こんにちは「中川ひろじ」です。

一人ひとりが大切にされる社会を共につくります。

松枯れ対策について長野県林業総合センターで説明を受ける

2017-09-01 22:58:02 | 環境・森林

 

社民党松本総支部は、9月1日長野県林業総合センターへ、松枯れ問題について学習するため訪れた。当日は宮所長と柳澤研究員に丁寧な対応をしていただき感謝を申し上げます。私は松枯れについて林業総センターでお話を聞くのは2回目となるが、新たな認識もあったので整理しておくことにしました。

1、松枯れの仕組み

①松枯れはマツノザイセンチュウが赤松内で一定の条件の下で増殖することに対して、赤松の防御反応として松自身が出す何らかの物質によって仮道管が詰まり、松が枯れる症状のことをいう。初期の症状としてはマツヤニを出なくなるので、それによってマツノザイセンチュウによる松枯れであることを確認している。

②マツノザイセンチュウは、北米原産の外来種であり、北米の松は耐性をもっている。後に発見されるニセノマツノザイセンチュウは、在来種で赤松は耐性を持っている。現在、マカオ経由でポルトガルに上陸したマツノザイセンチュウによりヨーロッパにも松枯れが拡大しているとのことである。

③マツノザイセンチュウは、赤松の枯損木の中にいるマツノマダラカミキリに寄生し、成虫となったマツノマダラカミキリとともに、一度に400匹(200つがい)のマツノザイセンチュウが赤松に移動し、気温が15℃以上になると繁殖を始める。一度に100ケの卵(50のつがい)を産み、4日後に生育して次の産卵を行う。つまり4日ごとに世代交代をして50倍、50倍と増え続ける。*200×50×50×50×50×50×50×50=312,500,000,000

その後、マツノマダラカミキリの産卵期に再びマツノマダラカミキリに移り、産卵されたマツノマダラカミキリの蛹に移行する。

④マツノマダラカミキリは、赤松の枯損木内で6月中旬頃、羽化して成虫となり、生きている赤松の若い枝の樹皮を食べ、3週間ほどで赤松の枯損木に産卵をして死ぬ。8月から9月にかけて幼虫が発育し、蛹化、6月中旬に羽化して成虫となり枯損木から脱出する。

従来、マツノマダラカミキリは希少種であったが、マツノザイセンチュウが日本に入ってきてから増え始めた。マツノマダラカミキリのメス1匹から100~200ケの卵を産む。だいたい2倍くらいずつ増加していると考えられている。

 

2、防除方法

(1)マツノザイセンチュウ

①マツノザイセンチュウを直接防除することは現在のところできない。センチュウが入る前の松に「殺センチュウ剤」を樹幹注入する。マツノマダラカミキリによって、殺センチュウ剤が注入された松に運ばれてきたセンチュウは死ぬ。

②これまでに松枯れした地帯から実生で出てきた松の中にはマツノザイセンチュウに対する耐性をもつ松もある。しかし、耐性のない松の花粉を受粉するので増やすことは容易ではない。

(2)マツノマダラカミキリ

①幼虫は赤松の枯損木内で生育しているので、羽化脱出前に枯損木を処理することで死滅する。処理の方法は、燻蒸・破砕・焼却の方法がある。6月から10月までに枯れた枯損木(当年枯れ)を翌年5月まで(羽化成虫脱出する前)に処理する。

②成虫は、マツノザイセンチュウが移る前に農薬を散布する。マツノマダラカミキリが農薬が散布された松の枝を食べると死滅する。

3、ポイント

①マツノザイセンチュウを死滅させる効果的方法はない。

②枯れた木は処理しないとマツノザイセンチュウの幼虫の生育場所となる。しかし現在の長野県の松枯れ対策は先端地域に集中的に行うので枯損木については松枯れ対策はしていない。造林事業で対応していく。枯れた松の処理について活用方法を模索している。

③空中散布は生きている松にしか行わない。

コメント

第17回ライチョウ会議長野大会(ライチョウサミット)

2016-10-31 17:02:44 | 環境・森林

 

第17回ライチョウ会議長野大会が大町市で開催され参加しました。入り口ではアルクマやオオマピョン、ガンズ君などが出迎えてくれました。またオープニングでは伊那市出身の歌手湯澤かよこさんの歌がありました。

リレートークで東邦大学の小林篤さんから「ライチョウってどんな鳥~現状と課題」についてお話がありました。(動画あります)

