世界の彼方此方へ行きたい

気ままな旅の様子を綴っていきます

気の向くままに、旅の様子を載せていきます。ランキングクリック励みにしてます。

人気ブログランキングへ

帰国のとき(2020カンボジアno22)

2020-05-26 | アジア

 マーケット見学の後、クメール料理の昼食をいただいてホテルに帰ってきた。ちょうど民族楽器の演奏中でした。午後はホテルでの自由時間、ホテルの周りをぶらぶらして終わり。シャワーしてベットでごろりでした。

 最後のディナーはこちら。ホテルの中の日本料理店「たけぞの」もちろん「地球の歩き方」が紹介している。

 入口にメニューが並んでた。japanese set  USドル15~22と印刷されている。

 天ぷら定食。これが本日のお品書きだ。

 

 18:30 空港に向けて出発。都合何回お世話になったのでしょう、このエレベーター。 

 シェムリアップ空港、壁紙の写真が素晴らしい。マスクの皆さん、多分日本へお帰りの方々でしょう。

 カンボジアから持ち帰った残骸を整理していたら出てきた。アンコール遺跡群の入場券。何と顔写真までプリントされているのでした。10日間で3日有効の切符、左に三個のパンチが切られている。

 両替はしたつもりがないのに紙幣があった。ドル紙幣の釣銭としてもらったものらしい。1000リエルが26円といったところ。下の紙幣は500リエルの裏面、ななんと日の丸、日本国旗がカンボジア国旗と並んでいるではありませんか。この橋梁が日本の支援でできたということでしょうか。それにしても他国の国旗をプリントするとは、やはり驚きです。両紙幣には蛇神「ナーガ」が描かれている。

 カンボジアの旅が終わりました。アンコールワットって詰まんないだろうな。正直カンボジアにはさして魅力を感じていなかった。しかし、異国はどこであろうとも訪ねてみるもの。との感がより強くなるのでした。ヨーロッパで教会を訪ね歩きステンドグラス見たりキリストさんやマリア様に出会うことより、この国は数段楽しかったし素晴らしかった。

 

 シェムリアップから約2時間ハノイ空港に着陸です。

 ハノイ空港のラウンジでベトナムの定番食「フォー」をいただいた。ビールも同国ランキングトップの「333」バーバーバーという。この後 00:20 にハノイを発ち成田には 07:00 の到着となるのでした。

 以後の旅日記はいつから始められるのか。旅行社はすべて休業中らしい。4月の訪日客は2900人、前年比99.9%減だという。日本から韓国へ入った人も99.9%減だったと報じていた。もう観光なんて言ってられない。世界中がこれなのだ。

 前回、ブログで新型コロナウイルスを書いたのが4月13日だった。この間、感染者数は世界で180万⇒545万 アメリカ 54⇒165 以下ブラジル、ロシア、英国と続いている。 日本は7399人から16593人に。西欧やアメリカなどではロックダウン (都市封鎖) が解かれて、まだまだ感染者が増えているというのに経済活動が始まっている。日本は、遅きに失したともいわれていて4月7日に発せられた「緊急事態宣言」が5月25日最後まで残っていた東京など首都圏の1都3県と北海道が解除となり、「自粛」という言葉は消えないにしても一歩普通の生活に近づけることとなった。

 ところで、ウイルス検査数が少ないと散々言われ、ロックダウンもせず「自粛要請」という言葉だけで、とりあえずこの難局を乗り切ったであろう日本が注目されているようだ。死者数も少ない。違反者に罰金も科さないという国なのに、何故なんだと・・・マスク文化、手洗い習慣、ハグなし、土足で家に上がらない、握手しないで頭下げて「こんにちは」のご挨拶などなど生活習慣の違いが大きいともいわれる。それに国民の真面目さや従順さなどが大きく寄与したのかもしれない。

 最近人種というか民族的な違いもあるのではないか。なんて言われ始めた。コロナウイルスの発祥の地中国での感染者数は、あの大国でありながら世界でも10番目にも入っていない。インド、パキスタンは多いようですがアジアの国々は少ないようだ。「なぜ日本は」を科学的に究明してほしいものだ。

 秋冬に向けて第2波、第3波が襲ってくるともいわれている。早く予防ワクチンや治療薬の開発が望まれる。いずれにしてもしばらくは巣ごもりということか、早く旅日記を書きたい。 

 ブログを開設してから4200日を超えた。貴重な時間だ。写真や文字で残しておかないとすべて忘れてしまうという習性が私にはある。だからこの「goo blog」に頼るしかないのです。でも、かってのビデオデッキベータが消えVHSもDIGITAL8もどこかへいっちゃった。CDもDVDもいつかはそんな運命か。4000日綴ってきたブログもそんな時が来るかもしれない。まあ、私に命がある間は大丈夫でしょうが、またいつの日かブログを開いて過去の日を楽しもうとしている私がいるのです。

コメント

オールド・マーケット(2020カンボジアno21)

2020-05-24 | アジア

 

 クルーズを終えての帰り道。交通事故だ。事故直後か自転車が倒れ、犬も動かない。運転者はどうしたのだろう。学校帰りの子供たちが集まってる。

 まさか空きペットボトル入りではないでしょうが、ガソリンスタンドがここにもあった。赤いケースはアンコールビールだ。よく冷えているだろうな。

 地球の歩き方が紹介している「シェムリアップ観光の大定番、活気あふれる市場」オールド・マーケットにやってきた。

 「豚ちゃん」の頭、飾ってあるのか、売ってるのか。

 

 雑然とした市場は広い。ほとんど食料品売り場しか写していませんが、日用雑貨やお菓子など何でも売ってるスーパーマーケットだ。

 ハンモックの赤ちゃん。ミルク飲んでるのか、眠ってるのか。そのお母さんは足だけちょっと。

 

 この国は、ルビーやサファイアの原産国だといいます。偽物には要注意ですって。

 

 時間はちょうどランチタイム。大きな器からお好みをチョイスしていただく手法でしょうか。残念ながら盛り合わせしているところを見ることはできませんでした。

 

 

  何か二人がしゃべってる。切り刻んだ果物野菜らしきものもある。お惣菜屋さんでもなさそうだし、何屋さんだろう。

 前歯が上と下に二本ずつの女の子。君の未来は明るいぞ。

 干物がびっしり並んでいるお店を写してマーケットを後にしました。

コメント

トンレサップ湖その2(2020カンボジアno20)

2020-05-23 | アジア

 集落の中に特異な建物もあった。彼らはスマホを見ているようでもあるし、一杯やっているようでもある。集会所にしてはちと小さい。

 とにかく100万人もの水上生活者がいるという。もちろんいろいろ事情のある方々でしょう。固定資産税を取られないからとも聞く。ここでの生活者はベトナム人の方が多いようだ。彼らは国籍を持てないから土地も持てないといい、陸上に「住まない」のではなく「住めない」ということのようだ。とてもここには書ききれませんが、両国人の間には諸々の事由があるようです。勉強は嫌いなんだけど、こうして現地の事情を知るのは楽しい。

 前号で紹介した「水の駅」水上パーキングの建物にやってきた。

 ワニがぐにゃぐにゃいた。売店には一匹丸ごと開きになったワニの乾物をいっぱいつるけて売っていた。ベルトやカバンになるのかな。もちろんはく製も売ってた。

 首輪に鎖のお猿さんも。

 トンレサップ湖は赤丸印、国のほぼ真ん中辺といったところだ。この湖には500種以上の淡水魚がいたそうですが、環境破壊が進み現在では300種程度だとか。でもこの国の年間の摂取たんぱく源の60%をまかなっているという。生活の糧は漁業。でも、お魚獲っている姿は全然見られませんでした。早朝や夕暮れから夜間にかけての操業ということでしょうか。

 レストランも日用品やお土産売り場もありました。

 乾季の時は少ない水。水深は1m程度だという。浅い湖だからスクリューを深くできないのでしょうか。まさかジェット噴射の船ではないでしょうが、水をまき散らして進んでいる。でも、雨季にはその深度が9mにもなるといいます。そんな季節の方がこの湖の観光には醍醐味があるそうだ。でも、スコールは絶対覚悟しなければならないでしょうね。

 私たちの乗っている船は、これをひと回り大きくした舟です。ところで水上生活者にとって大きな課題は、生活雑排水やトイレだ。こんな環境ですから、それは想像できるところですが、最近は汚水処理装置の設置も進んでいるらしい、がしかし最後はお金がものをいうから大変だ。アマゾン川やハロン湾での水上生活者に比べてみれば、生活の厳しさは計り知れるように思うのでした。

 何隻もの船がドック入りでした。

 操舵手のお父さんと息子さん。

 クルーズも間もなく終了。背の高い監視塔みたいなのがあった。

 階段の中ほどまでが白くなっている。雨季にはここまで水かさが増すのでしょう。あの大河メコン川に接続しているというこの湖。雨季になると、どうやらそのメコンの水がこの湖に流れ込んでくるようだ。それにしても、この監視塔で何を監視するのでしょうか。その相手は岩手県ほど広いというのに。

 

 

 クルーズ船も青く塗られていた。この国の人たちは青が好きなのでしょうか。半年間も水没してしまうだろう墓地も青色が多い。

 漁に使う小舟が並んでいます。お家の周りにはやはり棒らしきものが林立。待てよ、お家が水の中に入ってしまうのかもしれない。浮家となる住居をこれで確保しておくためのものか。確認してみたい気持ちに襲われる。

 これはどうやら水上レストラン。アンコールビールの看板ありだ。

 なんともこのスクリューが不思議だ。浅瀬を走るにはこれでなければだめなのか。

 

 船着き場に到着。面白い形のスクリューをつけた観光船が並んでいます。

 1時間余のクルーズを終えて下船しました。

 珍しくも日本人女性との出会いがあった。しかもお若い子ふたり。戸籍調査はしませんでしたが、クルーズしようかどうか迷ってた。「ぜひ行っといで楽しいよ」とおすすめした。でも旅の楽しみ方には個人差がある。「あの爺さんの言葉に乗ってひどい目に遭った」なんて恨まれているかも。添乗員とガイド氏を入れて撮影。ブログに載せるとの了解は彼女に取っていない。ゴメンね。

コメント

トンレサップ湖その1(2020カンボジアno19)

2020-05-20 | アジア

 

 船が動き始めた。まだ狭い水路を進みます。何のためにたたっているのか、お家のところに竹竿か棒みたいなのがいっぱいだ。「何だこれ」と思ったら即座にガイド氏に質問しなければいけなかった。

 コロナ予防か。親子がマスク姿。「アベノマスク」より大きいぞ。

 

 投網を手繰り寄せているところかな。手元に白く見えているのは大きな魚かも。まだトンレサップ湖に入っていないという。ここは湖に繋がるトンレサップ川の下流、湖への玄関口。これから始まるのがクルーズの本番。

 

 怖くないんだ。子供が船の上に立っている。

 ズームしてみたらこれ。素っ裸の男の子の首には大きな蛇。観光客相手の商売らしい。この蛇を首にかけてもらって「はい1ドル」なのかもしれない。アンコールビール一本分だ。

 次第に湖の中に進んできた。陸に上がっている船。ただいまドックで修理中といったところか。こんな姿は何回か見るのでした。

 家々が点在している。ズームしたのが次の写真。海の中に溶け込んでいます。

 

 後ほどここに立ち寄った。「道の駅」ならぬ「水の駅」ということらしく、レストランもあれば売店もあるのです。後日紹介します。

 大きな村にやってきた。水上村だ。教会もあれば学校もある。もちろん各種お店もあれば、交通手段、漁業用の舟に必要なガソリンスタンドもあるという。水上生活者はカンボジア人のほかにベトナム人も多くいるといいます。

 仏教徒が多いだろうに、寺院はお目にかからなかったけれど立派な教会だ。

 村の中に入ってきた。撮影資源には事欠きません。

 

 

 

 いろいろな乗り物があった。タライや発泡スチロール箱などなど。学校の近くの子たちはこんなの漕いで登校かな。

 太く強い絆で結ばれているらしい。ロープでつながっている。

 直立しているアンテナは、文明の利器スマホなどの電波をキャッチするものだと聞いた。が、ほんとかどうか知りません。

 電気は自家発電だという。大きな発動機が見える。これ発電用のものなのか。私には、ほかの用途はちょっと考えられません。

 家屋はドラム缶の上だ。お母さんかな。まな板に包丁を使っていた。お風呂は水浴で間に合うかもしれないけど、調理や飲料水はどうしているのか。う~ん分らん。

 東南アジア最大の湖。「伸縮する湖」といわれるという。乾季でも琵琶湖の4倍ほど、雨季には16000㎢に拡大するといい、岩手県がすっぽり入ってしまう広さだ。広大な湖の中にこんな孤独な住居もありました。

 教会は遠くに見えています。この辺にはお店が並んでいるようでした。アンコールビールの看板もあるし、テレビのアンテナも見えていた。どうやら繁華街なのかもしれません。スーパーマーケットらしきをズームしたのが次の写真です。

コメント

トンレサップ湖へ(2020カンボジアno18)

2020-05-16 | アジア

 カンボジアでの6日間最後の日になりました。この国の乾季は11月から5月頃だといいます。私たちはそのど真ん中を過ごしたことになるのでした。もちろん毎日晴天。でも、じっとりした暑さもなく、暑くて参ったなんて日はありません。ほぼ快適な日々を過ごすのでした。では最後の日の日記を綴っていきます。

 朝出発前にプールのある中庭のお散歩でした。国花ロムドゥオルに紅白の花が咲き始めていました。よく観察すると花は皆枝先にしかない。面白い花だ。葉っぱがなくて花が着く、まるで桜みたい。

 白い国花。ここには葉っぱがありました。葉っぱの中からニューと出る面白い咲き方だ。

 名前は分かりませんが、熱帯の花をいくつか写しました。

 

 

 

 トンレサップ湖に向かって走っています。走行中できれいに撮れていませんが、ペットボトルらしき容器に入った液体、よく目にしました。驚くじゃありませんかガソリンですって。

 水田の中にピンクと白の蓮の花が満開といったところ。

 自動車はいません。ミャンマーで嫌というほど見せつけられた日本の看板を背負ったままの中古自動車。この国では目にしませんでした。一人当たりのGDPみるとミャンマーよりも豊かだというけれど、日本との交易ってあまりないのでしょうか。

 これから遊覧する湖畔にやってきました。水はしっかりの濁り水だ。

 たくさんの船が繋留されています。雨季になると水位はどこまで来るのでしょうか。アマゾン川を思い出してしまった。多分浮桟橋でしょう。そこを降りて船のひととなります。

 

 貸切船にゆったり乗船。ガイド氏のお話を聞きながらのクルーズの始まりです。

コメント