Mr.しもの前途遼遠

オンラインプロレスラー、Mr.しもとザ・ミックの成長日記みたいなものです。

シェインとアーチャーがツイッター上で激しいやり取りを展開!

2015-01-31 10:43:49 | プロレス話 未整理

ソースは、ノア公式



「2.4後楽園大会で
 ノアとTMDKを応援してください!」



「TMDKが死ぬところを見にこいよ」



「ゾンビTMDKに気を付けた方がいいよ。
 どんなに殺そうとしても
 何度も生き返るから」



「ゾンビの殺し方を分かっている。
 頭に蹴りを入れればいいんだ」



「オーストラリア人の頭は固いから
 そんなこと無駄だよ。
 シェインの数学によると
 オーストラリア人+ゾンビTMDK
 =倒すことは出来ない」



「TMDB!
 (とTMDKをバカ呼ばわり)」



これぞ新世代のプロレス!
・・・と言いたいところなのですが
アメリカンジョークっぽいやりとりが
日本人の感性では
ちょっと理解が困難ですね(笑)
それでも、盛り上げようとする
両者の気持ちが伝わってきます。

2.4ノア後楽園大会は
観戦に行きたいと思ってます。
前哨戦最大の山場だと思いますので
是非とも丸藤とTMDKには
勝って大会を締めてもらいましょう!



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

飯伏戦とソンブラ戦、やります

2015-01-31 10:28:56 | その他


プライベートの時間が減る一方で
やりたいことばかり増える日々ですが
2月は飯伏 vs Mr.しもと
ラ・ソンブラ vs ザ・ミックの2試合を
並行して行っていきたいと思います。

Mr.しもにとって鬼門でもある
ハイフライヤーとの試合ですが
飛び技に着目してしまうと
どうしても他のハイフライヤー戦と
似たり寄ったりの
試合展開になってしまうので
そこじゃない部分を見せたいと思います。

ソンブラとミックの試合ですが
こちらは海外でのミックということで
ヒールとしての試合展開を
見せられれば面白いのかなと。
もちろん、凶器を使うとか
そういうことではないです。
ブーイングの中
ミックがどう戦うのか?
そんな部分を楽しんで
作ってみたいですね。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

Mr.しもの中の人が語る、飯伏幸太

2015-01-31 10:14:19 | Mr.しもの中の人が語るプロレスラー

Mr.しもの中の人が
プロレスラーの魅力を語るこのコーナー。
今回は、イッテンヨンで中邑と
とんでもない試合をやってのけた
DDTと新日本ダブル所属レスラー
飯伏幸太選手です。

華やかな飛び技に
目が行きがちですが
蹴りや掌打を使って
バチバチの打撃戦を展開したり
力で強引に相手をぶん投げるなど
オールラウンダーな一面も
持ち合わせています。
その上、このルックス。
プロレスラーとしてはこれ以上ない
素材といっても過言ではないでしょう。

しかしながら、飯伏の
真の魅力は技にあらず。
飯伏の思考は時として
一般の常識の範疇を
越えてしまうことがあり
そういったエピソードも数知れず。
Wikipediaにも幾つか
挙げられていますので
興味のある方は是非読んでみてください。
たぶん、ちょっと引くと思います(笑)


そんな飯伏の妙技の数々をご紹介します。

フェニックススプラッシュ

飯伏の必殺技といえばコレ。
相手に背中を向けた状態から
横に180°回転後、前方に450°回転。
背面から繰り出す450°スプラッシュと
捉えてもらえばわかりやすいでしょうか?

ハヤブサ、若き日の丸藤、BB×ハルクなど
ごく限られたレスラーしか
使用していないことからわかる通り
特に難易度の高い技として
知られています。
私も大好きな技です、はい。


シットダウン式ラストライド

飛び技によるケガをカバーすべく
新たな必殺技として使用しているのが
このラストライド。
スピードとテクニックだけじゃなく
飯伏にはパワーもあるんです。
それを一発で証明してしまう技ですね。


フェニックスプレックス

飯伏のとっておきの技。
パワーボムの体勢から相手の首をクラッチ。
そのまま後方へ向かって投げるという
とんでもない荒技です。
放つ飯伏自身、強靭な背筋力と
脚力が必要と思われますが
相手は受け身を取ることが不可能。
効率は悪いものの遊び心に満ちた
実に飯伏らしい技だと思います。


ムーンサルトムーンサルト

ムーンサルトプレスを
転がって回避した相手に
その場飛び式のムーンサルトを決める
これまたとんでもない技です。

1発目のムーンサルトは
回転中に相手が避けるのを見てから
着地に切り替えているのか?
それとも始めから予測しているのか?
それとも・・・!?
プロレスを楽しく見る為にも
そんな小難しいことは置いておきましょう!



名勝負・・・これはもう
2015年1月4日、中邑との
インターコンチ戦しか思いつきません。
2013年のベストバウトを受賞した
同一カードも面白かったですけどね。

キレた飯伏とキレた中邑。
殺伐感とワクワク感・・・。
色々なものが詰まった
本当に素晴らしい一戦でした。



そんな飯伏の別の意味での
スゴイ試合がヨシヒコ戦。
一流のプロレスラーは
ホウキが相手でも試合を成立させる。
そんな言葉がありますが
飯伏はダッ○ワイフとだって
好試合をしてしまうんです!



