Mr.しもの前途遼遠

オンラインプロレスラー、Mr.しもとザ・ミックの成長日記みたいなものです。

YouTubeでノア1.7浜松のメインが公開!

2018-01-31 21:29:39 | NOAH

YouTubeの
ノア公式チャンネルで
1.7浜松大会の
メインイベント、
拳王 杉浦 齋藤
 vs 
宮本 潮崎 清宮の
ダイジェスト動画が
公開中です。

これまでも大会の
ダイジェスト動画は
何度かありましたが
メイン一本の
ダイジェスト編集は
初めての試みだと思います。
2.2後楽園大会で
GHCヘビー級王座を争う
拳王と宮本裕向、
海外武者修行から帰国し
大きく変貌を遂げた清宮は
今、ノアマットで
最も旬な選手たちであり
ファンの関心も
強いところですので
彼らの試合をたっぷり楽しめる
このパターンの動画は
うれしいですね。

あいかわらず
ダイジェスト編集のセンスが
ちょっと残念なんですけど・・・。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

夜冴をWWE2Kシリーズで再現計画

2018-01-31 21:20:10 | WWE2Kシリーズ

ファイプロワールドで
作成したオリジナル女子、
李 夜冴(リ・イェフー)を
WWE2Kシリーズで
再現してみたいと考え
挑戦してみました。

そして
出来上がったのが
コチラ・・・↓





うーん・・・、
なんかイメージと違う。
こんな美女にするつもりも
なかったんですけどね。
自分の中で
夜冴の顔のイメージは
女優の水川あさみさん
みたいな感じなんですけど
これだとちょっと
ファイナルファンタジーに
出てきそうですもんね。

あっ・・・、
水川あさみさんが
美女じゃないって
意味じゃないですよ!
私、すごく好きですし。
CGっぽい美しさではなく
人間らしさをもっと
出したかったなって
話でして・・・。

もうちょっと
調整してみましょうか。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

1月に試合動画を作れなかった件

2018-01-31 06:13:42 | その他

うぬぬ・・・、
こんなはずでは
なかったんですけどね。
満を持してのYAMATO戦も
その次にやろうと
考えていた試合も
あったんですが・・・。
このマイペースさが
私らしいといえば
私らしいんですけどね。

2月は・・・頑張ります!



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

やっぱり行きます!ノア2.2後楽園大会

2018-01-30 21:50:56 | NOAH

今週の金曜日に迫った
ノアの後楽園大会。
2月は仕事が
忙しいこともあって
この大会の観戦は
半分以上
諦めていたのですが
日頃の行いが良かったのか、
この日、奇跡的に
予定を空けられることに
なりました。

・・・というわけで
2.2後楽園大会も
ガッツリ観戦してきます!
気になる全対戦カードは
コチラです↓


YO-HEY vs 宮脇純太

ちょっと意外な
この2人の組み合わせ。
宮脇は不甲斐ない試合が
続いていますので
そろそろ殻を破るところが
見たいのですが・・・!?


原田 タダスケ
vs
大原 雅夫


うーん・・・。
何ていうんでしょう、
大原と雅夫のタッグが
勝つ絵がまるで
浮かばないんですよねぇ。
そんな予想を
思いっきり裏切ってくれたら
サイコーなんですけど・・・。


潮崎 小峠
vs
コーディ ジェイ・ブラッドリー


これはなかなか
興味深いカード。
潮崎は清宮と
急接近中ですが
小峠とのチームワークは
大丈夫なんでしょうか?
何かが起きそうな予感のする
タッグマッチです。


石森 Hi69 LEONA
vs
小川 田中稔 諸橋


タッグ結成が決まるや否や
ノアファンの間で
話題沸騰の小川と稔。
私も非常~に楽しみです!
小川マジックを
堪能したいですねー。


中嶋 北宮
vs
杉浦 齋藤


4WAYマッチで
抜群の戦績を誇る北宮と
拳王戦に興味を示す杉浦。
次のGHCヘビー級王座への
挑戦者を決める一戦に
なるかもしれません。

個人的には
杉浦を推したいところ。
北宮には申し訳ないのですが
マサ齋藤ギミックだけでは
まだまだGHCは遠いぞ!?


GHCジュニア・ヘビー級王座
挑戦者決定戦
HAYATA vs 熊野


イイじゃないですか、
挑戦者決定戦。
両選手とも
いきなり原田に挑戦するのは
ちょっと疑問が
残りますからね。
白黒つけてもらおうでは
ありませんか。

熊野は清宮から
少なからず刺激を
受けていることでしょうから
この辺で何か起爆剤が
ほしいですね。
もしGHC Jr.王座を
戴冠した実績のある
HAYATAを撃破できれば
それを浮上への足がかりと
できそうです。


丸藤 vs 清宮

現エースと未来のエースの
シングルマッチ。
期待していないと言えば
嘘になりますが
私の清宮評は「まだまだ」。
そんな私の予想を
思いっきり裏切って
清宮が好試合を展開できれば
ノアがもっともっと
面白くなると思うのですが
それはいくらなんでも
期待過剰でしょうか!?


GHCタッグ選手権試合
ヨネ ストーム
vs
谷口 長井


不穏な香りが
ぷんぷん漂うこの試合。
見たかったんですよ、コレ。
ヒールの少ない
ノアのリングにおいて
長井の適度なチンピラ感は
ジャストフィット
しているように思います。

一方のヨネ&ストーム、
もうちょっと色々なモノを
発信していける2人だと
思っていたんですけどね。
ファンに愛されている
チームなのに
今のところ
話題を作れているとは
思えないんですよね。

そんなタイミングで
谷口組と戦えるのは
最大のチャンスなのでは
ないでしょうか?
良くも悪くも
注目の集まるこのカードで
何か新しいものを
見せてほしいですね。


GHCヘビー級選手権試合
拳王 vs 宮本裕向


この試合も
GHCタッグと同様、
キケンな香りが
漂ってますよね。
1日に2試合も
そんな雰囲気を味わえるなんて
ノア観戦ではなかなか
貴重な体験だなと。
デスマッチが見たいわけでは
ないんですけど
デスマッチでも勝てる
拳王は見てみたいです。


以上全9試合、
この日は仕事の
忙しさを忘れて
思いっきり楽しんできたいと
思います!



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント

キン肉マンで好きな技ベスト5 スレた現在編

2018-01-30 01:35:19 | キン肉マン

「キン肉マン」に登場する
数々の必殺技の中から
私が好きな技のベスト5を
発表するこの企画。

前回は私が少年時代、
「キン肉マン」を
リアルタイムで見ていた頃の
ランキングを発表しましたが
今回は歳を重ねて
すっかり心も
スレてしまった
今現在のランキングを
発表したいと思います。


それでは・・・
カウント~ダウンッ!!


第5位
ビッグベンエッジ


「キン肉マンII世」に
登場するキャラで
ロビンマスクの実子、
ケビンマスクの
代表的な必殺技で
上空にいる相手を
側方からロックし
マットに叩きつける技。

これ、カッコよすぎだと
思いませんか?
技のフォームといい
技名といい
すべてがカッコイイ!
私、ひねくれものである反面、
中二病も患っておりまして
こういうカッコよさを
ドストレートに
表現したものって
嫌いじゃないんですよ。

そもそも使い手の
ケビンマスクは
ロビンマスクの息子ながら
悪行超人になったり
主人公のキン肉万太郎を
唯一破ったキャラだったり
声優が置鮎龍太郎さんだったり
カッコよさをすべて
凝縮したような
キャラクターですからね。

余談ですが
かつてノア在籍時に
鈴木鼓太郎が
この技をリアルで
再現したことがありますが
これがなかなかの出来で。
結構な危険技でも
あるんですけどね。


第4位
マッスルスパーク


少年時代の第1位に選んだ
キン肉マンの最強技は
現在は第4位に
ランクダウン。

少年時代は
空中で相手を極める
「天」の方が
好きだったのですが
大人になると
フィニッシュ部分にあたる
画像の「地」の方が
好きになってきました。
対戦相手は
土下座をしているような
姿勢のまま
更に掌を上にした状態、
つまり完全降伏を
しているような姿で
マットに叩きつけられる
わけですから
精神的にも
キツイと思いますね、コレ。

1位からランクダウンしたのは
「II世」のラストで
万太郎が「地」を使ったり
「完璧超人始祖編」で
ネメシスが使ったり
し始めたからですね。
ちょっと
安売りしているように
感じてしまいました。

シルバーマンの
アロガントスパークが
登場したことも
要因の1つです。


第3位
OLAP


パロ・スペシャルの
リバース版にあたる
OLAPが第3位です。
使用するのは第5位の
「ビッグベン~」と同じく
ケビンマスク!
「II世」は「キン肉マン」と
比べてしまうと
作品として見劣りするものの
このキャラの存在感だけは
絶大でしたからねぇ。

選考の理由ですが
やはり子供時代に
友達とパロ・スペシャルを
掛け合ったあの頃を
思い起こさせてくれたことが
大きいですね。
しかも、そのパロ~よりも
自分自身の姿勢保持が困難で
背中合わせで技を掛ける為、
難易度もグッと高くなるのに
掛けられている方の
ダメージはほとんど同じ。
そんな「無駄さ」が
お気に入りなんです。

万太郎との戦いは
実質的にはこの技で
勝敗が決するのですが
そのシーンが
本当に素晴らしいんですよ。
悪魔将軍vsザ・マンも
素晴らしい試合でしたが
私の中のベストバウトは
いまだにこの試合ですね。

またまた余談ですが
この技も鼓太郎が
ノアのハロウィン興行で
使用しており
これまた上出来でした。


第2位
マッスルミレニアム


「II世」の主人公、
キン肉万太郎が
キン肉バスターの次に
必殺技として編み出した
オリジナル技。
上空から落下する相手の
背部をめがけて
ロープの反動を利用し突進。
そのまま反対側のロープまで
矢のように突き刺し
背部、顔面、両足に
ダメージを与える技です。

この技、
習得するまでの過程は
クソみたいな展開で
まったくの偶然によるもので
それほど好きなエピソードでも
ないんですけど
技自体はかなり好きなんですよ。
一般の読者からは
あまりウケが良く
ないみたいなんですけどね。
私はヘンタイですので・・・。

高評価のポイントですが
ロープの反動を利用し
ロープに突き刺すという
プロレスのリング
ならではの必殺技という
ところが大きいですね。
「キン肉マン」の
作風の魅力の1つに
殺し合いに近い真剣勝負を
繰り広げるというのに
その場所がリングの上という
スポーツライクなところ
・・・という点があります。
そんな作品の矛盾点を
笑い飛ばすかのように
この技は使用状況が
制限されているんです。
イイですねぇ、
私こういう潔さ、
大好きなんですよ。

また、この技を
使用するとき万太郎は
対戦相手に対して
矢のように
突っ込んでいきます。
これがいかにも
少年漫画っぽくてイイ!
ザ・ミックのスピアーに
通じるものがあります。

そして・・・
「キン肉マン」の
王位争奪編で
ロビンマスクが
マンモスマンに
命を賭して放った
ロープワークタワーブリッジ。
あのときの感動が
ちょっとだけ
甦ってくるんです。
まぁ、これは
後付けなんですけど(笑)


そして栄えある
第1位は・・・


第1位
神威の断頭台


悪魔将軍が
師匠である
超人閻魔ことザ・マンを
倒す為に編み出した奥義、
神威(カムイ)の断頭台を
第1位に選びました。

もうね、
バレバレだったと
思いますけど
イイものはイイ!!
そういうことですよ。



この技の原型となった
「地獄の断頭台」、
こちらは少年時代編でも
第5位に選びましたが
そのときは
技のシンプルさには不満で
「断頭台」という
言葉の響きが好きでした。

不思議なもので
大人になると
これが逆転していましたね。
「地獄の~」という技名が
気になってくる反面、
技モーションのシンプルさは
「洗練されたもの」という
印象を受けるように
なりました。

この技単体でも
「神威の~」が登場しなければ
1位だったかもしれません。



一方の「神威の~」は
対戦相手が技から
脱出するのを防ぐ為に
左膝を右足と右手で
ガッチリとロック。
冷静に考えると
その手足を使って
相手の体の一部を
掴んだ方が良いような
気がしないでもないですが
脱出不可能にするだけでなく
右足と左腕の分の
パワーも加わると考えれば
Every Little Thing。
屁のつっぱりは
いらんですよ。
何よりこの
考える像のようなフォームが
エレガントではありませんか!

十分な破壊力を誇る
「地獄の~」を自らの
奥義とはせず
更なる追求の結果生まれた
悪魔将軍の奥義。
そこには
自らの奥義は
師匠であるザ・マンを
倒すことができるもので
なければならないという
こだわりがありました。
そんな設定の妙も
加味しての第1位です。



キン肉マンで好きな技
ベスト5 現在編、
いかがでしたでしょうか?
技そのものではなく
思い入れや設定にも
ウェイトを置くように
なってきたと感じる反面、
ビッグベンエッジや
神威の断頭台のように
シンプルに見た目の
カッコよさに惹かれる
童心もいまだ
持ち合わせているようです。
大人になりきれて
いないということなのかも
しれませんね(笑)



次回はいつか
「トラウマ編」
なんていうのも
やってみたいと思ってます。
結構、エグイ技も
沢山あるんですよね~。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント