埼玉 寄居町・深谷市・熊谷市 ピアノ教室Andante/アンダンテ

~「音楽は楽しい!」から「本物の音楽」へつながるレッスン~

「その3」のご感想♪

2012年05月31日 | おうちコンサート“響きあい”
2012年5月27日(日)に行いました

心ふるえるまっみのおうちコンサート
      “響きあい”

その3のご感想を紹介します。

ブログ掲載の承諾をありがとうございます


このコンサートに参加できたことをすごくうれしく思います。
  まっみさんの詞(ことば)が曲にのって響いてきました。
  曲の世界観(イメージ)が全身で感じられました。

アンコール曲を聴きたい
  
とても優しい気持ちになりました。
  まっみさんの声がとても素敵で…。
  たくさんの曲をすべて自分のものにして世界をつくりだしているまっみさん。
  私も頑張ります。
  とてもとても心ふるえるコンサートでした。

絵本で感じられた効果音があったら…
  欲張りですが、まっみさんの曲をもっと聴きたかったです。

ピアノの音が響くと、自分の体が共鳴しているかのように
  ふるえてくるほど上手だった。

「どんな日もどんな日も」…思わず涙が…
  「天と大地と」…CDが欲しい!!
          頭のてっぺんから何かが押し入って来ようとしていました。
  「あの山が見てる」「きみのにわ」
   …この2曲は、支えられ、見守られ、困った時、行き場がなくなったとき、思い出したい曲です。

まさか!!ランチをいただけるとは♪おいしかったです。
  まっみちゃんの生の歌声を聞けたことが、うれしかったです。
  そして、楽譜の読めない私にはとってもとってもステキ~でした。
  ぜひ都内でリサイタルを開いてね。


すてきなご感想を、ありがとうございました

私が感じていた以上のことが伝わっているので、感激です

ドキドキしたけど、やってよかったです



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村  にほんブログ村 猫ブログ アメショーへにほんブログ村

ピアノ教室 生徒募集中  ご案内は、コチラ

“先生がいちばん楽しむ”発表会サポートセッション  ご案内は、コチラ

ピアノの先生♪サポートレッスンを行っています  ご案内は、コチラ

心の中にある大切なことを音楽にします  “枝折りmusic”のご案内は、コチラ

コメント (2)

のど飴の進化

2012年05月30日 | レッスンでのこと
私、のどが弱くて…。

なのに歌が好きで…。


先日のおうちコンサートでも
「発声練習ってするんですか?」というご質問をいただいて、

「のどが弱くて、歌いすぎると使い物にならなくなっちゃうので、
 発声練習はしません」と答えたら、驚かれてしまいました


小さいころから、風邪をひくのはたいてい、のどから。

扁桃腺炎にも悩まされて、
小学校低学年のときに、お灸で治りました。


そんなこんなで、
生徒たちとしゃべったり、歌ったりを続けるこの仕事を始めてから、
のど飴が手放せなくなりました。

今は、寄居の教室にも熊谷の教室にも常備していて、
自宅も、キッチンと寝室に
そして、持ち歩くバッグにも常備されています


以前は、ドラッグストアに行くと
缶入りの「ハーブキャンディ」というのが売っていて、
長いこと、こののど飴にお世話になっていたのですが、
数年前から、ここらでは、どこに行っても売ってなくなってしまって、
仕方なく「味覚糖 龍角散の のど飴」に手を出しました。

なぜ「仕方なく」なのかというと、
私は辛いのがダメなので
すごく痛いときにはまだいいのですが、
軽めの痛みやのどを潤したいときには、これでは刺激が強すぎるんです。

だからといって、フルーツ味ののど飴では弱すぎる…


それが、最近、
龍角散の のど飴EX」というのが出て、
これは、マイルドになっていて、刺激が強くない。

普通のに比べるとちょっとお高めだけど、
とってもいい感じ

今のような、ちょっと潤いが欲しい時期にも、
もってこい


昨日、このEXを買いに行ったら、
(これもにくいことに、どこにでも売っているわけじゃない!)
隣に「音楽大学と共同開発 ボイスケアのど飴」というものがある

のど飴が音大とコラボする時代になったのね!

HPを見ると、そんな最近の発売じゃないみたいだけど…。



これで、声の出がよくなったら、すごいね


私は、のど飴がなければ、生きていけないので、
のど飴さま、これからもどうぞよろしく


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村  にほんブログ村 猫ブログ アメショーへにほんブログ村

ピアノ教室 生徒募集中  ご案内は、コチラ

“先生がいちばん楽しむ”発表会サポートセッション  ご案内は、コチラ

ピアノの先生♪サポートレッスンを行っています  ご案内は、コチラ

心の中にある大切なことを音楽にします  “枝折りmusic”のご案内は、コチラ


コメント

“音楽をひとりじめ”

2012年05月29日 | レッスンでのこと
発表会が終わったときに、
生徒たちに「ゆめをつくろう」というものを書いてもらいました。

今回の発表会で、私の夢が一つ叶いました。

詳しくは「☆夢への一歩☆」をご覧ください。

それで、夢を持つってすごいこと。
夢を語るってすごいことなんだぁと感じました。


生徒たちに、
弾きたい曲、将来弾いてみたい曲を聞いても、
「特にない」と答えることがあります。

だからといって、
レッスンやピアノが嫌いなのではなく、
「弾きたい曲」を考えたことがない、
「そういうレベルにない」と思っているのだと思うのです。


初め「ゆめをかたろう」というタイトルにしようと思ったのですが、
ピアノでの夢を考えたことのない生徒たちには、
いきなり語れないと思ったので、
夢を考えるところからと思って、
「ゆめをつくろう」というタイトルにしました


そして、来年の発表会は、
その中で出てきた夢を叶えていけるような発表会にしたいという
私の夢も出てきました


生徒たちには、
まず、「ゆめをつくろう」に自分で書いてきてもらいました。

ここで面白かったのが、
子どもたちは「夢」を書いてくるのです。

でも、大人たちは「欠点克服」を書いてくるのです

ちゃんと「欠点克服じゃないですよ」って但し書きをしたのに!


そんな自由に書いてきたものが、

本当に夢なのか、
本当に自分の夢なのか、
ワクワクするような夢なのか、

質問をしながらいろいろ話を聞いていきました。


私が大事にしたいのは、「自分だけの夢」ということ。

ほかの人と似たような夢でも「自分だけにしかできない」部分って
絶対あると思うんです。


それで、「ゆめをつくろう」の最後に
「ピアノで“あなたにしか”できないことは?」という問いを書きました。

ここは、なかなか「その通り!」という具合には埋まらなかったのだけど、

ある生徒に「ピアノを弾いているときで、どんなときがいちばん楽しい?」と聞いたら、

「人に聞いてもらっているとき。
 自分の世界に入って演奏をしているのを人に聞いてもらっているとき。」と答えました。

そして、「それってどんな気分なの?」と聞いたら、

「“音楽をひとりじめ”している気分」と答えたのです!


その答えに感動

その生徒は、“音楽をひとりじめ”しているような演奏をするんです


それを体感しているから、
そういう言葉が出たのでしょうね。

もちろん、“ひとりじめ”しているだけじゃなくて、
聞いている方たちの心に届く演奏ができます。

それも、“ひとりじめ”しているからできることなのでしょう




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村  にほんブログ村 猫ブログ アメショーへにほんブログ村

ピアノ教室 生徒募集中  ご案内は、コチラ

“先生がいちばん楽しむ”発表会サポートセッション  ご案内は、コチラ

ピアノの先生♪サポートレッスンを行っています  ご案内は、コチラ

心の中にある大切なことを音楽にします  “枝折りmusic”のご案内は、コチラ







コメント

☆おうちコンサート“響きあい”その2・3終了☆☆☆

2012年05月28日 | おうちコンサート“響きあい”
心ふるえるまっみのおうちコンサート
      “響きあい”

その2…2012年5月24日(木)
その3…2012年5月27日(日) が終了しました。



その2、その3合わせて10名のお客様にいらしていただきました。
ありがとうござます


その2の前日に
西山いずみさんの「幸せなお金を生み出すパーソナル講座」の電話セッションがあったのですが、
そのときに、お金をいただいて演奏することのプレッシャーを感じているというお話をしました。

その中で、
「自分の演奏でお金をいただけるなんて、思ってもみなかった」と言ったときに、
こみ上げてくるものがありました。


10年前は人前で演奏することすら怖くて仕方がなかったのに…。

演奏でお金をいただくなんて、頂点にいる限られた人だけが出来るものだと思っていたのに…。

クラシックのすごい曲を弾くわけでもなく、
豪華なバンドの演奏でもなく、
なんだかよく分からない私が、なんだかよく分からない演奏をするのに…。

それを聞きにいらしてくださる方がいるというのが、
ありがたい反面プレッシャーでもあり、不思議な感覚でもありました。


でも、2日に渡り演奏をして、
聞きに来てくださったみなさんと過ごすその時間がとっても楽しいということを知りました。

もちろん、前回のその1も楽しかったのですが、
その1で来てくださった2名のお客様は、
もう長いお付き合いの2人で、
友だちを家に呼んで、おしゃべりしながら演奏を聞いてもらう感覚でした。

