MA by So Shi Te 

南青山のインテリアショップ MA by So Shi Te のブログです!
毎日の出来事を綴らせていただきます。

マッシュルームきのこの一輪挿し

2018-11-12 17:42:49 | 商品
 先日は立冬を迎え暦の上ではもうとっくに冬。
  でもまだまだ東京は暖かいですね。
  
 つい先日いらしたオーストラリア人は短パン半袖姿で、
  それでも暑いと言っておりました。

 今日いらしたアメリカ人も短パン。

 そんな中でも弊店はクリスマス用にイルミネーションを店頭しました。
  
 本来であればデコレーションもしたいのですが、
  こうも寒くないとなんだかクリスマス気分にはまだなれませんね。

 
 さて 本日ご紹介をさせていただくのは、
  小田原の露木勝さんが作られた可愛らしい一輪挿し♪

 

 なんとも可愛らしい一輪挿しじゃ~ありませんか♪

 キノコが一個生えています。

 

 あはっ、可愛い♪

 

 結構厚みのあるリングなので、安定してお花を飾ることができます。

 リングの高さは5.5cm と小さな一輪挿し。

 お庭のちょっとした草花を生けていただくのに良いですね。

 価格は1,800円+税。

 ちょっとしたプレゼントに最適です♪



 
コメント

Sakura マグカップ 本田星陶所 本田伸明さん 沖縄の陶芸家

2018-11-09 17:10:32 | 商品
今日は冷たい雨。
  朝一番でいらっしゃったのは北海道からの方々。

 ネットを見てわざわざ渋谷からタクシーに乗ってきてくださったそうで、
  色々と買ってくださいました♪
 
 わざわざお寄りいただきありがとうございます!
  
 外国の方もネットで見て弊店へ来てくださる方が多いのですが、
  最近は日本の方もネットで調べて来てくださることが増えて嬉しい限りです。


 私が日本製にこだわってお店を運営させていただいているのは、
  日本製をご購入いただくことで
   1.日本の工芸を後世に残していきたい
   2.手仕事の作家活動をされている方の生活の足しになりたい
   3.日本の経済に貢献したい
   4.この美しい日本を後世まで伝えていきたい

 と願うから。
 
 全て日本製で生活をするのは今の世の中では無理な話。
  でもちょっとでも良いからどうせ人にプレゼントをする機会があるならば
  日本製を買ってこの日本の物作りを支えていただければ嬉しいです。

 購入をしていただくということは、
  それを作っている人に直接お金が渡ります。

 海外の物を買うということは、
  簡単に言うと日本のお金が海外へ流れて日本に留まるお金が減るという事。
  必然的に日本が貧しい国になるわけです。

 もっと日本の方に興味を持っていただきたいと願いつつも、 
  最近は外国人のお客様の比率が大幅に増えてきて、
  弊店の売り上げの半分、いやもしかしてそれ以上は外国人。

 勿論日本人であれ外国人であれ買っていただけるのは嬉しい事。
  でもちょっぴり寂しい。
  本当はもっと日本人に喜んでいただけるお店でありたいから。。。
  複雑です。

 

 さて 本日ご紹介をさせていただくのは、
  沖縄で作陶をされている本田伸明さんの作品。

 
 

  Sakuraシリーズ。

  今回マグカップだけでなく、
   花瓶も沢山入荷いたしました。

  店頭には並んでいますが、
   そちらはまた別の機会にご紹介させていただくとして、
   本日はこちら。

 桜の種類にもよりますが、
  染井吉野はほのかにピンクで白に近いピンク。

 そんな儚い桜のピンクを巧みに表現された作品です。

 

 口の部分の緑は葉っぱの緑。
  
 画像だと結構ピンクに見えるかもしれませんが、
  実物はかなり白に近いピンクです。

 何だかほっとするピンク。


 以前は背の高いマグカップが入荷しましたが、
  今回は背の低い安定感のあるマグカップを作っていただきました。

 全て形や取っ手の部分が異なります。
  お気に入りを見つけてくださいね♪


 価格は3,500円+税


 それでは良い週末を♪
 
  
 

コメント

淡路島の鬼瓦ネックレス

2018-11-07 18:31:11 | 商品
 今日は朝から新入荷などが色々とあり開梱するだけでも大忙し。

 天気で気持ちの良い一日でしたね(東京では)。

 そうそう最近海外のお客様のクレジットカードが、
  急に非接触型カードに変化したのに気が付きました。
  カードの表面に非接触カードと言うマークが付くのですよね。

 ここ数か月の事だと思いますが、
  一気にその傾向が加速した気がします。

 
 イギリスでも多くの場所で非接触型の電子決済が導入されていて、
  飲食店でもそうですし、 
  地下鉄やバスも全てそうでした。

 特にバスは徹底していて、電子決済でしか乗れず、
  バスに乗ってからではカードのチャージはできないし
  現金での支払いもできないし困ったことがありました。

 先月のイギリス旅行の時にOyster card (ロンドンのPASMOみたいなもの)で
  バスに乗ろうとしたのですが、金額が不足で支払いができませんでした。

 どうしようっと戸惑っていると
  チャリがパンクしちゃったからバスに乗せてよと運転手に交渉しだしましてね。

  運転手「今は混んでいるから駄目だよ」とチャリの兄ちゃんに言っています。

 それでも食い下がるチャリの兄ちゃん。
  「その辺までで良いし、あなたに見捨てられたら俺はどうすればいいんだよぅ」
   と相手の同情を誘って応戦。

 それに対してバスの運転手は
  「そんなの俺の問題じゃねぇし、歩きなっ!」っと突っぱねる。
  「てかこっちだって混んでいるバスにチャリのせたら怒られるんだよっ」
  
 などとやり取りがされると2分の交渉空しく
  チャリの兄ちゃんは諦めて、しかし運転手には礼を告げてその場を去り、
  そしてバスが動き出しました。

 お~恐っw。この運ちゃん結構恐いじゃん、なんて思っていると、
  運転手「ところで君たちはお金払わないの?」って聞かれちゃいましてね。
 
  自分「あっ、だよねぇ 支払いができているかわからなかったし、
  ってかカードにチャージ金額が不足しているみたいだからチャージできます?」

  運転手「バス内でのチャージはできないよ」

  自分「んじゃ現金で払うよ(支払用の小窓はまだ付いている)」

  運転手「現金は使えない」
 
  運転手「とりあえずクレジットカードあるんだったらそれをタッチセンサーに当ててよ」

  自分 これ日本のカードだしそんな機能ついていないから無理だと思うんだけれどなぁと思いながら、
     タッチセンサーにカードをパシパシ。
     やっぱり無理。
     「ってか自分日本からだし そんなカード持っていないんだけれどどうすりゃいいの?」

  運転手 「どこまで行きたいの?」

  自分「Piccadilly circus」
 
  運転手「なら今回はタダで乗せてあげるから次回は気をつけてな」

  

  この会話の中で
    ① 現金が使えない
    ② 支払方法が電子決済だけ
    ③ でも融通は利くw。

  この③は結構ありがたいことで、ちょくちょく融通の利くところがイギリスのいいところ。

  今回のバスの件も、バスを降りてからちゃんとバスの運ちゃんには丁重にお礼を申し上げました。

  電子決済に関しては自分的には何故に現金じゃダメなの?
   と言った感じ。

  電子決済だといくら使ったか把握するのが難しいし、
   電子決済を使用することによるデメリットもある訳で、
   現金は使えて欲しいなって思う訳です。

  まぁ近い将来日本も電子決済が主流になるのでしょうけれどね。



  さてさて


   同でも良い話が長くなりましたが、
    っというかタイトルを読み直していただきますと、
    「淡路島の鬼瓦ネックレス」が本日のお題ですw。


  それがこちら

  

  えっ良く見えない???

  ではもうちょっと近づいて見ましょう

  

  おっ、可愛い♪


  鬼瓦は魔除けで屋根に取り付けられそこに住む家族を守ってくれます。

  そう魔除けです。

  もう最近魔物にとりつかれちゃってさぁ~
   困っているんだよねぇ という方には是非身に着けていただきたい逸品。

  えっ?魔物なんていやしない?

  まぁまぁ、お守りですよ。

  

  革紐もセットになっていますが、
   お好みでシルバーネックレスに変えたり、
   根付にしたりしてお使いください。

  
  お値段 1,200円+税

  
 ちょっとしたギフトに良いですね。

 からくり箱に入るサイズなので、からくり箱の中に入れてプレゼントにしたりしても良いですね。


  

 

  MA by So Shi Te
107-0062
東京都港区南青山2-22-15 
  クリヤマビル1F
   03-3401-0922
  http://www.mabysoshite.com

アクセス:銀座線外苑前駅1b出口より真っ直ぐ歩いて1分♪

 
 
  
   
  
コメント

三進法の箱 324回で開く秘密箱

2018-11-05 18:02:44 | 商品
 昨日 アメリカ人の5人家族がいらっしゃいましてね。
  旦那さんは自分よりも7歳年下の35歳。
  お子さんは3人とも女の子で、一番下の子は5歳くらいでしょうか。

 もうその女の子が本当に可愛くて、
  秘密箱を目をキラキラさせながら開けて、
  褒めてあげると満面の笑みで嬉しそう。
   わぁ~なんて可愛い女の子なんでしょう。

 家族みんなが凄く仲が良くて、
  お子さんは皆礼儀正しく本当に素敵な家族でした。

 東京の観光を終え夜行バスで大阪に向かう前に寄ってくださいました。

 日本へ来る前にはオーストラリアへ行き、
  そして東京と大阪を観光して今度はハワイに行き、
  それからアメリカに帰るのだとか。

 子供を3人連れて凄いねって言うと、
  やりたいことの半分もできないけれど楽しいわって
  奥様の前向きな言葉と笑顔が素敵でした。
  
 幸せな家族っていいね。



 さて 本日ご紹介をさせていただくのは
  興味のない人にはどうでも良い物ですが、
  興味のある方にだけ届けばいいです。

 でもね、折角の機会ですから、
  興味の無い方も是非店頭にある間に実物を見にいらしてください。

 日本の職人さんの丁寧な仕事を感じていただけると思います。

 待ちに待った325回で開けられる秘密箱
  三進法の箱限定入荷しました♪

 

 弊店に入荷したのはなんと限定5個
  ヤバッ、興奮し過ぎたw。
  
 岩原宏志さん作のこちらの箱は、
  過去にも何度か作られていますが、
  製作数が少ない為 幻的な貴重な箱。

 324回動かすと開くので、
  そんなに動かすのが面倒な気もしますが、
  何度も思わず開け閉めしたくなる楽しさ。

 開け方を把握した後でも開閉に9分ほどかかってしまいます。
  それでもまた開けたくなる、
   そんな箱。

 そして開けると中の構造がガッツリ見えるのがまた面白い。
 

 うぉ~!なんじゃこりゃw。

 美しい。。。

 これを見ながら酒が呑める!ってくらい見ていて飽きない美しさ。

 正に芸術ですな、こりゃ。

 ヤバイヤバイあまりに興奮しすぎて興味のない人が引きはじめる頃。。。w

 

 蓋もこんな感じ。

 

 おやっ??

 なんか頭が見えるぞ??

 ・
 
 ・

 ・

 ・



 バーン! 相変わらず加工が雑っ!w

 余り時間が無いんですものw。
  

 サイズは一辺が13.1cm とからくり箱にしてはかなり大きいサイズで、
  ずっしりと重量感もあり小さなお子さんだとまず無理。
  これは大人の玩具です。

 価格は 59,000円+税。

 高っ!!!
  って思いますでしょ?
  いやいや、実物を見たら納得しますよ。

 他の店だと余りに希少性が高いのでずっと高く販売されていたりします。
  
 
 詳細やご注文はネットショップをご覧下さいね。

   Yahoo店: https://store.shopping.yahoo.co.jp/maaoyama/144-37.html
   Aoyama market店: http://www.aoyamamarket.com/ma/living-toys/324box.html


  勿論店頭でもご覧いただけます。

  MA by So Shi Te
  107-0062
  東京都港区南青山2-22-15クリヤマビル1F
  03--3401-0922
  http://www.mabysoshite.com

Access: 銀座線外苑前駅1b出口より真っ直ぐ歩いて1分



  
For English blog, please visit the site bellow

https://mabysoshite.wordpress.com/2016/07/24/japanese-yosegi-himitsubako-puzzle-boxes-or-karakuri-boxes-secret-box-trick-box-for-purchasing/
コメント

真工藝の木版干支のぬいぐるみ 亥年

2018-11-02 16:13:30 | 商品
 えーっとですね、
  11月ですよw。

 昨日は一の酉で浅草というか入谷の鷲神社は賑わっていたようですが、
  遠目に鳥居の明かりを見て真っ直ぐ帰宅。
  
 11月1日が酉の日って珍しい気もしますが、
  まだ寒さもそれほどでもないので、いまいち酉の市気分ではないというか、
  どうせ行くなら寒い夜に「寒いねぇ~」なんて言いながら並んで
   参拝後に日本酒でも呑んで体を温めたりしたいものですw。

 と言うことで三の酉くらいに行こうかな。日曜日だし。
  その後は銭湯に入ってゆっくりと♪ 

 
 酉の市が始まると、あぁ~そろそろ年末だなぁって気がしてきます。
  その後には浅草寺の羽子板市。
  
 毎年同じことの繰り返しだけれど、
  繰り返しだからこそ楽しみも増すというか、
  同じことができるありがたさも感じられます。

 
 さて 今年も飛騨高山の真工藝さんの木版画 干支のぬいぐるみが入荷しましたよ♪

 2019年は亥年です♪

 

 猪ってなかなか可愛らしいモチーフにならないのですが、
  流石 真工藝さんの絵のセンスは素晴らしい!
   可愛い仕上がりです♪

 昨年は近所の方が年末のご挨拶にと沢山買ってくださりあっという間になくなってしまったので、
  今年は多目に入荷いたしました♪

 干支の置物は早めに差し上げた方が喜ばれますので、
  この時期のギフトに是非 亥年のぬいぐるみをプレゼントされてはいかがでしょうか?

 

 くぅ~、可愛い♪

 猪  1,000円+税
 うりぼう 900円+税

 
 それでは良い週末を♪

 Ta-ra!

 
コメント

矢嶋洋一さん ピスタチオのリム皿

2018-10-31 16:39:29 | 商品
 神宮外苑のいちょう並木も色づき始めた頃、
  如何お過ごしでしょうか?

 今年は街路樹の欅も台風の塩害で紅葉せずに枯葉の様になっているのが見受けられ、
  ちょっと残念な感じに。

 いちょう並木も一部枯れたようになっているのですが、大丈夫でしょうか?
  ちょっと心配ですね。

 最近外国人観光客に訪れた日本の街でどこが良かったかと聞くと、
  多数の方がまず大阪と答えることに気が付きました。

 ほほぉ~、大阪かぁ。
  
 本当に不思議な事に京都などの定番観光地は殆どの人が訪れるのに、
  何処が一番良かったかアンケートには名前が出てきません。

 一つには大阪は活気があって
  夜も街を歩いていて楽しかったという人が多くいらっしゃいます。

 伝統的な日本だけでなく、
  楽しいナイトライフも観光客は期待をしているようですね。

 思えばどこが一番良かったかアンケートには東京と言う名前が上がってきません。
  特徴が薄いのかな。

 ちょっぴり意外でした。


 さて 本日ご紹介をさせていただくのは、
  矢嶋洋一さんのリム皿。

 縁の付いた深皿です。

 
 大分前にお願いをしていたお皿なのですが、
  この緑がなかなか出せず大変ご苦労されていまして、
  満足のいく物だけを今回お送りいただきました。

 

 縁が黒く、
  そして内側が緑。

 この緑を矢嶋さんはピスタチオと呼んでいらっしゃいます。

 素敵な色です。

 

 直径は約21cm、高さは7cm弱でしょうか。
  結構深さがあるので、汁物でも召し上がっていただけます。

 
 以前ご紹介させていただきました、
  縁も緑の物もあり〼。

 

  

 同時に入荷したのが、
  こちらの油絵の様な質感のリム皿。

 

 凹凸のあるボコボコした表面がユニークで、
  矢嶋さんの作品らしい仕上がり。

 サラダに彩があると美味しそうに見えるように、
  縁に彩があると盛り付ける物が何でも美味しそうに見えるから不思議です。

 


 価格はどれも4,000円+税


 矢嶋さんの作品はどれも良心的な価格で普段使いにできるのも良いですね。

コメント

木彫りのクリスマスツリーとサンタクロースとスノーマン

2018-10-29 16:45:00 | 商品
 もう10月の下旬。
  そろそろ年末年始の予定を立てられている頃でしょうか。

 10月上旬にロンドンにいた時、
  色々なお店でクリスマス関連グッズが陳列しているのを見まして。
  あぁ、随分と早いなぁなんて思っていたのですが、
  弊店でも年末年始用品が次々と入荷してきています。

 実はお正月のしめ飾りももう届いていますw。

 
 本日ご紹介をさせていただくのは、
  昨年もご好評いただきました北海道の工房が手作りをしている
  クリスマスツリーとサンタクロースとスノーマン。

 

 木の物は何だかほっとしますね。
  
 昨年はこの時期のギフトとしてご購入いただいたので、
 クリスマス前には一部売り切れていましたが、
  今年はちょっと早めに手配をしておいたので、
   去年より大目にご準備しております。

 ただツリーの小さい方は既に1個売れておりまして、 
 お値段もお手頃なので、恐らくクリスマス前には売り切れるかな。

 

 左の小さい方(高さ23cm)が3,000円+税で右の大きい方(高さ32cm)が7,000円+税

 手で押すとツリーが回るのがまた可愛いね。

 

  木馬は回りません。

 
  上部のパインコーンは食べられません ← そもそも食べる人いないしw。

 
 スノーマンは帽子とマフラーをしています。
  
 雪のくせに寒がりなのでしょうかw。

 

 後ろ姿がどことなく哀愁を感じます。

 


 サンタさんの横顔
 

 パインコーンを首から下げています。

 こちらのパインコーンも食べられません ← 当然ですがw。

 


 スノーマンの身長は約17cm、サンタクロースは約18cm。

 価格はどちらも7,000円+税。


 
 
コメント

Atelier Rei 石橋玲子さんの新作バッグ ラウンド2wayショルダーバッグ 他

2018-10-26 18:11:30 | 商品
 今秋、もとい 今週は店内の掃除Week でドタバタの1週間。
 
 そんなでまたAtelier Reiの石橋玲子さんの新作が入荷いたしました♪


   


  
 これを撮影している時に
  仏人女性が店内にいらしたので
  2人してこそこそと撮影w。

 ワタクシが持っているのは
  何故か巾着袋w。

 石橋さんが身に着けているのは、
 
 

  ラウンド2wayバッグ。

 どのあたりがラウンドなわけ??

 

 と裏から見るとラウンドなのが良く分かりますね。

 これ物が沢山入っていいんですよね。
 
 全て着物の生地で作っているそうですが、
  ウールの着物のコートを使ったり、
  中に綿を入れてふわふわ感を出していたり、 
   ちょっと手が込んでいます。

 12,000円+税

 あと石橋さんが身に着けているのはこちらのスカーフ
 

 差し色にピッタリで、
  シンプルな服装に色を加えるのに便利なスカーフです。

 6,200円+税


  他にはいつものバネ口ケースが入荷しました♪

  


  それでは良い週末をお過ごしくださいね♪

コメント

月の満ち欠け月齢カレンダー 月のカレンと月の暦 2019年度版

2018-10-24 17:09:11 | 商品
 えーっとですね、
  そろそろ年末年始を意識した商品が出始めてまいりました。

 えっ?!ついこの間まで夏だったじゃないの?!
  なんて気がしますが、もう2か月後にはメリークリスマス♪
  とか言っちゃったり、
  良いお年をお迎えください、とか言っちゃっていたりするわけですよ。

 外国の方はそろそろ弊店でもクリスマスショッピングをしてくださっていましてね。
  早々とクリスマスラッピングなんかも始めたりしております。

  
 そんなこんなで 本日ご紹介をさせていただくのは、
  毎年恒例の月の満ち欠け月齢カレンダー♪

 
 毎年同じのをよくもまぁ作り続けると思いますが、
  少しずつ趣向を変えて作ろうとか考えないものですかねぇ。

 まぁ そういうのんびりとした方が企画制作されています。

 
 毎年同じ感じなので、
  ワタクシもいちいち撮影をするのも面倒なので、
  この数年間同じ写真を使いまわしているという手の抜きよう。
  
 写真は古いですが、
  中身は2019年最新版ですのでご了承くださいませ


 

 今年も2種類のサイズが入荷いたしました!

 
 1. 卓上サイズの月のカレン (1,000円+税)
 2. 旧暦の壁掛け用月の暦 (2,000円+税)

 
 

 卓上版の月のカレンは葉書サイズ。
 
 
 
  組み立て式の台も付属されています。

 
 
 
  裏は白紙なので、
   お誕生日にメッセージカードとしてプレゼントとその月の1枚を添えて渡すのもお洒落ですね。

 12ヵ月のカレンダーですので、12人分になります♪

  
 
  

  こちらは壁掛け式の月の暦で、旧暦で書かれているので、
   趣があり素敵ですね。

  ちなみに 西洋歴の2019年1月1日は旧暦の2018年11月26日。
 
  もともと日本の歳時は旧暦を基本としているので、
   現代のカレンダーで おや??と感じることも多いです。

  例えばお正月。迎春と書かれますが、
   正直春なんて感じるには程遠い季節です。

  旧暦の2019年1月1日は西洋歴の2019年2月5日。
   2月上旬もまだまだ寒い時期ですが雪の下には新芽が顔を表していたり、
   木々の枝先には新芽がふっくらしてくる頃。

  そう いたるところで春の訪れを感じる頃なのですね。

  旧暦で過ごすと割と楽しいのです。
   また俳句をされれている方や茶道をされている方は旧暦を好まれるので
   そのような方へのプレゼントにも喜ばれますね。


  ちょっと小言が書かれているのが良いですね。

 
 

 そして月の暦には小さな小冊子が付いてきます。

 

 そんなのを読むのもまた楽しいものです。


 詳細とご購入はネットショップをご覧下さいね♪

   Yahoo店
    月のカレン https://store.shopping.yahoo.co.jp/maaoyama/201-2.html
    月の暦 https://store.shopping.yahoo.co.jp/maaoyama/201-1.html

   Aoyama market Annex店 
     http://ma.aoyamamarket.com/?eid=12


 勿論店頭でもご覧いただけます。

  MA by So Shi Te
  107-0062
東京都港区南青山2-22-15
  クリヤマビル1F
  03-3401-0922

  http://www.mabysoshite.com
アクセス: 銀座線外苑前駅1b出口より真っ直ぐ歩いて1分

  
コメント

年輪の美しいMUKU媛ひのきの国産弁当箱

2018-10-22 13:44:15 | 商品
 週末はゆっくりされましたでしょうか?
  しろうです、こんにちは。

 土曜日は弊店のお客様がオープンされた
  表参道の立ち食い蕎麦屋さんへ伺ってきましてね。
  
 余程こだわった蕎麦屋かと思いきや、
  メニューが300円とか500円の低価格設定で、
  お蕎麦も300円。

 何一つ手作りの物が無くて、
  塩おにぎりがコンビニの袋ごと出てきて、  
  2つで300円。

 その日に働いていたイケメン従業員は、
  道端で3時間前にスカウトしてきた素人。

 お蕎麦を2人前注文をすると、
  オーナーさんがキッチンに向かって
  3袋茹でてっ!って大きな声で叫ぶ。

 あっ、やはり袋なのねw。

 そして大声で指示をされた中で調理と言うか料理を温めて盛り付けている方が、
  近所のお客さんで、急遽人がいなくて入って貰ったという女性。

 斬新w!

 全てが斬新すぎて大笑いして何だか楽しい夜となりましたw。
 
 

 さて 本日ご紹介をさせていただくのは、
  年輪の木目がとても美しい愛媛のひのき、
   媛ひのきをくり抜いて作った無垢国産弁当箱

 

 なるほど! 
   今までこんな美しお弁当箱を見たことない。

 通常は板目を使って作るので、
  木目は直線になりがちな木製の弁当箱。

 こちらは角材を縦にくり抜いて作っているので、
  蓋の年輪がとっても美しい。

  

 檜なので勿論軽く
  重量は約180g。

 

 蓋は厚めに作ってあるので、
  きっちり中のお弁当を守ってくれます。

 角がカットされたデザインの物と、
  あとカットしていないカクカクした方と2種類のデザインがあります。


 

 容量はこちらの方が少々多くて、
  570ml (角カットの方は約550ml)


 

価格はどちらも5,200円+税

サイズは幅18 x 奥行9 x 高さ5.5cm



 机に置いて小物入れとして使っても格好いいデザインです。

 
 詳細とご購入は

  Yahoo店
    角あり  
https://store.shopping.yahoo.co.jp/maaoyama/216-4-5.html
    角カット https://store.shopping.yahoo.co.jp/maaoyama/216-4-1.html

  Aoyama market店
      http://www.aoyamamarket.com/ma/kitchen-bentobox/himehinokilunchbox1.html

 
 勿論青山店の店頭でもご購入いただけます。


  MA by So Shi Te
   107-0062
東京都港区南青山2-22-15
   クリヤマビル1F
   03-3401-0922

  銀座線外苑前駅1b出口から歩いて徒歩1分。

  http://www.mabysoshite.com
コメント

Blogram

blogram投票ボタン