こんにちは「中川ひろじ」です。

一人ひとりが大切にされる社会を共につくります。

第72回長野県建設労連定期大会

2018-05-24 23:59:47 | 雇用労働・産業

長野県建設労連の定期大会に来賓として出席した。建設労働者の賃金の社会的相場を上げるために自治体の契約する建設工事などでは設計労務単価並みの賃金を支払うよう義務付ける公契約条例の制定に取り組んできたが道半ば。元受け企業の不当な切り下げやピンハネを防ぐための公正取引の実現という言い方もこれからは必要。みんなが幸せになれる取り組みを求めていきたい。

コメント

労働法制改悪阻止全国キャラバン

2018-05-17 20:52:52 | 雇用労働・産業

 

来週中にも衆議院を通過するという「働き方改革」関連法案。野党が欠席している時間も審議時間にカウントして、「十分審議した」はありえないだろ!高度プロフェッショナル制度=残業代ゼロ法案=過労死製造法案であり、認められない。全国から声をあげ廃案に追い込もう!

 

全労協事務局長、松本地区労組会議、長野一般のみなさんが代わる代わるマイクを持ち訴えました。わたしも労働者を応援する立場でお話をさせていただきました。気温は駅前で写真は29℃ですが、このあと30℃にあがりました。今夜も寝苦しい夜になりそうです。

コメント

20180320 アルピコ労働組合総決起集会

2018-03-20 20:14:07 | 雇用労働・産業

   

20180320 kアルピコ労組春闘総決起集会〜決意表明

20180320 アルピコ労組春闘総決起集会〜来賓応援挨拶〜社民党松本総支部中川ひろじ代表

20180320 アルピコ労組春闘総決起集会〜来賓応援挨拶〜田口てるこ松本市議

20180320 アルピコ労組春闘総決起集会〜来賓応援挨拶〜松本地区労組会議横内裕治議長

20180320 アルピコ労組合総決起集会~シュプレヒコール

2018春闘本番。今日はアルピコ労働組合の回答指定日。お昼に本社前で総決起集会があり、激励に参加しました。

格差と貧困が拡大する歪な社会になってしまった。ここは一番、労働者の賃金を引き上げようではありませんか。

「アルピコで働く皆さんが、結婚して、子どもを育て、またアルピコで働くことができる暖かい回答を待っています」と激励の挨拶をいたしました。

 

コメント

20180315 松本地区労組会議春闘学習会「労働法制の改悪について」~安藤雅樹弁護士

2018-03-16 22:41:53 | 雇用労働・産業

20180315 春闘学習会~安藤雅樹弁護士

コメント

20180310 仕事ないことは自己責任ではない

2018-03-10 08:58:55 | 雇用労働・産業

3月10日信濃毎日新聞建設標

コメント

裁量労働制ってなに?

2018-03-04 20:47:35 | 雇用労働・産業

(写真は本文と関係ありません)

■馬脚を現した「働き方改革」

安倍政権は、厚生労働省のでたらめなデーターが問題となり「働き方改革関連法案」から裁量労働制を全面削除した。一方で労働者保護のための、新入社員など実際には裁量が発揮できない労働者が対象とならないよう「勤続3年以上」の要件や、「終業から始業までの時間(インターバル)確保」「有期休暇の付与」などの労働者の健康確保措置もあわせて削除した。馬脚を現したとはこのことだ。裁量労働の適用業種の拡大ができないならば、問題となっている「過労死」など関係ないとばかりに、労働者保護の政策を投げ捨てたのだ。大企業の利益確保のための裁量労働制の導入であることはこのことからも明らかとなった。

■高度プロフェッショナル制度は原則を逸脱するもの

残された高度プロフェッショナル制度の導入は、労働基準法で「労働者は一日8時間、週40時間以上働かせてはならない」(労基法第32条)という原則の破棄につながるもので断固阻止しなければならない。これまでも企業側の要求にこたえて「変形労働時間制」(同33条)、「フレックスタイム制」(同34条)、「裁量労働制」(同38条の4)を導入してきた。

今回の高度プロフェッショナル制度で、「年収一千万円以上なら残業代を払わなくてもいいんじゃないか」などと言うわけにはいかないのは、裁量労働が例外規定で無くなるからである。あらためて、「過労死の温床」となっているといわれている裁量労働制とは何なのか考えてみたい。(中川博司)

 

Q.裁量労働制とはどんな制度ですか?

