世界の街角

旅先の街角や博物館、美術館での印象や感じたことを紹介します。

続・違和感を覚える鳥越憲三郎氏の倭族論

2018-08-18 07:38:04 | 古代と中世

2015年9月1日付けで、『違和感を覚える鳥越憲三郎氏の倭族論』をUP Dateした。3年振りの続編である。

以下、鳥越憲三郎氏の倭族論に対し、些末に思えるようなことをとりあげて論ずるのは、いささか大人げなく恐縮である。氏の著作『古代中国と倭族』のPage226の「シメ縄の習俗」についてである。以下、氏の論述の要旨であるが・・・、

”注連縄は左縄である。左縄とは左綯いにした縄のことで、日本だけでなく倭族に属する民族は、現在でも祭儀に用いる縄は、すべて左綯いにする。西は雲南奥地の佤族(わぞく、東ではインドネシア・スラウエシ島のトラジャ族に至るまで、共通して祭儀用の縄は左綯いにすると聞いた。それは倭族が左を尊ぶ思想にもとづくもので、右大臣より左大臣が上位である。右大臣より左大臣が上位との考え方は、奈良朝以降の遣隋使や遣唐使が中國から持ち帰った思想で、天帝は北辰に対して南面する。皇帝は不動の北極星を背に、南に向かって座す。皇帝から見ると太陽は左の東から昇って、右の西に沈む。ゆえに左が右よりも上位とされた。それは向かって右側上位であることを示す。”

以上である。この話は分かったようで分からない。漢族の皇帝は北辰を背にして南面する考え方なり、思想が倭族の思想に影響を与えたことに言及されているのか? これでは倭族が左を尊ぶ証明にはなっていない。漢族の影響を受けて左を尊ぶようになったと説明されれば、それで理解できるのだが・・・。とりたてて”倭族が左を尊ぶ思想”などといわれると、古代に倭族特有の思想なり考え方が、存在したであろうかと気になる。しかも氏は自分で確かめられたのであろうか? 上述のように『祭儀用の縄は左綯いにすると聞いた』・・・とある。どうも伝聞をもとに記述しておられるであろうと推測する。

話をややこしくして恐縮である。氏はタイ族は倭族であるという。しかしプミポン国王と王妃の肖像は、王は右で王妃は左(向かって王が左、王妃が右)である。日本の「左上右下」と反対である。タイ王室も日本と同じであった可能性があり、「右上左下」になったのは近年で、国際基準というより西洋基準に合わせた可能性も否定できないが、それらの資料に行きついていない・・・これは、何時かは知らないが、ラタナコーシン朝が近世に国際基準に変更した可能性があり、ここでその話を持ち出すとややこしくなり申し訳ないのだが・・・。

しかし、チェンマイのソンテゥ(シーロ)組合のシンボルマークは、右綯いの縄、ないしはロープがデザイン化されたものである。それは各ソンテゥのドアに描かれている。下の写真がそうである。反時計回り、つまり右綯いになっている。

このシンボルマークにデザインされた綯い方向は、昔から慣習の綯い方向か。それとも何も考えずデザイン化したのか、知る由もないがタイ族=倭族とすれば、綯い方向が異なる。もっとも祭儀用の縄ではなく、単なるデザイン・・・ではあるが。

氏はアカ族も倭族だと云う。そのアカ族の祭祀儀礼であるブランコ祭りの綱(縄)も、反時計回りの右綯いである。西洋式の一般的ロープも、反時計回りの右綯いであるので、それにならったとも考えられるが・・・。

(上掲写真は北タイ日本語情報誌CHAOに、過去に掲載されていたブランコ祭祀儀礼(祭り)写真の部分拡大である。綱は右綯いであるとはっきり分かる)

しかし、氏は最も基本である思想や考え方については、不変であると強調する。倭族は左綯いが共通の習俗だとする鳥越憲三郎氏に対し、氏の云う倭族の一員であるアカ族は右綯いである。何故アカ族は右綯いなのか、近年になってから右綯いに変えたと仰せなのか? そうであれば、氏による基本である思想や考え方は、不変と強調することに無理がある。

北タイでルアとかラワと呼ぶ少数民族が居住する。中国で佤(わ)族と呼ぶ民族である。鳥越憲三郎氏によると、当然ながら倭族の一員である。次の写真はチェンマイ・山岳民族博物館に展示されているルア族のビーズの首飾りである。残念ながら儀礼用ではなく装飾であるが、明らかに右綯い(右撚り)である(但し、貫頭衣を着るのは弥生人と同じだが)。

氏は『左上右下』について、奈良朝以降の遣隋使や遣唐使が、中国から持ち帰ったと記述されている。その中国は時代・王朝によって一様ではなく、周代は左を尊び、戦国・秦・漢代は右を尊んだ。『左遷』はこの時代に出現したのである・・・分かったようで訳の分からないことを記載しているが、基本である思想や考え方は時代と共に変化することを示している

鳥越憲三郎氏の云う倭族とは、長江を原住地とし戦争や迫害で長江流域の山岳地帯をはじめ、西ではインド、ネパールの東部に、南ではインドシナ半島の全域から、さらにインドネシアの諸島嶼に渡り、また東では朝鮮中・南部から日本列島に逃避し、その移動分布は、あまりに広域に及ぶとして、苗族と瑶族を除く少数民族を倭族とし、インドネシアのトラジャ族やタイ族、さらにアカ族も倭族だと云う論述には、無理があると考えられる

<了>

 

コメント

和食総菜カーオケーン・オーサカinチェンマイ

2018-08-17 09:14:02 | チェンマイ

タニン市場の北端にカーオケーン・オーサカ(ข้าวแกงโอซากก้าなる和食総菜兼レストランがあり、コンタイの間でも評判であると、CHAO358号に紹介されている。長期滞在しているニマンへーミンからは距離があり、チェンマイRTC市内循環バスのルートからも外れており、行く機会がなかった。昨16日、チャンパックからランプーンを往復した折、チャンパック・バスターミナルから徒歩10分で行ってみた。

 成程、店の名前はタイ字でカーオ・ケーン・オーサカとあり、店の看板に日本語表記は見当たらない。大阪のおかんが店を開いたと云う。写真に見えるテラス席と奥側に向かっても椅子席が並び満員に近い状態である。後から後へとタイ人がやってくる。

ちらし寿司二人前、コロッケ二個、ゴマと人参の白和え二人前を購入して帰宅後食す。味はなかなかいい。価格はかつ丼59バーツで、これが一番高いが、タイ人価格に近く、味良しとあれば口コミで広がるであろう。

先にも記したが、日本語表記がないので、見つけにくいがタニン市場の北端で路地を挟んだ対面にある。最初の写真の看板と濃いピンクの柱をみたらそこである。タニン界隈の日本人には朗報であろう。

<了>

 

コメント

タイ・クーン族は太陽信仰の民であった

2018-08-16 07:41:53 | 東南アジア少数民族

海外の日本語情報誌はホノルル、中国、東南アジア以外は知らないが、チェンマイで発刊されているCHAOは、それらの中で出色の出来栄えである。内容豊富でなによりも地元にそくした記事に溢れている。過日CHAO368号に、タイ・クーン族の伝統的住居と家屋の精霊テワダー・ファンを祀る祭壇や、その信仰について寄稿されていた。寄稿者は2018年修士課程を修了したM女史である。以下、文字の羅列で申し訳ない。

先ず読後に感じたことから記したい。タイ・クーン族は稲作と太陽信仰の民であり、日昇の方角である東を重視する民族で、古代に倭族と何らかの接触があったろうと考えた。

M女史は建築学の徒とのことだが、建物の構造から始まって家屋の霊や土地霊など、詳細な調査に基いて『精霊と暮らす家』(副題・『トンヘーンノーイ村の住居と精霊』)と題して記述されている。トンヘーンノーイ村はチェンマイの南30kmに位置し、すぐ近くにハリプンチャイ王国(8-13世紀)時代の環濠都市・ウィアンターカン遺跡が存在する。

M女史の寄稿文の概要を紹介する。タイ・クーン族の伝統的住居は・・・、

①  木造高床式である

②  屋根が入母屋造り

③  広間ー寝室ー台所の順に並ぶ間取り

・・・となっており、家屋の精霊であるテーワダー・ファンは、世帯主の寝室に宿ると綴られている。その寝室は建屋の東側に位置し、そこには特定の2つの柱がある。それは『サオ・パヤー(男の柱)』、『サオ・ナーン(女の柱)』と呼ばれ、家屋の建築時、他の柱に先んじて建てる柱だという。なにやら大黒柱のようである。そのうち『サオ・パヤー』は寝室の東側に建てられ、その柱にテワダー・ファン、つまり家の精霊を祀る祭壇が設えられている。祭壇といっても男の柱に、板を横たえるだけのものである。タイ・クーン族は頭を東に向けて寝る習慣があるという。東は日昇の方角である。先述のようにテワダー・ファンの祭壇も東に位置する。人々は就寝前に枕側の祭壇に向かって祈り、祭壇に頭を向けて眠ることになる。このように方角として東が、重視・神聖視されていることが分かる。

母屋の東側の敷地には、土地の精霊を祀るチャオティー(土地神と呼ぶのがふさわしいか?)の祠(タイ族はサンプラプームと呼ぶ)がある。また室内の広間には仏を祀る祭壇(ヒンプラ)もあるという。信仰心の篤い民でもあるのだ。

タイ・クーン族は、ミャンマー・シャン州チェントンの多数派で、シャン族の5つの主要集団のひとつである。M女史によると、トンヘンノーイ村のタイ・クーン族は、チェントンが故地で、200年以上前に北タイに越境し、その一集団がトンヘンノーイ村に定住したとのことである。

シャン族もタイ族もタイ・クーン族と同じように稲作民で太陽信仰の民であった。話は飛ぶが、劉邦が漢帝国を興国する前の中国は、春秋戦国・秦の時代である。その楚国の人々が話す楚語は、タイ語系の言葉であったという説がある。合わせて彼らは鯨面文身しており、倭人の習俗と似かよっていた。今般CHAO368号を読んで、日本人の祖先は朝鮮半島の北から渡来した北辰信仰の民もいたであろうが、揚子江流域や西南海から稲作を携えて渡海して来たであろうと考える。さすれば、タイ・クーン族も古代に、倭族と何らかの関りがあったであろうと、考えた次第である。

<了>

 

コメント

チェンマイ国際空港・(10)

2018-08-15 07:26:09 | チェンマイ

<続き>

ターミナルビル1階を北の端から南の端へ、反時計回りにビル西側のテナント・施設類を紹介している。前回はカシコン銀行の両替ブースまで紹介した。その続きである。

利用したことはないが、タイではAmazonなるカフェ・チェーンを目にする。

タイ・ライオンエアーのチケット・オフィス。現金とカード対応。

Waweeも地場ブウランドである。25-30年前は飲めた代物ではなかったが、最近は北タイ高地で豆が栽培されるようになり、口に合うコーヒーが沢山出回るようになった。

各社のチェックインカウンターが並んでいる。

エアーライン各社のチケッティング・ブースが並んでいる。

<続く>

 

コメント

チェンマイ国際空港・(9)

2018-08-14 09:08:11 | チェンマイ

<続き>

今回は赤色ルートの折り返し(青色)のテナント・施設類を紹介する。

ターミナルビル北端にあるトイレ。

レンタカーと市内乗り入れTAXIのブースが並んでいる。市内であれば一律150バーツ。

国内線到着ゲート。

レンタカー会社も種々あり。AVISしか使ったことないので、その他のレンタカーについては不詳。

銀行系の両替は料率最低であり、利用されないことをお薦めする。

<続く>

 

コメント