MA by So Shi Te 

南青山のインテリアショップ MA by So Shi Te のブログです!
毎日の出来事を綴らせていただきます。

石橋玲子さんの新作バッグ

2022-08-19 15:24:10 | 商品
 東京の今朝は湿度と気温がぐっと下がりとても過ごしやすい朝でしたね。湿度が下がるだけでも大分違います。まだまだ日中は暑いですがね。

 季節の移ろいを感じつつも、暑さ寒さも彼岸までと言うように毎年日中の暑さは9月下旬のお彼岸頃までは通常続きます。今年はどうでしょうね?暑くなるのも早かったから涼しくなるのも早いと良いですね。

 熊本の西瓜が東京で出回るのが5月下旬頃かな?その後どんどん西瓜の産地が北上して、神奈川県産が出てきて(ちなみに今年買った三浦の西瓜が甘くて美味しかった♪)、そして先日買った小さな西瓜は青森県産でした。産地がどんどん北上するのも季節の移ろいを感じます。

 さて 昨日と今日は作家さんに手伝っていただき店内の拭き掃除。昨日は陶芸家のウレヒさんの日だったのですが、陶芸用の電気窯が故障してしまい作品が仕上げられず、今回は納品がありませんでした。

 ですので本日は今お掃除を手伝ってくださっている石橋玲子さんのバッグのご紹介です。

 

 真田紐を使ったバッグをまた作って欲しいと言うお客様のご要望があり、デザインと形を変えて真田紐を使ったバッグを仕上げて頂きました♪

 

 A4書類やファイルが横向きに入るデザインで、8cmのマチ付き。内側にポケットが付いています。

 

 水墨画のようなモノトーンの帯をメインに、着物や無地のリネンをパッチワークにして仕上げています。

 価格は 14,080円。パッチワークにするのも手作業であったり、裏地もしっかりとした生地を使っているので作りからするとお値打ちだと思います。

 
 石橋玲子さんには今後小さめのポーチなどを作っていただく予定になっていますのでお楽しみに♪

 
MA by So Shi Te 
  107-0062
東京都港区南青山2-22-15
  クリヤマビル1F
  03-3401-0922

アクセス: 銀座線外苑前駅1b出口より真っ直ぐ歩いて1分、青山一丁目からは徒歩5分

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Nuts bowls by 矢嶋洋一さん 白と緑の陶器のベッセル型の器

2022-08-17 16:56:59 | 商品
 今日の東京は雨。強い日差しからは解放されて風が吹いていると幾分涼しく感じるけれど、湿度が高いので動くと暑いですね。

 でも真冬の凍てついた肌を刺すような寒さのことを考えると、もう暫くこの暑さを楽しみたいなって気がします。

 さて 今日ご紹介させて頂くのは矢嶋洋一さんの船の形をしたNuts bowl。


 白いNuts bowlは内側が黒っぽく、そして緑は内側も同じ色に仕上げられています。

 

 緑は真緑ではなく、茶褐色の混じった緑でこの風合いはそれぞれが異なるので趣がとてもあります。

 

 真上から撮ると光の加減でより緑に見えますね。

 幅約29cm x 奥行き 約12cm 

   価格はどちらも 4,950円(税込)

 

 細部も表情があって美しいボールです。

 

 パスタやカレーにも良いサイズですし、テーブルセンターに置いてカット前のフルーツを置いたり、インテリアとして飾ってポプリを入れたり、ご用途はお好きなように。形が格好良いのでどのように使っても格好良さを演出してくれる器。

 
MA by So Shi Te 
  107-0062
東京都港区南青山2-22-15
  クリヤマビル1F
  03-3401-0922

アクセス: 銀座線外苑前駅1b出口より真っ直ぐ歩いて1分、青山一丁目からは徒歩5分
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

金山焼のふんわり六角鉢

2022-08-15 15:34:28 | 商品
 昨夜 留守中の両親宅のベランダの植木鉢に水をやりに実家に寄り、その後にスーパーで買い物を済ませ夕飯は外食をしようかと調べると行きたいと思うレストランはもう営業時間外。日曜日の9時過ぎの下町ですものねぇ。

 と言う事で結局実家近くのジョナサンで食事をすることに。
 するとそのジョナサンで何とも恐怖な体験をしてしまいました。

 9時過ぎの夜の下町のジョナサンに入ると店内はガラリと空いていて、遠くの方から店員さんがお好きな席にお座りくださいーいと声を張り上げます。席に座っても店員さんは今はテーブルにやってきません。代わりにタブレットが置いてあり、画面上で注文をします。最近このようお店は増えてきましたね。

 注文をし終わった後にドリンクバーにお冷やを取りに行った帰りにばったり配膳ロボット君に出くわしました。ロボットと言ってもお盆を縦にのせるカートに画面の顔が着いた自走式カートみたいなもの。お客さんのテーブルの近くに行ったら合図をしてお客さん自ら注文をしたお盆を取るタイプですね。初体験でしたが、テレビで見たことがあります。ファミレスは滅多に行かないのですが、最近のファミレスはこんなの当たり前なのでしょうか??

 暫くするとそのロボットではなく、店員さんが配膳をしにやってきました。恐怖! じゃないですよねw。まぁそれが普通ですが、あの配膳ロボットじゃないんだ とちょっとがっかり。

 すると店員さんが配膳を終えてから2分くらいして料理をのせていない空の配膳カートロボットが無音でこちらにやってきます。

 そして私の座席の真横で止まり
 そして至近距離でこちうら側にきゅっと振り向くじゃないですかっ!!!! 恐怖っ!! 

 そのカートが何やらごにょごにょ話しはじめたところに店員さんが慌ててやってきて、ちょちょちょっと操作をすると、そのカートは黙ってお帰りになられました。おしまいw

  まぁちょっと話しを盛りましたが、真横で突然ロボットに振り向かれると流石にびびりますw。結局は店員さんの仕事を増やしただけのロボット君、バリバリ仕事をしてくれるのはもうちょっと先のようです。

 さて 本日ご紹介をさせて頂くのは 青森の金山焼のふんわり六角鉢

 名前の通り形がちょっといびつで丸みがありふんわりした感じ♪

 

 一点一点の個体差が凄くあります。

 大きさは14.5cm 程度でとても使い勝手の良いサイズ

 

 煮物を盛り付けたり、サラダ、フルーツボールでも良いですし、色々なシーンで登場すること間違いなし。

 

 深さもあり見た目以上に盛り付けられます。

 

 色合いも形も柄もそれぞれが異なる一点物。なので基本こちらもネットでの販売はいたしません。遠方の方はメールで写真をお送りしますので在庫のある中からお選び頂く事も可能です。お近くの方は是非選びにいらしてくださいね。

 価格は 1,320円 と何ともお手頃!!!!

 同じ焼締めの備前焼は高いけれど、金山焼だととってもお手頃。

 でも備前焼と比較するとやはり違いに気がつくかと思います。金山焼はもっとカジュアルで着飾らない普段からじゃんじゃん使いたくなる装い。

 でもシンプルな料理を盛り付けると何とも品良く演出してくれるので個人的にはとても好きな器。

 他にも色々金山焼は店頭に常時有りますので、まだご覧になられたことが無いようでしたら是非見にいらしてくださいね。


 
MA by So Shi Te 
  107-0062
東京都港区南青山2-22-15
  クリヤマビル1F
  03-3401-0922

アクセス: 銀座線外苑前駅1b出口より真っ直ぐ歩いて1分、青山一丁目からは徒歩5分

 

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

矢嶋洋一さんの緑の まあるいマグカップ

2022-08-12 16:04:37 | 商品
 台風の影響か昨日から強風が吹いていますが、如何お過ごしでしょうか?

 明日は台風の接近により雨のようですが、そんな日は暇になるのでお近くの方でお暇にされていたらお話しをしにでもいらしてくださいね。雨のピークは夜のようです。まぁ台風の進行方向により天候は大幅に変わるのでこまめに天気予報をチェックしましょう。

 さて ここのところ新入荷が重なっていますが、本日も矢嶋洋一さんの作品が入荷しました♪ 

 矢嶋さんもお忙しい作家さんですので数ヶ月前にオーダーしたのが今入荷です。

 

 緑のまあるいマグカップと5寸皿。

 

 まあるいマグカップは大きめのマグカップなので、スープを飲んだりするのにも重宝します。

 

 今回は7個 作っていただきまして、それぞれの色の出方や形が違うので選ぶのも楽しいですね。

 内側の黒は焼締めなので、飲み物をマイルドに美味しくすると言われています。実際にコーヒーなども美味しくなるそうです。

 

 5寸皿(直径15cm) の緑はちょっと薄めに仕上げていただき、カップと一緒に使って頂いたときに多少のコントラストがとれてカップがより映えます。

 お皿は 2750円 で別売りですので、一緒に使わなくても勿論結構。ケーキ皿としても良いサイズですのであればあるで結構便利です。

 ちなみにマグカップの価格は 4,950円。

 ちょっとお値段がしてしまう理由はろくろ成形で手間がかかるのと、緑の色は特殊な化学反応で出す色なので、実はとっても特別な色。

 独特な緑が緑好きの方にとても響くようで、日本人だけで無く欧米の方にも人気の色です。

 
 個体差のある矢嶋さんの作品は残念ながらネットショップでは販売いたしません。

 お近くの方は是非お店に来て選んで頂ければ幸いです。遠方の方でご購入を御希望でしたらメールを頂けましたら写真をお送りいたしますので御希望の作品を選んで頂き発送をさせていただくことも可能です。

 お気軽にご連絡を頂ければ幸いです。(ただ撮影をして写真を送るのも結構な手間なので、ご購入のご意志がある方のみご連絡をくださいますようお願いいたします)。

MA by So Shi Te 
  107-0062
東京都港区南青山2-22-15
  クリヤマビル1F
  03-3401-0922

アクセス: 銀座線外苑前駅1b出口より真っ直ぐ歩いて1分、青山一丁目からは徒歩5分

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

財満晋平さんの深緑のお茶碗

2022-08-10 14:12:24 | 商品
 SNSを見ていると先週の金曜日から今週1週間夏休みに突入された方もいらっしゃるようですが、明日から一週間休みという方が多いようですね。

 ちなみに弊店はお盆休み中も変わらず営業をしていますので、お時間がありましたら遊びにいらしてくださいね♪

 ニュースでは感染者の拡大を頻りに報道して一日の感染者の数は日本が世界最大などとか言っていますが、欧米では感染したと思われてももうPCRを受けずに自主的に5日間ほど隔離しておしまいみたいなところもあるようで、陽性者の数は既に実数では無く何の意味も無いと言われています。

 ただ感染すれば人によっては未だにかなり辛い思いをするそうですので、感染しないことに越したことはありません。日々の日常を丁寧に生活しながらできる範囲内で感染予防をしていければ良いですね。

 さて 本日ご紹介をさせて頂くのは、財満晋平さんの深緑色のお茶碗。

 

  財満晋平さんの作品は過去にも沢山入荷していて、見た目がそれぞれ大幅に違いとても色々な作風で作られる作家さん。

 先日 南青山の桃林堂さんで本田伸明さん(こちらも弊店ではお馴染みの作家さん)と二人展をされたときにお会いしに行ってきました。
 左側が財満晋平さんです。
 
 話される声はとても優しく、おっとりとされた作家さん。本田さんとは学生時代の同級生で、それで二人展を行われたそうです。性格も違うお二人、作風もそれぞれの個性が際立っていますが、不思議と混ざり合う二人の作品を展覧会で見ていると、全く同じ作風よりも違うからこそ共生し合えるものだと感じました。

 

 どこか古典的なこちらの作風は、特に欧米の方に人気ですね。
 
 色も渋くて格好良い。

 

 土器のような、でも洗練された薄さとデザイン。

 

 見ていて飽きのこない美しさがあります。

 

 価格は 4,400円(税込)


MA by So Shi Te 
  107-0062
東京都港区南青山2-22-15
  クリヤマビル1F
  03-3401-0922

アクセス: 銀座線外苑前駅1b出口より真っ直ぐ歩いて1分、青山一丁目からは徒歩5分
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安藤良輔さんの彫紋青銀彩フリーカップ

2022-08-08 17:03:30 | 商品
 またまた暑さがぶり返してきましたが如何お過ごしでしょうか?

 8月7日は立秋。暦の上では秋の始まりですが、まだまだ暑さは続きますね。でも少しずつ秋が近づいてきます。是非この暑さも楽しみながら過ごせたら良いですね。

 土曜日には急にメキシコ料理のブリトーを食べたくなり、気軽にブリトーを食べられるところがないか探したところ、新宿の世界堂の隣の雑居ビルにあるのを見つけまして、早速閉店後に伺ってきました♪

 ちなみに最近はブリトー専門のファストフードが巷では増えてきていて、手軽に食べられるところは知っていてそれなりに美味しいのですが、それらは紙に包まれていて手で食べるスタイル。でも今回はお皿に出てきてナイフとフォークで食べられる、けれどカジュアルなところを探していたのです。今回見つけたお店が正にそのようなお店。

 さて 雑居ビルに着いてみるともの凄く怪しい雰囲気の建物に、階段を上るのをちょっぴり躊躇。。。

 
 面白い構造の雑居ビルで、1階から上るときには1つの階段で、踊り場で2つに分かれます。そしてまた上に上がるのは1つの階段。それが最上階まで続く不思議な作り。

 そのビルの3階にレインボーブリトーという小さな小さなバーがありまして、女性一人で営業をされているお店です。

 
 3階の窓からは外が見れて何だかとても落ち着くお店。ケサディーヤをつまみにビールを飲んでいると、ブリトーが到着。

 
 噂通りの大きなブリトー! 
 
 私が望んでいたブリトーとはちょっと違かったけれど、これはこれで美味しい! レストランのようにかしこまらなくて良いし、サクッと食べて飲んで次にお出かけをするのには最高のお店です。お近くに行かれることがありましたら是非行かれてみてくださいね♪何だか不思議と落ち着くお店です。

 東京は色々な国の料理が手軽に食べられるので楽しい街ですね♪

 さて 本日ご紹介をさせていただくのは 安藤良輔さんのまたまたフリーカップ♪ でも今回は青地に銀彩の涼しげなカップです。

 

 このディープオーシャンブルーは最近安藤良輔さんが作られる色ですね。

 

 彫紋は浅めに彫られているのは全体的に薄手に仕上げていらっしゃるため。その分カップとしては軽く作られています。

 

  お茶を頂くのも良いですし、酒器としてお酒を頂いたり、焼酎のロックなどを頂くのに良いサイズです。

 

 均一なブルーではなく、少々かすれた部分があったりするのが良い景色となり美しい。

 価格は 各5,500円

MA by So Shi Te 
  107-0062
東京都港区南青山2-22-15
  クリヤマビル1F
  03-3401-0922

アクセス: 銀座線外苑前駅1b出口より真っ直ぐ歩いて1分、青山一丁目からは徒歩5分
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

吸水性に優れた淡路島の瓦コースター と 瓦座コースター

2022-08-05 15:43:21 | 商品
 今朝自宅から自転車に乗ろうと駐輪場に行ったところ、蝉が裏返しになって床に落ちていたので、あ~ 蝉は幼虫から成虫になってから短いからなぁ。土の中で7年、そして成虫になって7日で生涯を終えると言われていますが、やっと地上に出て飛び回れると思ったらあっという間にこの世を去ってしまいます。

 なんてことを思いながら自転車を出して門を開けたら、裏返って床に倒れていた蝉が ミミミッ!って言いながら空へと旅立ちました。えっ?まだ生きていたのね。それとももう力尽きそうだったのだけれど、まだ生きていたい!と言う気持が彼を空へと飛ばせたのか?

 暑い夏だけれど、冬は直ぐにやってくる。だから暑さだって蝉の音だって夏を存分に満喫したいなって思うわけです。

 でも温度と湿度が高いと冷たい飲み物を飲むときにちょっとイラッとすることがあります。それはグラスの結露でテーブルを濡らすこと

 グラスに注いだ麦茶に氷を入れてキンキンに冷やしたのを飲むと何とも美味しい!しかし冷たいグラスには結露が発生して、テーブルがびちょびちょに濡れてしまいます。

 でも吸水性を良くした瓦のコースターであれば、結露程度の水であれば吸ってくれてテーブルを濡らさないのが有難い♪

 
  10cm 角の瓦のコースターは以前から弊店で販売していましたが、今回から更に改良を加え吸水性を更に良くした四角いコースターが新登場!

 
 厚みは8mm程度と薄いけれどセラミックなので丈夫です。

 

 以前は縁と内側の色が異なったのですが、今回は均一な色をしています。

 

 結露が発生してもたっぷり吸ってくれるので本当に重宝します。

 最近では珪藻土のコースターが流行っていますが、珪藻土は結構汚れるし、洗えないし、割れると良く聞きます。

 瓦のコースターは洗えるし、直ぐに乾くし、割れにくい。

 布のコースターも汚れるし、洗濯しなければいけないし、夏にはベチョベチョになってグラスにくっつくなんてこともよくありますね。

 私が知っている限りでは瓦のコースターは完璧!

 値段は今回の分までが 880円。
 次回製作時から 1,100円になる予定ですので、お早めに。

 
 柄にもこだわりたいと言う方には瓦座がお勧めです♪

  お値段は1760円と少々してしまいますが、特に飲食店やバー、そして海外の方が良く買って行かれます。

 是非まずは試しに使ってみてくださいね♪

 オンラインショップ
   Yahoo店:

   Aoyama Market店:
 

MA by So Shi Te 
  107-0062
東京都港区南青山2-22-15
  クリヤマビル1F
  03-3401-0922

アクセス: 銀座線外苑前駅1b出口より真っ直ぐ歩いて1分、青山一丁目からは徒歩5分
 

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Refrappeさんの もりひつじ と もりのうし のドライフラワーアレンジメント

2022-08-03 14:09:07 | 商品
 暑い日が続いていますが、明日の東京は雨とのことで今朝は出勤途中にまた東京ミッドタウンへ寄ってお散歩を楽しむ事に。

 
 
 いつものお決まりのコースはミッドタウンに隣接する桧町公園の池の畔を歩いて、滝の水の流れの音に癒やされながらベンチに腰掛けてちょっぴり休憩。人口だけれど森と水があるだけで気温がちょっと低く過ごしやすいのにびっくりです。

 

  そしてミッドタウン脇の小道の人口の川は今は足をパチャパチャ水で冷やすことのできるスペースが作られていました♪ 水があるだけでも涼しいのに、足をつけて遊べるだなんてとても良いですね。

 いつもと違うルートで出勤をするだけでも楽しいです♪

 さて 本日ご紹介させて頂くのは、昨日届いたばかりのRefrappeさんの新作のドライフラワーがセットになった羊と牛の器達。

 

 大きさは3サイズで
  母 8,800円
   仔 5,830円
  赤ちゃん 3850円


 ドライフラワーのアレンジメントがまたお上手!

 手に持っているのは仔ひつじのサイズです。

 

 こちらは もりのうし。

  

 牛は2サイズで
  仔牛 5,830円
 赤ちゃん牛 3,850

 ドライフラワーとセットなのでギフトにも良いですね。

 

 今回の入荷以外にもドライフラワーのセットではない器もあります。

 穴が開いた物は植木鉢、穴の無い物は器としてお料理を直接盛り付けて頂けます♪

 
MA by So Shi Te 
  107-0062
東京都港区南青山2-22-15
  クリヤマビル1F
  03-3401-0922

アクセス: 銀座線外苑前駅1b出口より真っ直ぐ歩いて1分、青山一丁目からは徒歩5分
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安藤良輔さんの銀彩と白磁のフリーカップ

2022-08-01 16:31:13 | 商品
 全国的に猛暑からの8月スタートですが、如何お過ごしでしょうか?
  外出の際には水分補給ができるようにペットボトルで水を持ち歩きましょうね♪

 仕事中に単純な入力作業の時や昼食時に動画を観ていることが度々あります。
   通常はGyaoでテレビ番組の再放送を観たりするのですが、この週末から何気なくShort filmをyoutubeで観ていてその面白さに今更ながら気がついてしまいましたw。

 確かにOscar とかでもShort film部門なるものがあるのは聞いたことがありますが、実際にはそれ程注目もしていなければ、観たこともありませんでした。

 しかし受賞歴のあるShort filmの作品はどれも内容にメッセージ性があり、短いのに考えさせられることがあったり、作品として秀逸に出来上がっていることに驚かされます。

 多くは英語字幕は付けられても日本語字幕は無いので視聴が困難な場合が多いかと思いますが、英語を勉強している方や上達したいと考えている方には勉強がてらに観られると良いでしょう。
 
 5分~15分程度の作品が殆どで、ちょっとした隙間時間で1作品を楽しむ事ができます。

 英語が分らなくても、殆ど言葉が使われていない作品もあるので英語初心者の方でも楽しめる作品も多々あります。

 例えば The clue 
 たった10分の短編映画。Noaと言う独身の女性が毎日繰り返される、起床して朝食を食べて洋服を着て仕事に行って帰宅して寝て、そして翌朝また同じ行程が繰り返される日常に感情もなくただ淡々と日々を過ごしていた。
 ある日 鏡に Come on an Adventure, Coffee? と書かれていたのをきっかけに彼女の宝探しが始まる。そして彼女は最終的に宝を探し当てるのですが、その宝でちょっぴり繰り返される日々に楽しさを見つけるNoa。さぁ彼女は何を見つけるのでしょうか?

 他のどの作品もメッセージ性があり、ついつい次から次へと観たくなる、そんなShort filmの世界。お暇なときにでもちょっと覗いてみてくださいね♪なんてったって無料ですから。


 さて 本日ご紹介をさせて頂くのは 久々に入荷した安藤良輔さんの作品です♪

 

 安藤良輔さんはファンの方も多く現在はオーダーをすると1年待ちくらいの人気作家さんで、弊店で扱わせて頂いているのは奇跡のようなもの。

 今回も小量ずつですが、ちょこちょこと色々な種類が入荷したので小分けにご紹介をさせて頂く予定です。

 
 こちらの湯飲みは丸みのある白磁で、下部は銀彩が施されています。

  全体に描かれた模様は彫刻刀で手で削っているのですが、このような模様は今回弊店では初めてですね。

 彼のきっちりとした性格が良く出ている作品です。

 

 直径約8cm x 高さも約8cm 
 価格は 5,500円

 とても美しいフリーカップ。

 酒器としてお酒を頂くのも良いですし、勿論フルーツジュースを飲むグラスとしてでも良いですね。

 

 こちらは前回入荷した白磁のフリーカップですが、こちらもまだ数点ございます。

 銀彩の無いタイプですので、こちらは 4,400円

 今回のと比べると丸みが少ない分 ちょっと小さめです。

 

 新入荷以外にも弊店では安藤良輔さんの作品を酒器や一輪挿しなど常時複数種扱っておりますので、ご興味がある方はお店に寄られてみてくださいね。

 

MA by So Shi Te 
  107-0062
東京都港区南青山2-22-15
  クリヤマビル1F
  03-3401-0922

アクセス: 銀座線外苑前駅1b出口より真っ直ぐ歩いて1分、青山一丁目からは徒歩5分
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

財満晋平さんの楕円鉢と角鉢

2022-07-29 15:37:06 | 商品
 あっという間に金曜日ですが、如何お過ごしでしょうか?
 夜になっても暑いので最近はお湯を使わず完全に水道水シャワーを浴びております。

 浴びるとき ひゃっ! と一瞬なるのですが直ぐに慣れてとっても気持ちよくスカッとしますし、エコですしね。

 さて 本日ご紹介をさせて頂くのは 財満晋平さんの大きな楕円の鉢と角鉢です。

 
 
 左の角鉢が縦23cm x 幅20.5cm 程度。
 右の楕円鉢が縦28.5cm x 幅22cm 程度 と結構大きな鉢になります。

 弊店でもこの大きさの鉢は珍しいですが、この民芸っぽい色使いが好きで今回弊店でお迎えいたしました。

 

 

 深さも結構あります。

 

 この模様が美しいですね。

 

 落ち着いたエメラルドグリーンというのでしょうか、玉虫色?

 こういう色味と模様の器も好きです。

 つくづく自分の趣味は幅広いと思います。

 世の中白磁なら白磁やシンプルなスタイリッシュな器だけを扱ったりするお店もありますが、格好良いとは思うのだけれど正直そんな偏った生活つまらないし飽きる。その時々によって使い分けられる方が生活はより豊かになるし楽しい♪

 

 

 こちらはオーブンにも入れられます。

 価格は楕円皿(緑っぽい方) 16,500円

 角皿 (黄色い方) 13,200円

 
MA by So Shi Te 
  107-0062
東京都港区南青山2-22-15
  クリヤマビル1F
  03-3401-0922

アクセス: 銀座線外苑前駅1b出口より真っ直ぐ歩いて1分、青山一丁目からは徒歩5分
 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Blogram

blogram投票ボタン