A.裁量労働制は、時間管理も個人の裁量に任せることになるので、勤務時間帯も決められず、出退勤も自由です。しかし、裁量労働制に労働時間の概念が無いというと、そのようなわけでもなく、あらかじめ月に何時間働いたとしておく、みなし時間制が取り入れられることになります。仮に、みなし時間が1日8時間だとすると、実際に6時間働いても10時間働いても、処理上は「8時間働いた」ということになります。

 

Q.裁量労働制でも残業代は払われますか?

A.みなし時間についても労働基準法の規制は及ぶため、法定労働時間(1日8時間・週40時間)を超える場合は、36協定を結ぶ必要があり、法定労働時間を超えている場合は、割増賃金を支払う必要があります。

 

Q.休日労働は賃金は払われますか?

A.もちろん休日を設けなくてはいけません。しかし、仕事量が多すぎて休日も出勤するような方も多くなっています。裁量労働制は、あくまで所定労働日の労働時間を一定時間とみなす制度であるため、休日に働いた分の賃金は別途算定して支払われないといけません。

 

Q.裁量労働制は、どのような制度なのでしょうか。

A.裁量労働制を導入するためには、会社側と労働者側 (労使)が労使協定を結ぶ必要性があります。そのため、使用者・会社側が一方的に裁量労働制を導入することは出来ません。

 ここで言う労働者とは、労働者代表のことで、社内に労働組合があれば、労働組合の代表。労働組合が無ければ、労働者の過半数を代表する者です。

 この締結で、具体的な時間配分(出退勤時間)の指示はしないと定めたり、みなし時間制の規程、長時間働き過ぎた労働者の健康確保措置や苦情処理措置も定めなくてはなりません。この協定は労働基準監督署に届け出なくてはなりません。

労使の協定を結べば、どの業種も裁量労働制を取り入れることができるわけではありません。業務の性質上、労働者の裁量に委ねる業種のみ、裁量労働制を導入できます。そのことを、専門業務型裁量労働制と言います。

 具体的な内容として以下のような業種が当てはまります。

研究開発、情報処理システムの設計・分析、取材・編集、デザイナー、プロデューサー・ディレクター、コピーライター、システムコンサルタント、ゲーム用ソフトウェア開発、公認会計士、不動産鑑定士、弁理士、インテリアコーディネーター、証券アナリスト、金融工学による金融商品の開発、建築士、弁護士、税理士、中小企業診断士、大学における教授研究 などその他、厚生労働大臣が中央労働委員会によって定めた業務

この他、企画業務型裁量労働制があり、企業の中核を担う部門で企画立案などを自律的に行うホワイトカラー労働者に対して、みなし時間制が認められます

企画業務型裁量労働制は、労使委員会を設置し、5分の4以上の多数決を決議するなど、専門業務型裁量労働制より厳格な要件が設けられています。

 

Q.裁量労働制の問題点は? 

A.裁量労働制で最も多い問題が実労働時間とみなし時間がかけ離れていることです。

 本来、それまでの労働環境を参考の元に労使の協定でみなし時間も取り決めますが、それがしっかりしておらず、実労働時間とみなし時間に差が出てしまいます。

裁量労働制は労働時間の概念が薄いため、長時間労働になってしまう人が出てきてしまいます。特に、企画や制作などのクリエイティブな職場は、もともと残業時間も長く、長時間労働に拍車をかけています。

実際には出退勤時間が決められているにもかかわらず、「残業するのは個人の裁量だ」というように、会社から都合のいい解釈をされていることがあります。

仕事量が多く、成果を残すためなら休日も仕事に費やさなくてはならない人が出てきくるなどの問題があります。

(出典:労働問題弁護士ナビ)

コメント

激動の時代を闘った木曽谷の労働者

2017-09-15 10:33:26 | 雇用労働・産業

元木曽地区評事務局長の武居文芳さんが、木曽谷の労働運動史をまとめた。旧国鉄時代の合理化反対闘争、JR分割民営化の苦闘などに加えて大桑生コン闘争、サンスイ闘争なども当時の貴重な資料と共に収録されている。校正と印刷をお手伝いさせていただき、歴史を知る勉強となりました。

