Mr.しもの前途遼遠

オンラインプロレスラー、Mr.しもとザ・ミックの成長日記みたいなものです。

YAMATOが全日本プロレスに初参戦

2019-12-19 23:44:09 | 全日本プロレス

ソースは、バトルニュース

17日、東京都
後楽園ホールにて
全日本プロレス
『AJP Prime Night』
が行われ、YAMATOが
全日本プロレスの
若手選手たちに
プロレス界の未来を託した。

この日は
全日本プロレス
ファン感謝デー大会
ということで
普段とは違った趣の
カードが組まれ、
セミファイナルでは
“全日本プロレス
vsDRAGON GATE”の
対抗戦とも呼べる
試合が実現。
YAMATO&KAI
&ヨースケ・サンタマリア
&箕浦康太
vsジェイク・リー
&野村直矢&岩本煌史
&大森北斗という
8人タッグマッチで行われた
この試合は、
YAMATOが
全日本プロレスに
初参戦するということで
大きな注目を集めていた。

試合は、マリアが
容姿端麗の
ジェイクに目をつけて
尻を撫でたり
キスをせがんだりして
ジェイクが逃げ回るという
コミカルな
立ち上がりとなるが、
中盤からは一転して
シリアスな雰囲気となり、
キャリアがほぼ同じの
若手である北斗と箕浦が
バチバチとした
打撃合戦を展開し、
これに打ち勝った北斗は
YAMATOにも
一歩も引かずに
ぶつかっていき、
YAMATOの
ギャラリアを回避して
ジャーマン・スープレックスで
叩きつける意地を見せるが、
決着を焦って
突っ込んだところで
YAMATOが全知全能の
フランケンシュタイナーで
貫禄勝利を収めた。

試合後、
マイクを取ったYAMATOは、
「ブーイングの一つでも
飛ぶかと思ったらよ、
大歓声じゃねえかよ
オイ!(笑)」
と会場の歓迎ムードに
喜びの声を上げ、
意地を見せた北斗を
「敵ながらアッパレだ!」
と評価。
そして、
ジェイクと対面すると
「今な、
DRAGON GATEは
業界第2位なんて
言われてるが、
1位との差は歴然だ。
見ての通り、
俺たちは小さい。
色眼鏡で見られることも
多々ある。
正直、
DRAGON GATEは
今後どんなに
大きくなったところで、
俺たちが業界を
引っ張るべきじゃないんだ。
でもお前らは違うぞ。
お前らには
歴史と伝統がある。
それと同時に、
この業界を背負う
義務と責任があるんだ!
もっともっと
お前ら若い力でこの業界、
ひっくり返してみせろよ!
そしたらよ、
プロレス界は
もっともっと
面白くなるからよ!
期待してるよ!」
とジェイクと
握手を交わし、
全日本プロレスの
若手選手たちに
プロレス界の
未来を託した。



YAMATO、カッケエェ!!

この言葉が
YAMATOのポジションで
言えちゃうのって
天晴れですよねぇ~。
いやぁ、これは
本当にカッコイイですよ。

・・・ってなわけで
これで奮い立たなきゃ
男じゃないぜッ!
全日本プロレス!!



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

“暴走大巨人”が最強タッグリーグ優勝!

2019-12-11 08:28:35 | 全日本プロレス

ソースは、バトルニュース

9日、東京都
後楽園ホールにて
全日本プロレス
『2019 世界最強タッグ
決定リーグ戦
【優勝決定戦】』
が行われ、
“暴走大巨人”
諏訪魔&石川修司が
2連戦を制して
世界最強タッグリーグで
2年ぶり2度目の
優勝を果たした。

全日本プロレスの
晩秋の風物詩となっており、
約1ヶ月に渡って
行われてきた
世界最強タッグリーグ戦だが、
最終戦となった
この日の開始時点で
優勝の可能性が
残されていたのは
TAJIRI&KAI、
諏訪魔&石川修司、
ジェイク・リー
&野村直矢の3組。

セミファイナルでは、
宮原健斗&青柳優馬
vsジェイク・リー
&野村直矢が対戦。
三冠王者の宮原と、
いつ三冠に挑戦しても
おかしくない3人が集まった
タッグマッチでは、
青柳が発奮して
旧パートナーの野村を抑えて
宮原とジェイクの対面を
作り出して勝負を託すが、
ジェイクは宮原の
シャットダウン
スープレックスを振り払っての
ハイキック連発から
急角度バックドロップで
宮原からフォール。
現三冠王から
ピンフォールを奪うという
成果を上げつつ
メインイベントの結果を
待つ身に。

メインイベントでは
ジョーカーの
フェイスペイントを施した
KAI&TAJIRIが
諏訪魔&KAIを奇襲し、
TAJIRIが
毒霧を噴射するも
諏訪魔はこれを
両手でガード。
バズソーキックも
かわした諏訪魔は
スリーパーホールドで
TAJIRIを絞め上げ、
TAJIRIは
残り最後の毒霧を
断末魔のように噴射すると
がっくりと崩れ落ち、
レフリーが慌てて
試合を止めた。
これでジェイク&野村、
諏訪魔&石川が
トップタイで並び、
歓声と怒号が飛び交う中で
急遽10分後に
優勝決定戦が
行われることが発表された。

互いに2試合目となる
両組だが、
疲れた様子は全く見せず
試合開始から
ゴツゴツとした
打撃戦を展開していき、
試合は石川と
野村の対面を
中心に展開。
野村が手数の
エルボーで攻めれば
石川が重厚感ある
エルボー一発で
ダメージを与えていく
削り合いとなり、
野村が劣勢なると
即座にジェイクが
入ってきて
合体攻撃を決めて
逆転するという
タッグマッチの醍醐味を
見せていく。
しかし諏訪魔と石川も
タッグの絆は負けておらず、
最強タッグ参戦のたびに
増やしていった合体技である
アルティメット・デストロイ、
ロケット・ブロッサムを
繰り出して絆を再確認し、
最後は石川が背後に回って
投げっぱなし
ドラゴンスープレックス、
ランニングニー、
宮原殺し2019、
カミゴェ、
ランニングニー、
奥の手の
ジャイアント・スラムと
怒涛の猛攻をかけて
不死身の野村を沈めた。

試合後、石川は
「諏訪魔さんと、
もう長く連れ添った
夫婦みたいに
喧嘩したり
仲良くしたいって
言ってましたけど、
やっぱり諏訪魔さんは
最高のパートナーであり、
最高のライバルです!
この全日本プロレス、
やっぱりこの
諏訪魔&石川の
暴走大巨人が
面白くしていきたいんで、
もっともっと暴走大巨人……
いや、ジェイク・リー、
宮原でもいいです。
応援しに会場に
いらしてください。
でも一番
面白い試合するのは
俺たちだから!
俺たちがこの
全日本プロレス、
面白くしていきます!
宮原たちも
ジェイクたちも
そう思ってもらって、
その思いが
リング上でまた爆発して、
この全日本プロレス
もっと面白くなっていくんで、
皆さんまた
いらしてください!」
と優勝の喜びとともに
団体の未来を見据えた
熱い気持ちを叫んだ。

一方、諏訪魔は
「いやあもう
見ての通り!
圧勝だろ!
石川修司つええなあ!
この一言に尽きるよお前!
あぁ?お前。
ジェイクだ、野村だ、
宮原って、青柳も、
まだまだだよ。
俺はそういう気持ちで
やってるよ。
そういう形が
出たと思うよ今回!
でも今回最強タッグ
振り返ったら、
今日は石川選手、
すげえガンガン行った。
でも俺がガンガン
行くときもあって、
すごい役割分担が出来た
シリーズだって思った。
ガンガン暴れて
散らかしたら
石川選手が
まとめてくれるし。
いやあ今日も俺、
ナイスアシストじゃね?(笑)」
と満面の笑みで
優勝を喜びつつ、
来年1月2日に決定している
世界タッグ王座戦について
話が及ぶと、
「世界タッグの
ベルトはアレ、
俺らのものだと思うしね、
是非取り返したいと思います。
来年の世界タッグ戦、
是非用意してもらいたい、
全日本プロレスには」
と最後は表情を
引き締めながら
世界タッグ挑戦へ
闘志を燃やした。



今年の最強タッグは
暴走大巨人が制覇!
いわゆる
大本命だったとは
思うんですけど
若い風も吹いている
今の全日本で
この2人がきっちり
結果を出すあたりに
全日本らしさのようなものを
感じるところもあります。

次は世界タッグ!
この2人なら
大丈夫でしょう!



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

諏訪魔 “父”武藤に「親子喧嘩やろうぜ」

2019-11-22 22:13:07 | 全日本プロレス

ソースは、東スポWeb

親子ゲンカやろうぜ、
オイ!! 
全日本プロレスの“暴走男”
諏訪魔(42)が、
プロレスリングマスター
武藤敬司(56)戦への
決意を語った。
2013年6月の
全日本分裂以来、
接点がなかったが、
大みそかのW―1
エディオンアリーナ大阪
第1競技場大会での
対戦が浮上。
現在トップの
「世界最強タッグ
決定リーグ戦」を制し、
勢いに乗って
過去を清算するつもりだ。

2人の対戦が浮上したのは
15日に行われた
ザ・デストロイヤーさんの
追悼大会だ。
諏訪魔はタッグを組んだ
W―1副社長の
近藤修司(41)から
大みそか大会への出場を
打診され受諾。
近藤から
「やりたい相手を用意する」
と言われ、
武藤との対戦を求めると、
副社長権限で
了承されていた。

なぜ、
武藤の名前を出したのか。
諏訪魔は
「2010年代の
わだかまりとかモヤモヤは、
10年代最後の夜に
清算するのが一番だろ。
大掃除だ!」。
言うまでもなく、
そのわだかまりが
生まれたのは
13年の全日本分裂騒動だ。
いち早く残留を
表明した諏訪魔と、
新天地を求め
W―1を設立した武藤は
ここでたもとを分かった。

一方、諏訪魔にとっては
04年のデビュー時の
全日本社長が武藤で、
プロレスのイロハを
教わった恩人だ。
それだけに
「師であり、父だから。
その父に
『廃業する気か?』と
言われて捨てられて。
あれから、俺は
意地だけでやってきたから。
あちらのことは
見る余裕もなかったし
見たくもなかったけど、
消化しきれない
モヤモヤがあるのは事実」
と複雑な心情を吐露した。

その上で
「あれから6年だろ。
試合は10年代最後の夜。
清算には
もってこいじゃねえか。
でっかい親子ゲンカで
すっきりしようや。
戦った上でどうなるか。
続くものがあるのか、
介錯することになるのか…。
どうなるかは
わからないけどな」
と言葉に力を込めた。

開催中の
世界最強タッグ
決定リーグ戦では、
盟友・石川修司(44)
との名コンビ
“暴走大巨人”で
開幕ダッシュに成功して
首位に立っている。
諏訪魔は
「この勢いで
最強タッグを優勝して、
そのまま大みそか決戦だ、
オイ!」と絶叫。
年末も
大暴れ確実な暴走男が、
さらに注目を集めそうだ。



諏訪魔にとって
武藤はお父さんですか、
ちょっと意外でした。
W-1としても
大みそか大会に向けて
強いカードが
欲しいところでしょうし
これはもしかしたら
実現するかも
しれないですねー。

諏訪魔は
みのるとの因縁も
取り上げられていますし
もっともっとプロレス界を
面白くしてくれそうです。

それにしても
画像の2012年の全日本、
改めて見ると
スゴイメンバーですねぇ・・・。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

ジェイクが宮原を破り王道トーナメント初優勝

2019-09-24 08:47:15 | 全日本プロレス

ソースは、全日本公式

昨日9月23日に開催された
全日本プロレス
名古屋国際会議場では
第7回王道トーナメントの
準決勝、優勝決定戦が
行われました。

準決勝に
勝ち上がったのは
宮原、ゼウス、
石川、ジェイクの4人。
宮原がゼウスを
回転足折り固めで破り
決勝に駒を進めると
ジェイクはなんと
ハイキックによる
レフェリーストップで
石川を破って決勝へ。
今年行われた
チャンピオンカーニバルの
優勝決定戦と
まったく同じ
対戦カードになったのは
現在の全日本の主役が
この2人なのだという
証明なのかもしれません。

宮原は
三冠王者として
チャンピオンカーニバルに
続いてこのトーナメントも
制することができれば
いよいよ今年の
プロレス大賞MVPも
確実と見られていましたが
今回の一騎打ちで
勝者となったのはジェイク。
23分59秒、
バックドロップで
宮原を破りました。

今のジェイクは
地力や勢いはもちろん
ギラギラした
野心のようなものも
感じられます。
それは少し前の
宮原が放っていたものと
きっと同質のものでしょう。

お客さんの目には
まだまだ
全日本の顔は宮原
・・・という見方が
強いのも事実。
でも、その構図も
もうあと一歩で
崩すことが
できるかもしれません。
ここからのジェイクは
見ものですね!



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

太田一平が約10年ぶりにプロレス復帰!

2019-08-12 08:54:40 | 全日本プロレス

ソースは、バトルニュース

11日、東京都
後楽園ホールにて
『青木篤志追悼大会』
が行われ、
太田一平が
全日本プロレスのリングに
登場した。

太田は、今年6月に
バイク事故で急死した
青木さんと
同日にデビューし、
NOAHでしのぎを
削ってきた間柄。
2009年より
長期欠場を続けていたが
その後に引退が発表され
ひっそりと
プロレス界の最前線から
フェードアウト。
しかしその後には、
地元・山梨へ帰って
社会人プロレスに
携わったり
キャットファイトへの
参戦が報じられたりと
元気な姿を見せていた。

そしてこの日、
盟友・青木さんのために
10年ぶりにプロレスの
リングへ復帰。
青木さんの愛弟子である
岡田佑介と
シングルマッチを行った。
平柳玄藩を
セコンドに伴って
登場した太田は、
青木さんの入場曲と
自身の入場曲を
ミックスした曲で入場。
引退後に始めた
ボディビルで鍛えられた
見事な肉体を披露すると
会場からは
感嘆の声が上がる。

試合は太田と岡田が
両手でしっかりと
握手を交わしてから
ゴングが鳴り、
両者一歩も引かず
正面からチョップや
エルボーを打ち合う
肉弾戦に。
太田は
「10年ぶりだぞ!
ちょっとは手加減しろや!」
と叫んで
ランニングエルボーで
岡田をなぎ倒すと、
「数えてくれ!
青木さんの年齢まで回す!」
と観客のカウントとともに
エアプレーンスピンで
41回転回し切ってから
バックフリップ。
さらに
追撃を狙っていくが、
岡田が
ドロップキックで迎撃し、
太田が地に這うまで
ヘッドバッドを
連打してからの
フィッシャーマン
バスターで叩きつけ
3カウント。

岡田は
倒れ伏す太田の前で
正座をすると深々と礼。
太田も同じく
正座して礼で応えると、
岡田は人差し指を
突き立て再戦を提案し、
握手を求める。
太田は岡田の手を
しっかりと握り返すものの
苦笑しながら
顔の前で手を横に振り、
再戦の可能性は濁す。
そして岡田は
セコンドの平柳とも
両手でしっかりと
握手を交わすと、
平柳は両手で
その手を取りながら
岡田に言葉をかけた。

清々しい表情で
バックステージに
戻った太田は
「プロレスラー、
強いですね。
ボディビルで体は
鍛えてるんですけど、
話にならない。
試合は楽しかったです!
気持ちよかったんで、
これで青木さんにも
気持ちよく
休んでくれたらって
思うんで」
と語る。
平柳が
「情けねえんだよォ!
さっきから
言ってることがよォ!
なっさけねぇ~なぁ~
コイツぅ~」
と合いの手を入れ、太田が
「青木さんも
喜んでると思いますよ、
平柳さん来てくれて」
と笑顔で返すと平柳も
「へへっ」と笑顔。

そして太田は
青木さんについて
「青木さん、
場所が違ったなって。
リングの上だったら
まだ良かったけど。
……いや、早いよ」
と肩を落とす。
平柳は
「まあね、こんなね、
試合もしてないセコンドが、
ヨカタがペラペラ
喋るもんじゃない。
ヨカタはベラベラ
喋るもんじゃないです(笑)
おうおう、まあ一つだけ。
『青木さん、またね』
って感じで。
以上です」
と語り、二人で
会場を後にした。



ツイッター等の画像で
確認しましたが
現在の太田一平、
まるで別人でしたねー。
これ、太田って
言われなきゃ絶対
わからないですよね。
平柳も
セコンドとして
登場したようで。

青木が繋いでくれた
絆ですよね。
いいなぁ、
こういうのって・・・。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント (2)