天地わたるブログ

ほがらかに、おおらかに

捨てられて散らかる米や町師走

2022-12-05 11:12:42 | 身辺雑記
             


今日アパートのゴミ置き場、燃やすゴミ袋の中にえらく重い物が入っていた。砂か、あるいはダンベルが三つくらい入っている感じ。しかしそれは米であった。北海道産「ゆめぴりか」5kg入りの袋が三つ。取り出そうとしたら一つの袋が破れてザアーっと零れた。その白いこと。一瞬、罪を犯したかと思う景色が出来した。
戸の行き来する溝の中に入った米は見るに忍びなく箒で掻き出した。百姓のせがれは米を捨てられない。うちに持って帰り妻に経緯を[話すと言下に「要りません」と言う。要らないにしてももう少しもったいながる素振りを見せてくれないかなあ、百姓のせがれを夫とした手前……そういう情があいつにはない。
捨てられた米に直面するとき掃除の仕事は嫌だと思う。何年か前、違うアパートでも米が出た。そのとき多摩川の掘っ立て小屋に住む人に持って行った。そのときの彼も「いただきます」とありがたらなかった。こいつ趣味でここに住んでいるのか、と憤りに似た気持ちであった。生れ育ったこところでは考えられないことが都会では行われている。
米は明日、もとのゴミ置き場へ戻すことになる。いやあ、燃やすのなら森林にでも撒いて肥やしにしたほうがいい。そうしよう。
現代は豊かなのか、貧しいのか。豊かでもあり貧しくもある。食べられるものがあるというのはまさしく豊か、それを捨てるという精神は貧しい、と言わざるを得ない。

カップ麺も出た。前に出たカップ麺がまだある。捨てないで食べるが、喜捨された物を食わなければならぬのも辛い。到来する食べ物に応対するのもたいへんである。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

差別意識と俳句と

2022-12-04 07:52:44 | 俳句
     


熱燗や男の膝に女の手 藤田湘子
12月9日の句会後の忘年会のことを考えていたらこの句を思い出した。実際あったことでもありそうで先生ならすり寄る女もいただろう。このとき先生は女の膝に手を伸ばしたのだろうか、と俗なことを考えもした。
けれど「女の膝に男の手」ではどうしようもない。ただのスケベでああるが女がそうした場合その好色性を世間は受け入れてしまう。「男の膝に男の手」は気持ちが悪い、と思ったとき昨今話題になっている「ジェンダーフリー」「性的マイノリティ」なる領域のことを思った。そこでは「熱燗や女の膝に女の手」もあり得るのだろう。
いま性に関するいろいろな言葉が飛び交っていて、いずれも性差別をなくそうという意識が根底にある。

子にもらふならば芋煮てくるる嫁 小川軽舟
この句は去年、神野紗希が時評で旧守的な価値観を指摘し「真綿で首を絞められたような窮屈さ」を感じると批判して話題になった。下世話なことながら女房の批判だけに鷹編集長の髙柳克弘はどんな顔をしたのか。
神野の言い分は理解できるが詩歌の世界で性差うんぬんをを声高に叫んでどうなるのか。
女が子供を産む性ということが変らない以上、それにまつわる性差はどうあがいてもついてまわる。子供を産む性だから子供を育てることに近い立場に置かれる。それは飯をつくることに近い立場でもある。だから「芋煮てくるる嫁」である。この価値観をよしとする人は女性のなかでもかなり多いだろう。女が家の外へ出て働いてカネを稼ぐ価値が言われ過ぎてきたのではないか。保守的といえばそうであるが革新できないことはいくらもありそれが社会の基盤となっている。俳句において季語の重みが重要であるように。

性における差別は人間の究極の差別意識であろう。ほかにも差別はごろごろあって、障害者に対してのものもある。
菊人形めくらの杖に突かれし 細谷ふみを
昭和55年に鷹に発表された佳句であるが現在、ふみをさんはこの句を発表する勇気を持つだろうか。差別語の問題である。「めくら」は「盲人」でないといけない。すると「盲人の杖の突きし菊人形」とでもなるか。悪くはないが原句の勢いはない。

これ着ると梟が啼くめくら縞 飯島晴子
昭和44年に発表された作者の代表句のひとつ。細谷句よりも差別意識は少ない。それは「めくら縞」が人でなくて物であるから。けれど「めくら縞」という呼称そのものに身障者差別の匂いがある。こう見ていくと俳句の言葉のなかに差別はごろごろある。特にむかしの俳句の中に。

神野紗希が小川軽舟の差別意識を批判したのとは月とすっぽんの差がある差別を俳句の巨匠、高浜虚子がやっている。
酌婦来る灯取虫より汚きが 高浜虚子
虚子のすべての句のなかでこの句ほど驚いた句はない。「灯取虫より汚きが」自分の心中で言っている分にはいいがこれを表に出せるのか。よくある政治家の失言なんていうものではない。小生はこの意識の句を句会にも出せない。
神野紗希が小川軽舟を批判したとき虚子のこの句をあげて、「高浜虚子の灯取虫よりはひどくないのですが」ということを加えたならば余裕を感じたのであるが。

差別意識も加味されて作品の味が濃くなっているのは事実である。差別意識、その言葉の許される範囲も時代の推移で変っていく。差別意識を払拭するのはとうてい無理。どうやってつきあっていくかである。


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まさかまさかの日本サッカー

2022-12-03 08:14:05 | スポーツ

スペイン戦の後半、決勝ゴールのアシストをする三笘。ボールはほんのわずか、エンドラインにかかっているように見える(AP)© 読売新聞

サッカーワールドカップの予選最終試合、日本は格上のスペインにまさかの勝利をあげまさかの1位で予選を突破した。ここまで、まさかが続いた。
第1戦のドイツ戦、引き分けで御の字のところをまさかの勝利、それもまさかの逆転。第2戦、勝ちを見込んだ相手にまさかの敗戦。これで夢は消えたかと思った第3戦、無敵艦隊スペインを沈めたまさか。まさかのオンパレードであった。
スペイン戦の決勝点もまさかであった。

ボールはゴールラインを割ったと思った。その切り返しを田中が押し込んだのだが画面で大勢の日本人がなぜ喜んでいるのか分らなかった。サッカーのルールを知らず、ここでライン上のボールはセーフかと思ったものの、リプレイ映像を見るとボールはボールひとつ分ラインを出ているとしか思えなかった。
ラインにボールは触れておらずラインの上空にボールがあって、ボールの端から糸を垂らすとラインの端に触れるのかという感じ。「首の皮一枚」という日本語を思った。
「ビデオ・アシスタント・レフリー」とかいうVARがセーフと判定して人の思惑を排除したのだが、それでも肉眼と感情はアウトとしか思えない。これが最大のまさかであった。勝利決まったあとでもリプレー映像を見ると、ボールは出ている、としか思えない、今でも。
ドイツのビルト紙が「このゴールは、サッカー史に残るスキャンダルだ」「日本の2点目に直結した折り返しは、ひょっとしてほんの数ミリでもゴールラインにかかっていたのだろうか」と伝えた、という。言い分は日本人の小生にもよくわかり同情もするが「スキャンダル」だけは言わない自制を求めたい。

もうひとつまさかをあげると、前半日本に12%しかボールを保持させなかったスペインが後半なぜ保持率が一気に下ったのかということ。後半3分と6分に立て続けに失点したのもまさかであった。
スペインは前半の攻撃で疲弊したいたのか、持久力がないのか。前半を見たかぎり日本がスペインのゴールに迫れる要素はまるでなかった。

サッカーはまさかばかりのゲームである。野球やラグビーはあるていど筋道が読める。けれどサッカーは何が起こるかわからない。
日本はクロアチアも食うかもしれない。これはまさかではないように思えてきた。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年最後の対面句会

2022-12-02 03:51:21 | 俳句
   

気温がぐっと下がって12月となりました。今年最後の対面句会を開きます。人の表情と俳句を一緒に見て興奮しようと思います。現実からトリップして俳句を楽しみましょう。初めての方も歓迎します。

【日時】12月9日(金)13:30~16:00

【会場】多喜窪公会堂
    西国分寺南口を出て450m

     

【参加費】1000円

【出句数】1~8句(以下の兼題1句を含む当季雑詠)
     あらかじめ短冊に書いてくることを期待します

【季題】「凩」で1句

【指導】天地わたる(鷹同人)
    全句講評いたします

【参加を希望する方】
   句会へ参加したい方は、ブログへ書き込みをするか、   
   youyouhiker@jcom.home.ne.jpへ一報を。

【忘年会をいたします】
時間とふところに若干の余裕のある方はどうぞ。ざっくばらんに俳句の話をいたしましょう。
  ともかくも一年を生き年忘 わたる
西国分寺駅界隈は国分寺駅界隈と違い飲食店の数は乏しいですがそれでもちょっとした飲食は楽しめます。近くに戦争がない、俳句をやる余裕がある、飲み食いできる若干のカネと健康がある……それをよしとしましょう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自己模倣からの脱出

2022-11-30 23:57:08 | 俳句



鷹12月号に「類想類句からの脱出」という小川軽舟、奥坂まや、川原風人の鼎談記事が掲載された。司会が髙柳克弘。叱咤される内容であった。特に、奥坂まやに対する小川軽舟の認識、期待については目をみはった。

きさらぎやはりと開きて新刊書 奥坂まや
作者が自己模倣を脱した5句に挙げた1句である。
【奥坂まや】書きたかったことの一つに、オノマトペというのがあるんですね。オノマトペは唯一意味に縛られないんです。言葉がいくら自由だといったってそれは意味に則っている。ですがオノマトペは意味から自由。そこをやりたいと思って作りだして、わりと早くにできた句がこの句で。それを軽舟主宰に取ってもらって、推薦30句にも選ばれて。オノマトペを追求していきたいという気持ちが定まった記念的な句です。

これを受けて主宰のまやさんに対する見解に目をみはった。主宰はこう言う。

【小川軽舟】まやさんは俳句作家として自立された方であり、日光集同人として自選で作品を発表しているわけなんで、私は同僚のような立場から言わせてもらいますと、いかにもまやさん的なできで優れた句というよりは、「まやさんがこんな句を作るんだ」という、ちょっと今まで見なかった新しいまやさんの句だなあというようなときに30句に取るようにしているところがあります。この「きさらぎ」の句もそういう印象を受けたんです。
まやさんの俳句というのは大変強いオリジナリティがあるんですけれど、唯一類句のおそれがあるのは、自作との類句にならないかというところです。それはまあ誰にでもあるところですけどね。私も過去の作品と似た俳句ができてしまうことはよくあるんだけれども、自分自身の過去の作風を離れて次の世界を目指すということをまやさんにはやってもらって、応援していきたい。最近でいうと推薦30句で取ったのは「群れ咲きてほのと水気(すいき)や著莪の花」。まやさんらしい力強い豪快な句ではないんだけれど、「ほのと水気」というところにいかにも著莪の花を突き詰めた感じがあって、これは新しいなあと思った。


ちなみに「著莪の花」の句と同時に発表された鷹7月号の奥坂まや作品を見ておく。
夜桜やゲームセンター銃声充ち
チューリップ小太鼓叩くごと赤き
夏来たりけり大皿の青海波
仰のけの蚰蜒絢爛と足掻きけり
初夏や鋏さくりと木綿生地
群れ咲きてほのと水気(すいき)や著莪の花

まやさんが「吟行のおかげです」といように「著莪の花」は写生句として優れている。けれど、奥坂まやの看板は「仰のけの蚰蜒絢爛と足掻きけり」のエネルギーではないのか。さらに10月号の「泳ぎゆく蛇と川波よぢれ合ひ」は、いま小生が目指す句のモデルではないかと憧れた。こういったまやさん本来の句をなぜ主宰は30句に選ばなかったか訝しむ気持ちがあった。
それを今回の鼎談で主宰はみごとに払拭してくれた。小生はいいと思ったのは主宰のいう「いかにもまやさん的なできで優れた句」「力強い豪快な句」であった。主宰の立場で人の句を読むときまったく違うことを考えていることに打たれたのである。

主宰の繊細さは次にもよく出ている。
【小川軽舟】実はこの句を30句に取るときずいぶん迷ったんですよ。というのはまやさんに「もも色のほのと水母の生殖器」という句があって、「ほのと」はもうやっているんじゃないかというのがものすごく気になって。「ほのと」意外に何か言葉が入らないかと思ったんだけれど、やはり「ほのと」じゃないとどうしようもないなあと思って最終的に30句にしたんですけれど。

この主宰の繊細さに対して、まやさんは「自分ではそこは全然考えませんでした(笑)」というのがいかにもまやさんらしいおおらかさであった。
鷹主宰のおのおのの新奇を期待する高い選句眼にはあたらめて感じ入った次第である。

写真:近所のお宅
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする