Mr.しもの前途遼遠

オンラインプロレスラー、Mr.しもとザ・ミックの成長日記みたいなものです。

ノア12.7後楽園大会全対戦カード決定!

2018-11-30 22:23:00 | NOAH

ソースは、ノア公式

『GREAT VOYAGE 2018
in YOKOHAMA』を
目前に控えた
12.7後楽園大会の
全対戦カードが決定した。

12.16横浜文体で開催される
GHCヘビー級選手権試合、
ジュニア・ヘビー級
選手権試合の
ダブル前哨戦として
杉浦貴&鈴木鼓太郎の
王者組と挑戦者の
清宮海斗&原田大輔が
タッグで激突。
丸藤正道負傷欠場により
返上となった
GHCタッグ王者決定
トーナメントが開催される。
元王者組の
モハメド ヨネ
&クワイエット・ストーム
(第41代)、
再合体した
拳王&マサ北宮(第37代)、
マイバッハ谷口
&コーディ・ホール、
そして
新たにタッグを結成する
中嶋勝彦&潮﨑豪の
4チームによって争われる。

HAYATAが
天下一ジュニア
トーナメントに参戦して
再炎した
ZERO1ジュニアとの
抗争の行方は?
また、フーリガンズの
長井満也が
新メンバー投入を宣言。
果たして新メンバーは!?

全対戦カードは以下の通り。


第1試合
稲村愛輝
 vs
岡田欣也


第2試合
第46代GHCタッグ王者
決定トーナメント1回戦
モハメド・ヨネ
クワイエット・ストーム
 vs 
拳王 マサ北宮


第3試合
第46代GHCタッグ王者
決定トーナメント1回戦
中嶋勝彦 潮﨑豪
 vs 
マイバッハ谷口
コーディ・ホール


第4試合
小川良成 大和ヒロシ
 vs 
小峠篤司 井上雅央


第5試合
Hi69 田中稔 宮脇純太
 vs 
大原はじめ
熊野準 林棟軒


第6試合
齋藤彰俊 岩崎孝樹
常剣鋒
 vs 
長井満也
KAZMA SAKAMOTO
X


第7試合
HAYATA YO-HEY
タダスケ
 vs 
SUGI 高岩竜一
北村彰基


セミファイナル
第46代GHCタッグ王者
決定トーナメント決勝戦


メインイベント
杉浦貴 鈴木鼓太郎
 vs
清宮海斗 原田大輔



なんとメインは
GHCタッグ王座の
トーナメント決勝戦ではなく
横浜文体の
GHCヘビー&Jr.ヘビーの
W前哨戦。
そこはGHCタッグ決勝戦で
良かったんじゃないかと
思いますけどね。

トーナメントの
日程の都合もあり
普段のノアとは違って
他団体の選手が
上の方の試合順で
カードが組まれているのが
興味深いですね。
そんな中でも
ラーテルズの3人の
6メンタッグが
セミ前に組まれているのは
これまでの活躍が
評価されてのことでしょう。
素晴らしい!

GHCタッグトーナメントは
勝彦と潮﨑のタッグ以外は
既存のチームばかり。
こうなるとこの
最強タッグになんとしても
勝ってもらいたいところ。
拳王推しの私ですが
一度裏切ったことのある
北宮と組んでいるのは
ちょっと微妙ですね。
前王者の彰俊が
参戦していないのは
丸藤が戻ってきたときに
新王者チームに
リベンジする為だと
勝手に解釈しています。

岡田のデビュー戦の相手は
先にデビューしている
稲村に決まりました。
新人は競い合ってこそ
伸びるというもの。
同期のライバルが
いるというのは
良いことだと思いますね。

この大会、
私は仕事の都合で
行けないのですが
GHCタッグ王座を決める
トーナメントも
横浜文体の前哨戦も
非常~に気になります。
ビッグマッチ前の
大会という位置づけですし
ニコプロでの中継、
してくれないかなぁ・・・。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント (4)

第9話 「あの鐘を鳴らすのは、まさか!」ほか

2018-11-30 22:02:08 | 学園BASARA

「あの鐘を鳴らすのは、まさか!」

BASARA学園には
校歌がない?
なければ作ればいいと、
政宗や幸村、家康に三成、
長曾我部や勝家まで加わり、
オリジナルの校歌を披露し合う。
硬派な校歌やファンキーな校歌、
それぞれ自分の校歌が
一番だと譲らず、
最後は吹奏楽部の毛利に
選ばせようということに。
だがそこへ、
とんでもない歌が流れてきて―――。



先週に引き続き
ムチャクチャ感が
非常にBASARAっぽかった
今回のお話。
学園BASARAキャラが
それぞれの歌を
披露するという話で
三成のラップや
政宗のヘビメタなど
面白かったです。
一番面白かったのは
佐助の事務所NG
・・・でしたけどね(笑)



「戦国BASARAへようこそ」

この2本目は
次回予告でも
公式サイトの
ストーリー紹介でも
明かされていない
シークレットストーリー。
粋なことをするじゃあ
ありませんか!

久々の「戦国」、
滾りました!!



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

【Mr.しも杯】エントリーNO.1 ヒカル KENJI

2018-11-29 20:17:05 | ファイプロワールドコラボ関連

ヒカルKENJI

80年代アイドルに魅了され
自身も男性アイドルに
なる日を夢見て
日夜レッスンに
励んでいたものの
いまだに夢が叶わない
永遠のティーンエイジャー。

某男性アイドル事務所に
入りたいと考えており
母親の目に
つきやすいところに
いつも履歴書を
置いておいたが
母親はKENJIの想いを
本気だとは思っておらず
ついぞ履歴書を
送付することはなかった。

2017年、某国民的
女性アイドルグループが
プロレスのリングで
戦ったことを機に
二束のワラジで
プロレスラーとしての
活動を開始。
得意のダンスで鍛えた
バック転や
横回転を加えた技、
アイドル然とした
立ち振る舞いで
徐々に固定ファンを
掴んでいるものの
本人は依然として
アイドルになる日を
夢見続けている。

顔への攻撃を
ものすごくイヤがり
先輩であっても
名前をクン付けで呼ぶ。

必殺技は
STARLIGHTプレス
(スターダストプレス)。
得意技は
オーバーヘッドキック、
サマーソルトキック、
ムーンサルトプレス、
剣の舞(掌底ラッシュ)。
ダンススクールに
通っていた
経歴を活かした
回転しながら
攻撃する技が得意。




YouTubeでの視聴は
コチラからどうぞ!!


【Mr.しもの中の人のコメント】

コチラのKENJI選手、
私の友人の
koba.さんが作った
オリジナルレスラー
なんですが
トップバッターの重役を
しっかり務め上げて
くれたばかりか
評価点の面でも
だいぶハードルを
上げてくれちゃったなと
内心、焦ってます(笑)

キャラが立っているので
次にどんな技を出すのか、
楽しみなレスラーですよね。
これからも表舞台で
ドンドン暴れてほしい
オリジナルレスラーです。

私だったらどうするか・・・?

そうですね、
動画でも言ってますが
ムーンサルトプレスか
STARLIGHTプレスに
仰向けの状態から
繋げられるよう
うつ伏せの状態から
仰向けに転がす動作の
確率を上げますね。

あとは線が細いので
プロレスラーと比較すると
スタミナ切れしやすい
という弱点を付加して
呼吸を下手にします。

これは悪ノリですけど
ショートエルボーBから
立ち大技の
エルボーバットに繋ぐ
ロジックを入れておいて
「そこは回らないんかいっ!!」
とツッコミを
入れてもらったりしても
面白いかもしれません。



参加者は
まだまだ募集中です!!
ブログへのコメント、
ツイッターでのDM、
YouTube動画でのコメント、
何でも構いませんので
ご一報下さい!
皆様の挑戦、
お待ちしております!!



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント (4)

今週の週刊プロレス NO.1987

2018-11-29 12:52:43 | 週刊プロレス

表紙は、ノアの
シングルリーグ戦、
グローバルリーグを制した
清宮海斗。
ノアの新しい景色を
見せてもらいたいですね!


NOAH11・22仙台
&11・23横浜&11・25後楽園


今年のGL、
優勝したのは
22歳の若武者、
清宮でした。

丸藤が優勝決定戦に
駒を進めたものの
ドクターストップにより
無念の欠場となったことで
結果的に清宮が
ファンの期待を一身に
背負うことになりました。
優勝決定戦の相手は
3WAYを制した
勝彦になりましたが
たとえ拳王であっても
耕平であっても
同じように
ファンから支持を
集めたのではないかと
思います。

今年最後のビッグマッチ、
12月の横浜文体大会では
杉浦の持つ
GHCヘビー級王座への
挑戦が決定。
ここまできたら・・・
獲ってほしいですね!

優勝決定戦が行われた
11.25後楽園大会は
観戦記を書いていますので
是非そちらもどうぞ!


新日本11・23川崎
&11・25名古屋


ワールドタッグリーグは・・・
見てません!
仕事が忙しいとか
そういう理由も
あるんですけど
単純に興味を
惹かれないんですよね。
やっぱり主要選手には
出場してほしいです。


全日本11・20&21仙台
&11・23新木場&11・25横浜


一方、全日本の
最強タッグの方は
秋山&関本組が
とにかくオモシロイと
話題になってますね。
週プロで読んだだけですが
確かにこれは毎試合、
目が離せないかも・・・!?

