Mr.しもの前途遼遠

オンラインプロレスラー、Mr.しもとザ・ミックの成長日記みたいなものです。

アイデンティティーの重要性

2017-06-30 22:07:33 | ファイヤープロレスリングワールド

今回も
「ファイプロワールド」という
オンラインプロレスのリングに
オリジナルレスラーで
挑んでみたいという
野心的な皆さんへ
先輩面してエールを
送りたいと思います。

今回のお題は
「アイデンティティーの重要性」
について。

アイデンティティーとは
自己同一性、
自分自身であることの証明、
というような
意味の言葉です。
噛み砕いて言えば
「自分らしさ」
みたいなことですね。



たとえば
オカダ・カズチカに
憧れている
岡山和夫君が、
オカヤマ・カズオという
エディットレスラーを
作ったとします。



1.ダイビングエルボーから
2.両手を広げる
 レインメーカーポーズ、
3.そして必殺技の
 レインメーカー!


オカダを
リスペクトするあまり
このオカダの十八番を
丸パクリしてしまった
オカヤマ・カズオ。

これは
オカヤマ・カズオの
アイデンティティーと
言えるんでしょうか?
私から見れば
オカダ・カズチカの偽物
・・・にしか見えません。

極端な話、
こういうレスラーって
第三者の目には
「長州小力」や
「神無月」に
映っているわけですよ。
ものまねレスラーとか
劣化版の誰それ、
みたいな感じで。



「これはイカン」
ということで
岡山和夫君が考えたのは
オカダの次に好きなレスラー、
棚橋の要素も
組み込んでみようと。
岡山君は
オカダと棚橋を
足して2で割ってみました。

1.右手を上げて
 「愛してまーす」アピール、
2.ハイフライフローから
3.レインメーカーポーズ、
4.そこからレインメーカー!


これはですね・・・、
もっとイカンです。
棚橋ファンもオカダファンも
敵に回しかねません。

少し小難しくなりますが
この必勝ムーブの流れですと
ハイフライフローは
必殺技の前の
繋ぎ技という扱い。
嫌な言い方をしますと
3カウントを
奪うつもりのない技、
ということになります。
本人にそんなつもりは
まったくなくても
「技を使い捨てている」
と捉えられかねません。



基本的に
好きなレスラーを
足して2で割る
・・・という方法は
まず失敗すると
思っておいた方が無難です。
自分らしさが0のところに
他人の個性1と
他人の個性2を
加えるわけですからね。
それが自分の個性に
なるなんて
そんなウマイ話はありません。



さて、
ここまでの話から
他人の個性は
自分だけの個性には
なり得ない

・・・ということに
気づいていただけたかと
思います。

割と当たり前のことを
書いているんですけど
プロレスファンの皆さんは
きっと贔屓にしている
レスラーもいることと
思いますから
そのレスラーの影を
感じさせないレスラーを
作り上げるというのは
難しいと思うんですよね。

では、どうするか?



私はと言いますと
好きなレスラーの技は
奥の手として
隠し持っておいて
少しずつその技の
使用機会を減らしていく
・・・という手法を取りました。

Mr.しもの前身となる
若き日の自分が
ファイプロリターンズで作った
オリジナルレスラーは
私の好きな丸藤正道の
代名詞的な技である
不知火と
若き日の丸藤の切り札、
シューティングスタープレスを
隠し技として
装備させていました。
ブルドッギングヘッドロック
(以下、ブルドッグ)が
本来の必殺技で
テンションがマックスに
達したときだけ
不知火の封印を解く、
みたいな縛りプレイで
遊んでいたのですが
こういう遊び方をしていると
徐々に不知火を使わずとも
戦える試合運び
みたいなものが
確立されてくるんですよ。

「不知火を使わずに
 ブルドッグで勝つ為には
 どうすればいいだろう?
 頭部にダメージを与える技を
 積極的に組み込んでいこう」

・・・みたいな感じで。



そうして
自分のレスラーの
基本戦法の構想が
出来上がってきますと
いよいよ
好きなレスラーの色を
引き算できるように
なってきます。

「あれ?
 それだったら
 ちょっと難易度の高い
 トラースキックじゃなくて
 ゼロ戦キックに変えよう」

「エルボーバットは
 三沢さんチックだから
 エルボースタンプに
 変えてみよう」

・・・なんて具合に。



あるいは
技ではない部分を
アレンジしてみる、
とかですね。

私は丸藤正道の
試合によって
変幻自在に攻め方を変える
ところが好きでしたので
自分のオリジナルキャラも
対戦相手やシチュエーションで
戦い方を変えていける
レスラーにしたいと
考えました。

その為に行ったのは
「魅せ技を削除する」という
若かりし頃の自分が
こだわっていた部分とは
真逆の作業でした。
使用する技を
極端にシンプル化することで
頭を使って何かしら
魅せる展開を作らないと
何のインパクトも残せない
地味なキャラにして
自分を追い込んだのです。

この2つの過程を経て
おぼろげながら
外郭が見えてきたのが
現在私が愛用している
Mr.しもという
レスラーなんです。
ずっと向き合ってきた
キャラクターですから
そりゃあ思い入れも
ひとしおですよ。



人まねをしていては
いつまで経っても
自分らしさを
確立できないのは
人生だって同じです。
そうは言っても
いきなり個性的な
キャラクターを生み出すのは
容易なことではありません。

まずは魅力的な
実在レスラーに習い
そこから少しずつ
自分らしさを
見出していって
憧れのレスラーの要素を
徐々に引き算していく
方が
案外、個性を作る為には
近道なのかもしれません。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント (2)

Mr.しもの矛先は意外な人物へ・・・!?

2017-06-30 18:36:37 | ほこプロニュース

「豆腐プロレス」に出演する
AKB48グループのメンバーと
プロレスでの対戦を
夢見たものの
豆腐のように脆くも
崩れ去ってしまった
ほっこりプロレスのMr.しも。
その牙は意外な人物へと
向けられた。



国民的アイドルグループと
プロレスで対決。
Mr.しものみならず
日本中のアイドル好きな
プロレスラーが
夢見たであろう野望は
事務所NGという
あまりにも残酷な
結末を迎えることとなった。
「願い事の持ち腐れ」
状態である。



激おこなMr.しも。
「アイドルと触れ合いたい」
というよこしまな心を
踏みにじられた怒りは
相当なものらしい。
どう考えても逆ギレとしか
思えないのだが
その野望は意外な方向へと
飛び火する。

「アイドルと
 プロレスがダメっていうなら
 ミラノ先生だって
 ダメじゃん!
 なんでミラノ先生はよくて
 オレはダメなんだっつーの!」



Mr.しもが噛み付いたのは
出演メンバーの
プロレスパートを指導した
元プロレスラーの
ミラノコレクションA.T.。
プロレス界屈指の
イケメンレスラーだった彼は
メンバーからも
「ミラノ先生」として
慕われている。

「もうこうなったら
 ミラノ先生が
 相手でもいいよ。
 ミラノ先生と戦うことで
 AKBのメンバーと
 プロレスしている
 気分を味わう。
 間接キスならぬ
 間接プロレスだ、
 コンチクショー!」

よくわからない
理屈ではあるが
どうやらミラノと戦うことで
AKBと触れ合っている
気分を味わうつもりの
Mr.しも。
正直・・・UZAッ!

            to be continued...



★Mr.しもの中の人の裏話★

いや、ミラノ先生だって
AKBのメンバーと
組んず解れつ
プロレスしてたわけじゃ
ないでしょうに・・・。

そんなツッコミはさておき
Mr.しもの照準は
どうやらAKBメンバーから
ミラノ先生へと
移ったようです。
そう、このストーリーは
チェリー宮脇戦や
ハリウッドJURINA戦に
繋がるのではなく
ココに繋がって
いたんですねぇ。

私自身、ミラノ先生とは
いつか対戦動画を
作ってみたいなぁと
ずっと思っていまして
ようやくここにきて
そのタイミングを
得ることができました。
新日本に来てからしか
詳しくは知りませんでしたが
最近ではSANADAが
パラダイスロックを
使っていることも
追い風に感じています。

現在、動画の方を
鋭意製作中ですので
どうぞお楽しみに!



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント (4)

ノアのジュニアタッグリーグが楽しみな件

2017-06-30 18:15:58 | NOAH

7月13日より開催される
ノアのJr.タッグリーグ、
グローバルJr.ヘビー級
タッグリーグ戦。
参加チームは
以下の通りです。


石森太二&Hi69
 
大原はじめ&熊野準
 
原田大輔&タダスケ

HAYATA&YO-HEY

勝俣瞬馬&MAO

フィル・アトラス&諸橋晴也

グルクンマスク&首里ジョー

カイザー&ガストン・マテオ



どうです?
この顔ぶれ!?
常日頃ノアを観ている
私でさえも
馴染みのない名前
ばかりですよ!

全8チーム中
半数の4チームが
ノアの常連選手では
ありませんからね。
このインディー感、
ワクワクが止まりません。

今年のノアJr.を
面白くしている要因の1つに
Hi69、HAYATA、
YO-HEY、タダスケら
他団体、フリーの選手の
活躍があることは
間違いありません。
そんな中、更に
どこの馬の骨ともわからない
・・・と言っては失礼ですが
ノアファンにもあまり
なじみのない選手が
わんさか参戦するわけですから
これはもう
何が飛び出すかわからない
びっくり箱みたいなものです。
イイですねぇ、この期待感。

更に・・・!
カイザー&ガストン・マテオは
実に4年ぶりのリーグ参戦。
かつてノアマットで
強烈なインパクトを残した
(ただし、強さではない)
この2人の参戦発表には
ノアファンの皆さんも
ニヤニヤしてしまったのでは
ないでしょうか!?

G1クライマックスも
火祭りも素晴らしい大会ですが
このJr.タッグリーグも
とても面白い大会になると
確信しています。
興味のなかった皆さんも
騙されたと思って
観戦してみてはいかがでしょう?

・・・ただし、
もし面白くなかったとしても
当方は一切責任を負いませんので
あらかじめご了承ください。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

7月のプロレス観戦予定

2017-06-30 05:18:15 | その他の団体/フリー

来月のプロレス観戦の予定は
現在のところ
7月13日のプロレスリングノア
後楽園ホール大会のみ。
うーん、ここ最近は
月1でのノアしか
観戦できてません。
他の団体も
興味あるんですけどねぇ。
特に拳王が参戦する
ゼロワンには
興味があるんですが・・・。

そんな中、
職場の近くで開催される
いたばしプロレスの
上板橋商店街大会は
なんと観戦無料!
15:30という時間帯が
ネックではありますが
おそらく時間を作れると
思いますので
観に行きたいと思います。
たまにはこういう
地域に密着した
ほっこりした団体も
見てみたいですしね。
楽しみです。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

たまにはWWEの話

2017-06-29 20:37:40 | WWE

普段はあまり
触れることはありませんが
明日、明後日と
日本公演を控えているので
たまにはWWEの話を。

まず最初に
WWEが世界最大の
プロレス団体であることは
揺るぎない事実ですが
私はイマイチ
夢中になれなかったりします。

もちろんコレは
WWEをディスっている
わけではありません。
私は無知なので
英語での会話に
ついていくことが
できませんし
海外の文化、価値観に
ついても知らないので
WWEユニバースが
感動するポイントで
感動することができません。
文化の違いという
ヤツでしょうかね?

それでも
ナカムラやASUKAの
WWEでの活躍を聞くたびに
痛快に感じていましたし
日本のプロレスファンとして
うれしくもありました。

今回、残念ながら
ナカムラは
凱旋しませんが
ASUKA、ヒデオ・イタミ、
トザワが帰ってきます。
ベイラー、アンダーソン、
ギャローズにジェリコと
日本のファンには
すっかりおなじみの
スーパースターの参戦も
うれしいところです。

筋金入りのノアファンの
私にとっては
ヒデオ・イタミこと
KENTAの凱旋は
本当にうれしい限り。
ケガでずっと
苦い想いをしてきただけに
日本で大暴れして
ほしいと思います。

さて、現在の
WWEについてですが
WWE世界王者が
ジンダー・マハルという
選手だと聞いて
驚きました。
週プロで写真を見たとき
失礼ながらも
「こんな華のない選手が
 チャンピオンでいいの!?」
なんて思ってしまった
くらいで・・・。
この政権が
一時的なものなのか、
私にはわかりませんが
それにしても
天下のWWEですら
こんな大バクチを
打っているという事実に
驚愕しました。

セス・ロリンズにしても
あのコスチュームって
ちょっとこれまでの
WWEのイメージとは
違うじゃないですか?
WWEも時代に合わせて
変化しているんだなと。
この柔軟性や懐の深さは
日本のプロレス団体も
見習うべきだと
思いましたね。

残念ながら日本公演を
観戦することはできませんが
日本のユニバースの前で
スーパースターたちが
どんな衝撃を与えてくれるのか、
とても楽しみです。

幸運にもこの興行を
観戦することのできる
ユニバースの皆さん、
思いっきり楽しんで
きてくださいね!



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント