ぴいちゃん@天然

適度な恐怖感と緊張感は人生には必要だ。 フライフィッシングと温泉は生涯の糧。

癒しの大井沢釣行・・・その2

2008年07月29日 | 大井沢
大井沢第2弾目はmixi友の鱒之介さん、囚人さんと「朝日山の家」で集合!

鱒之介さん、囚人さんは新潟県在住です。。。遠路はるばる・・ですな(お前もじゃ

200807260831000

山形自動車道で月山まで向かう景色は「日本一美しい高速道路」だそうです。

秋の紅葉の頃は絶景の高速道路になります。

大井沢入りして最初の絶景。

200807260840000

水面が鏡のようです。

200807260839001

8時集合にちと遅れ・・すぐに釣り開始です!

さすがの大井沢も日差しが強く暑いです

それぞれ好きな場所に散り・・・前回に良い思いをした吊橋に向かいます。

行くまでの道で3匹のヘビに遭遇 悲鳴が木霊します。

日差しが強く水温が高くなってるせいか「ウグイ」が元気です。

落とす毛鉤に元気良く反応するのはほとんど「ウグイ」ですねぇ

今回はデカイ虹鱒狙いで意気込みもデカイです・・・が、出るのは「ウグイ」ばかりです。

散々、弄ばれ昼食タイムで集合。

3人とも大盛りのざる蕎麦を頂きます。

200807261303000

暑すぎて活性が良くないのでイブニングに期待です。

少し早目に場所取りをしようと吊橋の下をわくわく歩きます。

がぁ-、浮石を踏んだようです。

気がついたら川で寝てますた

一瞬の出来事です!痛さで息が出来ず、動けず・・・

お尻に激痛が走ってます。 イブニング目前でげっ--です。

仕方ないので這って狙ってるイブニングポイントに向かい、しばし安静に・・・

で、至福の時がやって来ました

う~ん、「ウグイ」が元気だ。

岩魚はどうした? 虹鱒は?

と、下からグワ~ンと岩魚が毛鉤に向かって来ました。

で、あまりデカくはありませんが岩魚です。

200807261843000

その後も「ウグイ」が続き 今日は力尽きますた。

宿で智恵ちゃんに湿布を頂き、お風呂場でお尻に湿布を貼ります。

隣の男湯では鱒之介さん囚人さんが「あああ・・・良い湯だ」「ふううう・・気持ちいい」などと男同士で悶絶してます。

隣の女湯では「痛てててて・・」と苦悶です。

さて、楽しみにしていた夜のです。

夕飯も趣向を凝らし、今夜は「岩魚のカルパッチョ」もありました。

200807262015000

川魚特有の臭いもありません!美味しいです

頭と骨と尻尾は燻製になってました。

部屋に戻り、男子部屋で軽く2次会。

鱒之介さんは「おやすみ2秒」だとわかりました。  注「おやすみ」と言った2秒後にはイビキかいて寝てる

翌日はお尻の痛みもあり2時まで山の家で智恵ちゃんとお喋り。

お昼も一緒に食べちゃいました

日差しも陰り、またちょろちょろと移動

200807261458000

夏の大井沢の風景はなんか懐かしさを感じます。

200807261615000

200807271526000

200807261017000

偶然、見かけた魚のご飯になってしまう彼達・・・うまく生き延びろよ。

200807260932000

200807271548000

漁連のI君も来ました!・・薔薇の花の手入れだそうです。

次回は下流にある支流を案内してくれるそうです!期待を裏切らないでね(おい

懲りずに昨日転倒したあの場所に向かいます。

200807260954000

バシャバシャがあるけどお尻が痛い

痛みが和らぐ立て膝ついてのイブニングです。

気がついたらウエ-ディングシュ-ズの靴底が剥がれてます

ウエイダ-にも漏れがあるようです。

ポツポツと雨も降って来たので、ここで納竿。

ウグイに遊ばれた2日間でした

伝承館前でイブニングをしている鱒之介さんと囚人さんに「温泉入ろう」と声を掛け、納竿させます(こら

入浴後は「湯ったり館」のお友達にアイスをご馳走になり、まったり雑談。

8時にそれぞれ帰路に着きました。

楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまう・・・それが痛感出来るほど楽しかった大井沢でした。

鱒之介さん、囚人さんありがとう!

ちなみに、今日は激痛に耐え仕事はちゃんとしました

病院でレントゲン検査してもらったら尾てい骨横の骨に4,7cmのヒビが入ってるそうです。

安静には出来ないので、これから治るまでレ-ザ-治療と痛み止めの注射しに通院です

みなさんも川では充分に注意しましょう!

んじゃ
コメント (22)

湯川・・・前半終了

2008年07月20日 | 湯川
3連休の始まりです。

さっそく土曜日に湯川詣となりました。

世間では夏休みなんですね。

毎日お弁当を作るので実感がありません。

週末に仕事でバタバタし、家事でもアタフタであまり寝てません。

案の定4時に起きれず寝坊です

とにかくお弁当2つ完璧に作り、いざ出発

さすがに混んでましたが、どうにか10時半には到着。

写真を撮りに来た関ちゃんと入れ違いでした、残念!

今日は赤沼から入り、下中流でまったり・・しかし、ブルックを釣るぞ!の意気込みは消えず

皆さんがいるであろう青木橋に向かいながらライズを探します。

200807191137000

あらら 結構ライズがあります。

まずは関ちゃんから頂いたカディスで試し釣り。

200807191151000

元気にライズしてたイヤリングサイズの「ウグイ」をゲット!

次のポイントでブルック発見

新生物毛鉤に変え流します・・・おや?見切りますねぇ~

じゃあ、これ、あれ、それも・・と新生物毛鉤のお披露目です。

最後の最後に「どうでもいい毛鉤」・・・失敗作ですが、一応持ってました。

200807191306000

これにガバッと来たんですねぇ~ 嬉しいのやら悲しいのやら・・

ここでまたヤマガカシ登場

隣の熊笹がガサガサ・・盛り上がった水草の上にポトン・・・今回はチビちゃんです。

スルスルスル~と消えて行きます。

毒々しい模様ですが、性格はおとなしいそいうです。

この時期の湯川にはハイカ-の方々が増えます。

釣ってる最中にも容赦ない質問攻めです。

しかし、釣り人の印象を悪くしてはいけません 親切丁寧適当に答えます(おい

ブルックもゲットしたし、余裕の気持ちで青木橋まで向かいます。

途中で東京から来たと言うフライマンと心霊話ししながら歩きます。

イブニングの帰り道で赤い洋服を着た女性を見たそうです

青木橋でフライマンとバイバイ

青木橋にはお馴染みの皆さんがいました。

200807191409000

今日はmorioさん の還暦祝いも兼ねてます。

お仲間から贈られた「赤いべスト」と「赤いリ-ルと赤い10ピ-スのロッド」です。

200807191417000

今日はお仲間に応えるべく「赤尽くし」です。

茨城組も今回はyoshizoさん をはじめ5人集結しました。

湯川初の面々は沈、半沈の模様 緩やかに流れる湯川でも侮れませんね。

昼食後、青木橋でmorioさんとGANAIさんとで「さやか」に挑みます。

200807191522000

橋の下には相当な数のブルックがついてます。

morioさんが撮ってくれた一枚。

18098901_1586940839_2

緑の中で気持ち良い一枚ですが、足元はぬかるみで動くたびに潜ってます

投げた毛鉤の横でバシャっと挑発されます。

下からグワァ~と来るのですが、毛鉤には反応しません。

幾度となく毛鉤を交換し、すっかり集中してます。

そして「やったぁ」  が・・・バレました

「掛けただけでもたいしたもんです」とmorioさん。

人気のポイントでやや満足の結果です。

午後のイブニングは各自散るようです。

18098901_3453492195_2

坂口さん達は上流で大物狙いに・・戦場ヶ原から歩いて行きます!

景色や花を散策しながら赤沼まで釣り歩く事にしました。

200807191837000

ホザキンモツケの花です。

もう少しでここもピンクの絨毯になります。

200807191636000

200807191635000

カラマツソウの白い花。

200807191710000

雲上の湯川も今日は暑いです。

200807191739000

ここの対岸に1匹の猿が木の実を食べていました。

普通は群れているのに、この猿は朝から1匹でいたようです。

200807191502001

日が暮れる前の湯川は静寂に包まれます。

200807191714000

200807191713000

釣果には満足してたのでゆっくり歩いて日が暮れる湯川を堪能しました。

19時半に浅井さんに集合です!

夏場の湯川にはハイカ-の方々も多く、今日で一応9月までお休みです。

締めはやはり浅井さんでなければ

メンチカツ+串カツ定食をまたまた美味しく頂きました。

今度は夏の終わりの湯川になります。

前半終了の日に、とても心温かい時間を過ごせました。

帰りのいろは坂手前で鹿を発見!

普段見られない動物を意図も簡単に目にした日でもあります。

んじゃ
コメント (14)

湯川・・・初夏の装い

2008年07月07日 | 湯川
土曜に恒例の湯川です。

すっかり緑が濃くなり初夏の湯川です。

200807050802000

200807051300000

今回もmixi仲間が集まりました。

morioさん  yoshizoさん  りんご屋さん  tomさん  そして足を捻挫で腫らしている手負いの熊さんfreeasyさん  フライマンさん  GANAIさん・・・なんとも個性的な兵(つわもの)ばかりで、今日の釣果が危ぶまれます。

お昼に青木橋!を目安に各自散りますが、上流組が多くなりました。

200807050747000

先発隊よりも先のポイントにいそいそと早歩きで確保

200807050803000

がぁ-、これが悪夢の始まり。

ここで2時間も釘づけで3匹のブルックに翻弄される事になるとは・・・

流れの巻き返しがあって流れも変化、なかなか魚がいるレ-ンが掴めない。

移動範囲3m内で、あ-でもない、こーでもないと延々2時間 あらゆる手を尽くしましたが、完全に完敗でつ。

はっと気がつけばお昼過ぎ 

青木橋を目指しますが、なんか猛烈に疲れが出てフラフラしてます。

とんでもない集中力だったようです。

川に掛かる木に頭を打ち 川渡りはまるで酔っ払いそのもの 

小滝の上の林道を歩きます・・が ここでヤマガカシ登場。

右の足を出してたら、およそ1m以上はある、異様に胴体が太い「ヤマガカシ」を踏んずけてますた

悲鳴にならない悲鳴を上げ、瞬時に1歩後退しましたが、歳の割には機敏な動きです

ヤマガカシは悠々と熊笹の中に消えて行きます・・・が・・・しばらく動けず・・・凍りつくとはこの事を言うのでしょうか。

ヘトヘト状態で青木橋に向かいますが・・・景色にはいつも癒されます。

200807051331000

200807051330001_2

緑も濃くなり薮こきにも気合が必要ですね。

200807051336000

ここで皆さんと合流して一休み。 

200807051453000

青木橋の下には「青木橋さやか」と名付けられた超擦れまくってるブルックがいます。

200807051439000

橋の上で最近よく見られる光景・・・・釣り人の懺悔の場となりました。

morioさんが写してくれた一枚、お気に入りになりました

16677126_242057152

私は懺悔する事してないしなぁ~

午後から中、下流狙いとなります。

いち早く脱走

水草の上を流した一投目で出ました。

200807051721000

今日は折れた竿の修復が終わり、りんご屋さんからマイロッドを受け取り「入魂」の予定でした。

200807051451000

yoshizoさんお手製のネットも同じく「入魂」予定で、プレッシャーから無事解放です。

上流付近でライズ発見 少し遠いけど「えい」と投げた一投目でまたまた取れました

200807051522001

リリース後もこんなに近くに。

この頃、上流ではさっぱり釣果がなく、過酷な試練の場となってます。

渋いながらも2匹釣れれば、私としては上出来です。

湯川はすっかり緑で初夏です。

200807051423000

200807051507000

200807051610001

200807051610000

赤沼で休憩タイムの際、すれ違ったフライマンにご挨拶。

「これからですかぁ?」  「そうなんですよ、1時間くらいやろうかと・・」

おりゃ?????????

なんと大井沢でご一緒し、モンタナに行く際にパタゴニアのウエイダ-を快く買って来てくれた某大学の蛋白質の先生です。

仕事が思いのほか忙しく「私はまだ解禁してない」と涙ぐんでますた。

思わぬ再会もまた湯川ならでは・・かも知れません。

今回は久し振りの湯川詣のfreesayさんに「浅井さん」も堪能して頂きたく、早めに上がります。

浅井さんは補助椅子使用で8人座れます。

200807051901000

今回のメンバ-は太め・・・・・・

串カツ定食 美味しく頂きました。

夜の中禅寺湖も趣があっていいもんですね。

帰りは日光のパ-キングで仮眠  気がつけば車は一台もなく・・寝る前もそうだったし。

居眠り防止にコ-ラがいい これはお試しあれ。

喉に痛いほどの炭酸が刺さり、ゲップの際には口を閉じ・・・お陰さまで一人楽しく帰路に着けました。
 
またまた楽しい湯川でした

んじゃ
コメント (22)