今回は、初めてお会いする方もいらっしゃいましたし、
私の演奏を初めて聞く方もいらっしゃったので、
前回とは違う緊張感がありました。


でも、
お客様を我が家にお呼びして、
私の好きなお茶やケーキをお出ししたり、
一緒にお食事したり、
一緒にもんちゃんと遊んだり、
初めてお会いになった方同士で楽しそうにおしゃべりしているのを見たり、
そんな時間を楽しんでいることに気づきました。

私は、小さいころから人見知りがひどくて、
「友達を作る」とか「人と仲良くなる」ということを難しく感じていたので、
余計にうれしかったのかもしれません


そんなお客さま方に恵まれて、
とても心地よい空気の中で演奏することができました。

その2とその3で、お客様が違うと、
その空気感が違うことも大きな気づきでした


もちろん、演奏面での反省はたくさんあって、
とくにその3は、ランチ後の演奏だったのですが、
どうやらランチ()を食べすぎたようで、
演奏中に集中力が途切れることが何度もあって、焦りました


でも、人前で演奏することを「楽しい」と思えている私がいました


そして、お客様には、
ステキなご感想をたくさんいただいて、
(その3のご感想も後ほどご紹介します)
「また聴きに来たい」とか「CD作って」とか「今度は都内で!」とか
今後も楽しみにしてくださっているご感想もあって、
とってもうれしいです


熊谷と言っても、熊谷駅から車で30分もかかる辺ぴなところのコンサートですが
続けていきたいです



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村  にほんブログ村 猫ブログ アメショーへにほんブログ村

ピアノ教室 生徒募集中  ご案内は、コチラ

“先生がいちばん楽しむ”発表会サポートセッション  ご案内は、コチラ

ピアノの先生♪サポートレッスンを行っています  ご案内は、コチラ

心の中にある大切なことを音楽にします  “枝折りmusic”のご案内は、コチラ

コメント

1年越しの手紙。

2012年05月26日 | ピアノコンサート(発表会)
今日は、レッスンの欠席があったり、
明日の「おうちコンサートその3」の買い出しを夫が代わりに行ってくれることになったりで、
明日の練習をしても余りある時間

先日集まった「かがやきカード」をまとめました。


「かがやきカード」は、
発表会で、ほかの人の演奏を聞いて、
輝いているところを書くカード。

書かれたカードは、私が預かり、
まとめて、宛名の生徒に渡します。


全部集まってから、みんなが何を書いたのか見ようと思っていたので、
今日、初めて全部を眺めました。

みんな、すてきな感想が書いてあって、
そういう気持ちの中で発表会ができたことを
改めて幸せに思いました


今回は「全員に書きましょう」ということにしていなかったので、
もしかしたら、1枚もかがやきカードがない生徒が出るかもと思っていたのですが、
そんなことはなく!
全員にかがやきカードが行き渡りました

私にも書いてくれた生徒もいて、
「いつか先生みたいに、どんな曲でも弾けるようになりたいです」って

ホントは、どんな曲でも弾けないのだけどね
この際、弾けちゃうことにしましょ


そして、全員分眺めて気付いたのです。

この「かがやきカード」が1年越しの手紙であることに


「去年より○○でしたね」とか。

「今年も○○でしたね」とか。

コンサートのかがやきだけでなく、
「いつもレッスンであいさつしてくれてありがとう」とか。

「去年のかがやきカードに○○と書いてくれてありがとう」とか。


この「かがやきカード」で交流が生まれているんだ!と、
読みながらウルウルしてしまった


ほかの生徒たちのことを、
そんなふうに気にかけて演奏を聞き合っているなんて、
すてきでしょ




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村  にほんブログ村 猫ブログ アメショーへにほんブログ村

ピアノ教室 生徒募集中  ご案内は、コチラ

“先生がいちばん楽しむ”発表会サポートセッション  ご案内は、コチラ

ピアノの先生♪サポートレッスンを行っています  ご案内は、コチラ

心の中にある大切なことを音楽にします  “枝折りmusic”のご案内は、コチラ

心ふるえるまっみのおうちコンサート その2・その3 ご案内はコチラ
コメント