日本ライチョウは北アルプス、乗鞍、御岳、南アルプスにしか日本では生息していません。個体数も減少の一途です。原因はライチョウの食べるお花畑が鹿に食べられて無くなってしまっていることと、本来高山地帯には来るはずのないサルに捕食されるているからです。日本は古(いにしえ)より里と里山、そして奥山ですみ分けがされていて、農耕民族であった日本ではライチョウは神の鳥として大切にされてきました。そのため日本のライチョウは、人間を見ても逃げません。ヨーロッパや北極のライチョウは狩猟の対象であり、人間を見ると逃げます。

続いて静岡大学の増澤武弘さんから「ライチョウが生き続ける山岳環境とその保全について」お話がありました。南アルプス北岳のお花畑はすでに1970年代後半から鹿に食べられ植層が変わってしまっていて、ライチョウの食べる食物が亡くなっていたことが報告されました。(動画あります)

次にテレビでおなじみの三四六さんからライチョウを守るためのアピールがありました。

続いてパネルディスカッションでは、燕山荘の赤沼健至さんから、温暖化の影響で昨年閉山の11月23日には雪がなく、開山する7月15日の1か月前から雪がなかった。ライチョウが子育てをする7月には若葉ではなく青葉に変わっていた。また狐に餌付けをしたのは人間、居座ってライチョウのひなを捕食するようになってしまった。(動画あります)

また今回のライチョウサミットの実行委員長中村浩志さんからは、生態系が変わった原因は人間が鹿やクマとの付き合い方が変わったから。ライチョウを守ることは人間を含む生態系を守ることだと強調されました。

最後に大町宣言が副大会長の牛越大町市長から読み上げられました。(後日、大町市と長野県のHPに掲載予定)

コメント

2013年2月定例会でライチョウに関する質問(再掲)

2016-10-16 08:32:14 | 環境・森林

2013年2月定例議会一般質問

 1、オスプレイの県内飛行訓練への危機管理部としての対応について

(中川博司)ライチョウ、イヌワシの保護についてお伺いをいたします。米海兵隊のオスプレイの訓練飛行について、私は配備も訓練も反対ですが、現実に配備され、沖縄で訓練が連日行われ、あす6日から岩国基地を拠点に九州方面で行われると報じられています。かねてから示されている県内ルートでの低空飛行訓練が今後現実的な問題となる中で、オスプレイの飛行訓練について、危機管理部として、これまでの対応と、実際訓練が始まればどのような影響があると想定をされているのか。危機管理部長にお聞きいたします。

 (危機管理監兼危機管理部長)オスプレイの飛行訓練についての御質問でございます。これまでの対応ということでございますけれども、昨年6月にオスプレイの配備と訓練ルートについて北関東防衛局から説明を受けて以降、県といたしましては、オスプレイの安全性について十分に確認し、その結果を国民にわかりやすく説明すること、安全性への懸念が払拭されない限り、飛行訓練が行われないようにすることの2項目を7月に防衛大臣に要請いたしました。その後、9月に政府として安全性の確認がなされたことを受けまして、飛行訓練経路や訓練内容などの詳細について10月に北関東防衛局長に質問書を提出いたしました。それから、オスプレイの飛行訓練実態を把握するために、12月からは県民からの目撃情報の収集を開始しているところであります。また、本県と同じ訓練ルート上に含まれる新潟県や群馬県とも情報共有のため連絡をとり合っているということでございます。2点目に、訓練により想定される影響についてでございますけれども、具体的にいつから長野県内のどこを飛行するかなど現時点では大変不明な点が多いわけでありまして、このようなことから具体的な影響については申し上げる状況にないということでございます。

2、ライチョウやイヌワシの保護について

(中川博司)昨年7月末に、日本自然保護協会が、絶滅危惧種のイヌワシやクマタカ、ライチョウなど希少な鳥の生息地がオスプレイの低空飛行訓練を行うルートと重なっていることから、騒音などの影響で絶滅の危機に一層追いやられると警告をしています。 そこで、長野県の鳥でもあるライチョウの生態研究の第一人者である信州大学教育学部生態学研究室の中村教授に問い合わせたところ、ライチョウもさることながら、イヌワシやクマタカも音に敏感であるとお話をしてくれました。特別天然記念物のライチョウは、昨年8月に絶滅危惧種のⅡ類からⅠB類へと見直され、国の事業としてライチョウ保護、増殖が行われることとなり、新年度、生息状況調査などの計画をつくり、調査分析を進め、その後の対策を講じることとしています。そこで、これまでライチョウやイヌワシの保護施策は、どのような観点で、どのように取り組んできたのか。また、当初予算ではライチョウの保護費が削減されていますが、なぜなのか。また、今後のライチョウやイヌワシの保護について県としてどう取り組まれるのか。環境部長にお尋ねします。

 (環境部長)ライチョウとイヌワシの保護についてのこれまでの取り組みと今後の取り組みなどについてのお尋ねでございます。まず、ライチョウにつきましてですが、キツネなど天敵の高山帯への侵入などの影響によりまして生息環境の悪化が懸念されております。信州大学の調査によりますと、1980年代には約3,000羽であった全国の個体数が最近では2,000羽以下に減少しているとの推定がなされております。こうした状況を踏まえまして、長野県希少野生動植物保護条例に基づきまして平成21年3月にライチョウの保護回復事業計画を策定いたしまして、ライチョウの生息環境の保全の観点から取り組みを進めてきたところでございます。平成21年度以降、南アルプス南部でありますとか北アルプスの爺ヶ岳周辺におきましてライチョウの生息数等のモニタリング調査を実施しております。また、平成22年度からは、北アルプスの51の山小屋に御協力をいただきましてライチョウポストを設置し、登山者等から目撃情報を収集するとともに、ライチョウ保護の普及啓発を図っているところでございます。とりわけ、平成23年度から2年間は、委託によりまして、北アルプスの爺ヶ岳周辺でライチョウの天敵の出現状況も含めた生息環境の調査を実施いたしました。この調査によりますと、爺ヶ岳周辺ではライチョウの個体数が比較的安定しているというような結果を得ております。なお、こうした生息実態調査は一定期間ごとに行うことを予定してございまして、お尋ねのございましたライチョウ保護費の予算の減額でございますが、本年度で今回の調査が完了したことによるものでございます。それから、ライチョウの今後の保護の取り組みにつきましては、議員御指摘のとおり昨年10月に国のライチョウ保護増殖事業計画が策定されまして、環境省におきましては平成25年度1年間をかけて具体的な保護対策を検討するとしております。この検討に本県も参加することになっておりますので、この機会を通じ、関係機関と連携を図りつつ、国が進める保護対策に協力いたしますとともに、モニタリング調査等に引き続き取り組みながら情報収集に努めてまいりたいと考えております。次に、イヌワシについてでございますが、狩り場の消失でありますとか餌となる動物の減少など生息環境の悪化によりまして、県内の生息数が30から40つがいまで減少しているとの報告が長野イヌワシ研究会よりなされているところでございます。このため、平成19年3月にイヌワシの保護回復事業計画を策定いたしまして、森林環境整備などの生息環境の改善を図り、イヌワシの繁殖率の回復を目指すとの観点から、民間のヘリコプター等の飛行に関しまして営巣場所の回避等を要請するなど取り組みを進めているところでございます。イヌワシの今後の保護の取り組みにつきましては、専門家や保護活動に携わっている皆様方と連携しつつ、つがいの状況を調査するなど、繁殖率の回復を目指しまして引き続き回復事業計画に基づく取り組みを進めてまいりたいと考えております。

 3、林務部としてのイヌワシ保護の状況について

(中川博司)続いて、国有林の状況についても調査をしたところ、イヌワシの保護を目的に、産卵、子育て期には森林の間伐などの施業は行わないとお聞きしましたが、長野県としては同様の取り組みを行っているのか。林務部長にお伺いします。

 (林務部長)希少な猛禽類の保護の観点から森林整備を実施する場合の配慮についてのお尋ねでございます。イヌワシ、クマタカなどの猛禽類は絶滅が危惧される希少な野生動物であり、民有林の間伐等の森林整備に当たりましても、その繁殖に影響を及ぼさないよう配慮する必要があると考えております。このため、間伐など森林整備を行う事業地やその周辺の森林においては、希少な猛禽類の生息情報に基づき、必要に応じて専門家による生息調査を実施し、営巣を確認した場合には、国有林と同様に、産卵、子育ての期間中の作業を避ける対応をとっております。今後とも、長野県の森林づくりにおいては希少な猛禽類にも配慮して適切な整備を進めてまいります。

 

 4、長野県としてオスプレイの飛行訓練に反対すべきではないか

(中川博司)ライチョウや猛禽類の保護の観点からもオスプレイの飛行訓練に反対すべきであり、少なくともイヌワシの産卵、子育て期2月から6月、ライチョウの産卵、子育て期5月から10月は訓練をさせてはならないと思いますが、知事のお考えをお聞きいたします。

 (阿部知事君)オスプレイの飛行訓練についての御質問でございます。先ほど危機管理部長が御説明申し上げましたとおり、県民のさまざまな懸念に関しまして、県としてこれまでも防衛大臣あて要請を行うとともに、情報収集に努めてきたところであります。引き続き、県民の安全を守るという立場から対応していきたいと考えています。猛禽類の営巣等への影響を懸念する声があるということは承知をしております。ライチョウ、そしてイヌワシともに、種の保存法に基づいて国内希少野生動植物種の指定がなされているわけでありまして、国においても保護増殖事業計画が策定されている希少種であるという現状であります。こうしたことを踏まえて、オスプレイの飛行訓練に関しても、生息環境に十分配慮するように国に求めていきたいと考えています。

(中川博司)ライチョウの保護費が削減をされておりまして、国のこれから行われる事業はこの1年間は調査の研究を行うということになります。ということは、この1年は県として具体的な調査などが行われないということになるものですから、先ほどから申し上げていますように、オスプレイの影響などが考慮されなければならないというふうに思いますので、必要な措置をぜひ環境部でとっていただくようにお願いをしたいというふうに思います。
 また、オスプレイという名前は実は猛禽類のミサゴのことだそうです。イヌワシやクマタカはライチョウの天敵になっているんですが、オスプレイがそのイヌワシやクマタカの天敵になるということになります。
 ぜひ、知事におかれましては、全国知事会でも同様な課題を持つ知事の皆さんと連携をとっていただくことを要請いたしまして、質問を終わらせていただきます。

コメント

長野駅改修工事

2014-12-21 21:26:21 | 環境・森林

善光寺山門をイメージした大庇(おおひさし)や柱を取り付ける工事。善光寺を模した、かつての駅舎の復活を望む市民の声に応えたものらしい。
コメント

10月17日 松本地区育樹祭

2014-10-19 21:21:01 | 環境・森林
 
松本地区育樹祭に行く高速道路で行き合いました。きっと御嶽噴火の捜索の年内中止で帰還するところだと思われます。過酷な状況の中で本当にお疲れさまでした。まだ発見できない方がいるようですが、無念だと思います。


松本地区育樹祭で、麻績小学校四年生の緑の少年団の皆さんが、再来年長野県で開催される全国植樹祭に向けてドングリの実を植えて学校で育てます。
コメント

長野県議会改革・新風県外視察三日目 出雲市役所

2014-07-18 21:29:19 | 環境・森林

会派の県外視察三日目は、出雲市役所で「松くい虫対策・森林再生等基本方針について」調査をいたしました。
長野県でも松くい虫対策には手を焼いていますが、出雲市に置いてもすでに松の81%が松くい虫にやられているという推計値が出ているそうです。
平成20年5月に行ったスミパインMCの空中散布により中高生から目のかゆみなどの症状が訴えられ原因調査を行い、「空中散布が原因である可能性を否定できない」という見解が多数意見となり、「薬剤空中散布はその絶対安全性が確立されるまでは実施しない。薬剤樹幹注入と伐倒薫蒸による対策を行う」ことを基本方針としました。
しかし、広大な面積に対する専門作業員の不足、急峻な地形、多額な予算、空中散布の早期再開を求める地元要望など課題があり、総合的な指針の策定が必要であることから「松枯れ対策再検討委員会」を設置し、「守るべき松林の区域を設定し、薬剤空中散布は実施せず、樹幹注入、伐倒駆除による防除を行うことを答申し、「出雲市松くい虫対策・森林再生等基本方針」を平成24年3月策定しました。松くい虫防除のほか、古損木対策・路網整備・シカ対策・治山対策・森林ボランティアの育成・木質バイオマスの推進などを計画的に行うこととしました。
特徴的なことは、一つには出雲市には、築地松(ついじまつ)と言って暴風林を屋敷の回りに植えてあり景観保全対策として防除事業を行っていること、二つには、昨年、抵抗性アカマツを4950本植えたそうで今後の検証が待たれるところです。
コメント

長野県議会改革・新風県外視察二日目 雲南市

2014-07-17 17:21:36 | 環境・森林

会派の県外視察二日目です。宿泊地の出雲からJRで宍道まで行き、木次線に乗り換えて雲南市にやって来ました。雲南市は、平成16年に6町村が合併してできました。雲南市には、もののけ姫のモデルとなった、たたら製鉄所がありますが、たたらに代わる新たな里山活用として、森林バイオマスエネルギーの活用、里山放牧の推進、コミュニティビジネスの推進をしています。
今回は、森林バイオマスエネルギーの活用について調査を行いました。雲南市では、山中にある切り捨て間伐材や雪害による倒木などを、市民が土場に搬入し、1トンあたり2000円の現金と4000円の地域通貨「里山券」に変えることができます。昨年で、最高85トン持ち込んだ方がいたそうです。


集められた材木は、必要に応じてチップ化し、公共施設へボイラーの燃料として供給をしています。

コメント

岡田地区松くい虫対策協議会

2014-06-24 22:25:17 | 環境・森林

6月24日夜、地元の松くい虫対策協議会に出席しました。
ここ最近、温暖化の影響なのか松くい虫の被害が松本市とくに岡田地区と四賀地区で広がっている。平成25年は、松本市全体で被害木は2498本で、このうち四賀地区が1714本、次が岡田地区で412本である。
岡田地区では松くい虫対策協議会をつくり、これまでに松くい虫の学習会、防除の方向性についての検討、現地調査などを行い、被害が著しい3つの林班については更新伐を行い、それほど進んでいない場所は伐倒薫蒸処理を行うことを決定し、説明会を行った。更新伐をおこなう場所についてはさらに詳しい説明を行い、新年度に入り具体的に岡田地区松くい虫対策協議会が地権者の承諾書をとりまとめ、森林組合に委託して森林経営計画を作成し国・県の交付金で事業を行うことになった。
一つの林班には、保安林と急傾斜地特別警戒区域もあるので、そこは別途保安林施業を行うか治山事業を行うこととし、今回の計画からははずれる。
今後、説明会の終わっていない一林班で説明会を行い、地権者に説明書と承諾書をおくり、協議会として承諾書を取りまとめるとともに、全体計画が具体化してきた中であらためて、林班ごとの説明会を行いご理解をいただきながら事業を進めていきます。
コメント

森林の里親もみじ植林作業

2014-06-14 09:58:19 | 環境・森林

6月14日地元の岡田財産区の芥子坊主山において、松本信用金庫と提携した長野県森林(もり)の里親促進事業として「もみじの植林作業」があり参加しました。
長野県は、平成10年からこの森林の里親促進事業を始め、現在県全体では100余り、松本管内で16か所目となるこの森林の里親促進事業は、企業の社会貢献・社員の体験研修・地域との交流を通じて企業の社会貢献をアピールすとともに、県民の皆様に少しでも森林に触れていただき、森林づくりへの理解を深めていただくことを目的にしています。
折しも国も山の日を国民の休日として制定し、長野県も「信州山の日」として今年度より7月第4日曜日を指定、7月15日から8月14日までを信州山の月間として「山」に関する様々な取組を集中的に実施し、「山」を盛り上げる1年にしていくスタートの年となります。この年に地元の岡田の山で森林の里親事業がスタートすることを嬉しく思います。
さて、今回岡田財産区と提携してもりの里親となっていただいた松本信用金庫は1922年創業、今年で92年目の地域密着の金融機関です。昨日も6月15日の信用金庫の日を前に松本城周辺の清掃作業を行ったと新聞に報道されていました。
このたび松本信用金庫と岡田財産区をとりもって森林の里親事業の仲介をしたのは県でありますが、直接的には岡田財産区佐藤議長と前議長の立沢顧問が松本信金の出身であることからスタートしています。森林が持続可能な社会を支える社会全体の共有財産でありますが、松本信用金庫もまた、持続可能な社会を支える松本の大切な金融機関です。これを機会に緑に触れ、山に触れる市民が増えることを心から期待します。
芥子坊主山が岡田のふるさとの山から松本のふるさとの山として市民の皆様に親しんでいただければ有難い話です。
コメント

木杭打設による液状化対策工法の実証研修会

2014-04-22 21:35:25 | 環境・森林
 
昨年2月にも諏訪市同様の検証工事が行われましたが、カラマツの丸太材を基礎材として活用し液状化の対策とする検証です。同時にCO2を半永久的に貯蔵できる環境面でも優れた工法であり、普及するための支援策が必要です。
コメント