Mr.しもの前途遼遠

オンラインプロレスラー、Mr.しもとザ・ミックの成長日記みたいなものです。

CR 戦国乱舞の話

2018-01-16 00:08:37 | 戦国あれこれ

「戦国BASARA」を筆頭に
戦国系の作品が
好きな私なのですが
かつてあまりにも
お気に入りになりすぎて
実機を購入してしまった
パチンコ台がありました。

それがこの
「CR 戦国乱舞」!

サミーから2009年に
発表された台で
1度大当たりを引けば
2回目の大当たりが
ほぼ確定するという
ちょっと変わった
スペックの台でした。
2回目の大当たりからは
65%で確率変動が継続する
割とオーソドックスな
スペックになります。





主人公は
「青き独眼」と呼ばれる
伊達政宗で
最大のライバルは
猿というよりも
ゴリラに近い
豊臣秀吉なのですが
それってちょっと
「戦国BASARA」に
寄せすぎてません!?

まぁ、「BASARA」も
「戦国無双」の
そっくりさんとして
スタートしてますし
それはそれ
・・・ということで。



ちなみに
「BASARA」といえば
およそ人間とは思えない
本多忠勝のインパクトが
強烈ですが
「乱舞」の忠勝は
ちゃんとした人間ですので
ご安心を(笑)

この作品でも
圧倒的な強さを持つ
キャラクターですが
そもそもパチンコでは
強敵→熱いリーチというのが
お約束ですので
通常時に遭遇した際は
絶望感よりも
救世主的な印象の方が
強いです。

ラウンドバトル中も
秀吉>忠勝>服部半蔵
という強さのバランスに
なっていますので
割となんとかなるレベル。
戦国最強ェ・・・。



政宗がメインキャラですが
政宗のリーチで
大当たりを引くことは
ほとんどないと思います。









主に大当たりに
直結してくるのは
伊達軍の武将たちのリーチ。
「伊達家隠密」
黒脛巾組(くろはばきぐみ)、
「欧州無頼の猛者」
支倉常長(はせくらつねなが)、
「伊達の双璧・智」
片倉小十郎、
「伊達の双璧・武」
伊達成実(だてしげざね)の
5人の活躍が鍵を握ります。
「伊達の双璧」の
名に違わず
小十郎や成実のリーチは
割と当たってくれる
印象がありましたね。

それにしても
初見殺しな読み方ばかり・・・。



武将リーチがハズレても
政宗の顔をイメージした
役物が降りてくれば
大チャンス到来!









豊臣軍の武将との
対決リーチに発展します。
通常時、最も
アツくなれる瞬間です。

豊臣軍になぜ
半蔵や忠勝がいるのか?
こまけぇこたぁいいんだよ!



更にもう一度
フェイス役物が
降りてくれば・・・!?









助っ人が登場し
本機最強クラスの
リーチに発展!
対戦相手ごとに
誰が助っ人に来るかは
決まっていまして
そのほとんどが
何かしらの因縁のある
キャラクター同士での
対戦となります。

えっ・・・?
なぜこの時代に
いないはずの柴田勝家が
忠勝と戦うのか?
・・・ですか!?
それはそれ・・・ですよ。





まぁこの展開が
アツいのなんのって。
なんで真田が豊臣を
裏切ってるのかとか
ストーリーを
考えてしまうと
ちょっとアレなんですが
台詞のやりとりは
王道バトル漫画のような
アツさがありますよ。

















サミーの台だけあって
ラストのカットインで
キリン柄が出るかどうかは
とても重要。
この瞬間が
たまらないんです。



大当たり後は右打ちの
ラウンドバトルへ突入。
ここからようやく
真打ち登場です。

この台の楽曲は
陰陽座が担当して
いたのですが
これがまた
雰囲気にバッチリ
合っているんですよ。
主題歌の
「青き独眼」はもちろん
「甲賀忍法帖」も「睡」も
名曲でした。







対戦相手は
秀吉、忠勝、半蔵の
3パターンで
初戦から秀吉がきたときの
絶望感たるや・・・。



勝利までのパターンは
多数存在するのですが
中でもこの
実は身代わりでしたルートの
ドヤ顔に関しては
当時もよく
イジられてましたね(笑)









ちなみに・・・
徳川家康と組んで
秀吉打倒を目指す
シリーズ第2弾の
「紺緑の双刃」、
第3弾の
「戦乱BurST!」も
リリースされましたが
個人的には「初代」を
超えられなかった
印象がありますね。

助っ人の乱入や
カットインの台詞が
なくなってしまったことは
改悪に感じてしまいましたし
半蔵や忠勝の
キャラクターデザインも
やはり「初代」に比べて
ショボくなってしまった
印象です。



やはり至高は
初代「戦国乱舞」!
「サミータウン」では
今でも遊べますので
興味のある方は是非
触ってみてください。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

まえだけいじ

2017-10-22 21:56:46 | 戦国あれこれ

戦国BASARAの
キャラクターの中でも
最も好きなキャラである
前田慶次。

「戦国BASARA2」では
主人公キャラとは思えない
存在感のなさを
露呈したかと思えば
メインキャラを降ろされた
「3」や「4」で急に
メインキャラを喰いかねない
オイシイ役どころを
与えられるという
ちょっと不憫なところが
最大の魅力だったりします。



当然、自分が
慶次推しである理由の1つに
偉大なる漫画
「花の慶次」の
存在があることは
間違いありません。
この漫画の慶次は
あまりにも超人過ぎて
人間味に欠けるところも
あるんですけどね。

・・・だが、
それがいい。




これまた私が
こよなく愛するゲーム
「信長の野望」でも
慶次が配下になると
どうしても過剰な愛情を
注いでしまいます。
「信長の野望」の慶次は
決して扱いやすい武将では
ないんですけどね。

かつては
「花の慶次」の影響か、
全登場武将の中でも
トップクラスの
「武勇」を誇り
固有戦法も
最強クラスのものを
装備されていた
慶次でしたが
「創造」では
名だたる剣豪らとともに
大幅な下方修正を
受けることとなった慶次。
妥当といえば妥当な評価
なんでしょうけどね。

しかも
「傾奇者」という
命令を無視して
勝手に行動してしまう
特性まで付けられ
唯一の活躍の場である
合戦えさえも
使えない子扱いされる
事態に・・・。
(PK版では修正)



・・・だが、
それがいい。


出来の悪い子ほど
かわいいというものよ。
なぁ、金沢。



もうじき発売される
「大志」では
どんなキャラクターに
仕上がっているんでしょうね?
強くなくてもいい。
使えなくてもいい。
強烈な個性を持っていれば
それだけで結構。
私は「大志」でも
前田慶次を愛用しますよ!

・・・といいながら
PK版が発売されるまで
購入するつもりは
ないんですけどね。




それまでは
まだ手をつけていない
「戦国立志伝」で
遊んでいようかなと。
初回プレイはもちろん
慶次で遊ぶ予定です。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

戦国大戦、サービス終了!

2016-10-08 01:21:53 | 戦国あれこれ

アーケードゲームとして
人気を博した
SEGAの「戦国大戦」の
サービス終了が
告知されました。

このゲーム、
私は稼動初期に
少し遊んだ程度で
当時ガッツリハマった
「三国志大戦」に比べると
あまり頻繁に
遊ぶことはありませんでした。
「三国志大戦」に比べて
面白くなかったとか
そんなわけではなく
それはもう単純に
また「三国志大戦」で
遊んでいた頃のように
小遣いの大半をつぎ込むのが
怖かったからでして・・・(笑)



思い入れのあるカードは
画像のR稲葉一鉄。
最初に引いた
レアカードということもあり
愛用していました。
スペックが
私好みでしたね。
操作に慣れていなかったので
自動的に攻撃してくれる
弓兵には助けられました。



初のスーパーレアは
武田軍の山本勘助。
武田軍のカードは
手持ちがあまりなく
ほとんど戦場に
出していないのですが
好きな武将でしたので
このカードが出たときは
うれしかったですね。



あとはなんと言っても
SR上杉謙信。
「三国志大戦」では
コスト3が
最高値だったので
コスト4武将には
驚かされましたね~。



バージョン1.1の頃には
既にプレイからは
遠ざかっていましたが
お気に入り武将の
前田慶次と
竹中半兵衛が
ついにカード化されました。
ゲームでは
遊んでいませんでしたが
カードのデザインが
カッコよかったので
コレクションとして
好きな武将だけ
集めていました。



以降も
コレクションアイテムとして
お気に入りの武将だけは
シングル買いしてました。
SSRなんかは
ちょっとやりすぎだと
思ってしまいましたけどね。



始まりがあれば
必ず終わりも来るもの。
ちょっと寂しい
気もしますが・・・

人間五十年
下天の内をくらぶれば
夢幻の如くなり


そういうことなんでしょう。

素晴らしいゲームを
ありがとうございました。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント (2)

戦国大戦に花の慶次、登場!

2015-06-25 01:25:50 | 戦国あれこれ

情報が遅い上に
画像も戦国大戦公式からの転載で
本当にアレなのですが
いよいよ
人気アーケードゲーム
「戦国大戦」に
原哲夫先生の描く大人気漫画
「花の慶次」の主人公、前田慶次が
登場した模様です。
これは「花の慶次」ファンの
私としましては
是非手にしたいアイテムですね。

性能の方も
コスト4で武力12の騎馬兵、
計略もテキストを読む限り
とんでもない可能性を秘めた
傾奇者の慶次らしいものに
仕上がっているようです。

このゲーム、稼動初期は
少しだけ遊んでいたのですが
現在では、たまに
カードショップに並んでいるカードを
眺めて喜んでいる程度のスタンスに。
それでも絵の上手い
イラストレーターさんのカードや
有名漫画家が描いたカードを
ただ見ているだけでも
本当に楽しいんですよね。

ちなみにこのゲームの前身とも言える
「三国志大戦」の方は
「2」を覇者になるくらいまで
遊んでいました。

「戦国大戦」に話を戻しますと
今回のバージョンアップで
舞台は1615年に突入した模様です。
戦国時代で1615年といえば
大阪夏の陣の時期ですから
とうとうこのゲームも
最終章に突入したと
いうところでしょうか?
戦国最後を飾るにふさわしく
今回のバージョンで追加されたカードには
「オレの後ろに立つな」の人とか
「龍が如く 見参」の人とか
「キミも貼られたら貼り返そう」な軍師とか
結構、ムチャしてます(笑)
興味を持たれた方は
是非とも公式ホームページなり
ネットオークションなりで
画像をチェックしてみてください。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント (2)

アニメ 戦国無双

2015-01-19 08:06:05 | 戦国あれこれ

気づいたらテレビ東京系列で
戦国無双のアニメが始まっていたようで・・・。

元々、私は熱狂的なBASAラーですので
戦国無双に関する知識は
あまりなかったりするのですが
どうやらこのアニメ
真田幸村と信之の兄弟が袂を分かち
戦うところにスポットを当てている模様。

これは非常に面白いと思います。
群像劇である戦国無双で
すべての武将に焦点をあてようとすれば
予定されている放送時間枠では
とうてい終わらないでしょうし
各武将のファンも納得しないでしょう。
無論、主人公の2人を軸に
たくさんの武将達についても
描いていくことでしょうが
軸がブレなければいいわけで。

少し前に放送された
戦国BASARA Judge Endは
伊達政宗と真田幸村を
主人公として扱いながらも
実質的には徳川家康と石田三成の
対立をメインテーマとしていました。
結果、4武将すべてが
中途半端な扱いになってしまい
原作からの変更点が多かったこと、
Judge Endと銘打っておきながら
まったく審判を
下せていなかったことと相まって
作品としては低評価で
終わってしまいました。

これを踏まえた上で
無双ファンの期待を裏切らないような
結末を用意する必要があると思いますが
元々、戦国無双は
真田幸村をメインに据えた作品である上
BASARAに比べて
史実から逸脱しすぎないのが
無双の特長とも言えますから
史実に準拠した結末が
用意されているとみて
間違いないでしょう。
そう考えれば、ファンが期待する
エンディングに関しては
事前に製作者側も想定できるでしょうから
安心して見られることと思います。

私はBASARAファンですが
無双に対して
嫌な気持ちはまったくありませんし
そもそもBASARAは
無双がなければ生まれることのなかった
作品だとさえ思っています。
戦国モノ好きとしてこの作品を
楽しませていただきます。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント