Mr.しもの前途遼遠

オンラインプロレスラー、Mr.しもとザ・ミックの成長日記みたいなものです。

今週の週刊プロレス NO.1994

2019-01-16 22:37:16 | 週刊プロレス

表紙は、
大日本プロレスの
関本&岡林。
ベストタッグ受賞チーム、
諏訪魔&石川の持つ
世界タッグ王座を
大日本のリングで奪取!
これはこの先も
面白くなりそうですね。


内藤哲也インタビュー

人気ナンバーワンの
プロレスラーに対して
かける言葉では
ありませんが
「またオマエかよ」と。
昨年は
これといった実績もなく
プロレス大賞の
技能賞を受賞したり
内藤フィーバーは
一体いつまで
続くんでしょうね?

・・・なんて
憎まれ口を叩きながらも
内藤の人気の理由は
正直、わかるんです。

今の新日本、
世界戦略や
ベルトの乱立に関して
しっかり「NO」と
言える選手は
そうそういませんし
それって少なからず
一部のファンが
不安に思っている
ところなんですよね。
私が言っても
「アンチが吼えてる」
くらいで
片付けられて
しまうんですけど
内藤が言えば
「そうかもしれない」
と問題提起になる。
コレ、私みたいな
やっかいもの扱いされる
ファンにとっては
非常にうれしいわけで。

私の声を聞いてくれと
読者の皆さんに
言うつもりは
更々ありませんが
内藤の言葉で
引っかかるところがあれば
そこは同調して
もらいたいですね。


オール・エリート・レスリング
決起集会


ほらね。

まだこの団体と
新日本との関係性が
明らかにされていないので
なんともコメントが
難しいところですが
そもそも私は
新日本の対戦カードに
カタカナばかり
並んでいたことを
快く思っては
いませんでしたので
この件に関して
ショックやら怒りやらは
特にありません。
もし、新日本とは
まったく提携のない
団体になるのであれば
これを機に新日本には
カード編成に関しては
目を覚まして
ほしいくらいです、ええ。


大日本1・13後楽園

冒頭でも触れましたが
大日本のリングで
世界タッグ戦が行われ
関本、岡林の
大日本タッグが
諏訪魔と石川と対戦という
豪華なカードが
実現しました。
一進一退の攻防を
制したのは
関本&岡林組。
この試合は・・・
さぞや面白かった
ことでしょうね~。
見たかった!!


NOAH1・13川越

1.6後楽園大会直後は
次のGHC Jr.タッグ戦は
諸橋と宮脇が
挑戦するものだとばかり
思ってたんですけどね。
いつの間にやら
ガン☆プロの
石井と岩崎の挑戦が
決定してました。

うーん、
確かに以前から
挑戦をアピールしてた
気はしますけど
ファンとしてはやはり
所属選手の宮脇の想いを
尊重してほしかったと
思いますけどね。
こういう部分は
ノアの駄目な
ところだと思います。


DRAGON GATE
1・12京都&1・13大阪


えっ!?
Kzyって今、
エルボースマッシュが
得意技なんですか?
俄然、興味が
湧いてきましたよ!
前ドリームゲート王者の
吉野から3カウントを
奪取したということは・・・。
この先の活躍に
否が応でも
期待しちゃいますよ、コレ。


月刊プロレス2018年12月

12月のメモリアルバウトは
ノア12.16横浜文体大会の
メインイベント、
杉浦vs清宮の
GHCヘビー級王座戦。
私にとっても
非常に印象深い
試合ではありましたが
正直、この試合が
選ばれるとは
思いませんでした。


拳王のクソヤローども、
オレについて来い!!
「1・6後楽園のGHCヘビー挑戦」


今でも清宮にオレの
ダイビングフットスタンプを
受けてから勝てよって
思ってる。

・・・言っちゃいましたね、
拳王!!

そうなんですよね、
ノアのGHC王座戦って
ファンの想像を
超えてくる印象が
強いんですよ。
この試合、
清宮の戦いは
決して悪くは
なかったんですけど
試合を作っていたのは
拳王だったように
思います。

2.1後楽園大会で
復帰戦を戦う
丸藤の対戦相手として
拳王が
名乗り出ていますが
コレが実現しちゃったら
とんでもない復帰戦に
なりそうですね・・・。


2019イチオシ選手! part1

私の贔屓団体、
ノアからのイチオシは
宮脇純太!

・・・同じや!!


スターダム1・14後楽園

昨年、プロレス大賞で
新人賞を獲得した
林下詩美選手。
今週の週プロでは
バイパーを
ジャーマンで投げて
二冠を獲得した
写真が掲載されていますが
林下選手の勢いは
止まるところを
知らないですね。

4つのベルトを持つ姿、
めちゃめちゃ
キマってます!!



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

先週の週刊プロレス NO.1993

2019-01-16 21:37:16 | 週刊プロレス

時間を作れず
なかなか触れられなかった
先週の週刊プロレス。
今更ではありますが
年末年始のプロレスの
総括号でもありますので
触れないわけにも
いきますまい!

表紙は
新日本の新春恒例
イッテンヨン
東京ドーム大会の
メインイベントで
ケニー・イメガを倒し
IWGPヘビー級王座の
防衛に成功した
棚橋弘至。
棚橋の戴冠、
素直に嬉しいです!!


新日本1・4東京ドーム
&1・5後楽園


イッテンヨンに関しては
見たかった試合
数試合ぶんしか
見てないんです。
見た試合に関しては
コチラの記事
あれこれ書いていますので
興味のある方は
ご覧下さい。

毎年、
色々なことが起きて
イッテンヨンよりも
ファンが楽しみに
しているとウワサの
イッテンゴですが
今年は吉橋の
電撃復帰くらいしか
サプライズは
ありませんでしたね。
物足りなさを感じました。


NOAH1・6後楽園

この大会は
観戦記を書いていますので
試合の感想は
そちらでどうぞ。


全日本1・2&3後楽園
&1・6厚木


1.3後楽園大会での
宮原とKAIの三冠戦、
ものスゴ~く
興味あるんですよねぇ。
時間ができ次第、
全日本プロレスTVで
見たいと思っては
いるんですけど・・・。
2019年は
宮原イヤーらしいので
バッチリ注目して
追いかけていきたいと
思います!


DDT12・30&1・3後楽園

12.30後楽園大会は
AbemaTVで
リアルタイム観戦
してました。
D王グランプリの
優勝決定戦の前に
吉村が救急搬送される
アクシデントが
ありましたが
結果的にそれが
竹下の奮起を
促すこととなりました。
潮崎の猛攻を耐え抜き
ジャーマンでフィニッシュ。
DDTファンにとっては
最高のハッピーエンドを
迎えたのでは
ないでしょうか?

ノアファンである
私からすると
悔しいですけどね~。
いつもの潮崎なら
もっと行けたんじゃないかと
思いましたが
あのシチュエーションが
味方したと考えれば
仕方ないとも・・・。


MY TURNING POINT
崔領二


なぜこの
年末年始号で
よりによって
崔なのか・・・。

まぁ、
それはそれとして
ネタとしては
とっても楽しめました。


WRESTLE-1 
12・26&1・5後楽園


T-Hawkが
W-1王座戴冠!
荒れまくってますねぇ、
W-1。

ストロングハーツの
侵略によって
W-1は団体の
ファン以外からも
注目を集めていますが
かつての後輩、
近藤修司も
打倒ストロングハーツに
名乗りを上げたことで
ますます盛り上がりを
見せそうです。
ただ、完全に
ストロングハーツが
中心となっての
熱量だと思いますので
選手もファンも
もっともっと
燃え上がらないと
まずいですよね、コレは。


アイスリボン
12・31後楽園&1・5横浜


12.31後楽園大会は
ニコプロチャンネルで
視聴しました。
雪妃選手、
ICE×∞王座戴冠、
おめでとうございます!
執念の張り手が
素晴らしかったです。

世羅選手と志田選手の
ハードコアマッチも
面白かったです。
私はハードコアの
世羅選手しか
知らないのですが
相当な逸材だと
思うんですけど
ハードコア女子路線って
競い合う相手が
あまりいないので
難しいところですよねぇ。


WAVE12・29後楽園

大畠選手の
ラストマッチは
水波選手との
レッジーナ王座戦。
引退試合なので
王座戴冠はないだろうと
思っていた私が
バカでした。
必殺技のスカイブルー
スープレックスを
なんと9連発だそうで。
あぁ、やっぱり
無理してでも
生観戦するべき
試合でしたね~。


東京女子
1・4後楽園&1・5北沢


1.4後楽園大会は
生観戦しましたので
観戦記を書いています。
予想を遥かに上回る
面白い試合の連続、
正直私、
東京女子プロレスを
ナメてました。
すいませんでした!!

伊藤ちゃん、
次こそは・・・!!



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

今週の週刊プロレス NO.1991

2018-12-28 14:10:01 | 週刊プロレス

表紙は
読者&モバイル投票にて
選定される
プロレスグランプリ2018に
選ばれた棚橋。
プロレス大賞MVPとの
二冠、おめでとう!!


プロレスグランプリ2018
結果発表


各賞の受賞選手は
以下の通りです↓

プロレスグランプリ
棚橋弘至

ベストマッチ
棚橋弘至vs飯伏幸太
(G1クライマックス
優勝決定戦)

ベストタッグチーム
EVIL&SANADA

最優秀外国人賞
ケニー・オメガ

女子プロレスグランプリ
里村明衣子

新人賞
林下詩美

好きなレスラー
内藤哲也


読者が選んだだけに
プロレス大賞よりも
納得感のあるランキングに
なっているように感じますが
一方でこれほど
新日本の独壇場なのは
いかがなものかなと。
新人賞の2位が
新日本の辻陽太で
申し訳ないんですけど
私の耳にはその活躍が
聞こえてこなかった
選手なんですよ。
林下選手を抑えて
1位になっていたらと
思うと・・・。

投票による選出ですので
ファンの分母の多い団体が
支持されやすいのは
当たり前なんですけどね。
なんかこう・・・
それでいいの!?
ってのはありますね。


新日本1・4東京ドーム大会特集

イッテンヨンを
ドームで見なくなって
久しくなりますが
来年のメインは
結構気になるんですよね。
イデオロギー闘争という
形での煽り自体が
面白くて
棚橋の言葉、
ケニーの言葉、
そして他の選手の言葉、
気になって
ひたすら追いかけて
しまいます。

勝った方が正しいとは
もちろん思いませんし
そもそも世の中は
白か黒か、
0か100かだけではないと
思っていますので
どちらの意見も
わかるような気がしますが
どちらかというと私は
棚橋寄りですかね。
7:3くらいで。
どちらかの側に立って
応援した方が
よりこのメインを
楽しめると思いますので
私は棚橋推しで
ワールド観戦します!


NOAH12・24後楽園

この大会は観戦記を・・・

・・・って、
実はまだ
書けてないんですよね。
年末、忙しすぎます。


DDT12・30後楽園の
潮﨑豪vs竹下幸之介を
クローズアップ


見たいんですよね、コレ。
30日は仕事も
休みなのですが
いかんせん
「大炎會」の方で
結構忙しいんですよね。
ユニバース観戦に
しときますかね。


21世紀の技解説
清宮海斗
タイガー・スープレックス・ホールド


三沢さんに憧れた清宮の
必殺技は
タイガースープレックス。
エメラルドフロウジョンや
タイガードライバーではなく
あえてスープレックスの方を
選んだセンスは
素晴らしいと思いますね。
オリジナルの必殺技に
こだわる選手が多い中で
技名も形もそのまま
使っているところに
好感が持てます!


拳王のクソヤローども、
オレについて来い!!
「2018年総括」


清宮の
GHCヘビー戴冠に
異を唱える拳王。
「まだ顔じゃない」
とのことですが
新日本のオカダや
全日本の宮原のように
立場が人を変えていく
パターンもありますからね。
私は悪くない路線だと
思ってます。

・・・と
かく言う私は
拳王推しですので
来年一発目の後楽園で
いきなり拳王が
挑戦するという展開を
喜んでたりします。
王者・清宮を
引き摺り下ろすというよりも
清宮がエースとして
成長できるよう
厳しさを叩き込んで
もらいたいですねー。


雪妃真矢インタビュー

12.31後楽園大会で
藤本つかさ選手への
挑戦が決定している
雪妃選手。
今年2度目ということで
負けられない戦いに
感じているかもしれませんが
そのプレッシャーは
藤本選手の方が
大きいかもしれません。
女子プロレス大賞を
受賞しちゃってますからね。

この賞は里村選手の方が
ふさわしかったのではという
声もあります。
そんな雑音を
吹き飛ばす為にも
藤本選手には
是非とも素晴らしい試合を
見せてもらいたい。
私は雪妃選手のファンですが
この一戦に関しては
藤本選手を
応援したいと思います。


WWE・PPV「TLC」12・16サンノゼ

ASUKA選手が
ついに日本人初となる
偉業を達成!
おめでとうございます!!

・・・試合は
見ていないので
多くを語ることは
できませんが
同じ日本人として
これは素直に誇らしい!
さすがです、ええ。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

今週の週刊プロレス No.1990

2018-12-21 14:11:28 | 週刊プロレス

表紙は、
プロレスリング・ノアで
強さの象徴と言われた
鉄壁の王者、杉浦を破り
史上最年少で
GHCヘビー級王者となった
清宮海斗!!

・・・じゃないんかい!!

・・・まぁ、
新日本プロレス
2018年最後の大会の
メインイベントを締めた
この2人の試合も
面白かったですけどね。


NOAH12・16横浜

この大会は
観戦記を書いていますので
興味のある方はどうぞ。

清宮が王者になったことで
ノアはまた
新たなステージへと
突入しました。
フーリガンズも
私の望む形では
ありませんでしたが
存在感を発揮し
世代闘争はここで
一区切りしたのかなと。
ノアジュニアを
牽引し続けた
ラーテルズは
解散こそ免れたものの
YO-HEYが離脱、
小川と鼓太郎と
結託したことで
こちらも勢力図が
大きく変わってきました。
2019年のノアも
面白くなりそうです。


新日本12・14&15後楽園

昨年まで以上に
海外を意識した
展開が多かった新日本。
年末に振り返ってみれば
ベルトを巻いている選手に
新日本の生え抜き選手が
誰一人いないという
とんでもない状態に。
実力主義の世界
・・・と言われれば
確かにそうなんですが
やっぱり
新日本で育った選手に
もっともっと
頑張ってほしいという
気持ちがあります。

その生え抜きの中で
先頭を走っている内藤は
イッテンヨンでは
ジェリコと対戦。
たまにしか試合しない
ジェリコはもういいよと
思っているのは
私だけではないと
思うんですけどねぇ。
イッテンヨンで
終わりにしてもらいたいです。


ジェイ・ホワイトインタビュー

今年一番、
新日本プロレスで
飛躍した選手は
間違いなく
この選手だと思います。
相応の実力が
あるかどうかは
ひとまず置いておくとして
せっかくの波を
活かさない手は
ないですよね。
イッテンヨンで組まれた
オカダとのシングルで
勝利することができれば
IWGPヘビー、
インターコンチ、
もちろんその他の
どのベルトであっても
ナンバーワン
コンテンダーとして
浮上するでしょう。
実は今、一番
オイシイところにいる
選手だと思います。


全日本12・11後楽園

最強タッグを制したのは
ジョー&ディラン。
東スポ選定の
ベストタッグ賞を
2年連続受賞した
暴走大巨人を
撃破しての優勝ですから
その意味合いも
非常に大きいと思います。
1.2後楽園大会では
世界タッグ王座を賭けて
再び暴走大巨人と対戦。
2019年一発目から
全日本らしい
ド迫力な戦いが
期待できそうです。


大畠美咲インタビュー

今年から
女子プロレスも
観戦するようになって
最初に強い光を
感じた選手が
大畠選手でした。
それなのに
年内で引退なんて
勿体ない・・・。

はじめから29歳で
引退しようと
決めていたという
大畠選手。
結婚も発表したことですし
確かに引き際としては
最高のタイミングだと
思いますが・・・
プロレス界では
引退撤回なんて
よくあることですからね。
幸せを願いつつも
いつでも復帰、
お待ちしております!