他の出場チームも
面白いチームが
揃っていますし
優勝争いも楽しみです。


天龍源一郎の龍魂時評
「前代未聞の全裸攻撃、
男色ディーノを斬る」


DDT両国大会で
ディーノが(ほぼ)
全裸になったことに
苦言を呈す天龍。
これはある意味、
当然のことかも
しれないですよね。

天龍の意見の中には
プロレス界そのものを
心配する声もありました。
確かにそうで
面白ければいいっていう
ものでもないんですよね。
DDTの攻めの姿勢は
私も好きなのですが・・・。


拳王のクソヤローども、
オレについて来い!!
「森嶋猛さん逮捕」


先々週の週プロでの
ノアの記事の
センスのなさには
私も辟易してしまいましたが
拳王もそこはやはり
怒っていたようで。
いやもうアレはホントに
ヒドかったですからね。
あの後楽園大会の熱を
記者はどうして
ああいう風に
誤解してしまったのか・・・。

それがあったからにせよ
自身の連載で
森嶋の事件について
しっかり触れてくるあたり
さすがだなと思いました。
連載では
森嶋への尊敬が
感じ取れる言葉を
いくつか挟みつつも
最近の森嶋については
しっかりダメだと
書いてますからね。

好きなものだから
何でもかんでも
良しとするでは
ダメなんですよね。
私もノアがダメなときは
しっかりダメだと
伝えていこうと思います。

・・・あっ、
今の新日本は
ダメ
だと思います、はい。


「D王 GRAND PRIX2019」特集

DDTのシングルリーグ戦、
D王の特集ですが
私が気になるのは
やはり潮崎の参戦。
Aブロックには
現KO-D無差別級王者の
佐々木大輔をはじめ
HARASHIMA、
彰人、樋口など
楽しみな選手が揃っており
潮崎との対戦が楽しみです。
特にHARASHIMAとの
公式戦は興味深いですね。


MY TURNING POINT
雪妃真矢


雪妃選手、
キタァ~☆



WRESTLE-1 11・23後楽園

イケメン復帰、
おめでとう!!
CIMAとの対戦、
楽しみにしてました。

ムーンサルトは・・・
今はおあずけなのか、
それとも封印なのか?
後者だとしたら・・・
ちょっとカッコ悪く
ないですか!?


スターダム11・23後楽園

ゴッデス王座を奪取した
桃選手と林下選手。
両選手ともに
今年の勢いは
凄まじいですよね。
プロレス大賞、
狙えるんじゃないかなと。
特に林下選手は
男子選手を含めても
新人賞にふさわしい
活躍を見せていると
思います。

・・・と
さんざん偉そうに
書いておきながら
林下選手の試合、
見たことないんですけどね。


DDT11・25後楽園

天龍の連載で
フルボッコに非難された
フルチン騒動を
同じ号で繰り返している
ディーノ・・・。
なんとも皮肉的ですね。

・・・でもまぁ、
後楽園ならいいか!!


ZERO1 11・24新木場

世界ヘビー級王座戦では
大日本の関本が
田中将斗を破り
世界ヘビー王座戴冠!
ゼロワンと大日本は
共同大会の開催
告知されていますが
そういう中で
ゼロワンのベルトを
大日本の関本が
持っているというのは
面白くなってきましたね。

関本は大日本の
ストロングヘビーと併せて
シングルの二冠王に。
これで秋山とのタッグで
世界タッグも獲れば
ますます面白いことに・・・!?



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

ノア12.7後楽園でGHCタッグ王座決定トーナメント開催

2018-11-28 23:24:52 | NOAH

ソースは、ノア公式

丸藤正道選手は、
左肩挫傷、
左大腿筋断裂のため
11月25日
後楽園ホール大会より
欠場しておりますが、
この度、第45代
GHCタッグ選手権者
丸藤正道&齋藤彰俊組より
王座返上の
申し出がありました。
GHC管理委員会では
協議の結果、
王座の返上を
承認しました事を
お知らせ申し上げます。
王座返上に伴い、
12月7日(金)
後楽園ホール大会におきまして、
空位となりました
GHCタッグ王者決定
トーナメントを
開催することが
決定しましたことを
お知らせ申し上げます。

開催日時
2018年12月7日後楽園ホール大会

参加チーム
決定次第、お知らせいたします

開催概要
GHC選手権ルールに基づき、
各試合時間無制限
1本勝負でおこないます。
トーナメント優勝者を
第46代GHCタッグ選手権者と
認定する。



12.16横浜文体を
控えている為、
12.7後楽園大会では
GHC王座戦は
難しいだろうなと
思っていた矢先に
このニュースが
飛び込んできました!

丸藤ファンとして
王座返上は
残念な気持ちもありますが
それによって
12.7後楽園大会が
大きな意味を持つ大会に
変わりましたね~。
結果オーライです!

注目しているのは
なんと言っても
潮崎&勝彦。
ノアの中でも
ずば抜けた力を持つ
チームだと思いますし
何なら他の団体にも
こんな反則的な
組み合わせは
そうそうないんじゃないかと
思ってたりします。

あとは前王者の彰俊や
ノアの新たなカリスマ、
拳王が誰と組むのかが
気になりますね。

個人的に推したいのは
フーリガンズの面々。
そろそろ世代闘争に
割って入ってきてほしいと
本気で思ってたりします。

支持率が低い!?
ええ、だからこそ
オモシロイと思いませんか?



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント (2)