MA by So Shi Te 

南青山のインテリアショップ MA by So Shi Te のブログです!
毎日の出来事を綴らせていただきます。

ほしあかり一輪挿し by やぎもとこ

2018-12-14 17:10:59 | 商品
 いつもお線香を買いに来てくださる女性がいらっしゃいまして、
  90後半になるお母様が弊店で扱っているお線香が好きで、
  2カ月に一度買に来てくださいます。

 いつも同じ香りのお線香。
  でも母が好きだからって買ってくださいます。

 昨日もお線香を買いに来てくださり、
  リュックサックに可愛い毛糸のクマが2匹ついていたのが
  お帰りの際に背をこちらに向けた時に見えました。

 思わず 「あっ、クマちゃん可愛いですね」
  って言うと 「あら、100歳近い母が作ったの。欲しい?」
  て聞かれまして。

 えっ、期待していなかったお言葉に一瞬悩み、
  折角2匹ついていたのに1ぴきになったら可哀そうだし、
  でもこの方は心からワタクシにくださる気があって仰っているのが伝わってもきます。

 1秒ほど間が開いてから咄嗟に
  「えっ!いいんですか!いただきますっ!」
  といただいたのがこちらのクマちゃん。

 

 手足頭と胴体を別々に作ってくっつけるんですって。
  この手作り感満載な感じも可愛い!

 欲しい人に貰ってもらえて嬉しいわって仰ってくださり、
  嬉しさ倍増。

 早速鞄に付けて持ち歩くことに。
  鞄にクマが付いているのが見えた時には、
  あっ、あのクマねって思ってください。
  理由があって付けていますので。


 さて本日ご紹介をさせていただくのは、
  弊店でもお馴染みのやぎもとこさんの作品
  ほしあかり一輪挿し

 

 東京の夜は街の明かりで星が見えないけれど、
  街の明かりが少ない地方に行くと星空が美しくてびっくりした記憶があります。

 高校の修学旅行で東北へ行ってみた夜空は、  
  星が降ってきそうなほど綺麗な星空でした。

 ってか高校で東北へ行くなんて地味な高校でしょ?!w


 

 見ているとこの星空に吸い込まれそうな感覚になります。

 銀河系の先には何があるのだろう。

 宇宙には果てがあるのだろうか?

 果てがあるならその宇宙の果てには何があるのだろう?

 宇宙は今から137億年前にビッグバンで誕生したとされています。

 はぁ?意味分んないんですけどw。

 宇宙が誕生する前は無だったという事?

 そして宇宙の直径は780億光年とされていて、
  更に意味不明ですw。

 
 とにかく宇宙の事を考えだしたらキリがなく、
  不可解な事ばかりで考える意味も無いような気もしてきますが、
  ちっぽけな日々の些細な事で頭を悩ましていることさえもくだらなく思えてきます。

 悩んでいる人がいたら、
  宇宙の事を考えてごらんって。
  今の悩みなど本当にちっぽけな事で悩む価値もない事なのかもしれないって気が付いてくれるかもしれない。

 

 手作りなので大きさも違えば見える景色も違う。
 
 手のひらサイズの宇宙を如何でしょうか?

 あっ、ちなみに一輪挿しなので
  上部に穴が開いています。

 デスクに置いてペン立てにしたり、
  重量もあるのでペーパーウェイトとしても良し。

 4,500円+税

 直径約6.5cm

 
 
コメント

本田伸明さんのブルーシルエット大き目なお猪口

2018-12-12 20:20:09 | 商品
 先日ひっそりと自宅近くの老舗の蕎麦屋さんが店を閉めまして。

 人気店で食べログ評価も上位でいつ行っても混んでいる、
  そんなお店でした。

 うどんみたいに太い麺で独特な蕎麦。
そして店員さん(恐らく娘さん)がびっくりする程愛想が無く、
注文も席まで取りに来ないし、笑顔なんて有るわけもない。

そんな腹立たしくも思えるサービスの悪さもそこのスパイス、
そのピリッとした接客も味わいにお客さんは通うのでした。

後継がいなくて閉めたのだとか。
あのSっ気たっぷりの接客も今となっては懐かしい…w


さて本日ご紹介をさせていただくのは
またまた本田伸明さんの作品。
ブルーシルエットのお猪口。



画像だとサイズ感が分かりづらいのですが、
小鉢並みにでかいおお猪口ですw


あれ?自分がお願いしたサイズと違うけど、
値段も同じだしまぁいいか。



こんな感じ。

ふつうのお猪口の倍のサイズですな。

まぁこまめに注がなくていいんじゃないの⁈



内側の光沢のある釉薬が今回のは特に美しい。
お酒を注ぐとこれまた美しい。



お酒付きの方には堪らないこのサイズ。

小鉢としても使えるので便利です。

価格は3,000円+税
コメント

雨過白小鉢 本間伸明さん

2018-12-10 18:42:43 | 商品
 雨過天晴(うかてんせい)。
  雨が止んで空が晴れ渡り明るくなる様から、
  悪い状況が良い方向へ向かう事の例えですね。

 明けない夜は無いのと同じに
  止まない雨もない。

 
 そんなところからこの小鉢の名前は由来するのでしょうか。

 
 雨が過ぎて明るくなる様、
  それが雨過白(うかしろ)と本間さんがこの小鉢を名付けた由来な気がします。

 
 本間さんの作品にはストーリーがあり、
  色々な解釈の仕方があるのがまた面白い。


 

 小鉢と言っても意外と大きく、
  直径約12.5cm x 高さ約7.5cm の大き目な小鉢。

 フルーツボールや
  煮物などを入れて良いサイズ。

 

 中は銀彩のように艶のある濃いグレーで、
  中に盛り付けたものが引き立つ色です。

 

 この釉薬の垂れた景色が美しい。


 4,500円+税

 今日もお陰様で忙しい1日でした。

 感謝です。



 
コメント

Atelier Reiさんの新作バッグ

2018-12-07 18:16:53 | 商品
 12月7日は大雪。
  本格的に雪の降り始める頃。
  北の方では雪が降り始めたようですが、
   まだまだそんな冬と言う気分になれないほど暖かい日が続いていますね。

 でも日足はどんどん短くなり暗くなるのが本当に早いです。

 そんな中いつもの花セラピーの方々12月のフラワーアレンジメントを持ってきてくださいました♪

 
 

 あー癒される。

 この荒んだ世の中に綺麗な物があるだけで華やぎます。
  まぁお花に気を留めてくださる方も殆どいらっしゃらないのですけれどね。

 丁度その日には陶芸家のウレヒめぐみさんがお掃除の手伝いでお店にいらしたので、
  折角なので一緒にパチリ

 

 1人亡霊のように映っている方がいるんですけど~w。


 さて本日ご紹介をさせていただくのは、
  Atelier Reiの石橋玲子さんの新作のバッグのご紹介♪

 

 石橋さんが持っているのはこちらのショルダーバッグ

 

 ジーンズ地に着物の生地を控えめに使ったカジュアルなバッグ。

 普段使いに便利なバッグです。

 12,000円+税

 中の生地もしっかりしたのを使っていて丈夫です。

 ソシテ ミニショルダーバッグは
 

 これまた使いやすい色合いです。

 ジーンズにも合わせられるし、
  ちょっとスマートカジュアルな装いにも良さそうですね。

 5,200円+税

 紐を皮に付け替えたらもっとフォーマルなシーンでもお使いいただけるかと思います。

 
 さてさて、今週末は気温が下がるようです。
  体調を崩されぬようお気を付けくださいね♪

 Ciao
コメント

巡り合いからくり箱 A chance meeting Karakuri box

2018-12-05 13:00:00 | 商品
For English blog on this topic, please visit our English blog.

 いちょう祭りも終わり、落ち着きのあるいちょう並木。
  今朝 青山一丁目からお店まで出勤した際にちょっと覗いてみたら
  まだ半分くらい葉が残っていました。
  
 まぁいちょうの葉は一晩で全て散ってしまう程急変するのでいつまでもつやら。

 先週の日曜日、いちょう並木のライトアップ最終日に寄ったついでに
  近くにある建設中のオリンピックスタジアムを見てきましてね。
 
 夜で余り見えなかったけれど大きさは十分感じられ、
  既に外壁等は外から見えるのでいよいよオリンピックが開催されるんだなって
  スタジアムを見上げながら感慨深くなりました。

 オリンピックが開催される時にはこの辺はどうなっているのだろう?!
  開催中は凄い人なのかなぁ~。
  なんだかちょっぴり楽しみです。

 弊店からも歩いて5分くらいで行けるので、
  いらした際には是非寄られてみてくださいね♪


 さて 本日ご紹介をさせていただくのは、 
  興味の無い方にはどうでも良い箱、
  からくり箱です♪


 

 この箱、実は結構有名でして、
  生産量が少ないのでなかなか手に入らないのです。

 先日久しぶりに作ったとのご連絡があり、
  早速入荷♪

 

 蓋にはハートが描かれています。

 えっ?!ハートを触ると動くぞ?!

 一番上の箱を開けると中蓋があります。

 

 その中蓋にはクローバーが描かれています。

 勘の鋭い方は直ぐにお分かりですね。

 タイトルも巡り合いですし。


 開けるのは難しくはありません。
  でも開けるときのこの感覚が感動的でロマンチック。

 プロポーズをするときに婚約指輪を仕込んで渡したら
  一生忘れない箱となることでしょう。

 クリスマスプレゼントにも良いですね。
  サプライズギフトを入れて渡したら
  これまた一生忘れないプレゼントになることでしょう。


   外寸サイズ:8.8×8.8×7.8cm
   内寸サイズ:7.3 x 7.3 x 2.7cm

  価格は21,111円+税


 比較的大き目の箱なので、大切なアクセサリーをしまっておく箱としても使えます。


 詳細とご購入はネットショップをご覧下さいね♪

  Yahoo店https://store.shopping.yahoo.co.jp/maaoyama/144-38.html
  Aoyama market店http://www.aoyamamarket.com/ma/living-toys/chancemeeting.html 
コメント

梅原育子さんの亥年の置き物 ウリボウ付き

2018-12-03 19:05:29 | 商品
 あれ? ヤバイ、時間が無いw。

 もう色々とやることがあり過ぎててんてこ舞い。。。
  忙しいことは有り難い事です。

 今日は小話なしで直ぐに新入荷のご紹介♪

 本日届いたばかりの梅原育子さんの動物が沢山入荷いたしました♪
  とりあえず亥年のお着物のみをご紹介をさせていただきますね♪


 

 人気の梅原育子さんの動物の置き物に猪とウリボウ親子が加わりました♪
   限定2組だけですが。

 梅原育子さんらしい可愛らしいフォルムですね。

 
  
 母親はどっしりと逞しい。 
  そしてウリボウはあどけない表情で可愛いです。

 大きさは母猪は高さが約7.5cmで幅が8.5cm。
  ウリボウは幅が3.5cm。


 もう一組は
  

 
 2組限定ですのでお早めに♪

 価格は4,000円+税

コメント

本田伸明さんのSakuraシリーズの花器 本田星陶所

2018-11-30 18:47:07 | 商品
 今日いちょう並木を観にいらしたイギリスからの観光客が
  ふらりと弊店へ寄ってくださいまして。

 色々と買ってくださったので免税手続きをしながら
  イギリスのどこから来たの?っとかお話をしていると
  今はロンドンだけれど出身はBirminghamだよっとおっしゃる。

 お~、自分も大学がそこだったから住んでいたよとお話をすると、
  なんと同じ大学出身の方でしたw。
  びっくり!お店を11年していて初体験♪

 まだ生まれて数か月の赤ちゃんと幼稚園生くらいの女の子を連れて
  日本に旅行に来たのだとか。

 海外の同じように小さなお子さんを連れて日本に旅行に来ている家族が
  意外といらっしゃいましてね。
  子供4人連れとかちょくちょくいらっしゃる。
 
 思えばどのお子さんも躾がしっかりして礼儀正しく、
  今日のその方の幼稚園生くらいのお子さんは日本語で
  「ありがとう」って言って店を後にしましたw。

 日本だと最近はお子さんは放し飼いの躾もされていない子が多くて、
  ワタクシにはそのような躾のされていない子は猿と同じにしか見えません。
  こんな子が成長して大人になったら苦労するだろうし、
   可哀想でなりません。


 さて 本日ご紹介をさせていただくのは、
  先日マグカップをご紹介させていただきました本田伸明さんの
   サクラシリーズの花器♪

  
 

 桜ってピンクに描かれることが多いけれど、
  実際には白に近いピンク。

 まぁ桜の種類にもよって色は全く違うけれど、
  染井吉野は白に近いほんのりピンク色。

 

 花器の口部分は桜の幹のように力強い濃い茶色。

 そして蕾の様に薄らグリーンがかり、
  薄いピンク色と変わる様が美しい。



 このようなどっしりとした花器はお花を生けやすい。

 一輪 すっと生けても格好良く、
  背の低めの束を入れても様になる。

 

 口が細い花器はそのまま飾っても美しい。

 

 口が細くなるタイプは
  少ないお花でも安定して生けられるので便利。


 それぞれ個性があり、
  色味もピンクが強めの物もあれば
  緑が多いのもある。

 蕾の常態か咲はじめか、
  はたまた満開の常態か。

 
 桜の時期はまだちょっと先だけれど、
  葉の散る寒い冬に桜を感じてみては如何でしょうか?


 価格は5,000円+税~9,000円+税

 

 

  

 
コメント

桧の羽子板トレー 愛媛県の媛ひのき

2018-11-28 19:01:56 | 商品
 もう数日で12月ですね。
  いちょう並木の黄葉も見ごろを迎えました。

 先日Instagramを覗いていましたら、
  ある方が神宮外苑のいちょう並木はギンナンの臭さが無くて素敵!
  それってここのいちょうの木は雄で実をつけないんだと書いていらっしゃいまして。

 えっ?? 神宮外苑のいちょう並木は殆どが雌で、
  ちゃんと実をつけるし一週間前に歩いたときにはギンナンの臭さは勿論ありました。
  
 ネットで気になったので検索をしてみると、
  同じように神宮外苑のいちょう並木は臭くない理由は雄の木だからとブログで書いていらっしゃる方を発見!

 あ~、こうやってデマは広がっていくんだなぁ。

 ギンナンが落ちるのはいつも黄葉をする前。
  都内だと10月ですね。

 その頃になると毎年袋に一杯ギンナンを拾い集める方々がいらっしゃいまして、
  拾う人は減ったと言いますが、それでも取り放題なので毎年通う方もまだいらっしゃいます。

 その方達の努力?!で神宮外苑のいちょう並木の匂いは少な目なのかな?
  それでも勿論全ては拾いきれないので匂います。
  
 ちなみに正しい情報によりますと、
  神宮外苑のいちょう並木は7割が雌。
  146本中102本が雌だそうです。

 まぁどうでも良いけれど。

 
 ところで この時期に急激に人気になったのが「うりぼう」のぬいぐるみ。
   

 可愛い♪

 来年は亥年ですからね。

 色々な干支の置き物が出そろいますが、
  ぬいぐるみも可愛らしくて良いですね。

 売り切れていたので、また再入荷しました♪

 こちらのうりぼうのぬいぐるみはお正月を過ぎても販売していますので、
  亥年に生まれる赤ちゃんのご出産祝いに差し上げても可愛いですよ♪

 
 さて ここからが本題w。
 
 昨年の今頃にもご紹介させていただきました、
  愛媛県の媛ひのきを使った羽子板トレーが再入荷しましたのでご案内♪

  

 可愛いですね♪

 サイズは21.6x11.5x1.5cm

 価格は3,000円+税

 ところでどうしてお正月には羽子板なの?
  ってことで調べてみました♪

 どうも羽子板を振る動作が邪気を払う動作に似ているから
  厄払いとして羽子板をしたのが由来だとか。

 と言うことで羽子板は厄払い

 

 黒は盛り付けるものが引き立ちます。

 

 赤は何を盛り付けても華やかに♪

 お正月のお飾りを乗せる台として使ったり、
  色々活躍してくれそうです。


 
  
コメント

連休は東京の紅葉のライトアップへ

2018-11-26 19:21:28 | 商品
 この連休は天候にも恵まれて、
  弊店も過去一番と言えるほど連日忙しく体重が50kg 減りました(←ウソ)。

 ワタクシもこの時期には紅葉を観にあちこちに夜に出かけます。

 金曜日には久々に荻窪の太田黒公園のライトアップへ。
  東京は面白いところが沢山あり、荻窪も好きな街の一つ。
  公園を散策した後は、荻窪で美味しいところを探して食べるのが楽しみです。

 

 紅葉はまだちょっと早かったかな。

 入場無料で、それほど混んでおらずのんびり過ごせる場所。

 ベンチも多く座ってぽーっとできるスペースが本当にありがたい公園です。
  ライトアップは12月2日まで。

 前回荻窪へ行った時には老舗の古くて暗くて入りづらいもつ焼き屋さんへ行ったのですが、
  そこのレバーが本当に美味しくてまたそこで食べたくて太田黒公園へ行ったのに祝日は休み。
  急遽探して入った台湾料理屋さんがこれまた美味しくて満足して帰路につきました♪

 荻窪最高!
 

 
 翌日は旧芝離宮恩賜公園のライトアップへ。

 

 高層ビルの狭間にある比較的小さな庭園のライトアップは初めての訪問。
 
 日本酒は飲めるし、食べ物も販売しているし、
  尺八の演奏会もやっていたり、他のライトアップイベントとはまた違い楽しい夜でした。
  
 その後は新橋まで歩いて行き、食事をして帰宅。
  週末の新橋の夜はひっそりとしていてある意味新鮮ですね。

 旧芝離宮恩賜公園のライトアップはもう終了されたようです。

 
 日曜日は弊店から徒歩1分の神宮外苑いちょう並木のライトアップへ。

 

 見慣れているいちょう並木も夜だとまた違った佇まいで美しい。

 こちらもライトアップは12月2日まで (連日19:30まで)

 その後は恒例の鷲神社の酉の市へ行って
  食事をした後に更にお気に入りの銭湯「湯どんぶり栄湯」へ行って連休の疲れを癒して帰宅。

 やはり銭湯にゆっくりつかると仕事の疲れもすぅーっと癒されます。

 
 あと紅葉ライトアップの定番と言えば六義園。
  こちらは12月9日まで開催されるようです。

 最近はもの凄い人で、行列になって公園を一周するような感じになってしまい、
  ちょっぴり残念。
  今年はどうかなぁ~。


 もし他にお勧めのライトアップのスポットがありましたら教えてくださいね♪
  お酒を片手持って出かけてきますのでw。

コメント

亥年の竹製の箸置き

2018-11-21 17:51:51 | 商品
 去年の今頃あるアメリカ人の男性が弊店で亀のしめ飾りを買ってくださいまして。
  人にもあげると言ってその後またいらして、結局5個くらい買ってくださいましてね。

 その後仕事の関係で日本へいらっしゃるといつも顔を出してくださる方。

 先日も来日の翌日には弊店へ寄ってくださいましてね。
  そして昨年買ってくださった亀の話を聞かせてくださいました。

 亀用に額縁を買ってNYのリビングに飾っていらっしゃるのだとか。
  
 

 この真っ黒なフレームに藁の亀が何ともマッチしてびっくり。
  
 和の物も見せ方によっては洋の空間にすっと溶け込みます。
  
 よく日本人のお客様にうちは洋風だからって言われますが、それで??って思う訳です。
  
 この佐賀県のしめ飾りはフランスやアメリカなど海外の方も結構買ってくださいましてね。
  唐津市から東京へ来てそして世界へ。
  何だか嬉しく思います。


 さて 本日ご紹介をさせていただくのは、
  竹製の亥年の小さな箸置き。

 

 うわぁ! 可愛いw。

 なんかこの健気な姿がより一層可愛く思えます。

 小さな背中で箸を支える姿。
 
 

 二匹セットですので、ご夫婦でお使いいただくのに良いですね。

 

 稲穂と一緒に綺麗な袋に入ってくるので、
  ギフトにも最適です。

 
 価格は1,000円+税

 数に限りがありますのでお早めに♪
 
 
コメント

Blogram

blogram投票ボタン