コメント

自衛官の失踪

2017-04-28 11:06:34 | 雇用労働・産業

信濃毎日新聞4月24日夕刊に「自衛官失踪 全国で相次ぐ」の記事。「自衛隊には、辞め方が分からない特有の雰囲気がある。辞意を伝えてもしつこく引き留められたり、辞職で所属部隊の評価が下がると悩んだりした結果、逃げてしまうのではないか」との陸自OBの話が掲載されている。「辞めにくい」「辞め方がわからない」は、自衛隊だけではない。いまや全ての働き手の3分の一を超えた非正規労働であっても辞められないという話がある。和光大学の竹信三恵子著『正社員消滅』では、正社員がいなくなった職場ではパート労働者でも「辞めたい」といっても、別のベテランのパートから「困った、どうしよう」「年配者がこんなに働いているのに」と言われ、辞めるに辞められなくなった、という話が紹介されている。構造的には労働力不足、でも企業は文句を言わない安い労働力を使いたい。

ポスティングという仕事について4日目に自死した青年の裁判があった。(以下杉浦ひとみ弁護士のfacebookから)

裁判の中では、ポスティング会社のポスティング担当者との契約が「配布業務委託契約」とされていたのですが、店長クラスの方たちが、「雇用契約と業務委託契約の違いは分からない」という証言や、契約書中の「弁償金・謝罪金をもとめる」という項目は、他の約定の説明を置いても必ず行う(脅し?)という証言がでました。また、配布残りのチラシの回収は至上命令(チラシが外に漏れることを恐れ)、ポスティングのスタッフが怠業に対する過度の叱責により自死した本件でも、子どもを亡くした親御さんに開口一番「チラシはどうなってますか?」と問いただした状況が鮮明になりました。...
 配布をさぼることも多い業種で、当然その監督は必要となります.この監督の行きすぎもまた常に発生しうる業界の体質がはっきりしました。指導・監督の行き過ぎによる権利侵害(パワハラ)に対して、ルールやマニュアルが絶対必要な分野です。
仕事を始めて4日目に19才の息子さんを自死によりなくされた原告(ご両親)は、法廷でその思いをしっかり述べられ、法廷内にすすり泣きの声も聞かれました。

安倍政権の「働き方改革」が、労働者を個人事業主にして仕事を請負契約にすれば、さらに安い使いやすい労働者になるということだとしたら、とんでもないことになる。

コメント

サービス残業をなくそう!というスローガンでどうですか?

2017-04-26 22:20:01 | 雇用労働・産業

今日は松本で楽しみにしていた小出裕章先生の連続講座の一回目でしたが、社民党の会議が須坂であり出席できませんでした。

須坂の会議では、現場の働く皆さんのお話を聞くことができました。自治体では残業予算が減らされて「長時間労働を減らすため」と説明されているが、結局サービス残業が増えるだけ。私鉄でもハンドル時間しか労働時間にならずあとはサービス労働、銀行では36協定で残業時間を増やしてサービス残業を減らすことにしたが本当にそうなるのか、というお話でした。

サービス残業を無くす特効薬は二つ。残業ゼロか、残業代をすべて払わせるか、皆さんはどう思います?

コメント

松本建設労働組合第71回定期大会

2017-04-21 22:12:55 | 雇用労働・産業

4月21日松本建設労働組合第71回定期大会に来賓として出席しました。長野県建設労連は昭和22年に設立されて、今年で70周年を迎えますが、松本建設労連はそれに先んじて2月に70周年を迎えます。上伊那建設労連の呼びかけで全国建設労連ができたこともはじめて知りました。

来賓が多かったので私は「天・地・人の言葉を大会に贈ります。天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず。天の時=チャンス=労働力不足、地の利=地勢の有利さ=松本という人が集まる地域で業をなしている、人の和=建設労働組合としての団結。団結で地の利、天の時を呼び込み労働条件の改善に全力をあげましょう!と」呼びかけました。

(写真)長年組合長として牽引してきた前林組合長に感謝状が渡されました。

コメント