ぴいちゃん@天然

適度な恐怖感と緊張感は人生には必要だ。 フライフィッシングと温泉は生涯の糧。

男鹿川放浪記

2009年05月26日 | 栃木
関東では大荒れだったようですが、栃木では穏やかな週末でした。

毎週のようにある思いを(大きな)胸に秘め男鹿川に通ってます。

「自然渓流で天然イワナヤマメを釣りたい!!」

思えば随分長くC&R区間での釣りをして来ました。

そんなんでも釣果は充分とは言えず、更にレベルアップ??もおこがましいかも知れませんが、思いは日々募ります。

野営をひとつのきっかけとし、男鹿川水系をさ迷う結果となりました。

まずはいつもの川治C&R区間へ。

P5230003

新生物毛鉤で2匹もライズが取れました。

P5230001

そしていつもの潜水艦のアイツがいる場所へ・・・

ありゃ!ルア-マンが定位してます。

P5230004_2

散々やったけど取れなかったそうです。

今日はしつこく攻められて疲れただろう・・と勝手に魚の気持ちを考え次の行動に!!

まずは川治自然散策。

遊歩道ですが、誰もいません、人の気配もありません。

P5230009

よってこの先に進む勇気も度胸もありません→すたこらと退散

川治を抜け川俣方面の山の中へ移動します。

手堀のトンネルを抜け・・・某川に到着します。

P5230010

餌釣り師に抜かれた後だと思いますが、小さいサイズに混じって20cm大のイワナの姿も確認出来ます。

がぁ-、すぐに走ります。

平坦で水量がなく隠れる場所もないので難儀します。

P5230014

容易に釣れるもんじゃありません(泣)

ライズがあるのでいい練習場所になるかも知れません。

イブニングと翌朝の4時から挑みましたが撃沈 そう簡単に天然の魚は釣れないです。

翌日は藤原町を散策します。

まずは五十里ダム。

P5240019

半分は観光と化してるかも。

P5240023_2

ここもなかなかの景色。 キャンプ跡もあります。

P5240029

餌釣り師、ルア-マンがほとんどでフライマンの姿はとうとう見掛けませんでした。

「古代村」でお蕎麦を食べながらご主人がいろいろ教えてくれます。

たくさんの釣り人も立ち寄ります。

熊も深刻で、農作物は電流が流れる囲いの中で育ってます。

一日でたくさん散策し、夕方から爆睡モ-ドに。

よく寝ました。

P5240030

目星をつけた水系を見つけられただけでもさ迷った甲斐があります。

フライを始めた初心に戻り、天然イワナヤマメを釣りたい!!

その一念で歳や家庭も忘れます(おい

んじゃ
コメント (23)

ぶっ飛んだ週末  塩原→川治→川俣→湯川

2009年05月18日 | 栃木
一日でよく走りました!

カーナビの目的地登録の誤りでこの旅の幕が開けた訳です。

詳しい話しは小さい胸に封印するとして(おい

男鹿川源流に行くはずが、なぜか塩原温泉街に向かってます。

いろいろあり(走り)ましたが、トンネルを抜けると川治、日光方面の標識が

おりゃ・・繋がっているんですね。

しらみ始めたんで入渓場所を探します。

下調べもなく不安ではありましたが、岩魚、山女に飢えてる今日この頃です。

P5160004_2

山に囲まれ、良さ気な渓相なのに・・・・いませんね

引き上げる際の川渡りで傷ついた岩魚発見

不完全燃焼なので川治のC&R区間へ移動します。

更に緑も濃くなり爽やかな川治です。

P5160007_2

懲りずに例の場所へ・・・相変わらずアイツが定位しています。

潜水艦のように底で捕食しています。

数時間、あの手この手で挑み完敗

反応する毛鉤を確認! 追うが見切る! アイツを釣り上げるまでこの戦いは続きます。

さて、それから湯川に移動です。

今回は竿なしのハイカーで釣り人に「こんにちは」攻撃をするのが目的です。

鬼怒川に沿って川俣方面を走ります。

P5160014_2

途中で見かけた滝。

P5160011_2

川俣湖・・・素晴らしい景観ですが、山奥ゆえに人の訪れが少ない気がします。

P5160017

ここから加仁湯、八丁湯に向かえます(宿泊以外は徒歩)

歩いて約1時間半掛かりますが、温泉は素晴らしいです。

P5160020

奥鬼怒、川俣は相当な山奥で「またぎ」も色濃く残ってます。

ぜひ開拓してみたい(おーい

P5160018_2

間欠泉は時間がないので次回のお楽しみにします。

光徳まで向かう山道も絶景です。

新芽がやっとで吹き出したようですが、まだ雪が残ってます。

ここはこれからの季節、結構穴場になるかも

さて、無事に光徳に到着し、久し振りの赤沼茶屋から青木橋目指します。

赤沼茶屋の駐車場で だっさん、 GANAIさん発見!・・・この組み合わせ・・・ブルックにはかなり脅威かと思われ。

P5160024_2

湯川はまだ寒く、時々雨・・と生憎の天気でしたが、やはり湯川です。

この景色、この流れに癒されます。

P5160032_2

青木橋で平野さん、ジンさんとお会いします。

平野さんからは「お土産があるからぁ」との伝言を頂いていたのでわくわくです。

で、「アインシュタインの目」のDVDを頂きました。

水生昆虫の宮下先生が出演していて、大変勉強になるからぜひ見て学びなさい!と。

これ以上、私に学ぶ事があるのか!?などとは間違っても思いません

ありがたく頂き、勉強させて頂きます、はい。

ジンさんからは人生指南を頂き、なんて濃いお二人なんでしょ

そしてテラス付近で morioさん 発見!!

P5160038_2

抜き足忍び足で近づき「こんにちは」攻撃をするはずが・・・意図も簡単に見つかり沈

10月以来の再会となりました。

近くでは トーマス! 、フライマンの姿も。

P5160041_2

ここでトーマス!が見事にライズを取ります。

記念写真にえらい時間が掛かってます。

ブルックにも翻弄されているんでしょうか(おい

morioさんからの情報も頂き、次回の湯川が楽しみです。

一睡もしていないので、皆さんより一足先に帰ります。

途中、橙ちゃん と熊さんに遭遇。 お互いによく歩く事を褒め称えます。

P5160046_2

生憎と行き違いで会えなかった yoshizoさん 折り返し電話もらった時には圏央道120km(多分)で走行中ですた。スマソ

寝てなかったので一日が長かった気がします(当たり前じゃ

しばらく更年期障害で悶々としておりましたが、これだけ走って気が済みました。

週末は治療の日??

んな訳ないべ。

んじゃ
コメント (24)

男鹿川で野営の予行練習

2009年05月05日 | 男鹿川(川治)
連休初日から渋滞混雑覚悟で男鹿川釣行決行です!

今回は遠征の予行練習でテント泊もします。

既に渋滞している高速道路を避け一般道で向かいますが、結構車が走ってます。

しらみ始めた午前4時半に到着。

おりゃ!もう釣り人の姿が見えます。

さっそくライズしてる上流付近から入ります。

バコンバコンとドライで虹鱒2匹釣れました。

P5030003_2

前回よりも新緑が濃くなり、移動も気持ち良いです。

P5030007

川治初参戦のGANAIさんはいろんな種類の魚を釣り上げてます、さすがです

P5030009

連休中で車と人は多いものの、川の中は思ったより混んでません。

定位している魚を粘って狙うのも可です。

川底のデカイ虹鱒を白のビーズへッドで掛けたものの、取り込み最中にプチッと切られ・・

口先にピアス状態です。

お昼もそこそこにまたアイツのもとへ定位します(お-い

この場所は岩で流れが複雑になり、うまく毛鉤が流れません。

P5040034

で、岩の上から・・・これをフライフィッシングと言えるのか!状態です。

川治ではよく猿が歩いてます。

警戒してる様子もさほど感じず、普通に遊歩道にいたりします。

で、結局アイツのピアスをはずす事もなくこの日は終了。

買出しや野営場所移動ですっかり真っ暗に・・・

男鹿川上流の某所・・・その先は通行止めです(一応)

P5030017

いろんな恐怖(虫、カエル、妖怪、幽霊、熊etc)と戦いながら、それでも意外とテント泊は快適で就寝。

早朝に山菜取りご一行や単独釣り師などが続々と来ます。

せっかくの上流某所なので釣り上がってみます。

P5040025

わんぱく小僧くらいの魚がたくさんいます。。。釣れなかったけど

土手からいいサイズのカエル多数が沸いて出て来ます

まるっきり人の気配がない川も久し振りです。

臆病なんで早々に撤収。

思い切り人の多い川治に舞い戻ります。

前半は口先のピアスをはずすために例の場所に定位。

アイツはいたものの釣れません

お昼はテレビで有名になったコロッケ屋さんで3コほどチョイスし、お蕎麦で〆

午後からイブニングまで上流でライズ狙いします。

ライズがボコボコで焦ります。

で、虹鱒3匹とヤマメ1匹とバラシ少々で真っ暗になるまで遊びました。

P5040039

なんと川治の日帰り温泉施設は午後9時までです。

露天風呂は対岸のホテルからは丸見えです。。。。す、素晴らしい

閉店時間までゆっくり漬かりました! 散々汚れた後の温泉は実に気持ち良いです。

さて、連休中の高速道路状態がよろしくありません。

絶対に渋滞が考えられない圏央道(笠間~土浦北)に渋滞20キロの表示が!!!

これに挫け爆睡モ-ドに入ります。

BIGが当たったら足が伸ばせて眠れる釣り人仕様の車を買おう。

んじゃ
コメント (26)