ぴいちゃん@天然

適度な恐怖感と緊張感は人生には必要だ。 フライフィッシングと温泉は生涯の糧。

初孫登場

2017年11月01日 | 日常のあれこれ
おばあちゃんだ。

誕生間もない初孫。

まだ梅干しみたいだ。



初心者マーク付けた大型バイクで九州一周する母親と、

東北、北海道を彷徨う祖母の遺伝子を、この小梅は受け継ぐのだろうか。

この子に幸あれと願わずにはいられない。



んじゃ
コメント (6)

【大井沢】紅葉と虹鱒で癒された

2017年10月30日 | 大井沢
あっと言う間に最終週。 どんな状況下でも行ってしまうめでたさ。

金曜の仕事終わりに向かう→正しい釣り人。

歯医者行くから早退します→よくいる釣り人。

「抜かすわ」の言葉通り、早朝6時から釣り開始。

で、出た出た私の虹鱒 悩みも吹き飛んでしまう瞬間。



こんな浅瀬で出た。 勤め先に写真を送る。

迷惑メールが来たと言われるかと思いきや「顔写真も一緒に!期待してます!!」との返信。

渓で泣く。 屈折2年と3ヶ月、頑張って来て良かった



それでは更に・・と場所の移動。

月山が見える大好きな場所。 ここでチーかまを食べる至福の時。



納得の1匹が釣れた余裕で景色も楽しむ。そしてスニッカーズをムシャムシャ食らう。

ここではイ〇ナがいた・・かなりデカい。来季に期待

更に場所の移動。



かつては吊り橋の下と呼ばれ、良いポイントだった。

どうしても対岸に渡りたいのよねぇ・・・と、構想だけで終わる。



そして冷えがきつくなった夕刻、山の家には恒例の風景が。

「そこにいる」「もう少し右だ」「見切った」等々。



そんなんでゆったり館で温まり宴会へと突入。

町田の佐藤さんからプレゼントあり「熊に出会った襲われた」つり人社

体験者がほとんどが知り合いだとか。 やだ、おかしい人ばかり でも、この種の本は大好き



食べる飲むに夢中で、散々食べ尽くした後には、いつもの演奏会。

隣にはkatsuyaロッドの勝谷さん。 無頓着な私に竹への愛を語る。

素敵なおじ様よ おばちゃんが言うな



珍しい事に、ここでギブアップ。 寝ずに来たし、夢も見ないほど爆睡。

それなのに起きるのは一番最後。 朝食も終わってるし。みんな変だわ

そして雨だし、増水してるんで釣りは諦めて釣り談議



一人去り二人去りと、みなさん帰りは早い。お昼頃まで知恵ちゃんと語り合う。

養老シェアハウス「老婆の館」構想中



無我夢中の1年間で、大井沢には1回しか来れなかった。

いつもの大井沢、また癒された。



んで、帰りは大変 山形自動車道で火災発生で通行止め。

笹谷の山越えで大渋滞だし。



ここ付近はジブリ映画の舞台にもなった趣のある場所。が、しかし、全然前が進まない。

なので列を抜け、山形蔵王からエコーラインで宮城に抜けることにした。



東北道の白石まで向かう道すがら・・車内は反省部屋と化し、己の人生を振り返る。

自宅到着が午前0時。 まぁ、普通だわ。

数日後にはおばあちゃん

こんなんで良いのか


んじゃ
コメント (8)

人も川も変わっていくもんだ

2017年09月23日 | 箒川
台風一過、大雨の後。

休みは変更出来ないので、寝ずに塩原に向かう。

直前まで「家でゴロゴロしてようかなぁ~」と迷う・・が、やはり虹鱒を釣りたい、その一念。

いや~~ 日々、疲れるわ と思ってたら・・

やだ、行ってる店舗は200ある店舗の中で売り上げNO2 げっ やだわ。

通りで忙しいはずだわ。「パトラッシュ僕はもう疲れちゃったよ」状態。ホントにやだわ。

なので心の健康のために行くしかない。

で、早朝に到着。 今はどこでも24時間コンビニで釣り券が買える。



見れば今までとは、すっかり変わってしまってる。

大雨で川底のノロがなくなり白い岩盤が綺麗 ちょっと幻想的。



曇りで時々雨。 ドライじゃ出ないので、あっさり沈める。



出たわ。 久し振りの虹鱒 



ちょっと水量多く、やたら深い場所が多い。

川渡り、途中で腰まで潜り焦る。6㎏痩せたままだし水流に負けるわ。



釣り人の姿見掛けず。やりたい放題やんけ。

が、しかし、ヘロヘロ状態なので無理はやめた。



向橋下で潜水艦発見

しかし、何しても駄目だわ。 深い底でうまく届きもしない。

悪戦苦闘してる最中に、また雨が降り出したので、ここで終了。



帰りのパーキングでは4時間熟睡 

今回は釣り上げたのは1匹の3回バラシ。

どれも大きくて、大水を耐えたたくましい虹鱒だわ

どれ、また仕事に励む日々だわ。やれやれ。


んじゃ

コメント

1年半の放浪の後の仕事漬けの日々

2017年08月31日 | 日常のあれこれ
釣りに行けない日々が続く。

そう、仕事に勤しんでいるのである。

この歳で、仕事が二つもある事はありがたい事だ・・と思う今日この頃。

あまりの覚えの悪さも、とうとう諦めてくれたようで(爆)

なんやかんやと仕事漬けの日々をこなし、それでも虹鱒を釣る事しか考えていない、なんともめでたい。

さて、久々の宴会。

北陸に転勤になったM君、新しく加わったN君の歓送迎会が夜の10時から始まった。



みんな呆れるほどの釣りキチで、変な日焼けをしている。

最近はアジ焼けが多いそーだ。

「明日のシフトはどこ?」

「東京湾です」

こいつに付ける薬はあるのか

海釣り軍団に刺激されつつ、たまには行かないとなぁ~と思う日々。

さて年内に虹鱒の写真がUP出来るか

いや、マジで心配だわぁ


んじゃ




コメント (4)

長女の結婚式

2017年07月17日 | 日常のあれこれ
そのままのタイトルですな。

やはり一つの区切りとして、思い出としても大切かも知れない。

神奈川の厚木にあるアマンダンヒルズ

ここは景色も良いし、新しいタイプの結婚式場なのでしょうか。 

堅苦しさもなく、とても楽しい素晴らしい式と披露宴となりました。



派手な式ではないけど、参列者の方々共々、新郎新婦、親や親族までもが大騒ぎで泣き笑いの披露宴。

楽しゅうございました。



別居も長くなったし、いろいろ考えなくてはいけない事も多々あり。

取り合えず心の健康のために虹鱒だな。



んじゃ



コメント (2)

北海道遠征とは言えない

2017年07月02日 | 北海道

日帰りだから(げっ

事の発端はキム猫氏(雨男で骨折野郎の縁起でもない男)からのメール。

「一泊二日で行きます! どこでも釣れるようですよ」 はっ? バカぢゃね。→ 結果的に己が更なるバカ者になる。
 
話しが長くなるので省略。仕事の都合上、休みは一日だけ。なので朝一の飛行機に乗り、最終便で帰る釣行。
 
めでたい。



この後はお互いに好き勝手に動き、お互いがちゃんと飛行機に乗ったのかも知らない有り様。

やはり釣り人って変なのかも知れない。

雨男の期待を裏切らず、やはり雨の中の出発。



わ~い 帯広だわ。



姉の窮地を察し、生き別れの弟しゅうしゅうが一肌脱いでくれた。

移動や時間のロスを無くし、効率的に釣りが出来るように協力してくれた。って、ほとんどお任せだが。

椎茸栽培について熱く語るしゅうしゅう。 聞くキム猫氏。



さぁ、1本目の川。 昨年の台風で大木が根こそぎ倒れてる。

川も激変したそうだ。



そこそこ出た。 そして2本目の川。

3人が全員熊スプレーを持参。 クマ出没の看板有り。 なんでも熊の通り道だそーだ。



当日は30分しか寝てないうえに29℃と暑い。 気力だけでおチビ虹鱒。



キム猫氏は40㎝台のデカ虹鱒を釣り上げた。



先行してる2人の後でヤマメを釣り続ける。



ラストポイントで更に大きな虹鱒をキム猫氏が釣り上げる。



私のツキが吸い取られたのでしょうか。 キム猫氏ご満悦状態で終了



気持ち良く空港まで送ってもらう。

翌日、キム猫氏はしゅうしゅうにガイドを依頼し、またまたデカ虹鱒を釣ったそうだ。



北の友、ありがとう

キム猫氏は私に恩返しをするように。


んじゃ
コメント (4)

【竿頭】蒲田川で✿花は咲く✿【竿頭】

2017年03月21日 | 蒲田川
何かと慌ただしく、忙しい。

でも、お正月にはレジーナーの森で虹鱒は釣っている。 福島から来ていた釣り人と意気投合。

お互いのトイレタイムには荷物番をするほど打ち解けた。



そして各宴会にも無欠勤無遅刻で参加。



いろいろあったが、毎年恒例の蒲田川での解禁を迎えられた。



群馬のお兄様方、静岡組よりも早く到着。 雪だわ。



私は虹鱒狙いなので下流へ・・で、事件が起きた。

なんと40㎝のイワナがドライで釣れたわぁ 加えてヒレピン

隣にいた三人の見知らぬフライマン達が測量と写真を撮ってくれた。

が・・・リリースした後に写真が撮れていないことが発覚。

がっかりしながら集合場所へ・・が、しかし、フライマン達がわざわざ来てくれて証言してくれた。ありがたい事だ。



感謝しながら露天風呂に早々に入る。 負けず嫌いのお兄様方は上流へ向かう。

「釣れるまで帰って来るな」と見送る。



そしてお待ちかねの宴会 今回はイケメン二人も初参加だし竿頭だし至福の時を迎える



お酒も進む。 ええ、じゃんじゃん注ぎましたわ、イケメン達だけに。



そしてお酒に飲まれたイケメン。絵になるわ



儀式も無事に伝授し、もう仲間だ。



さて、翌日は快晴。風もなく観光日和。 



Ryoさんとも合流し、他の釣り人も多数で、もう魚よりも釣り人の方が多い。 これこそ蒲田川の解禁。



昨日でお腹一杯なので釣り意欲はない。おほほほ 

お昼に上がり、お蕎麦を食べて解散。



良い釣行だったわ。 皆様、ありがとうございました。

そして帰りは大渋滞なので厚木に向かい長女夫婦と夕食会。

11月にはおばあちゃんです


んじゃ

コメント (8)

虹鱒を釣る事だけしか考えていない 【白河フォレストスプリングス】

2016年11月21日 | 福島

そんなんで良いのか 毛鉤BOXの整理はマメにするようになった。
 
さて、釧路遠征後のTRUTTA恒例のオフ会。 

白河に向けて夜中3時半に出発する健気さ。高速サービスエリアで群馬のお兄様方と合流。朝食を美味しく頂く。

夜中だというのに車多し。 加えて埼玉から濃い霧が続いてた。 ある意味、とても幻想的。

着けばやはりこんな感じ。 予報ではお出掛け日和だったが。



さっそく始まった。 



釣り人多く、かなり渋い。が、相変わらず松井ちゃんは釣る。



今回、お兄様はダブルハンドの練習だそうで、釣果は二の次とか。来季は中禅寺湖に

刺激されて私もダブルハンド・・で、やっとで来た 竿が曲がったところで記念写真。



大量に大型虹鱒をドドドッと放流してくれた。



昼食後にTRUTTAカフェ(仮設)でコーヒーを頂く。



松井ちゃんから頂いた毛鉤 来季用かな嬉しい



キラキラ輝く宝石よりも毛鉤・・と言いたいが、キラキラ光る宝石も好きだ



さて、ダブルハンドの練習に飽きたお兄様はシングルに。 イワシが釣れたらしい。



早朝から夕方まで釣り三昧。 楽しゅうございました。



ここで解散。なんと東北道に乗ると40キロの渋滞表示が

渋滞前のパーキングで仮眠して起きたら零時近い・・それを仮眠と言うのか? 熟睡じゃないか

さっ、頑張ってまた働きましょう。



んじゃ
コメント

【大井沢】 It's never too late to start 【大井沢】

2016年10月31日 | 大井沢

とうとう迎えた大井沢最終週。  釣りで休める職場って素敵

既に紅葉 今年はちと遅いとか。



お昼頃に到着。 風強いし寒いし、急遽、民宿でのランチに参加させて頂く。



メインのお蕎麦の前に、これでもかと山菜とキノコが出てくる。 とても美味しゅうございました。



食べ過ぎたので少し釣りをするが【ボ】である。 心が折れたのでゆったり館に向かう。

思えば昨夜は入浴していない。 やっぱりスッキリするわぁ  そして宴会突入。



最初はきちんと座っている。 そう最初だけ・・・



翌日はゆっくり起床(いつもの事だが) で、お昼から釣り始める。



釣り人の姿がポツリポツリとある。 下流域は大きな工事が続いている。



なので、今までの拘りを全て捨ててみた。



来たわぁ 虹鱒(放流だけど) ハヤは数えきれないくらい釣れた。



暗くなるまで川の中。 鼻水が垂れる寒さだわ。 



常に川も変化。 今回は40upを釣った人も 



ゆったり館でゆったりして帰路に。

食事2回、仮眠3回して7時間後に帰宅。

これがまた楽しい。 今回の旅でまた一皮剥けた気がする。


んじゃ

コメント (2)

北の国から 【北海道遠征 釧路編】

2016年10月11日 | 北海道
やっとこらさで北の大地 展望デッキに張り付く。



1時間半ちょいで到着。 早い到着だから、すぐに川に向かう。



釧路に移動して来た同級生の中川君とも合流し、いよいよ始まった



初日の宴会も大盛り上がり。相変わらず強烈な個性の釣り人集団だわ。



翌日は【虹鱒Day】お兄様方ありがとう が、しかし、台風で川は一変。



帯広まで移動したのに不発。 それで終わる訳がない。 移動途中のひまわり畑で舞う。



北海道では、よく虹を見る。



ここまで来た・・・然別川。 そう、入れ食いを味わったお気に入りの川。よく走るもんだ。 
   


ここも台風の被害があった。藪が流されて、とても入りやすくなってる。



虹鱒は健在 大型は見掛けなかったけど、ドライでバンバン出る。



またもや虹 心が洗われるわぁ 虹 虹、虹のオンパレード。 虹尽くし(大丈夫か?)



2時間半走り釧路に戻る。 半端ない移動をご当地アイスで癒す。二日目の宴会も盛り上がる。



ハイボールが薄いとお怒りのお兄様。 牛でご機嫌になる。



またもや同じ川。 去年よりも私は釣れる。 が、しかし、お兄様方は大型がいないと貪欲だ。



昨日より大きいわ。 良い釣りが出来て私は満足



なので周りを散策。  台風で生木が、たくさん裂けてる。



この先をテクテクと散歩して行く。



・・・・と 誰の足跡よぉ~~ 食べられた鮭の死骸は、そりゃーたくさんあるけど~



見渡せば誰も居ないので、スタコラと皆のもとに帰り釣る。



海岸線を走る。 毎年のお馴染みコース。



最終日は牡蠣のオンパレード デカい牡蠣がこれでもか と出てくる。 これはホッケ。デカ過ぎるぞ。



仲が良い群馬のお兄様方。 二人の仲が疑われているよーですが、間違いないと思います(多分)



最終日なので、いろいろな方々が駆けつけてくれた。 



例によって観光なしの川巡りの旅。 楽しゅうございました。 皆々様ありがとうございました。



そして帰宅。 嵐のようにシフトが組まれている。

また頑張って働きますわ。


んじゃ
コメント (4)