Mr.しもの前途遼遠

オンラインプロレスラー、Mr.しもとザ・ミックの成長日記みたいなものです。

DDTドラマティック総選挙2018開票結果

2018-10-31 17:33:06 | DDTプロレスリング

ソースは、DDT公式

【個人部門】
1位 1,963票 高梨将弘
2位 1,669票 彰人
3位 1,412票 伊藤麻希
4位 907票 HARASHIMA
5位 853票 佐々木大輔
6位 605票 遠藤哲哉
7位 547票 男色ディーノ
8位 438票 高尾蒼馬
9位 430票 MAO
10位 387票 石井慧介
11位 377票 今成夢人
12位 374票 アントーニオ本多
13位 350票 竹下幸之介
14位 328票 赤井沙希
15位 304票 KUDO
16位 272票 勝俣瞬馬
17位 257票 樋口和貞
18位 246票 平田一喜
19位 243票 大鷲透
20位 239票 葛西純
21位 238票 渡瀬瑞基
22位 231票 伊橋剛太
23位 224票 大石真翔
24位 200票 上野勇希
25位 189票 スーパー・ササダンゴ・マシン
26位 178票 坂口征夫
27位 133票 タノムサク鳥羽
28位 83票 飯野雄貴
(有効投票数14,065票)


【ユニット部門】
1位 3,663票 酒呑童子
2位 3,119票 DAMNATION
3位 2,595票 ALL OUT
4位 1,756票 ジ・コンプライアンス
5位 1,515票 DISASTER BOX
6位 863票 Moonlight Express
7位 536票 豚ing2018



おっと!
これはちょっと
予想外の結末でしたねー。
高梨が1位とは・・・。

1位獲りを宣言していた
伊藤ちゃんは
残念ながら3位。
1,400票は
十分過ぎる数字だと
私は思いますが
それでも1位の高梨とは
500票以上も
離されてるんですね。
ただただ驚くばかりです。

純粋に選手の人気が
反映されたランキングでは
ないのでしょうが
上位に入った選手には
今後の飛躍を
期待したいところ。
もちろん
伊藤ちゃんもです。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

佐々木大輔が男色ディーノ下し第68代KO―D無差別級王者に

2018-10-22 15:14:07 | DDTプロレスリング

ソースは、東スポWeb

DDTの東京
両国国技館大会(21日)で
行われた
KO―D無差別級選手権は、
挑戦者・佐々木大輔(32)が
男色ディーノ(41)を撃破し
第68代王者に輝いた。

アキラ100%も
ビックリな全裸状態になって
三角絞め、男色ドライバーを
次々に繰り出す
「アルティメット男色殺法」
の恐怖にさらされた
佐々木だが、
リバースえび反りジャンプを
間一髪で回避する。
おきて破りの
リップロックを繰り出し
コーナー上で動きを止めると、
雪崩式ぺディグリーを発射して
形勢逆転。
最後はミスティカ式
クロスオーバー
フェースロックで
ギブアップを奪い、
30分超の激闘に
終止符を打った。

試合後のリング上では
ディーノを棺おけに
“埋葬”する
パフォーマンスで、
ファンを
ドン引きさせた新王者は
「俺が勝つなんて
誰も予想してなかっただろ。
このDDTの
中心に立つのはこの俺、
そして俺たち
ダムネーションだ」
と勝利宣言。
戦前から
「最後の役目は
私が殺されること」
と過激な言葉で
挑発していたディーノを
「お望み通り、
終わらせてやった」
と言ってはばからない
カリスマが、
DDTに新時代を
到来させた。



先にメインの感想だけ。

正直言って
セミを超えられないと
私は思っていたのですが
さすがは男色ディーノ、
あくまで私の評価ですが
予想を遥かに上回って
セミを超えてきた、
そんな印象を受けました。

メインを負かされていた
こともあってもっと
シリアスな試合展開に
なってしまうんじゃないかと
危惧していたのですが
男色ディーノは
前座だろうとメインだろうと
やっぱり
男色ディーノでした。
そんな確かな安心感が
試合を通してありましたね。

期待の超え方も
まさにディーノ流。
ポロリするかも、
しないかも・・・という
一言で言ってしまえば
下ネタだったんですけど
そこにDDTの
インディー魂だったり
ハングリー精神だったりが
見えたというか。
賛否両論だと思いますが
私はDDTには・・・
というかディーノには
こういうエンタメ色を
強く求めていますので
良かったんじゃないかと
思いますね。

敗れたディーノは
棺桶に埋葬。
次は墓ホリ人キャラにでも
生まれ変わるのでしょうか!?



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

DDT両国大会観戦記は後ほど・・・

2018-10-22 05:59:52 | DDTプロレスリング

昨日行われた
DDTプロレスリングの
両国大会、
楽しんできました。
アンダーマッチの始まった
14:00から考えると
まさかの6.5時間という
レッスルマニア級の
超絶ボリューム興行で
帰ったらヘトヘトに
なってしまい
バタンキューで
今に至ります。

観戦記は
本日の夕方頃に
書かせていただきますので
ご了承ください。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

本日はDDT両国大会!

2018-10-21 08:20:07 | DDTプロレスリング

本日10月21日は
DDT両国ピーターパン2018
秋のプロレス文化祭が
開催されます。
狂乱の全対戦カードは
コチラ↓


第1アンダーマッチ 
時間差入場バトルロイヤル 
時間無制限勝負
ゴージャス松野、星誕期、
伊橋剛太、島谷常寛、今成夢人、
翔太、マイケル・ウルフ、
5代目タイガーマスク(自称)、
モンスター・ハロウィン、
軍団ひとり


第2アンダーマッチ 
白川未奈DDT初参戦!
女子プロレス
6人タッグマッチ 
20分一本勝負
山下実優&上福ゆき
&白川未奈
 vs 
坂崎ユカ&瑞希&中島翔子


オープニングマッチ 
KO-D6人タッグ選手権試合 
60分一本勝負
高尾蒼馬&遠藤哲哉
&マッド・ポーリー
 vs 
大鷲透&平田一喜
&上野勇希


第2試合 
ガントレットタッグマッチ 
各30分一本勝負
マイク・ベイリー
&アントーニオ本多、
渡瀬瑞基
&ジェイソン
“ザ・ギフト”キンケイド、
樋口和貞&梅田公太、
KUDO&高梨将弘、
タノムサク鳥羽
&奥田啓介、
松永智充&中澤マイケル


第3試合 
スーパー女子プロ大戦2018 
30分一本勝負
里村明衣子
&カサンドラ宮城
 vs 
赤井沙希&伊藤麻希


第4試合 
ALL OUT
vs #STRONGHEARTS!
スペシャル6人タッグマッチ 
30分一本勝負
T-Hawk
&エル・リンダマン
&トアン・イーナン
 vs 
彰人&勝俣瞬馬&飯野雄貴


第5試合 
The Worlds
Crazy Couple決定戦 
30分一本勝負
ジョーイ・ライアン
&ローラ・ジェームス
 vs 
大石真翔&大畠美咲


第6試合 
総研ホールディングス
presents
食うか食われるか!? 
ジャイアント
・スペシャルシングルマッチ 
30分一本勝負
アンドレザ
・ジャイアントパンダ
 vs 
スーパー・ササダンゴ・マシン


第7試合 
年の差27歳! 
代表取締役社長(48歳)と
所属選手(21歳)による
血で血を洗う抗争劇
最終決着ウェポンランブル! 
30分一本勝負
MAO vs 高木三四郎


第8試合 
入江茂弘壮行試合 
30分一本勝負
入江茂弘&石井慧介
 vs 
HARASHIMA&坂口征夫


セミファイナル 
ドラマティック・ドリームマッチ 
30分一本勝負
CIMA vs 竹下幸之介


メインイベント 
グッドコムアセット
presents
KO-D無差別級選手権試合 
60分一本勝負
男色ディーノ
 vs 
佐々木大輔



とにかくまぁ
濃ゆい対戦カードが
並んでいるなと。
このボリューム感、
新日本のイッテンヨンに
勝るとも劣らないのでは
ないでしょうか?
・・・あっ、
ボリューム感だけはっていう
話ですよ(笑)

個人的に楽しみなのは
いよいよ初体験となる
アンドレザの試合。
大畠選手と大石のタッグも
見ものですね~。
あとはやはり・・・
CIMAの試合でしょうか。

私は本日は
現地観戦組ですが
DDTの動画配信サービス、
DDT UNIVERSEでは
なんと会員登録ナシで
無料中継があるとのこと!
暇を持て余している
プロレスファンの方は
是非全編視聴に
挑戦してみては
いかがでしょうか!?



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

男色ディーノが里村明衣子を撃破し無差別級王座奪取!

2018-09-24 03:24:43 | DDTプロレスリング

ソースは、バトルニュース

23日、東京都
後楽園ホールにてDDT
『Road to Ryogoku 2018』
が行われ、
男色ディーノが
KO-D無差別級王座を
奪取した。

KO-D無差別級戦線は
混迷を極めており、
先月14日にディーノが
試合後の王者・入江に
いつでもどこでも
挑戦権を行使し
王座を奪取したものの、
同じく
挑戦権を保持していた
里村がディーノに対して
これを行使し、
先月28日に王座を奪取し
女性初の王者に
輝くといった
短期間での目まぐるしい
王者交代が
繰り広げられていた。

王座戦線の渦中にある3人は、
この日のメインイベントで
10月21日の
両国国技館大会に
王者として立つ者を決める
決着戦を行った。

試合が始まると、
里村が入江に真っ向から
打撃勝負を挑み、
入江も容赦ない打撃で
これに応戦。
ディーノも
男色殺法を交えながら
2人を相手に
正面からぶつかり合い、
里村のキック連打に耐えきり
アームロックから
変形STFに移行するなど
確かな技術を見せつける。

入江も
里村とディーノをまとめて
デスバレーボムで叩きつけ、
里村を背負った状態で
ディーノを
キャノンボールで
押しつぶすなど
敢えて2人を
同時に相手取る
ファイトを見せるが、
里村の背後からの
スコーピオライジングから
ディーノの
ゲイ道クラッチで
3カウント。

入江が脱落し
里村とディーノの
一騎打ちとなると、
里村はデスバレーボムから
スコーピオライジングを狙うが、
これを担いだディーノが
デスバレーボムで返し、
ジャンピング
男色ドライバーで
里村を沈め
新王者となった。

マイクを取ったディーノは
「正直言って、
私が行くって
思ってなかったでしょ?
私が2018年、
両国メインイベントの
チャンピオン!
最後に入場してくる
男色ディーノだい!」
と勝鬨を上げる。

そして、
入江をリングに呼び込むと、
「茂ちゃんの
言いたいことは
分かってるつもり。
でも茂ちゃんの分も
背負う覚悟はあるから、
私のことを嫌いでもいい。
信じて。
『ごめんね』って言ったら
後ろ向きだと思うから、
ありがとう。
今日は握手して頂戴」
と右手を差し出す。
入江は
「ディーノさん、
その手を
握ることはできません。
……握手は左手でしてくれよ。
その方がハートに近いから」
と左手で
ガッチリと握手すると
場内は大歓声に包まれた。

そしてディーノは里村へ、
「明衣子、
私あんたが言ってることも
すごく分かるの。
男も女も関係ない。
これは無差別級のベルト。
私はそう思って戦ってきた。
悔しい気持ちも分かる。
私もあんたに負けてる。
でも、でも
悔しい気持ちは置いといて、
1勝1敗。
ライバルとして
握手してくれない?」
と左手を差し出すと、
里村もこれに応じた。

今年のD王グランプリを制し、
先に両国での
KO-D無差別級王座に
挑戦が決まっていた
佐々木大輔が
リングに上がると、
「俺はな、
お前のそういうところが
嫌いなんだよ。
俺はな、
夢とか語るやつが
大嫌いなんだよ。
お前が
“DDTの象徴”とか
言われてんの、
吐き気がするんだよ。
今のDDTは俺だよ」
とディーノを挑発。
するとディーノは、
「私からベルトも象徴も
剥ぎ取ってみなさい。
両国のメインでね。
この男色ディーノ様が
想像を超える両国に
してやろう。
カリ首洗って待ってなさい」
と覚悟を叫び、
観衆は大歓声で
これに応えた。

バックステージに
戻った里村は
「最後は両国に
出たいという気持ちが
ディーノ選手に
敵わなかったという
ところが大きい。
あの人の想いっていうのは
戦いを通じて
スゴイ強いものだと
思いましたし、
その意志が
試合中に伝わったので、
最後は一枚、
自分の諦めが
早かったのかなと思います。
私を全く女子として見ず、
本気で挑んでくれた
ディーノ選手と入江選手には
プロレスラーとして
惚れるものがありました」
と神妙な面持ちでコメント。

入江は
「色々と思うこと、
色んな気持ちがあるけど、
とにかく今は
スッキリした気持ちですね。
やっぱり感謝してるし、
自分にとっても
いいところだったと
思いますし。
今日こうやって
後楽園ホールにお客さんが
入っているのを見れて
よかったし、
そういうの含めて
自分はスッキリしました」
と憑き物が落ちたような
穏やかな様子で
淡々と語り
会場を後にした。

佐々木は、
両国で挑戦する相手が
ディーノに
決まったことに対して、
「なんでアイツが
“DDTの象徴”とか
言われてるのか
俺にはわからない。
DDTの第一線で
体張ってるのは俺だし、
DAMNATIONだ。
入江は
『DDTを破壊する』って
言ってたけど、
俺は破壊しない。
俺が新しいDDTを創る」
と自らのビジョンを語った。

そしてディーノは、
「このベルトは、
強い人が巻く
ベルトじゃないの。
“一番DDTに
相応しいかどうか”
がこのベルトを巻くのに
必要とされている
ことだと思うから、
このベルトが今
私のところにあるの。
私より強い人は
いっぱいいるでしょうね。
でもね、
それだけじゃ
このベルトを獲ることは
出来ないんだよ。
それが仮に
佐々木大輔であったとしても。
このベルトの意味が
一番わかるのは
男色ディーノ。
よく覚えておいて下さい」
と“DDTの象徴”としての
自信を覗かせた。



残念ながら里村選手が
DDT両国大会の
メインに立つことは
叶いませんでしたが
ディーノのコメント、
入江のコメント、
佐々木大輔の
コメントを読んでいると
勝つべき人間が
勝ったのかなと
改めて思います。

10.21両国大会は
私も観戦に行く予定です。
里村選手に
大畠選手、
アンドレザ
・ジャイアントパンダと
DDTの両国大会らしい
なんでもてんこもり感
満載なところが
素晴らしいじゃないですか。
カードの追加発表も
楽しみです!



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント