゃーんと三味線を習ったり、民謡を稽古されたり、芸の幅を広げているんですね。日本民謡協会の「民謡アンバサダー」にも任命されていらっしゃるんですね。こうして新聞に連載をお持ちになったり、将来が楽しみな漫才コンビですね。皆で地元のお笑い芸人を応援したいですね。

 

コンパスの漫才は、身近なところでは、つくばエクスプレス(TX)で「浅草」駅下車すぐの「東洋館」でご覧いただけます(同館のスケジュールをご確認ください)。

 

また、SNSでは、身近な番組のTwitter『J:COMチャンネル★東葛葛飾/東関東エリア』でお元気な笑顔をご覧いただけます。

 

https://twitter.com/JCOM_TK

 

皆でコンパスのおふたりを応援したいですね!

 

コメント

きょう4月14日(水)の千葉日報に森の図書館の「画家 長縄えい子の仕事」展が紹介されました

2021-04-14 | イベント

長縄先生と展示コーナーの写真が掲載された今朝の千葉日報

以下、紙面から。

 

柏の画家、長縄さん作品紹介

29日まで流山市森の図書館

 

柏市在住の画家・絵本作家の長縄えい子さんの作品を紹介する展示「画家 長縄えい子の仕事」が29日まで、流山市森の図書館ギャラリーで開かれている。

 

長縄さんは油彩や水彩、版画などを制作するかたわら、童話やエッセーを執筆。柏市や東京のほか、米国のニューヨークやカンボジアのプノンペンなど海外でも個展を開いている。

 

カンボジアで2000年と01年に絵や絵本の作り方をボランティアで指導。05年には津波被害を受けたスリランカの子どもたちのために書いた絵本「つなみ」が現地の小中学校に配布されるなど、さまざまな活動をしている。

 

今回の展示では、100号の「今昔物語 幻想」をはじめとする絵画や絵本の原画、長縄さんが表紙や挿絵を担当した郷土誌、ポスターなどを展示する。

 

午前9時~午後5時(29日は3時)。月曜休館。同館児童書展示コーナーでも5月11日まで、長縄さんの作品を紹介している。

コメント

エルズのホールを使って何かをしたい!?

2021-04-13 | イベント

生涯学習センター流山エルズのホールを使って何かをやりたい…。

 

でも、照明は? 音響は? 客席は何人? ピアノはどこのメーカー? マイクは? 反響版は? 

ありそうで、なかった企画ですね!

意外と知らないホールの内容。「コンサートをしたい」「劇をやりたい」「漫才をしたい」「映画上映会をしたい」「ダンスを披露したい」……。でも、どこで、誰に相談すればいいの?!

 

客席に座って、コンサートを聴いたり、講演会を聴いたり、身近なようで、意外と遠い存在のホール…。

 

そんな想いをお持ちの皆さんに朗報です。

幅広い知識と豊富な舞台経験を持つ裏方のスペシャリストがあなたと一緒に舞台をつくります。

コメント

流山エルズTVが静かなブーム

2021-04-13 | イベント

生涯学習センター流山エルズが作成したYouTube動画が静かなブームのようです。

 

「おとなのためのコンサート」や「ファミリーコンサート」などをはじめクラシックギターやフラワーアレンジメントなどの講座紹介、軽食喫茶「グティ」のメニュー紹介など番組もいろいろです。



QRコードも掲載された流山エルズTVの案内

 

生涯学習センター流山エルズの公式サイトからも見られますが、チラシに掲載されたQRコードからもご覧いただけます。

コメント

森の図書館で開催中の「画家 長縄えい子の仕事」展に行って来ました

2021-04-12 | イベント

森の図書館で開催中の作品を観に行って来ました。4月29日(木・祝)まで(月曜休館)


チラシは長縄えい子さんの楽しくなるような画ですね。
爽やかな季節に散歩と美術鑑賞をしてきました。

 


晴れた日、今の季節は爽やかですね!アクティブ広場から森の図書館に向います。鳥のさえずる声が聴こえてきます。



新緑がまぶしいです。



朝夕散歩に人気の木道は森の中に居るように感じます。


森の図書館南側の入り口を入るとギャラリー。


目の前に大きな画が「今昔物語 幻想1」100号(162✖112センチ)油彩
大作ですね!!
絵本の原画も迫力があり目をひかれます。


版画。ポスターは数え切れないほど手がけその一部を展示しています。それぞれが素敵な作品に。


ポスター・プログラム・チラシ・カレンダーなども手掛けていらっしゃいます。


エッセイ・絵本・画集・流山市立博物館友の会発行の本の表紙など。

メルヘン文庫 2001年(第1集)から現在も審査委員をしている。表紙絵・挿絵も。

この展示は画家長縄えい子さん、いしど画材さん、たけしま出版さん、大出俊幸さんのご協力で展示しました。

なお、展示と講演会(申し込み締め切り)は、文化庁プログラムbeyondo2020に認証されています。

展示期間4月29日(木祝)まで9時から17時(月曜休館・29日は15時まで。

申込不要・無料

流山市立森の図書館・流山市東深井991 電話02-7152-3200

コメント

きょう4月11日(日)の千葉日報にギャラリーよしさんのフクロウ展

2021-04-11 | イベント



展示品がどんどん売れて展示物が半減してしまったため昨日9日(土)に松田さんの倉庫から展示物を持って来て、追加展示するなど大きな反響に嬉しい悲鳴をあげていらっしゃるそうです。

 

以下、紙面から。

 

14年前閉館「ふくろう博」

コレクション展示、販売も

流山のギャラリー18日まで

 

 流山市にかつてあった「ふくろう博物館」の収集品の一部を展示、販売する「ワンこ・ニャンこ・フクロウ展」が18日まで、同市加4のギャラリーよしで開かれている。

 

 同館は、つくばエクスプレス(TX)開業前の2000年7月、現在の流山おおたかの森駅近くに開館。館長の故上野満さんが1990年から収集した国内外のフクロウの置物や絵画など1万点に及ぶコレクションを展示していた。

 

 建物は卓球台を生産していた現マツダ工業の工場が北海道に移転した跡を活用した。ふくろうの森と呼ばれる自然環境も当時はあり、TXが開業した05年から数年間の大型連休にはふくろうまつりに多くの人が訪れ、にぎわった。

 

 しかし同駅周辺の区画整理事業の影響で07年12月に閉館。上野さんも17年に亡くなった。今回の展示はコレクションを引き継いだマツダ工業会長の松田英男さんが同ギャラリーを経営する小坂義弘さん(79)に相談し実現した。

 

 会場にはアジアやアフリカなど海外や国内のさまざまな材質、形状の置物などが並ぶ。市内から訪れた男性(62)は「フクロウ好きで出張先の海外や地方で購入した置物を玄関に飾っている。心が安らぐのが魅力。いろいろな形があってあきない」と話していた。

 入場無料。午前11時~午後6時。問い合わせは04-7157-8144。

コメント

スターツおおたかの森ホールで『キヨヅカ☆ランド』ピアノデュオコンサートを楽しんで来ました!

2021-04-10 | イベント

2021年4月9日(金)コンサートの前に友人とおおたかの森SCで待ち合わせて軽い夕食をいただきながら『キヨヅカ☆ランド』についてのレクチャーを受ける。

東京や埼玉に何度も聴きに行っている友達の『清塚さんと羅人さん』についての事前情報はワクワクしてくる

 


開場して少し経った頃スターツおおたかの森へ

この場所でボランティアエキストラしたことあるなぁ等と話しながら


会場に入ると足元には離れて並べるように印があり


消毒をして


検温をしてもらい座席番号等を書いた用紙とチケットの半券を自分で箱に入れ・・・非接触です

 


プログラムもテーブルの上から自分で取って



会場入口で自分の席を確かめて「C-5」ワクワク

「どうしても来たかったから1次発売の受付時間に申し込んだの」と聞いていたけれどピアニストの指の動きがはっきり見える席だ!!

演奏中は勿論撮影禁止!!

しかしアンコール曲の連弾は動画・写真撮影OKが出て・・・みんな動画を撮っているけれど・・・

 

 

動画を撮っている人たちを羨ましいなと思いつつ・・・急に許可された写真も慌ててしまい



こちらの写真は友達から



この写真、友人に向ってキヨヅカさんが手を振っているように見えるような・・・
友達は何度もコンサートに行ってコロナ禍になる前はサインや握手もしていたので・・・そうなのかも(笑)



ベートーヴェンは昨年生誕250年を迎えコロナ禍で250年は終わってしまい今年は251年・・・等々

べートーヴェン・リスト・メンデルスゾーン・シューマン・ショパン・・・

作曲した時代のクラシック音楽の役割や作曲家の生い立ちやどんな境遇で作ったか等

キヨヅカさんの楽しいトークを聴いてからの演奏は聴き慣れた曲をより楽しむことができました。

「ドイツに行った時に『イグデスマン&ジョー』『イル・ディーヴォ』など楽しいコンサートを聴いたの」と

以前友人に伝えたことが、このコンサートに誘っていただくきっかけでした。

クラシックをこんなに楽しく聴くことが出来たことに誘ってくれた友達と近くで開催してくれたスターツおおたかの森ホールに感謝!!

コメント

利根運河桜開花情報 2021・04・09 八重桜が見頃です

2021-04-09 | 自然探索

利根運河のソメイヨシノが散っても、八重桜が見頃です。



運河橋の近くの堤に白い(緑?)八重桜が・・・今までソメイヨシノが散るとピンクの八重桜だけかと見過ごしていました

 

 

運河橋の近くですよ~

 


その隣にも八重桜が・・・こちらはピンク色です



割烹新川さん手前の堤に薄いピンクの八重桜



こちらの八重桜は毎年豪華に咲いてくれて、近寄ると桜餅の匂い・・・いえ桜の葉の香りですね



桜の樹の下で寝転んで八重桜を楽しんでいる方がいらっしゃいました


堤にはすみれ



日本タンポポかな?以前白いタンポポもありましたが最近は見かけません



桜だけでではなく可愛い花を見ることが出来ます
ちょこっと歩くだけで4種類の八重桜と足元には野草・・・利根運河の堤ではたくさんの野草が見ることが出来ます

コメント

我らが『流鉄』、電車クリアファイルを発売!

2021-04-09 | イベント

かわいいネコがいっぱいの『流星』号や「流山本町ひなめぐり2021」を盛り上げてくれたハートの吊り革探しも楽しい『さくら』号、撮り鉄大学生のアイデアを活かした中吊り広告メッセージ、令和3年3月3日記念乗車券セットなどユニークなアイデアで親しまれている我らが『流鉄』さんが、またまた嬉しい新年度第1弾の企画「流鉄電車のクリアファイル」が流鉄各駅で発売されています。



A4判のクリアファイルには、流星、さくら、なのはな、あかぎ、若葉の流鉄の5色の車両が勢揃い



流星号のヘッドマークは杉本聖奈さんデザインのベース型に



菜の花号は沿線の菜の花が咲くころ一緒に撮りたいですね



さくら号はピンクカラーにおひなさまのヘッドマーク杉本聖奈さんデザイン

青い『流星』号、ピンクの『さくら』号、黄色い『なの花』号、赤い『あかぎ』号、若草色の『若葉』号が勢揃いのクリアファイルです。中に紙をはさむと・・・。



あら、不思議!『流星』号だけになってしまいました。(撮影にあたって3枚とも真っ白な紙を挟み込んだのは我ながらセンスなかったかなぁ~と少し反省…。)


流鉄流山線全駅で1枚300円(税込)で好評発売中です。ぜひ、お買い求めください。


コメント

ドキュメンタリー映画『がんと生きる言葉の処方箋』ながれやま上映会が、人気情報サイト『まいぷれ』さんに紹介されました

2021-04-08 | イベント

ドキュメンタリー映画『がんと生きる言葉の処方箋』ながれやま上映会が、人気情報サイト『まいぷれ』さんに紹介されました。

https://nagareyama.mypl.net/event/00000373126/

 

映画上映のほかに、おおたかの森西口の「アントニオ」さんのヴァイオリンコンサートも、監督やお医者様のトークイベントもあるんですね。

楽しみですね。

コメント

きょう4月8日(木)の読売新聞に運河駅のデジタルアート

2021-04-08 | イベント

「継続は力なり」という言葉もありますが、いまでは「継続は惰性なり」と言ったり、同じことばかり繰り返していると「十年一日の如く」と表現されることもありますが、常に変化を求める学生の方々の若い感性が活かされるのは素敵なことですね。



オランダ大使館に利根運河の切り絵を贈る方々、二代目ビリケンさんを設置された方々、利根運河を想う多くの方々のご努力が、この春、さまざまな新聞紙面を賑わせています。心強いですね。

以下、紙面から。

桜 人で咲く 

駅にデジタルアート

服の色感知 スクリーンに

 

東京理科大理工学部(野田市)の学生が、キャンパスの最寄り駅・東武野田線運河駅の自由通路でデジタルアートを披露した。「春をまとう」と題して、人が通るたびに、壁のスクリーン上に桜の花が咲いた。

 

手がけたのは建築学科4年の品田十夢(とむ)さん(22)で、5~7日の3日間限定で行った。通路に設置したカメラが通行人の服の色を感知。その色の花びらがスクリーンに出現し、木の幹に咲く仕組みだ。服の色に応じたピアノの音も鳴った。

 

品田さんは1年の時からデジタルアートの」サークルに所属。新型コロナウイルス感染拡大を受け、様々な分野でオンライン化が進む中、「画面越しのコミュニケーションでは、対面で感じる人の雰囲気が欠落しやすい」と問題意識を持った。人の動きを桜の花びらと結びつけることで、対面の雰囲気を表現したという。

 

この1年、学生生活も大きな影響を受けた。品田さんは「コロナ禍ならではのアートを作ろうと思った。みんなに面白いと思ってもらえるものを作っていきたい」と語った。

コメント