チャンピオンベルトの輝き
オープン・ザ・ドリームゲート


ドラゴンゲートの至宝、
ドリームゲート王座ですが
初代ベルトのデザインを
何かで知ったときに
鍵で開くベルトなんて
斬新だなぁと感じたのを
覚えています。
2代目ベルトは
更に洗練された
デザインですよね。


DDT12・14横浜&12・15名古屋

D王GPの
優勝決定戦に
駒を進めたのは
竹下とノアの潮崎。
さすがに潮崎が
勝つ結末というのは
難しいと思いますが
是非ともDDTに
大きな爪跡を残して
帰ってきて
もらいたいですね。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

今週の週刊プロレス No.1989

2018-12-15 22:15:00 | 週刊プロレス

表紙は
ダイナマイト・キッドさん。
EVILとSANADAだと
思っていたんですが
まぁこれだけの大物が
亡くなったとなれば
当然なのかもしれませんね。


新日本12・7秋田&12・9滝沢

ワールドタッグリーグを
制したのは
EVIL&SANADA!
そうでなければ困ります。

うーん、
それにしても
このタッグリーグ、
来年こそは
出場メンバーを
もうちょっとなんとか
してほしいんですけどね。
なんだかこう
ファンが舐められてるような
気がして・・・。

殿が飯伏に負けて
オスプレイが
タイチに勝ったことで
イッテンヨンの
NEVER無差別級は
超絶豪華なカードに!
正直、うれしいです。


DRAGON GATE12・4後楽園

ドリームゲート王座、
まさかこのタイミングで
移動するなんて
夢にも思いませんでした。
吉野が負けたことに
寂しい気持ちもあるんですが
PACが王者になったことでの
ワクワク感の方が
強いかもしれないですね。
今後の王座戦が
楽しみです。


NOAH12・7後楽園

GHCタッグ王座を
一発で獲った
潮崎と勝彦。
この2人のタッグならば
当然かもしれません。
・・・っていうか
既存のタッグチームで
このチームに勝てるトコ、
考えつかないんですが・・・。

もうこうなったら
丸藤と杉浦が
タッグ組むしか
ないんじゃないですかね?
丸藤の復帰まで
ベルトを防衛し続けて
もらいたいですね。


天龍源一郎の龍魂時評
「NOAH浮上のカギ、
 潮﨑豪を読む」


天龍のノア評は・・・

杉浦→孤軍奮闘頑張ってる
丸藤→いまや凡人
清宮→知らなかった
拳王→その清宮以下
潮崎→小さくまとまってる

好き勝手並べやがって
このヤロー!!
・・・と
言いたいところなんですが
世間の印象も
大きく変わらないでしょう。
残念ながら。

天龍も期待している
潮崎に関しては
勝彦とのタッグで
何か殻を破ってくれそうな
予感がするんですよね。
いっそのこと
ダークサイド豪も
出しちゃえばいいのに。


拳王のクソヤローども、
オレについて来い!!
「フジタ”Jr”ハヤト」


・・・と
2ページ前に
天龍にディスられた
我らが拳王は
宿命のライバル、
ハヤト選手の
ガン告白について。

森嶋といい
ハヤト選手といい
拳王にゆかりのある選手に
色々と続いていますが
だからこそ拳王には
更にもう一歩
上のステージに
上がってもらいたいですね。
明日の文体、
6人タッグで
お茶を濁している
場合じゃないでしょうに。


DDT12・7新木場
&12・8大阪&12・9博多


ノアからは
潮崎が出撃している
D王GP。
私も注目していますが
本日の名古屋大会で
12.30後楽園大会で行われる
優勝決定戦のカードが
潮崎vs竹下に決まりました。

ウムム、
これは観戦に行くべきか・・・。


月刊プロレス2018年11月

11月の
メモリアルバウトに
選ばれたのは
ノアの11.25後楽園大会
グローバルリーグの
優勝決定戦、
清宮vs勝彦でした。

東スポ選定の
プロレス大賞も
ノアから2人、
受賞者が出ていますし
今のノアの面白さが
少しずつですが
プロレスファンにも
届いているようで
ウレシイ限りです。

まぁ、
明日の文体のカードには
かなり不満ですけどねー。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント