ぴいちゃん@天然

適度な恐怖感と緊張感は人生には必要だ。 フライフィッシングと温泉は生涯の糧。

そろそろ疲れが・・・それでも湯川

2008年09月25日 | 湯川
呆れます。

なんやかんやで「秋分の日」の23日のお昼に赤沼茶屋にいました。

たまには!と、赤沼茶屋でお蕎麦とちまきなど食べ、気が付けばウエイダ-着てるし。

この頃、アクシデント続きです。

相当に疲れているのもわかります・・(じゃ-休めばいいのに)

200809231352000

青木橋目指し歩きます・・1回だけしか木道から落ちませんでした

200809231402000

手前のS字カ-ブにスナフキン??

GANAIさんも捕獲し、前回のパラダイスに

おっ!ここでゼロさん発見

200809231526000

その先にはまた行かないようです。

200809231525000

自分の視線で見た藪。

先行者の藪が跳ね返って倒されます(沈)

西日が差して来た頃にたくさんの白い虫が舞います。

200809231525001

で、いいよお祭りです

200809231648000

釣れます

200809231635000

GANAIさん釣れ過ぎ。

しかも大きいサイズ。

6時くらいまでが限界でしょうか。

薄暗くなった道を木道目指し・・泥にはまり、木の根につまずき転び・・とハードです。

赤沼までの道程で完全に左目の奥に痛みが出て、痛くて吐き気までします。

ヨレヨレで赤沼到着。

今日は浅井精肉店の営業時間には間に合いませんでした

近くのレストランでてんこ盛りのセットメニュ-を注文しますが、痛みと吐き気で食べられません

GANAIさんが見かねて鎮痛剤を取りに行ってくれます(ありがとう

食べられない料理をSさんが平らげてくれます。

や、やはり・・・こりゃ-疲れてるな!と。

いよいよ湯川終盤という時に力尽きるのも情けないので、家事仕事の手を抜きます(おい

バカにつける薬はあるのでしょうか?

んじゃ
コメント (18)

湯川で【ボ】抜け マッチ、ザ、ハッチ

2008年09月21日 | 湯川
金曜の夜は台風接近で大騒ぎです。

あっ、土曜の湯川詣はもともと変更ありません。

こんな天気だから爆釣だぁ! 行ってみないとお天気もわからないし!こんな常識のない面々とまた湯川で会わなくてはなりません。

台風で大雨の中、神奈川まで娘を送り、そのまま茨城にとんぼ帰り。

東名に入ると前も見えないほどの雨と水煙。

トラックに挟まれながらの走行はまるで車の洗車機の中にいるようです。

夜中3時に帰宅し、その1時間後には湯川に向かって走ってます。

また今回も寝てません。

年齢的にとても無理してます。

遅れること30分、赤沼でお仲間の関ちゃんが待ち構えてました。

200809200739000_2

赤沼からヨタヨタと入ります。少し雨が残ってうっししの状態です。

200809200819001_3

200809200916000

200809200932000_2

お昼に青木橋!で各自好きに散ります。

200809200951000_2

200809200954001

釣り人もハイカーの方もほとんどいません。

200809201000000_2

200809201000001

青木橋に到着・・・誰もいない。 静かです。チャンスです!

青木橋の下で釣る事はとても勇気のいる事です。

ハイカ-の方々や釣り人達の「いろんな目」に曝されます。

普段はギャラリ-の中の一人で気楽なもんです。

とても落りて行こう!とは思いません。

が・・・こんなチャンスは滅多にないんで行っちゃいます。

ブルックが同じレ-ンに2列に並んで捕食しているのを発見!

1匹くらいは取れるだろう!・・・なんて・・・とんでもない話しで・・・結果、沈

打ちのめされてお昼タイム。

200809201200000_2

この頃から顔馴染みの面々がやってきました。

今日は(も)みなさん取れてるみたいで・・・あらら、考えてみると、私は最近取ってないなぁ。

暫し話しに花が咲き、近くの藪を抜けS字カ-ブでガイナ-親子、ジンさんとで挑みます。

200809201254000_2

ジンさんから指導が入ります。

17787020_1839246272

200809201254001_2

ブルックは見えるけど取れない状態・・・まだ上をみてない?

200809201350000_2

日中はこんなもんでしょう!勝負はイブニング、イブに!(ガイナ-談)

2時頃を目安に移動です。

200809201503001_2

鱒之介さん がさっそくいました。

200809201502000_2

背丈以上の藪こきなので男性陣が先行します。

200809201503000

ここは凄いです  怖いです

前回「うおぉ~~」という人の声みたいなものを2回聞いたそうです。

熊か?猿か?人? 謎です。

でも、ここはパラダイスです

200809201508000_2

イブニングに向けてライズが増えます。

「今日も釣れねえなぁ~」の私に、いいポイントを優先的に頂きます・・・・がぁ-、バラシの連続です。

久し振りの当たりで合わせ方をすっかり忘れてます。

藪と隣合わせなのでトラブル多発! 川に入れば泥でもぐるし、引き抜く際には足がつりそうだし。

焦ってる私にとても優しい仲間達(ちっ

17787020_1506970192_2

左横は「これ見よがしの釣ったブルック」

みんなここのポイントを狙ってるようです・・が、どきません

で、ここで会心の一匹   【祝】ボ抜け【祝】

200809201554000

この後から段々サイズも大きくなります。

そして初めて見たマッチ、ザ、ハッチ!

川が騒々しいです!

男性陣は取り乱して喜んでますが、女性陣は疲れ果てました。

薄暗くなったのでここで納竿。

今回は誰も残らず、このまま赤沼まで帰ります。

真っ暗になるまでよく一人でこんな場所で釣りしてるもんだと感心してしまいます。

木道に出た時にはもう暗く、ライトなしでは無理です。

ガイナ-お嬢が木道から落ちたくらいで、無事に赤沼に到着。

帰りは中禅寺湖畔の浅井生肉店で初めてのソ-スカツ丼

200809201942000_2

食べ応えあり過ぎです。 とても美味しく頂き完食

いつものパ-キングで1時間ほど爆睡

今日の眠気防止策は「どこまで行けるんだろう~? ガソリンがあと1目盛り」

約150km先の自宅まで、さてスタンド寄るべきか!? 行けちゃうか!?

結果、行けました

ドキドキ ひやひやで眠気が起きません。

解禁終盤で飛ばしてますが、そろそろ疲れが溜まってきてるようです。

来週はおとなしい釣行にします。

んじゃ
コメント (22)

【湯川】釣れないけど足はつった【湯川】

2008年09月14日 | 湯川
土曜の湯川は格別でした・・・いろんな意味で。

またまたロクに寝る時間もなく湯川に向け出発。

7時過ぎに赤沼茶屋に到着し、思いを胸に湯滝までGO

そう、今回は今年初のひとりでの湯川釣行です。

今日は徹底的に叩こう・・と。

どうでもいいような事だか。

今でこそ誰かしらのお誘いやサポートで楽しい釣行となってますが、大半がひとりでの釣行パタ-ンでした。

思い返すと、とても危険で恐ろしい事です。

でも、湯川なら大丈夫!と・・・しかし、これは大きな間違い!

人が多い、整備されているから・・などと侮ってました。

のんびり支度してる間に、小学生を乗せた大型バスが2台到着。

ハイカ-の方々も多そうです。

上流は先週よりも水が少なくなってます!

200809130943000

とても浅いです・・

200809131246000

舐めるように(爆)隅々を攻め・・・何も出ません。

200809131245000

相変わらず釣り以外の作業も多いです。

今回は木と木の葉がよく釣れます。

なんやかんやと児滝を抜け・・いつもの休憩ポイントに。

200809131248000

ここでゼロさん から電話が入ります。

今日はお手製の「毛鉤回収機」を頂く約束になってます。

材料費、手間を考えて何かしらと物々交換となりました。

何と交換しようか?と、受け狙いでいろいろ考えます(おい

青木橋にいるとの事で川沿いに向かいますが・・・

なんか迷ってるみたいで、今の時期の藪も結構な高さと茂り方です。

200809131320000

ひとりで歩くのもやはり怖いです。

ここで時間をだいぶロスしたらしく、ゼロさん達はストレート付近に移動してます。

200809131326000

家族連れのフライマンに案内されて(爆)やっとでたどり着きました!

200809131332000_2

各自ライズ待ちタイムです。

200809131333000

中流はいい感じで水草も生え、水も多いです。

200809131405000

そそる渓相で、最初からここに入れば良かった!と後悔。

小さいけどバシャもあります。

上流に比べたら大きさなんて問題じゃありません。

ゼロさんから作って頂いた毛鉤回収機。

200809132340000

私のラッキーカラーのオレンジの紐です。

小1時間ほどお喋りして、いるんだけど取れなったあの場所に向かい、上流に向かいます。

200809131419000

途中のズミの実。

イブニングのそこは、上から水面近くまで木の枝が垂れ下がり、朽木が折り重なってます。

なかなかそこには落とせません。

既に5つの毛鉤が飾りになりました。

ハイカ-の方には「仏像かと思った!」とか言われ・・必死で狙ってるのに

散々、投げ・・足場から木道に上がろうとしたその時!!

足がぁ~~  

つり始めます。

すぐにでも足の親指を上げれば回避出来るものの、コブみたいな足場に乗ってるし、ウエイディングシューズ履いてるし、
どうにもなりません。

しばし悶絶状態。

足がつるって、なんでこんなに痛いんでしょう。

痛みが去って木道に上がろうと足を掛けた瞬間!

今度は反対側の足がつり始めました。

またまた悶絶状態。

さすがに疲れ、もう帰ろうと歩きます。

木道がから木の根の階段を登ろうとして・・

またまたまた悶絶状態。

いっぺんに両足がつらないのがありがたいです。

そんな気持ちになっちゃいます。

平らな木道を歩いていてもつりが始まります。

そんなんで5回・・・

こんな時に限って誰もいません。

薄暗くなったし、マジで動けない時は怖くなったりして。

湯滝までの道々・・なんか悲しくなりました

無事に車に到着。

両足の筋が既に痛くなってます。

眠気もあったし、いつも通りにパーキングで爆睡。

気分もリセットで元気よく帰ります

水分補給!大事です。

「ふくらはぎは血液のポンプ」だそうです。

大事な事を身をもって知った湯川釣行でした。

ん?懲りてないよ。

んじゃ
コメント (14)

秋の気配の湯川をガイド

2008年09月08日 | 湯川
週末のお天気が危ぶまれましたが、日曜日に湯川詣しました。

今回はなんと 長身イケメンの湯川ガイドも兼ねます。

こんなお話しは断らない主義です。

早朝6時に赤沼茶屋に到着。

なんとかお天気は持ってます。

湯滝から入ります。

だっさんもバイクで登場!格好いいです

今日は人も少なく貸切状態です。

200809070800000

上流はお試しに好きなように釣って頂きます。

最初から放置している訳ではありません、念のため。

200809071221001

この時期の湯川はとても澄んだ水です。

200809070907001

すっかり秋の気配になって来ています。

200809070749000

200809070807000

200809070907000

児滝で合流し、朝食しながら休憩タイム。

ここでアウトドアならお任せ!のSさん から「魚の気持ち」「ヘビの気持ち」「熊の気持ち」を聞きます。

目から鱗がポロリのお話しです。

ここから中下流に向かいます。

200809071100000


200809071058001

時折、強い雨が降ったり、雷が鳴ったり、陽が差したり・・と不安定でしたが、撤退には至らない程度です。

200809071102000

200809071258000

小さめのカディスに出たけど合わせられなかったのが2回あったようです。

200809071221000

ほとんど木道を歩き、知ってる限りの湯川の説明をします(赤いシリーズとか黒い犬とか・・)

赤沼目前でタイムアウト!

夕方から仕事があるそうなので納竿です。

湯滝までの道のりでジンさんとバロンさん、鱒之介さんクロスリバ-さんと会います。

湯川もそろそろラストの声が・・

せめて禁漁前にブルックよ、もう一度・・・・てな訳で、また行きます

んじゃ
コメント (14)

忍野・・・2回目

2008年09月02日 | 忍野
最近の局地的なゲリラ豪雨・・高速走ってるとよくわかります。

土曜の午前中は高校の支部懇談会・・と聞こえはいいけど先生方とランチです。

釣りばかり行って!と思われがちですが、高校の役員4つも引き受けてます。

夕方からお米や食材、頼まれた化粧品やハリポタの新刊と末娘も積んで、いざ神奈川へ

茨城、千葉間は豪雨です。

この豪雨、強風とかとセットじゃないんですね。

都内は降ってませんが、東名からまた強烈な豪雨です。

明日は忍野の予定でしたが、この雨じゃ無理だろうなぁ~と諦めていたら・・

やはりこんな奴は当たり前にいるのが釣りの世界です。

前日から現地に泊まり込んで、状況メ-ル送ってる兵(つわもの)がいました。

忍野は大丈夫!との事。

娘の下宿先で荷物と末娘を降ろし、部屋の掃除と少しの仮眠で出発!

200808310607000

厚木から1時間!富士山を眺めながら忍野に到着です。

日曜は見事な澄んだ秋晴れ状態。

魔人ちゃんとさっそく釣り開始です。

今回は膳棚橋から入ります。

200808310932000

で、ここで刺さりました!

初っ端からブラウンです。

200808310813000

対岸の木の下にも、すぐ目の前にも、結構な数の魚がいます。

暫し、何を食べているのか観察・・・結果、今日は白の小さめの毛鉤だな!と。

しかし、反応すれど掛けられず・・

それでかれこれ1時間苦戦

忍野は3月以来でまだ2回目なので、先に進む事にしました。

200808311050001

S字あたりでよく知る面々を発見!

200808311140000

今日の忍野にはGANAIさん、魔人ちゃん、ウクレレの合宿も兼ねたト-マスさん、 hiroさん、姿を最後まで見つけられなかった
すぎさん が来ていました。

お昼も近く、集中力にも欠け、また脱線し花シリ-ズに突入。

強い向日葵なのにバックにはすっかり秋の雲が。

200808311121000

200808311558000

咲いてる花も秋の花に。

200808311124000

で、お昼はいつもの「大臼荘」

お蕎麦しか注文しないのに、サ-ビスの品々がたくさん出てきます。

200808311213000

これみんなサ-ビス品です(3人分)

あとこれにおにぎりと天ぷらが出てきます。

玄関に飾ってあるヒグマの剥製。

200808311258001

よしお君(嘘)3歳です(本当)

北海道遠征のみなさん! こんなんが出て来たら一撃で終わりです(要注意)

200808311259000

午後からレレ隊を発見!

200808311306000

一応、ウクレレを弾いてました。

さっきまで釣りをしていたり、車で寝てたりしてたそうだけど・・りっぱな合宿です。

会話の効果音にレレ・・

hiroさんがレレを弾きながら橋の上に・・

200808311314000

噂は本当だった! 次回は背中にレレ背負ってスナフキンスタイルで。

来月アメリカ遠征に行くGANAIさん。

200808311315000

金田一付近には人がいません。

200808311601000

魚も少なめ??

200808311331000

静かな感じです・・・心霊スポットもあるし。

200808311603000

毛鉤も覗きに来るけど見切られます。

甲虫パターンを投げた時の「ポチャン」にすごく良い反応。

そんなんこんなんを繰り返し、ここで集中力尽き納竿。

膳棚橋まで散歩しながら帰ります。

200808311329000

200808311201000

200808311100000

今回は娘達と夕飯食べるので、先に帰ります。

がぁ-、トンネル抜けた須走から豪雨と事故渋滞です。

国道で帰りましたが、意外と空いてます。

信号待ちまでは豪雨。

交差点抜けたら雨降ってない!?

道路も濡れてません。

いきなり豪雨の中に!も。

きっちり分かれて降ってるみたいです。

夕飯は回転寿司に。

女3人で32皿・・多いのか?普通か?はわかりませんが。

末娘乗せて茨城に向かいますが、睡眠時間30分程度で忍野だったので眠たいです

危なかった、マジで。

もう無茶はやめよう(今更かい

んじゃ
コメント (16)