菜の花日記

小さい喜びがあれば幸せ

3か月のご無沙汰

2018年03月13日 | 日記
昨年の暮れに「菜の花日記」をお休みしてあっという間に3か月が過ぎました。
その3か月の間に、2回の手術を15時間かけての大手術を行い、リハビリを済ませてこの世に戻って参りました。
リハビリでは優等生のお墨付きを頂き現在、家の中では歩けるまでに快復しました。
残された寿命をのんびり過ごせれば幸せと思います。

パソコンに触れたものの、操作を忘れてしまい数日は「もうやめようか」そんなことを考えました。
まったく興味が湧いてこないのです。苦しかった病院での日々を体験して人生観が変わりました。
甘い言葉などは口に出来ないほど多くの患者さんがいて、1日たりともおろそかにすごしてはいけない、そんな気持ちもありました。私の帰りを待っていた、猫のマル子も体調を崩しどうなることか気が気では有りませんでした。なんとか21歳の誕生日をまじかにして頑張っています。

若い時の運動、歩く生活の大切さ、そして転ばない事、とても大事な事です。
「菜の花日記」どうするのか思案中です。
手術に向けて応援して下さった皆さんに、まずは報告をさせて頂きました、有難うございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« もうこんな時間に | トップ | 篠笛の音色に一筋の涙が »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます (静ティー)
2018-03-13 23:05:14
お帰りなさい! シャバはいいでしょ 自分で作る食事も又新鮮でしょうね。
すっかり元に戻るには、まだまだ時間がかかるでしょうけれど、じっくりゆったり あせらずに過ごしてください。


お庭に小さな花が咲いていたでしょ。雑草の花さえ美しい季節です。桜もまもなく咲くでしょう。
いいこといっぱいのこれからですよ。
お帰りなさい、菜の花さん (kei)
2018-03-14 11:10:21
こんにちは。
退院おめでとうございます。
辛い思いをなさって、今日を迎えられてらっしゃるのです。
どうぞこれからの日々を大切になさる中で、
人生の先輩として菜の花さんの生き方を拝見できたら嬉しく思います。
ご回復、ほんとうによかったです。嬉しく思っております。
時間をかけてゆっくり日常に戻られて、何よりもお身体大切にお過ごしくださいませ。
わが家はいいですね (菜の花)
2018-03-14 16:31:28
静ティーさん今日は。
病院での生活で最後の1か月は食欲がなくて7キロ痩せました。お腹もペタンこ、栄養士さんが飛んで来ました。それがどうでしょう、家に戻ったら何を食べても美味しくて秤に乗るのが怖いです。
3か月留守をしたら私の居場所が窮屈です。でも息子殿はよくやってくれました。感謝です。
有難うございます (菜の花)
2018-03-14 16:46:41
keiさんこんにちは。
思っていたより苦しい日々が続きました。ベッドの上ではいろいろと考えることが多くて嫌になりました。
まぁ残された時間は好きに生きて、楽しい事を探そうと思います。

本はあまり読めませんでした。唯々テレビカードがすぐなくなって、それでも慰めになりました。
皆さんの優しいお心遣いも嬉しく、心より感謝です。有難うございました。
退院おめでとうございます (花菜)
2018-03-20 11:24:05
菜の花さんお帰りなさい~

お元気で歩ける様になって本当に良かったですね。
大変な手術に耐えられリハビリも頑張られたのでしょうね。
辛い3か月の病院生活は色々おありだったとおもいます。
家での生活は良いでしょう~(^^♪
ボチボチと楽しくお過ごし下さいね。
有難うございます (菜の花)
2018-03-20 19:31:23
花菜さん こんばんは。

お陰様でなんとか退院出来ました。本来なら大学病院の3か月という期間に縛られなければ、もう少しリハビリ棟に入院が出来たのですけど私としても限界でした。今年1年はボチボチと家での生活を楽しもうと思います。またよろしくお付き合い下さい。有難うございました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事