こんにちは「中川ひろじ」です。

一人ひとりが大切にされる社会を共につくります。

中川博司新年に向けてのご挨拶

2015-12-31 17:04:29 | 政策・訴え・声

中川博司新年に向けてのご挨拶

コメント

年の瀬

2015-12-29 16:54:35 | 季節風物

12月28日命の森から撮影した北アルプス。


その10分後にアルプス公園から撮影した北アルプス。


さらに10分後に城山公園展望台でパのラマ撮影した北アルプス。
コメント

20151228 第425回「月曜の声」

2015-12-29 08:42:27 | 政策・訴え・声
 
マイナス6度の松本駅前。本年最後の社民党松本総支部定例の松本駅前街頭宣伝、第425回月曜の声です。宮下正夫松本市議、横内裕治松本地区労組会議議長、八幡雄二さん、そして私と4人で本年を締めくくりました。新年は1月4日から行います。

 
私からは、アベノミクスは失敗、トリクルダウンはなかった、来年文字通り春闘をたたかってボトムアップを図ろうと訴えさせていただきました。

ダイジェスト版

フルバージョン
コメント

今年最後の金曜アクション

2015-12-25 16:20:53 | 憲法・平和・沖縄
 
安部政権による憲法違反の集団的自衛権行使を法制化した新安保法制に反対するため、松本地区護憲連合は毎週金曜日に街頭宣伝などの行動をおこなってきた、その名も「金曜アクション」。私的には、社民党松本総支部の定例の「月曜の声」もあり、週2回の街頭宣伝を続けてきた。
当面、来年夏の参議院選挙まではみんなでがんばろうと意思統一をしています。(動画あります)
コメント

ファミリーマートの一人長時間勤務体制を改善しろ!

2015-12-25 16:13:10 | 雇用労働・産業
 
12月23日長野一般労働組合は、ファミリーマートに勤務する組合員の「長時間一人勤務体制の改善」を求めて、これまで交渉を重ねてきたが全く改善されないことに対して組合員による時限ストを行った。
これまでにもコンビニやファーストフードにおいて、一人勤務時間中に強盗に入られるなどの安全対策問題や、長時間トイレにも行けない働き方の問題など労働基準法に照らし合わせてみても違法行為であることから是正措置が求められてきた。
この日も、会社に対して団体交渉の申し入れをしたが社長に連絡がつかないという返答であある。
ファミリーマートが直接雇用関係にあるわけではないが、このままではファミリーマートはブラック企業と言われかねない。


12月24日信濃毎日新聞


12月24日市民タイムス
コメント

20151213 鵜飼哲先生講演Q&A

2015-12-24 19:27:11 | 活動日誌
20151213 鵜飼哲先生講演Q&A
コメント

20151223 ファミマはブラック企業?!

2015-12-23 20:36:38 | 雇用労働・産業
20151223 ファミマはブラック企業?!
コメント

子宮頸がんワクチン接種後の副反応について ノート

2015-12-22 15:17:58 | 健康福祉
1、30代の女性で子宮頸がんが増えている



2、子宮頸がんワクチンの副反応はどんな症状が出ているのか

【この時点までの考察】
1)HPVワクチン接種後の女性の呈する頭痛・倦怠感は、起立性調節障害としての症状、四肢の難治性疼痛の症状はCRPS-Ⅰの症状として自律神経障害で説明可能と思われた。
2)起立試験をはじめとする自律神経の検査の結果、皮内神経の異常所見から、末梢性の交換神経障害が存在するのではないかと推察した。
3)症状発現への心理的影響:適切な診断・治療が長期間なされず、不安が残る、受験、高校生活のストレスなど生活状況の大きな変化が加わり、四肢の疼痛が引き金となってパニック障害が起きる可能性がある。

3、手足の振えが治っても学校に行けない
【症状の経過】
①頭痛・手足の症状は31例(89%)は改善、2週間くらいで震えはなくなっていく。
②学校に登校できない、28/35(63%)で不登校、8例(23%)は不登校のまま。「先生の言っていることがよくわからない」「覚えられない」「計算が遅くなった」「同時に二つ以上の課題を命じられると頭が混乱する」「課題を遂行するのに時間がかかる」「教科書を読んでいても、長い文章が理解できない』「子どもがバカになった」
記憶障害、計算ができない、過眠の症状が改善しない。


遷延性高次脳機能障害
①四肢の症状が軽快した後に脳症状が出現
②四肢の症状を欠き、ワクチン接種後2年前後に突然、脳症状で発症
高次脳機能障害の検査、前頭葉機能検査をすると情報処理速度が極端に遅い

4、治療法

大脳磁気刺激(RTMS)三例はじめたところ

5、今後の展望


6、感受性に関する遺伝的素因検索


7、日本だけではない

当初、日本だけで起きている特殊なことであると厚生労働省は言っていた。デンマークで論文が発表された。アメリカのカリフォルニアで接種した子どもが信大へ来た。コロンビア。イギリスでも数千人の子どもが苦しんでいるとニュース。イギリスはサーバリクスの会社がある。英国保健省は公表していなかったが、インデペンデント紙がすっぱ抜いた。インフルエンザやジフテリアと比較しても、極端にHPVワクチンの副反応が多い。フランスでも・・・日本だけはない。スペインの研究者や米国の研究者も同様の研究発表を行った。

8、ここまで話をこじらせた原因
国の見解が「ワクチンそのものが原因ではなく、接種の不安やストレスなど心理的な要因がきっかけによる”心身の反応”だ」としたこと。

9、厚生労働省委託「子宮頸がんワクチン全国電話相談センター
平成26年11月1日より信州大学医学部に設置0263-37-2050相談時間午前9時~午後9時(祝日は除く)

10、その他
性教育の課題
子宮頸がんの検診率の向上の課題 英国は80%以上、日本は30%いっていない
臨床検査技師、看護師でも検診ができるシステムを築く必要がある
コメント

20151208 上伊那地区永久に不戦を誓う集会

2015-12-21 10:28:38 | 活動日誌
20151208 徹底して安保関連法に抗う 講師:池住義憲氏
コメント

20151218 「子宮頸がんワクチン接種後の副反応」勉強会

2015-12-20 21:14:36 | 健康福祉
20151218 「子宮頸がんワクチン接種後の副反応」勉強会
コメント