ぴいちゃん@天然

適度な恐怖感と緊張感は人生には必要だ。 フライフィッシングと温泉は生涯の糧。

春よ、来い (準備体操)

2016年02月07日 | 群馬
日々、暇なく仕事に明け暮れつつも充実。

やっぱり働き者だった(えっ?)

なんやかんやで飲み会が続く。

東京駅で旧友の山本部長と新年会。

さすが部長、気遣いがMAX 人気のお菓子を用意してくれてた。



そして群馬のアクロポリスさんとの合同新年会。

管理釣り場は・・・起きられずに欠場だす。



さぁ、始まった



嶋崎了さんがいた 



食べ飲み喋ると忙しく、あっと言う間に時間が過ぎる。



お兄様に撮って頂く。 お兄様方、いつもありがとう



店の外でも賑やか。



珍しい事に電池切れが二人。



この男だけは元気だ。



今回のホテルは女子には嬉しい最上階。 



晴天の景色を楽しみながら早々に帰宅。

まだ飲み会は続く。

そして解禁である。 一年中お祭り騒ぎじゃないか。

んじゃ
コメント (4)

Amazing Grace【神流川】

2015年03月02日 | 群馬
解禁である。

今季の始まりは二度目の神流川。 北関東自動車道開通で早い早い!!

毎度お馴染の光景となった図。 お兄様いつもありがとうございます。



解禁だし、お祭りだし、釣り人が半端なく多いし、これまた半端ない寒さ!!

既に挫けている。

じっとしていると寒いので、取り合えずテクテク歩く。

魚は固まってるそーで、それを見つけるのが先決。 

が、しかし、入る隙間がないほどの釣り人。



上流で松井ちゃんが入れ食いポイントを譲ってくれた・・だけでなく毛鉤もセットしてくれた。



全てのお膳立てをして頂き、解禁初日で驚くべき釣果。 管理釣り場よりも釣れた。



既にお腹一杯で心は昼食タイムなので鱒之介に纏わりつき釣りの邪魔をする。 

嫌がらせとも言う。

散々と非難を浴びせられたが、歳を重ねたせいかすぐに忘れる。



ようやく気が済んだよーである。「お昼だぁー」と叫び始めて小一時間掛かった。 



雨なので公民館の軒下をお借りする。 みんなバーナー持参で暖かい食事。

お兄様はホットサンド。 豊かな釣り人の昼食である。



雨からみぞれに変わり益々寒くなった!!

それでもまだやる気満々でポイント探し。 私はここでリタイヤ。 諦めも早い。



そして上野村は雪になった。

 


たくさん釣れたし、雪だしって事で後半は道の駅巡りとなり、しこたま群馬産の野菜購入。

帰りの高速で真逆の高崎方面に向かってしまう。

はぁ?? 

相変わらずの方向音痴。 渡り鳥にはなれない。

んじゃ
コメント (6)

人生の扉  風花舞う群馬編

2014年12月15日 | 群馬
毎年恒例の忘年会でございます。

赤城フィッシングフィールドに8時集合、虹鱒なのでちゃんと時間通りに到着。



群馬組は既に良いポディションで始めておりました。

つかつかと横入りして場所を頂く。

お兄様の隣で、今回はWハンドでブイブイ竿を振る。

今日は渋い!!と言われる中、バラし1回、釣りあげ1匹の釣果(十分に渋いぢゃないか



そしてオーナーお手製のキノコうどんを2杯頂く。



鱒之介が自家製の焙煎コーヒーを入れてくれた。美味かったぞ!!



クレソンの群生ぢゃないか!! ここは釣れた魚の記念写真撮影場所でもあるそーだ。



この頃から風花が舞う。寒いからもう心は宴会に。

まずはお寿司屋さん。 これから美味しい海鮮のオンパレードが始まる。

食べるのに夢中で、これ以上の写真がない。



そして2次会・・・延長3時間で盛り上がる。

偉い人ほど崩れるもんです。



元気よく締めのラーメン。



翌日はそれぞれ帰途に。

私はみどり市にある富弘美術館を再訪。

あれ、新しくなったんだ!?

前は原画もあって良かったんだけど、なんか味気ない。

と、言いつつもカレンダー(大、中、小)購入。



きっと、もう行かないな(おい

ひねくれ者め。

んじゃ
コメント (4)

弾けた夜 in  群馬

2013年12月08日 | 群馬
週末は赤城フィッシングフィールドに集合。

Pc070004

さっそく竿の準備をしてくれる お兄様 ありがとうございます

Pc070005

まだまだ体力があるから、皆さんかなり本気モード。

お昼はスープカレー(ご飯大盛りやぁ)

Pc070010

午後は既に夜の事で頭が一杯 (忘年会&ガイナー送別会)

しかし、釣るものはちゃんと釣っとる。

Pc070012

釣り人らしからぬ高級車に混じり、前橋に移動

一次会は火炎放射器並の熱い宴。

Pc070015

ハバネロピザなるものを特別注文!! 翌日は相当に後悔したみたいよ。

1463486_380795225387980_1589411802_

良き相談相手のじい&さむ  意外と男気があるのよね、この二人(おーい)

二次会はカラオケでどんちゃん騒ぎ

Pc070021

あまりの動きの激しさでピントが全く合いません。

Pc070041

ずっーーーーーーーーーーと、この調子。

思いっ切り3~4曲ほど歌ったら、なんかスッキリ

でも、天地真理を歌い忘れた。

翌日は頭が痛く、目も充血・・・何したんだ??

再度、お昼まで赤城フィッシングフィールドでしつこく釣る。

近くのお蕎麦屋さんでお昼ご飯。

Pc080075

所持金600円だったのでお兄様がご馳走してくれた。 なんて良い人なんでしょう

また新年会を励みにコツコツやって行こう。

んじゃ
コメント (4)

初めての上野村

2009年04月07日 | 群馬
土曜日に群馬県上野村で行われる 佐藤成史さん のスクールに参加しました。

スクール参加も上野村も初めてです。

早朝に出ますが、高速代1,000円の影響でしょうか・・・物凄く混んでます。

関越で珍しい現象・・・追い越し車線が一番遅いです!

ビュンビュン追い越しているのは左側の走行車線。

どうも調子が狂います。

本庄児玉インターで降りるようにカーナビが言った途端・・・・また壊れますた

高速降りてからの道がまったくわかりません。

山に向かえば間違いないだろう・・・と、取り合えず勘で走ります。

途中「上野」の表示がぁ

001

山道は新緑で花も咲き始めていて綺麗です。

002

犬小屋にデカイ猪が飼われてたり、道々の景色を写真に納めたり・・・おっと30分の遅刻です。

ミーティングは既に終わり(げっ) ウエイダーに着替え、デジカメ持参で川に向かいます。

今日のモデルさんは全裸の・・・・ヤマメさんきゃ

007

ちゃんとポーズをとるように佐藤成史さんが言い聞かせます。

不思議と魚が動きません! 不思議だぁ~

皆さん夢中で撮ってます。

011_3

水生昆虫も登場です。

016_2

午後から「上野村ふれあい館」の一室で、撮った写真を使い佐藤成史さんの楽しくためになるお話しが続きます。

気がつくと、もう午後4時です(早っ

初めてのスクールに参加しましたが、思う以上に楽しかったです。

018

近くに御巣鷹山があります。

021_2

しおじの湯の先まで行きましたが・・・・それ以上は行けませんでした。

合掌して帰途に。。。。。。向かうはずがない! 週末だし。

そのまま箒川に向け

渓流も解禁となり川は賑やかです。

今回は迷わず上流から入ります。

025

で、やっとで虹鱒ゲット!(いつものお手軽サイズ)

スクールで教わったはずなのに・・・こんな写真に・・・うまく撮れません

久し振りの魚だし・・・

桜も咲き、いい陽気になってきました。

こ・れ・か・ら・・です

んじゃ
コメント (20)

【鼻水】赤城フィッシングフィールド【満腹】

2008年11月24日 | 群馬
3連休の初日、22日(土)に久し振りの管理釣り場でのオフ会に行って来ました。

群馬県の赤城山中腹にある「赤城フィッシングフィールド」

名前はよく聞いていたものの、行くのは初めて。

50号線をひたすら走りました・・・で、発見。

群馬県から富士山が綺麗に見えます。

場所によっては真っ直ぐの道路の先に富士山が

千葉にいた頃は普通に富士山が見え、その度に「あの麓に行きたい」→富士急ハイランド

しかし、茨城に来てからは方角が悪いのか? 富士山が筑波山に隠れて見えません。

富士山はやっぱりいいなぁなどと感激しながら赤城山で迷子になり迷走。

やっとこらさで赤城フィッシングフィールドに到着。

200811220857000

同じ迷子組のGANAIさんもここで合流。  アメリカ遠征でのお土産SIMMSのオレンジ色のTシャツ(鱒の絵付き)とRiver's Edgeのオレンジ色のキャップ頂きました ありがとう

しかし、何から何まで生活がオレンジ色になりつつあります

さて、支度も出来て池に向かいます。 既にみんな釣り始めてます。

200811221141000

がぁ-、さすが空っ風の赤城山・・・さっそく鼻水が垂れます

午前中は【ボ】(沈) 風がなければ日差しが暖かいです。 各自座り込んで昼食。

200811221217000

みんなバ-ナ-持参で鍋焼きうどんやカップメン、コ-ヒ-など普通に楽しんでます。

masaちゃん 焼きおにぎり作ってます。 

さて、午後の部突入

まだ釣れていない私に 燈ちゃん masaちゃんが必殺毛鉤をくれます。

200811221351000

どうにか初のサクラマスゲット

200811221518000

引きもいいし、綺麗です

5Xをぶっちぎったサクラマスもいたり、人目も気にせずにペアリングに夢中な鱒もいたりと噂通りの面白い釣り場です。

だっさん、のアンパン・・・カラスが咥え飛んで行きました。 今日はご馳走だぁ

いつもは寒さで車の中に避難するのが常でしたが、今回からは防寒は完璧

ウ-ル素材のインナ-で顔と手以外は寒さ知らず。 更年期障害のほてりも手伝ってか、一日フルに遊べました。

夕飯はみなさんとPaper Moon で2時間半も楽しくお喋り。

200811221803001

たくさん食べました。 これでベスト体重に戻ったでしょう。

久し振りのオフ会で楽しく過ごせました。  クロスリバ-お兄様 熊さん なかさん お疲れ様でした。

さて、来週は今年の最終釣行の予定です。

まだ続いてたの?のご意見もあるでしょうが、締めに向けて毛鉤など巻いてもらってます(おい

楽しみがあると大掃除も捗ります。 休憩が多いけど

んじゃ
コメント (18)

二人のナイトと群馬の渓流

2008年08月19日 | 群馬
お盆休みの最終日に群馬県の沼田方面に山岳渓流に行きました。

今回は群馬県在住のクロスリバ-お兄様 masaちゃんとの釣行です。

いつものパタ-ンで一睡もせずに午前2時半に家を出発

元気の源の「緑茶」を濃い目にして渋茶に

ポットにも入れて道中ちびちび飲みます。

お茶がなくては生きては行けない人種です。

義父母の秘蔵の茶を盗み飲んでから、家では「茶っ葉泥棒」と呼ばれてます。

沼田までかなりの距離でした。

15分ほど遅れ待ち合わせの道の駅に到着。

ここでクロスリバ-お兄様の車に便乗し約40分ほど走り山に向かいます。

200808170550000

連休の最終日のせいか空いてます。

支度をしていよいよ出発!

200808170648000

まずは林道を歩きます(まだまだ元気やね)

今回は新しいウエイダ-とウエイディンクシュ-ズです。

気持ちウエイディンクシュ-ズが馴染んでません。

尾てい骨のヒビに加え、これが後半どれだけ影響するか知る由もありません。

林道から背丈ほどある藪の中に・・

200808170705000_2

ここら辺からアブがブンブンまつわり付きます。

200808170728000

川原に出てからもアブの猛攻撃です。

コイツは耳の中に入ろうとするんですねぇ。

付いたアブを指で掴んで取ります。

3人でどんどこ釣り上がりますが、今日は反応が鈍いようです。

200808170744000

連休中に人がわんさか入り釣り上げてしまったんでしょう。

スペシャルなポイントを頂きますが、2回も見切られました。

悔しくて30分ほど粘りましたが、渓流では出なければ次!と釣り上がるスタイルが効率いいそうです。

200808170915000

200808170947000

段々、緑も濃くなって来ます。

200808171122002

200808171215000

岩場の釣り上がりは思うよりも体力を使うようで、かなり消耗します。

200808171139000

お尻をかばって沈1回と半沈1回。

転び方もうまくなりました。

毛鉤が木の枝に絡まり、ここで「クロスリバ-毛鉤回収器」登場。

原案はTAKEちゃんです。いい感じで広まってます。

200808171114000

しかし、じいぃとばばぁです・・・的を得られず(見えない)手が振るえ・・・(おい) 諦めます

思うように魚が出ないのでさらに上流に向かいます。

最初の滝。

200808171400000_2

マイナスイオン効果でさっそく癒されてます。

200808171410001

一度林道に出るために急な斜面を登ります。

これが結構な傾斜と高さ。

クロスリバ-お兄様とmasaちゃんはまだまだ元気です。

両手が使えるようにと私の竿まで持ってくれます。

林道から更に登り坂を歩き・・・出ました!吊橋。

200808171434001

これがかなり揺れる

藪を抜け広い川原に出るとほっとします。

藪は深く熊が出そうでこれが一番ハラハラドキドキもんです。

途中、雨がひどく降りますが釣り続行です。

200808171456000

かなり良いポイントをもらいますが、魚がいません。

P8170636_2

が、渋い中さすがにmasaちゃんはやる男です。

見事に岩魚ゲット!

200808171541000

記念写真撮るために岩魚を教育してます。

魚のかわりにクワガタのメスとアブを見つけ「パシャ」と

200808171601000

200808171300001

Nec_0081

Nec_0080

釣りをしなければ到底見れないであろう景色も堪能します。

次の滝まで来ました。

Nec_0085

Nec_0083

大自然に圧巻です。

マイナスイオンばかりです。

Nec_0086

足場を見つけながら岩を登ると、更に2段の滝があります。

Nec_0089

Nec_0087

素晴らしい景色で私だけ釣りを忘れます(おい

Nec_0092

Nec_0093

Nec_0094

ここからまた急斜面を登り藪を抜け林道に出ます。

この時点で左足の太ももの筋が泣いてます

左足が上がりません。

がぁ-、足手纏いになってはいけません。

根性で歩く!とはこういう事だなと実感。

駐車場までの長い長い長い長い下り坂の林道をひたすら歩きます。

熊笹の中から今にも熊が出てきてもおかしくない・・そんな道。

私より年長なクロスリバ-お兄様は最後の最後まで元気です。

驚きの予想外です(こら

駐車場が見えて来た時にmasaちゃんが熊の足跡発見

いてもおかしくない・・そんな場所。

今回はヘビには遭遇しませんでした(喜)

岩場に手を掛ける時にヘビがいないかと幾度となく確認していた小心者です。

駐車場から道の駅までの車中も楽しい会話が続きます。

12時間みっちり山で遊びました。

クロスリバ-お兄様、masaちゃんありがとう。

素敵なナイトぶりでした。

解散し、帰りは関越自動車道を利用・・しかし、藤岡あたりから渋滞が始まってます。

またまたパ-キングで寝ます

おっ!と気が付いたら23時45分。

熟睡です。

ETCの深夜割引が妙に嬉しく「山菜きつねうどん」も美味しかった。

忠実した中身の濃い一日でした。

あっ、またまた下半身湿布だらけです。

ヒビを完治させます・・・次回のために。

んじゃ
コメント (20)