Mr.しもの前途遼遠

オンラインプロレスラー、Mr.しもとザ・ミックの成長日記みたいなものです。

KENTAがWWE退団!?・・・の話

2019-01-31 22:51:29 | WWE

WWEの205 Liveで
活躍していた
ヒデオ・イタミが
ツイッターネームを
ノアで使用していた
リングネームの
「KENTA」に戻し
「THANK YOU」と
ツイートしたことが
話題になっています。
WWEを退団する
意向を固めたと見て
間違いなさそうです。

WWEでは
KENTAの持つ
ポテンシャルを
十分に発揮できたとは
言い難かったですし
日本人初の
WWEトップスターという
アメリカンドリームは
既に中邑真輔と
ASUKA選手の手によって
叶えられています。
ちょっと
フライングぎみな
発言ではありますが
引き際としては
ギリギリセーフ
だったのかなと
個人的に思ってます。

退団となれば
次はどのリングに
上がるのか?
・・・という
話になるでしょうが
やはり
ノアファンとしては
ノアのリングでこそ
KENTAは輝けると
思ってます。
他団体に上がる
KENTAを
見たくないといえば
嘘になりますけどね。

いずれにせよ・・・

待ってたぞ!
KENTA!!




↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

Mr.しもの中の人、1月期反省会

2019-01-31 05:39:21 | その他

仕事の役職が変わり
目まぐるしく
過ぎていった感のある
1月・・・、
ある程度
想定していたとはいえ
プロレスゲーム動画作りの
時間を作ることが
できませんでした。
仕事に慣れるまでは
まだまだこんな調子が
続くのかなぁと
ちょっとモヤモヤする
日々です。

ブログの方も
プロレスネタを投下して
なんとなくやり過ごす
防戦一方な
ところがありましたね。
プロレス観戦も
ノアの後楽園大会しか
行けませんでしたし
フラストレーションの
溜まる日々が
続いています。



そんな中で
Mr.しも杯で出会った
同志たちが
活動を始めたのは
うれしく感じていますし
オバゼアさんのリングに
呼ばれたことも
リフレッシュする
きっかけになりました。

2月こそは
ガンガン活動して行きたいと
考えているのですが
まずは毎週の休みを
確保できるよう
勤務日に仕事を
終わらせられるように
していかないとですね。
だんだん仕事のスタイルも
できてきたような
気がしますし
2月からの
Mr.しもの逆襲に
どうぞご期待下さい!?


ほっこりプロレス大賞2018、
読者投票受付中!
受付期間は
2019年1月31日までを
予定しています。
詳細はコチラをご覧下さい!




↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

KUSHIDA、ラストマッチで棚橋から金星ならず

2019-01-30 00:53:33 | 新日本プロレス

ソースは、デイリースポーツ

「プロレス・新日本」
(29日、後楽園ホール)

新日本の
ジュニアヘビー級をけん引し、
今月限りで退団する
KUSHIDAが
新日本での
最後の試合で
棚橋弘至と
初のシングルマッチを
行って敗れた。

11年の入団から
新日本本隊で
行動を共にしてきた
先輩の棚橋と
手加減なしの激闘を
繰り広げたKUSHIDA。
長いグラウンドの攻防から
ドラゴンスクリューなどで
左ヒザを集中攻撃されたが、
顔面に張り手を放って
にらみ合うなど、
果敢に反撃する。
さらに得意技の
変形ドライバー、
バックトゥザフューチャーを
完璧に決めたが、
惜しくもフォールは奪えず。
最後は棚橋に
ダルマ式原爆固めから
テキサス四つ葉固めを
決められてギブアップ。
大金星で
有終の美を飾ることは
できなかった。

だが試合後、
両者が健闘を
たたえ合っているところに、
2月11日の大阪大会で
棚橋が持つ
IWGPヘビー級王座に
挑戦する
ジェイ・ホワイトが
外道とともに乱入。
観衆から激しい
罵声を浴びながら
棚橋をイスで殴打して、
送別ムードを
ぶち壊しにしてしまった。

それにもめげずに
最後のマイクを持った
KUSHIDAは
「棚橋さん、
最後の最後まで
プロレスラーとして
最高にカッコイイ背中、
勉強させていただきました」
と感謝。
新日本のジュニアヘビー級を
けん引してきた男は
今後、海外で活動する
意向を示しており、
「この8年間の出来事、
新日本のレスラーとの戦い、
いろんな風景、
今日のお客さん、
未来永劫、
絶対忘れません。
これを最高の
お守りとして、
旅してきます。
行ってきます」
とあいさつすると、
大KUSHIDA
コールが送られた。

インタビューでは
「棚橋さんは
今まで戦ったレスラーで
一番強かったです。
何も通用しなかった」
と、尊敬する先輩に脱帽。
「何一つ不満がないです。
何一つやめたい
理由がないのに
何でこの決断を
するんだろうと思って、
自分が一番
あきれているんですけど」
と複雑な心境を
明かしながらも、
「すべて終わった
感じと言うよりは、
明日からまた
走り出さないと
ヤバいことになるぞと。
期待感、不安も
ありますけど、
ワクワク
走り出さなきゃという
気持ちでいっぱいです」
と、新天地での
活動に胸を躍らせた。



KUSHIDAについては
これまで結構
厳しい意見を
書いてきたんですけど
それもこれも
天下の新日本プロレスの
ジュニアヘビー級を
牽引すべき存在だと
思っていたからこそ。

そういう立場なのに
なぜ反則技の
ナックルを
使っていたのか、
なぜ必殺技を
飛び技、関節技、
投げ技と
コロコロ変えてきたのか、
疑問ばかり生まれる
ファイトスタイルが
気になって
仕方なかったんですよね。
本人なりの
ポリシーみたいなものが
あったのでしょうけど
ついぞそれは
わからなかったなぁ・・・。

そんな奔放な(!?)
KUSHIDAだからこそ
新日本のジュニアの
牽引者よりも
世界の舞台で
チャレンジャーとして
戦い続ける道を
選んだのかもしれません。

これまでさんざん
悪態をついてきたからこそ
これからはしっかり
応援したいと思います。
頑張れ、KUSHIDA!

試合はなんだか
もらい泣きしそうに
なりました・・・。


ほっこりプロレス大賞2018、
読者投票受付中!
受付期間は
2019年1月31日までを
予定しています。
詳細はコチラをご覧下さい!




↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

ノア新体制移行を発表

2019-01-29 22:58:04 | NOAH

ソースは、東スポWeb

ノアは29日、
2月1日から
新体制に移行すると
発表した。

2月1日の東京
後楽園ホール大会で行われる
GHCヘビー級選手権
(王者・清宮海斗
VS挑戦者・マサ北宮)
の調印式が都内で行われ、
冒頭でノアを運営する
ノア・グローバル
エンタテインメント社の
不破洋介社長が
今月30日から
新事務所を開設すると
説明した。

今後は株式の
75%を取得した
リデットエンター
テインメント社が
団体の新オーナーになる。
ノアは不破氏が
社長に残り、
内田雅之会長が
今月31日付で退任する。

リデット社は
長州力プロデュース
興行などを手がけ、
プロレス大会の運営に
抜群のノウハウを持つ。
同社の武田有弘
常務取締役によると
昨年11月から
話し合いが
進められたという。
ノアの新役員は
現在のところ
不破社長だけで、
武田氏が内田氏に代わり
現場の運営を引き継ぐ。

武田氏は
「具体的には
これからですね。
直近のビッグマッチ、
3月10日の
横浜文化体育館大会までに
新しくなった
イメージを作れれば。
将来的に? 
ビッグマッチを
増やしたいし、
増やさないと厳しいと思う。
なおかつ
(観客を)入れないと」
と語った。

まずは盟主
新日本プロレスに次ぐ
明確な業界2位を
目指す方針で、
組織づくりから着手する。
「今のノアの顔は誰なのか、
リング上で
選手間が主張し合って
決めてほしい。
丸藤(正道)選手なのか、
清宮選手なのか。
その選手が引っ張り、
その選手の主張が
新しいノアの主張に
なればいい」
と期待をかけた。



うーん、
会社の中のことは
私にはよくわかりませんが
少なくとも私にとって
内田さんの体制に
変わってからのノアは
とても面白かったので
寂しさはありますね。
不安もありますが
単純にノアがもっと
面白くなるのであれば
大歓迎です、ええ。

ビッグマッチは・・・
私も増えてほしいですねー。
特に首都圏以外での
ビッグマッチを
もっと開催して
もらいたいですね。


ほっこりプロレス大賞2018、
読者投票受付中!
受付期間は
2019年1月31日までを
予定しています。
詳細はコチラをご覧下さい!




↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

今年も発売!BBM女子プロレスカード2019!!

2019-01-29 12:11:21 | 女子プロレス

今年も2月にBBM社より
女子プロレスカード2019
TRUE HEARTが
発売になるようです。

商品についての詳細は
まだ明かされていませんが
恒例となっている
直筆サインカードと
チェキカードは
封入されると見て
間違いないでしょう。
「2018」の
キスマークカードのように
それ以外の目玉カードも
あるかもしれないですね。



昨年、一昨年と
開封動画を作った
このシリーズですが
もちろん2019年版も
チャレンジしたいと
考えています。



2018年は
女子プロレスの大会にも
何度か足を
運んでいますからね。
知っている選手も
かなり増えましたし
例年以上に
発売が待ち遠しいです。


ココで今年の
TRUE HEARTで
直筆サインカードや
チェキカードを
是非とも引き当てたい
私の推しレスラーを
ご紹介しておきましょう!

なお、現時点では
まだ収録選手が
明かされていませんので
ココで紹介する選手が
カード化されない
可能性もありますので
ご了承下さい。


万喜なつみ選手

まずは
何と言っても
私が最も推している
万喜なつみ選手。
「2018」では
キスマークカードも
ラインナップされましたが
引き当てることが
できませんでしたので
「2019」こそは
自力で引き当てたいですねー。


安納サオリ選手

そして会場では
圧倒的な人気を誇る
安納サオリ選手。
オークションで
買おうとすると
それなりの値段に
なるでしょうから
やはりここは自力で
なんとかしたいところ。

ちなみに
シングルカードを
単品狙い撃ち購入を
ご検討の皆様は
発売直後で
同一商品が多数
オークションに
並んでいるタイミングが
オススメですよ!


雪妃真矢選手

昨年末には
アイスリボンの
シングル王者となった
雪妃真矢選手。
異色の経歴を持つ
才女のカードは
是が非でも
引き当てたいカードです。

万喜選手から
雪妃選手までの3選手は
奇しくも「2018」で
キスマークカードが
製作された3選手。
奇しくもも何も
それだけ人気があるって
だけの話なんですけど。


志田光選手

昨年は
ノアの丸藤との
リベンジマッチに挑んだ
志田光選手も
直筆サインカードを
一枚も持っていない
選手の1人。

たぶん
女子選手の中では
一番多く試合を
観戦しているのが
志田選手かなと。
それくらい
男子も含めて
色々な団体に
引っ張りだこな
選手ってことですね。



BBM社
女子プロレスカード2019
TRUE HEARTは
2月下旬発売予定。
発売が楽しみです!!


ほっこりプロレス大賞2018、
読者投票受付中!
受付期間は
2019年1月31日までを
予定しています。
詳細はコチラをご覧下さい!




↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント