“いえづくり”を通して学び・気づき・・・マイホームを建てるって!?

家創り・・・家造り・・・家作り・・・って
”いえづくり”のことをいろいろな視点から話をしていきたいです。

20180315 ”家づくり”への思いは、このマザーテレサさんの言葉の実践が出来れば・・・

2018年03月15日 23時59分59秒 | 三村工業株式会社って??

歴史の教訓に学べば、

    進む路が見えてくる

 

過去の出来事は、同じパターンで繰り返される。

先人の尊い体験に学び、今に活かせば、

未来は明るく開ける。

 

 

もう一つのブログにもこの言葉をUPしました。

https://blog.goo.ne.jp/pta-oyaji-blog(こちらは、日々更新中です。(●^_^●))

このマザーテレサさんの言葉が”こころ”に残っています。

 

ANYWAY(でもとにかく)

 

人々は、道理に合わず、非論理的で、自己中心的になりがちです。

でも、とにかく彼らを愛しなさい。

 

たとえあなたがいいことをしても、人々はあなたを告発し、

あなたを利己的な人だとか、秘められた野心をもつ人だとかいうでしょう。

でも、とにかくいいことをしなさい。

 

あなたの長い努力が生んだよい実りも、人に無視され、

明日には忘れ去られるでしょう

でも、とにかくいいことをしなさい。

 

誠実、正直であるために、あながた傷つけられることもあるでしょう。

でも、とにかく誠実、正直でありなさい。

 

数年かけてこつこつと築き上げてきたものが、

一夜にして崩れさるかもしれません。

でも、とにかく築き上げていきなさい。

 

人々は、本当に助けを必要としています。

しかし、実際に手助けすると、責められることもあるでしょう。

でも、とにかく手助けをしなさい。

 

持ち物の中で、一番いいものを人々に与えなさい。

面と向かって苦情を言われるかもしれません。

でも、とにかく持ち物の中で一番いいものを人々に与えなさい。

 

(インド・カルカッタにあるマザーテレサの孤児たちのための施設、

 シシュ・ババン「聖なる子供の家」の階段の壁に記されている

 マザーテレサのメッセージ)

 

“家づくり”・・・

三村工業株式会社としての“家づくり”の思い・・・

このマザーテレサさんの“こころ”を形にするような?

そんな思いで取り組んでいければ!って思います。

 

『安心』と『安全』を形に!

 

これが三村工業株式会社の“家づくり”のキーワードです。(@_@)

 

 

三村工業株式会社の住宅事業部はこちらで・・・

http://mimko.jp/index.html

コメント

20180212 『しあわせ住まいる住宅』♪ 新しいキーワードです。(●^_^●)

2018年02月12日 23時59分59秒 | 三村工業株式会社って??

目の前の物に礼を尽くす

 

そこにあるのが当たり前と思っていないか。

その一つがなければ、出来ないこともある。

<使わせていただく>謙虚な気持ちが大切。

 

 

つかわせて戴く!

この謙虚な気持ちが大事です。!!

 

“家づくり”で言うと・・・

私達は、”家づくり”の家造りという部分で携わっています。

これをおごった気持ちで?

家を造ってあげているんだ!なんて思うのは間違いです。

 

お施主様の貴重なお金を戴いて・・・

尚且つ!

大事な大事な“家づくり”の過程として・・・

逆に?

その家を遣わさせて戴いている!

この“こころ”・・・

この姿勢があるべきなのかなぁって思います。

 

造り手が・・・

住い手の・・・

その“家づくり”のお手伝いをさせて戴いている!

そんな気持ちが・・・

そんな“こころ”がけが◎なのかなぁて思います。

 

お借りしているモノであれば・・・

今まで以上にもっと丁寧に!!

自分自身のモノでも大事にしていますが・・・

より?丁重に!?

これが人としての心理ですよね。

そんな思いで・・・

”家づくり”に関わっていけれたら幸せですよね。

 

造り手も・・・

住い手も・・・

笑顔になれる“家づくり”が◎だと思います。

 

そんな思いからの・・・

スマイル・・・からの住いる!?

 

というコトで・・・

 

『しあわせ住まいる住宅』

 

って・・・・

住宅事業部の”家づくり”を言葉にしていました。

 

『安心』と『安全』を形に!

 

そして・・・

しあわせ・・・

住まいる・・・

スマイル・・・

このキーワードで“家づくり”中です。(●^_^●)

http://mimko.jp/index.html

 

 

今日は番外編でした。

コメント

20171127 セカンドオピニオン♪ もし?不安や不満を少しでもお持ちなら・・・一生一代の大仕事です。(@_@)

2017年11月27日 23時59分59秒 | 三村工業株式会社って??

幸福と苦難は、

    表裏一体

 

禍福はあざなえる縄の如し。

掌を返せば、手の甲が表われるように、

幸も不幸も、自分の捉え方にある。

 

 

幸福・・・

苦難・・・

それは、自身の“こころ”が決める!?

要は?

“こころ”が大事って言うコトですね。(●^_^●)

 

“家づくり”もそう?

楽しいって思えるか?

苦痛?『負担感』?になってしまうのか?

それも?

“こころ”次第なのでしょうか??

 

折角の“家づくり”・・・

一生一代の大仕事!?

苦痛じゃあもったいないですよね??

楽しみながら?

幸福感を感じながらが◎ですよね。

 

こんなコトをお聴きしたコトがあります。

夢のマイホームつくり♪

夢いっぱいで取り組んでいました。

ハウスメーカーさんも決まり・・・

お話もどんどん詰めていきました。

 

初めての“家づくり”・・・

気合も入るし、夢や希望も盛りだくさん!

結果・・・

予算オーバーという現実が・・・

正確に言うと、借入金額が限度額を超えてしまった(泣)

年収からの限度額というモノもありますし・・・

返済額からの限度というモノもあります。(月々の返済の余裕度?)

 

そして、どうなったのか??

”家づくり”の家造りは、そのまま継続をして・・・

住いという部分での器は確保できました。

残念なコトに・・・

車を置くスペースは、土のままで・・・

雨が降ると道路にまで土が出てしまう!?

 

これって・・・

まさか?って思いますが・・・

目の当たりにした事実です。

ご縁があって・・・

外構工事から関わりを持たせて戴いて・・・

無事?

この問題は、解決できましたが・・・

こんなコトが現実に起こるんだ!って痛感しました。

 

初めての“家づくり”・・・

信頼の出来るハウスメーカーさんでも?

不測の事態が起きるコトがあるんですね(@_@)

いま、現在進行形の方?

あれ?

おや?

って思う部分はありませんか?

何度も書いていますが・・・

セカンドオピニオン♪として声を聴く・・・

しかも?

信頼を出来る人に・・・

 

信頼の基準が分からない!!

結局は?二の舞では??

おっしゃる通りです。

一つの基準は・・・

地域の中でながぁ~く続けているコト!

継続は力なり!

その継続が長ければ長いほど?

信頼という部分での担保になるのかなぁって思います。

 

現実・・・

私自身が平成3年に戻ってきて・・・

26年間いろいろなご縁を戴いてきました。

その前から?

設立で60年目の年を迎えて・・・

創立で92年目の年を迎えて・・・

その信頼の積み重ねが無ければ会社自他の存続が?!って思います。

 

地域の中で生きている会社だからこそのやるべきコト!

地域の中での関わりがある会社だからやってきたコト!

ハウスメーカーさんのような派手さはありませんが・・・

地道にコツコツと・・・

とはいえ?

今の時代は、”家づくり”のノウハウは情報化の時代!

 

地域の会社って・・・

昔ながらの古臭い感じ?っていうのでは、生き残っていけません(苦笑)

最近は、こんな“家づくり”での関わりを・・・

初めての“家づくり”・・・

いろいろな不安が・・・

もしかして?

いろいろな不満も・・・

一度、地域で頑張っている会社にご相談はいかがでしょうか?(@_@)

 

地元ならではの土地情報も持っていますので・・・

これから土地探しの方でも!

いま、ハウスメーカーさんと検討中で・・・あれ?おや?って実は・・・って言う方も

ゼロベースからでも・・・

半分でも・・・

まずは、相談は無料なので(笑) いかがでしょうか??

そして、二つのHPのお問い合わせ欄から届きます。

三村工業株式会社の新提案

http://www.mimko.jp/

 

三村工業株式会社のHP

http://mimko.co.jp/

HPよりお問い合わせでも結構ですが・・・

こちらのアドレスにまずはメールでご相談でも(@_@)

メールの方が気が楽だって言う方は・・・

 

mim★olive.ocn.ne.jp

全てアルファベットの小文字です。

★を@に変えて戴けえれば・・・

担当は、三村です。

このブログの管理者です。

どうそ、よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

PS

ハウスメーカーさんの愚痴でも(笑)

お聴きしますよ・・・

コメント

20171105 一生に一度の”家づくり”・・・セカンドオピニオン!って必要だと思いませんか?

2017年11月05日 23時59分59秒 | 三村工業株式会社って??

サッとやれば、

 サッとできる

 

今やることを先に延ばしていないか。

あっさり動いてみれば、

意外と速やかに片付いていく。

 

 

その通りです。

この今日の言葉の通りです。

 

”家づくり”のブログ・・・

このブログも実は、日々更新をしていました。

毎日続けていると?

それが習性となって?

逆に開けると?不安になる?という気持ちに??

ところが・・・

ランダムになると?

最初の内は?変な気持ちですが・・・

それが一日、また一日と伸びていくと?

あれ?

おや?って言う間に1週間くらい・・・

あっという間に過ぎていきます。

不思議な感覚ですよね。

 

ちなみにこちらは・・・

あしかけ元のブログから通算して・・・

3,897日間継続をしています。

まさに一日も欠かさず・・・

これが継続の秘訣なのかもしれません(笑)

http://blog.goo.ne.jp/pta-oyaji-blog/

 

“家づくり”・・・

実は、”家づくり”の家造りは着工と完成があって・・・

竣工をしてお引渡しになります。

“家づくり”の家作り・・・

実は、このお引渡しがある意味?新しいスタートで!

その後・・・

その住まい手を一生護っていく!?

まさに?

一日も欠かすコトなく・・・

もっと言えば?

一瞬も欠かすコトなく・・・

その住まい手を護りつづけていくんですよね。(@_@)

 

そう考えると・・・

他人様の生命?生活?をお預かりする!

そんな大変な使命と責任を抱えた生業なんだ!!って

改めて痛感します。(@_@)

“家づくり”・・・

ややもすると?

商品の様にモノを売る?というスタイルの方も・・・

ハウスメーカーさんの感覚?

それは、自社の商品をしっかりとPRしながら売っていくスタイルですね。

 

そのメリットは・・・

自社の独自のブロンドの確立で・・・

洋服や車を選ぶような感覚でブランド選びが出来る!という部分だと思います。

私も実際そうですが・・・

お気に入りのブランドがあって・・・

選択肢の中には、まずそのブランドが入る!って言うのは事実です。(笑)

そのブランドの努力の賜物ですよね。

ハウスメーカーさんもそういう意味では、そこにすごく力を入れています。

なので?

ハウスメーカーさんのブランド力に惹かれて?決める方の心理?

それは、ある意味?当たり前なのかなぁって言う気もします。(@_@)

 

ただ?

個人的に思うのは?

洋服や車の様に?

また、新しいモノを買う、買い替える!というコトが出来るモノと・・・

一生に一度のお買いモノ!

そういう感覚の強い?“家づくり”・・・

ブランドに惹かれて?

その安心感だけで?いいのかなぁって思います。

こだわり?

使い勝手?

わがまま?

”家づくり”という部分には・・・

いろいろなモノが実は出てきます。(@_@)

 

ちょっとしたコトではありますが・・・

日々の生活の中で毎日直面するモノも多々?!

なので?

“家づくり”という部分・・・

ハウスメーカーさんのモノは◎ですが・・・

本気で“家づくり”を考えるのであれば?

そこでちょっと待った!!的な思考が大事なのかなぁって思います。

比較検討!

相見積?

合い見積もり?

地域の会社の持つ・・・良さ?

一生モノの“家づくり”という部分での自由度?

本当の意味での自由設計やわがままの利く“家づくり”?

 

そういったモノを踏まえた上での取捨選択!?

これが?

こういった考え方が・・・

”家づくり”には、実は大切なのでは?!って思います。

ハウスメーカーさんの見栄えやブランド力!素敵ですよね(笑)

でも?

でも?

一生モノの“家づくり”・・・

本当の価格や・・・

本物の仕様も・・・

一度、じっくり比較をしてみてはいかがでしょうか??

 

特に?

一度、ハウスメーカーさんでお見積もりを取った・・・

PLANをつくってもらった!!

そういうかたこそ?

冷静に比較検討が可能だと思います。(@_@)

一生に一度の大仕事・・・

是非!

一度、比較検討をされてはいかがでしょうか??

建てる前なら・・・

その前であればいろいろなコトが出来ます。

 

あっ・・・

ちなみに・・・

ハウスメーカーさんと契約後にお会いして・・・

違約金を払ってでも・・・って

当社でお世話になった方もいらっしゃいます。

不思議なコトですよね・・・

でも?

一生に一度の“家づくり”・・・

それくらいのコトがあっても!?

 

これからの人生・・・

これからの生活・・・

自身も・・・

家族も・・・

護ってもらう“家づくり”・・・

 

創業大正14年・・・

設立60周年の歴史という事実・・・

この事実があるからこういうコトが言えるんです。(@_@)

これは・・・

私自身だけの言葉ではなく・・・

三村工業株式会社が地道に築いてきた歴史が語っています。

どうぞ・・・一度だけでもお話を、ご相談をお待ちしています。

(ご安心ください、しつこい営業は苦手です。(苦笑)それが弱点でもあります。)

会社HP(住宅事業部)はこちらです。 

http://mimko.jp/

 

コメント

20171029 本当の意味での自由な”家づくり”!? 実際どういう意味なの??

2017年10月29日 23時59分59秒 | 三村工業株式会社って??

その言葉は、

  生命の発動

 

古人の至言は、時代を超えて語られる。

真心から発する言葉は、

境遇を拓き、人をも動かす。

 

 

言葉・・・

会話・・・

対話・・・

家族の顔が見える“家づくり”・・・

よく聴く言葉です。

よく言葉にするフレーズです。

私自身も家族の顔が見える“家づくり”ってよく言っています。

 

では?

家族の顔が見える“家づくり”ってどんなモノ??

家族の顔が見える“家づくり”ってどんなコト??

 

例えば・・・

こんなキッチン・・・

対面式で家族の様子を見渡せるキッチンってその一つかなぁって(@_@)

そのうえ?

リビング階段なら?

LDK(リビング・ダイニング・キッチンが同じ空間にあるスタイル)

お母さんがキッチンにいる時に・・・

子どもが返ってくると・・・

『ただいまぁ』

『おかえり』・・・って言葉がけと顔が見える空間に!?

 

言葉にすれば簡単ですが・・・

”家づくり”の間取りを考える時に?

意外とこれを実現するのって難しいときもあります。

オンリーワンな“家づくり”・・・

その関わり方や手法もオンリーワンでいいと思いますが・・・

こんな日々のふれあい?

こんな日々の言葉がけ?

顔を見ながら言葉がけが出来る!って◎なのかなぁって思います。

 

うしろ姿で・・・

背中越しに会話をする・・・

もちろん?

それだって会話ですし・・・

それだって言葉がけです。(苦笑)

 

でも?

その会話が・・・

顔が見える環境で・・・

対話になったら◎ですよね。

家事の手を止めるコト無く・・・

子どもと・・・

家族と・・・

顔を見ながら!?ってスタイルの“家づくり”が出来れば・・・

 

とはいえ?

これは一つの形であり・・・

これが正解というモノでもありません。

オンリーワンな“家づくり”は・・・

その家族の形態や?生活スタイルを加味したモノが◎なのかなぁって思います。

それこそが本当の意味でのオンリーワンです。

 

三村工業株式会社の“家づくり”・・・

そんな声に・・・

そんな言葉に・・・

耳を傾けながらの本当の意味での自由設計であり・・・

本当の意味での自由な仕様や発想での“家づくり”を目指しています。(@_@)

 

一級建築士であり・・・

一級施工管理士でもあるが故の『安心』と『安全』を形に!が具現化できます。

まずは、ちょっとしたコトからでのご相談でもお待ちしていますm(__)m

 

PS・・・

新築住宅はもちろん・・・

ちょっとしたリフォームやリルーム(部屋の改装等々)

あっ・・・

そもそもの土地探しから・・・

手がけたアパートやマンションも多々あります。

 

デザイナーと一緒に“家づくり”っていうスタイルも出来ます。

本当の意味での自由な“家づくり”として

関わり方の部分・・・

家の構造の部分も・・・

自由に選んで自由に形にするコトが出来るんです。(@_@)

 

そうそう・・・

価格の部分でも・・・

地域の会社ならではの?秘策もあります。(笑)

ハウスメーカーさんでお見積もり中の方・・・

是非、一度お問い合わせてみて戴ければと思います。

えっ!

おっ!

っていうコトが起きるかもしれません!!

これは、私の体験に基づいてお話をしています。

 

電話や足を運ぶのは・・・って言う方

最初は、メールからでもいかがですか?

最初の一歩・・・

ちょっとしたご質問でも真摯にお答えさせて戴きます。

 

mim★olive.ocn.ne.jp

 

★を@に変えて戴ければ届きます。

mimだけで取れているアドレスです。

アドレス君ともながぁ~いお付き合いです。

お客様ともそんなながぁ~いお付き合いを大事にしています。

お気軽にどうぞ(●^_^●)

コメント