世界の彼方此方へ行きたい

気ままな旅の様子を綴っていきます

気の向くままに、旅の様子を載せていきます。ランキングクリック励みにしてます。

人気ブログランキングへ

船は行く(2021小笠原no2)

2021-04-21 | 関東甲信越

 レインボーブリッジの下をくぐり抜けました。

 お台場。フジテレビの特徴ある建物が見えています。

 

 5デッキの通路はこんなでした。

 私のお部屋はここ553号室。私を除くほかの仲間は6デッキか7デッキ。ちと高級なお部屋、もちろん料金も高い。

 扉を開けるとこんな室内、私の城は突き当たれの左側。一番手前の左右に一人づつ。

 進んだ次が真ん中。こんな感じのベットが左右に。もちろん入り口にもカーテンがついている。

 私のお城がこちら。入口にカーテンがついていて、ベットにもカーテン。言ってみれば個室だ。この553号室の定員は10名。も一人乗っていたけど顔も見なかった。2名での貸し切りは静か静か。

 両窓側の特2等寝台に挟まれているこちらが2等寝台エコノミーベット。どうやら両側に4ベットが奥まで並んでいるようだ。

 こちらが船内図。私のお部屋は〇印。レストランは4デッキと7デッキに展望ラウンジがありました。

 次第に都会のビルの姿が小さくなってきました。

 4デッキのエントランスには小笠原小学校の子供たちの寄せ書き。2020年7月にいただいたそうです。小さな字と絵がびっしり書き込まれていました。

 おがさわら丸は、時速25㎞でここを走っています。このあと矢印の久里浜に寄港するのです。

 静岡県の最南端の岬だそうです。御前崎灯台が見えました。

 そして久里浜港でお客さんを乗せます。

 

 船内案内所。ここでお聞きしました。旅客定員は894名だといいます。でも、コロナウイルス対策で400名にしているそうだ。今日のお客さんは303名だと聞いた。PCR検査をしている船内にはコロナ陽性のひとはいないはず。でも、みながマスク着用、この状態が通常になってしまうのか。夏のシーズンには満席にもなるというのに、その頃になればコロナは深く沈んでくれるでしょうか。悩ましい日々が続きます。

 日の入りと日の出を教えてくれています。東京を離れるにつれて雲がどんどん多くなってきているのでした。大島 14:50 三宅島 16:10と案内されているのですが、その姿はどこにもありませんでした。このあと八丈島付近が 18:50 と教えています。

 見えるはずないと思っていたのに、ふと丸窓を見たらちょうど落日のときでした。こんなことなら6デッキか7デッキへ行ってきれいに撮影したかったとのおもい。

コメント

船で(2021小笠原no1)

2021-04-18 | 関東甲信越

 テレビのニュースが感染状況を伝える全国地図では、毎日どこかの都府県で「最多」なんて字が踊る。コロナ感染者の数だ。変異株が強力だといいとどまるところを知らない感染への流れ。世界各国でその対策をとっていると伝える「ロックダウン」をせず国民の協力の中で、大きな波が来るたびに自粛だ、自粛だといって抑え込んできたコロナウイルスへの感染もついに第4波がやってきたようだ。世界の感染者は4億1千万人だという。ワクチンの接種が進み、少しは抑え込まれているのだろうか。でも、全世界の感染者は一日当たり60万人を超えると伝えている。日本でも5000人を超えてしまうのは時間の問題なのでしょうか。次第にオリンピック・パラリンピックの開催が怪しくなってくる。

 引きこもりの日々が長いこと続いている。ついにしびれを切らしてしまった。小笠原は父島へ行こうと思い立った。そしたら送られてきた。「PCR検査してね」と。医療環境の弱い島には絶対持ち込んではいけない「菌」なのです。

 送られてきた唾液を取る検査キットがこちら。もちろんその手法の説明書付きだ。

 こんな形で竹芝桟橋の受付に持ち込むのです。

 桟橋の近くのホテルに宿をとった。すぐそこにレインボーブリッジが見えている。きのう提出した検査キット「陽性の方は夜までに電話します」これが憎い。いつまでが夜なのだ。「明日乗れないかもしれない」という気持ちをいつまで引きずっていればいいというのだ。陰性だったらその旨連絡くれてもいいのに。なんともじれったい。

 桟橋にノルウェーの国旗みたいなのをつけた船がとまってた。貨物船ではないようなんだけど、写真を拡大してみると1・2階には客室らしき窓があるし、煙突の下のデッキには「非常集合場所」という日本語。うぅーんわからん。この船翌朝には姿がありませんでした。後日調べてみたら東海汽船だった。22:30発の三宅島行きの船だったようだ。

 レインボーブリッジを後ろにみて「おがさわら丸」がやってきた。

 3代目だというこの船2016年建造という11000トンのまだ新人さんだ。初代は1979年 (昭和54) 3553トン 2代目が1997年 (平成9) 6700トンが就航していた。

 大島ほかの伊豆諸島に向かう船の案内表示です。

 乗船が始まります。

 キャビンに荷物を置いて最上階8デッキから写しています。

 竹芝ふ頭公園の桟橋沿いの通路にはお見送りの人たちがパラパラ。

 船会社の職員の皆さんでしょうか「いってらっしゃい」のタオルを持ってのお見送りをいただくのです。

 こちら小笠原村観光局のキャラクター「おがじろう」おっきなマスクしてるから分かりませんが、ザトウクジラのお父さんだそうです。日差しが強くてまぶしいからアイマスクは外せないとか。頭のちっちゃな帽子にチョコンと乗っているのが小笠原諸島だけに生息しているという「メグロ」ちょっと小さすぎだね。

 

 東京タワーも見送ってくれています。

コメント

高遠の夜桜(2021)

2021-04-02 | 季節感

 「花金」この言葉今の世でも通用しているのでしょうか。今日がその金曜日。しかしコロナに襲われている地球に花の金曜日は壊滅してしまっていることでしょう。前回のブログでお約束した夜の桜のlive画像をお届けします。

 人の姿はあまり見えません。朝から時々テレビを覗いているのですが人影は少ない。やはりコロナか。伊那市の感染者は1月21日に一人、2月27日に一人、以後は皆無だというのに、世の中では緊急事態宣言とか「まん防」とか、いろいろ言っているからやはり怖いのだ。

 

 バスツアーのお客さんは少ないでしょうが、企画は早く決まっているでしょうから満開にはとても間に合わないでしょう。来園したとしても葉桜鑑賞となってしまいお気の毒だ。

 何故かカラーの画像になっていませんでした。21時ころライブを見たらこの時間よりも人影は多いようでした。明日の地方紙の一面にはドローンで撮影した「高遠の桜満開」といった写真が載るかもしれません。この写真の掲載は恒例なのです。

 ちょっと足を延ばしてカメラで撮影すれば、もう少しきれいな写真で紹介できるのですが、テレビでお花見と決め込んでいる私ですからごめんなさい。何年か前に昼桜をブログに書いていますので、よろしかったらどうぞ。4月23日満開と書いてありました。

コメント

どっと春が来た(2021)

2021-03-31 | 季節感

 

 黄砂の舞う中にどっと春がやってきた。信濃路も全国の仲間入りの暖かさだ。花が一斉に咲き競っています。

 真っ赤なボケとモクレンにこぶし。春の競演だ。

 今年は暖かい日々で霜が来ません。傷みつけられていないきれいな花弁を見せてくれています。

 モクレンより少し早く咲き始めたこちらさんも軽やいだ風情。

 こちらはお隣さんの枝垂れ桜。本来であればもう少し遅いはずなのに、もう満開に近い。彼岸桜もソメイヨシノも皆一斉に咲き乱れています。とにかく時節の流れが速すぎます。夏はどんな夏になるのでしょうか。心配だ。

 

 まだ公園には人がいません。こんなに早く開花するとは、誰も思っていなかったでしょう。そんな桜の姿を地元のテレビ局がLIVEで流しています。ずっと終日、多分桜が散り終えるまで続けてくれるでしょう。

 「天下第一」と称されている高遠小彼岸桜1500本がただいま八分咲きとしている。昨年はおやすみだった「桜まつり」が明日始まります。明日はもう満開との報があるかもしれない。例年寒空の下でまだ花の咲かない園内で保育園の子供たちが開催式に参加しているのですが、さて、コロナの今年はどうするのでしょうか。

 準備万端。さて、コロナの中で観桜のお客さんはいらっしゃるのでしょうか。20分も車を回せば届く公園ですが、私はテレビでのお花見とすることとします。

 

 この五カ所の定点カメラがこれからの日々を追います。後日ライトアップされた夜桜をお届けできるかもしれません。

 

コメント

春が来る(2021)

2021-03-20 | 季節感

 この日が来なければ、この地に春がやってこないのです。「春の高校伊那駅伝」保育園や小学校の子供たちが応援します。1校1チーム応援運動の旗がグランドを取り巻きます。この旗は大会終了後その高校に贈られるのです。男子44回女子は37回目になる大会。青森から九州まで男女合わせて106チームがコロナを乗り越えて競います。残念ながら緊急事態宣言中だった1都3県の28チームには参加の自粛をお願いしたといいます。

 暮れの京都での大会を経て、新チームとなった各校が腕試しをするこの大会。明日スタートするグランドには若者たちの姿がありました。

 明日伊那路をかけるランナーを追うカメラの準備も進んでいるようでした。

 中継車と中継バイクがいました。もちろん地元の地上波での放送は長年続いているのですが、たしか一昨年からだったと思いますが、BSフジが放映する全国区の大会にまで成長したのです。残念ながら明日は大雨との報。「雨にも負けず」でしょうが、青空の下で走らせてあげたい。子供たちが可哀そうだ。

 家の周りにも春が近づきます。雪割草は、ほぼ終焉を迎えようとしています。

 

 

 

 

 水仙もぽろぽろ咲き始めました。

 

 

 「カタクリ」が一株だけチロっと姿を現しました。

コメント