実は、飯伏が世に出てきた頃
華麗だけど何か物足りない選手だと
感じていたのを覚えています。
無論、私の無知ゆえに
飯伏の本当の魅力に
気づいていなかったことも
大きな原因の1つだと思いますが
あくまでも私の中では
そのような評価でした。

覚醒。
これは本来、試合中に
キレた飯伏を表現する言葉なのですが
最近の飯伏はいよいよ
覚醒してきたなと感じます。
凄みを増したといいますか
打撃技を打っているときの飯伏、
リング上で笑う飯伏からは
底知れぬ怖さが感じられ
見ていてワクワクしてしまいます。

ヘビー級戦線へ主戦場を移したことで
Jr.ヘビー級好きの私には
少し物寂しさも感じてしまいますが
飯伏のことですから
ヘビー級でもたくさんのサプライズを
見せてくれることでしょう。
持ち前のルックスも武器に
メディアにもどんどん出演してもらって
プロレスブームを加速させてもらえれば
こんなにうれしいことはありません。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

ザ・ミック再び!実はあのレスラーとの対戦経緯が!?

2015-01-30 19:04:39 | ほこプロニュース

ほっこりプロレスを退団し
世界各地を転戦しているザ・ミックが
メキシコのプロレス団体
CMLLの若きスーパースター
ラ・ソンブラと対戦していたことが
明らかになった。



メキシコでは、飛べないマスクマン
エル・ペリグロとして
活躍していたザ・ミック。
時期を同じくして開催された
ほこワングランプリ2014には
エル・ペリグロとして
正体を隠して参加していた。



しかし、飛べないマスクマンは
ただの変態に過ぎないことに
自ら気づいてしまったのか!?
ほこワンが幕を閉じ
再びメキシコに渡ったザ・ミックが
覆面を手に取ることはなかった。
顔にはルード(悪役)らしく
フェイスペイントを施し
遠い異国のリングでも
気持ちの伝わる熱いファイトを
展開していた。



そんな彼のファイトに
感じるものがあったのか
ザ・ミックに近づく1人の男の影。
彼の名は、ラ・ソンブラ。
新日本プロレスのツアー、
ファンタスティカマニアの
常連選手だったり
中邑真輔とはIWGP
インターコンチネンタルを懸けて
戦ったこともあるので
日本での知名度も抜群であろう。



ラ・ソンブラとザ・ミック。
プロレスマニア垂涎のこの対戦カードは
はたしてどんな結末を迎えたのか?
続報に期待したい。

            to be continued...



★Mr.しもの中の人の裏話★

やらないつもりだったのですが
やっぱり素材があるのに
使わないのは勿体ないと思い
やってみることにしました。

ミックはほこワン2014のとき
メキシコで修行をしていたという
設定でしたので
せっかくだからそれも生かしたいと思い
久しぶりに登場してもらいました。
Mr.しも vs 飯伏のストーリーと
一緒に楽しんでいただければと思います。

「ソンブラ?誰それ?」

そんな声も聞こえてきそうですが・・・
大丈夫です、私もぶっちゃけ
それほど詳しくありませんから(笑)



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント (2)

今週の週刊プロレス NO.1777

2015-01-29 13:42:29 | 週刊プロレス

表紙は、DDTを牽引するHARASHIMA。
インタビューもあります。


DDT 1・25後楽園

たまアリ決戦に向けて盛り上がるDDT。
ですが、最大の注目点は
ササダンゴマシンが
煽りパワポして勝った。
これでしょう(笑)

HARASHIMAのインタビューでは
素朴すぎる素顔が垣間見えます。
実績の割にはとても控えめな選手で
非常に好感が持てました。


新日本 1・19後楽園

ファンタスティカマニア最終日は
大いに盛り上がった様子。
うーん、見たかったです、残念。
来年こそ!


NOAH 1・24大阪&1・24広島

鈴木軍の侵略に注目が集まる中
小峠と原田がノアらしい戦いを
見せてくれました。
丸藤 vs 小峠に匹敵するカード
・・・にはまだまだ遠いと思いますので
もったいぶることなく
ガンガンやってしまっても
いいのかなと思いますね。

一方の鈴木軍。
ノアを盛り上げてくれてます。
ノアに加勢してくれる
Xは誰でしょうね?
矢野?桜庭!?


ダーク・キングダム<全日本>インタビュー

迷走を続けるKENSO。
もはやそういうキャラクターとして
すっかり認知されてしまいましたが
あの体格にWWE、ハッスル参戦の知名度
勿体ないと思うんですけどね。
まぁ、おめぇはそれでいいや。


木谷高明<新日本オーナー>
×馳浩<衆議院議員>


相変わらず、要所要所で
視野の広さや鋭さを感じさせる木谷オーナー。
新日本や日本プロレス界を
見たことのない高みまで
盛り上げていってくれることでしょう。

一つだけわからないのは
なぜ、馳と対談しようと思ったのか?
いえ、うれしいんですけどね(笑)


超花火 1・23 大阪

高山が初代爆破王戴冠!
・・・しまった、私が忙しさで
ドタバタしているあいだに
大仁田との試合も終わっていたんですね。
歳を重ねたせいなのか
最近、こういうことがよくあります(笑)

「高山、落ちぶれたな」という
意見もあるかもしれませんが
私には高山の姿は
やりたいことを楽しんでいるように
映っています。
爆破王?大仁田?
大いに結構じゃないですか!

ちなみにこのタイミングで
ノアのストーリーに戻ってきたとしたら
もう一波乱ありそうで
興味深いですよね。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント