作家 井上香織 Official Blog

せつない純愛小説、やさしい目線で描かれたエッセイで人気の作家 井上香織が贈る癒しの空間 

『恋愛相談』のこと

2011-08-30 | ★恋愛相談~Love Letters★

「井上さんは恋愛相談もやってるみたいですが。

ジツは誰にも打ち明けられない悩みを抱えています。

どうしたら、相談にこたえてもらえるんですか?」

という内容のお便りを何通かいただきました。

 ごめんなさい 


現在、このページでは、「恋愛相談」は受け付けておりません・・・



 恋愛相談のバックナンバーを読むには 




Photo

十数年にわたり連載させていただいておりました

PHPさんのサイト。

http://www.php.co.jp/fun/advice/renai/

こちらに、井上に寄せられた膨大な数のご相談がございます。


お時間のあるときに、どうぞご覧くださいませ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベランダ便り~つる系バラの楽しみ方

2011-08-29 | ★ベランダ便り★

以前にも、ミニバラの写真を掲載しましたが。

今回は、つる系のバラ。

。。。残念ながら、名前は不詳。


なぜなら、この子は、ほとんど捨て子同然だったからです。

(おおげさ

この子と私の出会いは約一年ほど前。

巨大なホームセンターの園芸関係の売り場に

行ったときのこと。

本来の目的は、土と栄養剤の購入、だったのですが。

レジの列に並んでいると、

198円均一というポップが目に入りました。

そこには。

打ち捨てられたような弱々しい苗がいくつか並んでおりました。

「うちのベランダは狭いのだから、もう新しい子はダメ」

と理性は訴えていたのですが。


結局、私はその名も知れぬバラをカートに入れました

家に帰ってから、さっそく。

ちょうど余っていたテラコッタの鉢に植え替え。

弱っていた苗は夏の強い陽射しに必死に耐えながら、

少しだけ、生気を見せてくれました。

やがて、秋と冬をなんとか乗り越え。

そして、迎えた春には。

毎朝、驚くほど、ぐんぐん新芽を伸ばし、

003


ついには、こんなにもたくさんの花を咲かせてくれるようになりました

しかし。七月に入った頃、問題が発生

あまりにも長く伸びすぎたつるが、

自分で自分をささえきれず、不安定になってしまったのです。


そこで、井上はダイソーにて、三連の輪を購入。



Photo


その輪に、長いつるを誘引してみました。


ワンポイント アドバイス


このような作業を行うときは、軍手をするようにしましょう。

私は素手で行ってしまったため、

誘引に反抗する枝の棘で、

指や手の甲が傷だらけに........

私の傷はさておき。

かんじんのバラは。

安心して新しい芽を伸ばすことができるとわかったのか、

すくすくと成長中。

春から絶えることなく愛らしい花を

咲かせ続けてくれています

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花火大会と『さよならの向こう側』

2011-08-27 | ★Diary★

  今夜は隅田川の花火大会。

  秋田の大曲でも、東北復興の祈りを込めた花火が夜空を
  彩っているようです。
  井上はBSで放送されていた花火大会の様子に、
  しばし見入ってしまいました(笑)



  今年の夏、みなさんは花火大会にでかけましたか?

 
   春のお花見と同様、場所の確保が大変だと聞きますが........
 
 
  と、ここまで書いて。
  開け放した仕事部屋の窓から、なにやら聞き慣れない音が


       これは、まさしく打ち上げ花火


 
  今、ベランダに出て、しばらく空を見上げてみましたが。

  音はすれど、姿は見えず。
 
  ちょっと淋しい気分で、またPCの前に戻ってまいりました。
  そういえば。


  夕方、浴衣を着た女の子たちを何人かみかけました。

  もしかしたら、この花火大会に出かけたのかも。


  ジツは。
  私は今まで一度も花火大会なるものに行ったことがありません。


 
  拙著 『さよならの向こう側』 という作品の中で、
  高校生の里桜 ( りお ) が、片想いの先輩、龍之介と


  花火大会にでかけるシーンを描きましたが。
  行ったことがないので、すべて想像の世界 ( 笑 )


  振り返れば。幼い頃から私は花火にあまり縁がなく。
  夏休みの間に一度は自宅の庭で花火をしましたが。
  「危ない」 「煙が体に悪い」  


  との父の意向により、( 父は中学の英語教師 )



  私たち姉妹 ( 三つ下の妹がいます )に許された花火は、

  線香花火のみ。
  小学校高学年になって、ようやく長い棒状のものが許可となりましたが。
  近所の公園や路地で、盛大な ゛家族花火゛ をしているのを
  遠巻きに眺めながら、とてもうらやましく思ったものでした。


  おかげで、いまだに私にとって花火といえば、線香花火。
  『さよならの向こう側』 の中で。
  里桜と龍之介は、ふたりきりで花火大会をやりなおすことになるのですが。
  そこで、線香花火が登場したのには。
  こんな理由があったからなのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お便り紹介

2011-08-26 | ★Diary★

こんばんわ。
関東地方は、ひどい雨に見舞われ、
一部、交通機関にも影響がでましたが、
みなさんの住む街は大丈夫でしたか?   

さてさて。
原因は不明ですが、なぜか、
みなさんから、こちらに送っていただいた「コメント」が
どこかで滞っていたようで。


今朝、かなりまとまった数の「コメント」が届き、
ちょっとびっくり


「はじめてお邪魔します」という琢さんからは、

「井上さんと同じ日に横浜を散策してきました」
とのメッセージ。


すごい偶然

もしかしたら、あの日、どこかで
すれ違っていたのかもしれませんね。
機会があったら、ぜひ中華街にも
足を踏み入れてみてください。
それから。
またもや、バレーボール選手の井上香織さんと
間違ってしまった方から。
(ブルーな気分で書いた先日の゛ひとりごと゛を読み、
心配してくださったのかと思います)
「うまくいかないのに、同じ練習ばかりしていても
意味がありません~中略~頑張ってください」
と、ていねいなアドバイスをいただいてしまい、
たいへん恐縮しております
追伸

以前、説明しましたが。
ほかの方のブログのように、
投稿していただいたコメントが、
そのままこちらに掲載されることはありませんが、
週に何回か、こうした『お便り紹介』の中で、
取り上げさせていただいています。


今回のように。
謎の遅配は許しがたいことですが。
( 週があけたら、なぜ、こういう事態になったのか、
問い合わせてみるつもりです )
とにかく。
ちゃんと井上の手元に届いておりますので、
安心してメッセージを送ってくださいね








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとブルーな気分

2011-08-24 | ★ひとりごと★

なにをしても、うまくいかないとき・・・・

どれだけ頑張っても、

明るい光が見えてこないとき・・・・

ふと、失ったものの大きさに

うちひしがれてしまうことがあります。



150




コメント
この記事をはてなブックマークに追加