作家 井上香織 Official Blog

せつない純愛小説、やさしい目線で描かれたエッセイで人気の作家 井上香織が贈る癒しの空間 

かちかちに凍った謎の物体とは・・・

2017-08-29 | ★Diary★

今朝、朝食用に。

小分けして冷凍しておいたご飯を取り出そうと、

冷蔵庫・冷凍室の引き出しを開けた井上は、

見慣れない物体を発見し、ちょっとびっくり 

形状は球体。色は半透明の黄緑。

手に取ってみると。

それは・・・

なんと、かちかちに凍ったレタス君でございました・・・


どうやら、前の晩、サラダ用に何枚か葉っぱをはずした後、

野菜室に戻したつもりが、

間違えて冷凍室に入れてしまったみたい・・・



井上宅では、冷蔵庫を買い換えてから、もう1年半。

以前の冷蔵庫は中段に[野菜室]、下段に[冷凍室]の引き出しがありました。

今、使用している冷蔵庫は、その反対。

中段[冷凍室]、下段が[野菜室]というタイプ。



1日、何度も使うものですから、 

もう慣れているはずなのに。


なにか考え事をしながら食事の支度をしているときや、 

来客があり慌てているとき。


2、3か月に一度は、

今でも、こんな失敗をやらかしてしまいます(笑)

 

この間、被害に遭ったのは大根。

そのときは、幸いにして残り10cmくらいでしたので、

大根おろしにして、その日のうちに食べきりました 


しかし。

今回のかちかちレタス君は。。。

一度、野菜室に戻し、しばらくして覗いてみると、

すでに不気味な色に変色しつつあり・・

恐ろしい結末を迎えるのは明白 

見なかったことにして、

再び冷凍室に放り込みました・・・



次の燃えるゴミの日。

ゴミ出しに行く直前に冷凍室から出し、

かちかちのまま ゴミ袋に入れてしまおうと、

密やかな決意をした井上なのでした・・・

  

コメント

母の庭の花々~チョコレートコスモス

2017-08-26 | ★母の庭の花々★

こちらのお花は・・

チョコレートコスモス 


キク科 コスモス属

原産国はメキシコ

大正時代に日本に入ってきたそうです。


ほのかにチョコレートのような香りがすることから、

こうネーミングされたとのこと。


試しに顔を近づけてみましたが、

残念なことに私には、なんの香りも感じられませんでした・・・

 

多年草なので、毎年、金木犀の木陰に、

高貴な感じの花を咲かせてくれます 

 

 

コメント

謎のミニトマト

2017-08-22 | ★Diary★

なぜ、トマトの写真?

そうお思いの方もいらっしゃるかと思いますが。

このミニトマト。

そのへんのスーパーで買ってきたものではございません。

母の庭で収穫してきた、ミニトマトなのです 


じつは、このミニトマト、購入した苗ではなく、

いつのまにか庭の一角に芽をだした謎のトマト



母の骨折を機に、井上が実家の庭仕事を担当するようになって、

もう数年・・・

最初の頃は、母が大切にしていた宿根草を雑草と間違えて引き抜いてしまったり・・・

いろいろ失敗はありましたが 

今では、雑草と、そうではないものの区別がつくようになりました。



今年の春。

このミニトマトの芽・・そのときすでに3cmくらいの草丈でしたが、

それをみつけたとき、

これはそのへんの雑草ではない  

直感した井上。

目印の支柱を立て、しばらく様子をみることにしました。


少しずつ成長しはじめた頃、

母 「ねえ、これって、もしかしてトマトじゃない?」

井上 「うん・・・私もそう思う」

母 「でも、うちでは今まで一度もトマトを植えたことなかったのに・・・」



どこから、どうやって母の庭にやってきたのか・・・

謎のミニトマトは、土が合ったのか、

その後も、次々と黄色いちいさな花を咲かせ、緑の実を実らせながら、

めきめき枝を伸ばし、今や直径1メートル 

おまけに大豊作 

太い支柱にて、なんとか巨体を支えている感じです。


以下は 証拠写真

 

 

本当は美しくしなだれている房の写真を撮りたかったのですが、

なにしろ野生児なので、葉っぱも実も密集しちゃっております 


この撮影後、収穫 & 剪定をいたしました 


かんじんのお味の方は・・・

残念ながら、格別に甘みがあるわけでもなく、

採りたて新鮮 & 無農薬というだけしか取り柄がないのですが、

草丈3cmのちびちゃんのときから

よくぞここまで・・・という感慨があり、

感謝しながらいただいております 

 

コメント

うたた寝と雷雨・・・

2017-08-19 | ★Diary★

今日は夕方から雷雨・・という予報が出ていたのは知っていたのですが。

先延ばしにできない用事があり、

実家へ行ってまいりました。


案の定、午後から重たい雲が空を覆いはじめ、

夕刻から激しい雨 


本当は。

久しぶりに母を夕食に連れ出したく思っていたのに・・・

雨の勢いはすさまじく、とても外出どころではありません。

仕方なく、母の冷蔵庫を見分し、ありあわせの食材で夕食 


雨が小降りになるのを見計らって、井上は帰路につきました。


がらがらに空いた上り電車の座席にて。

文庫本を読みながら、

駅で停車するたび、乗り込んでくる方たちに目をやると、

みなさんが手にしている傘は、さほど濡れていない様子。

もしかして、雷雲はもう通り過ぎてくれたのかも 

ほっとしたのと、

今朝、始発電車に乗るため、4時起きしたせいか、

いつのまにか、うたた寝しちゃいました。。


・・・睡眠不足 & 退屈な本 & 電車の揺れ・・・


この三要素が揃ったときのうたた寝って、

とても心地よく、深いのですよね (笑)


しかし。

これが間違いでございました。

手元から文庫本が落ちそうになり、慌てて飛び起きると・・・

そこはもう、私が下車すべき駅のふたつ先の駅 


下りの電車が来るまで、しばらく待ち、

見慣れた最寄り駅のホームに降り立った井上は茫然といたしました。


なぜなら。

そのとき、まさに雷雲が頭上に到達しようとしていたからです 


雷鳴 そして豪雨・・・

自宅に辿りついたときは、びしょ濡れでした 

 

ここ数年の雷雨、そしてゲリラ豪雨って。

本当に気まぐれなのですね。

あのとき、乗り過ごしてさえいなければ。

こんな目に合わずに済んだのかもしれません。


・・でも。

今回のことは。

おそらく、井上の日頃の行いに起因しているようにも思えます。。

 

 追伸 

冒頭の写真は、母の庭の ハツユキカズラ

淡雪のような純白と、ピンク色がとても素敵です 

コメント

ご無沙汰しちゃって、ごめんなさい。。。

2017-08-15 | ★Diary★

ちょっと慌ただしくしているうちに。。。

ふと気づいたら、

1週間近くもお留守にしてしまっておりました・・・

ごめんなさい 



みなさんは、お盆で休暇、という方も多いのかしら?

東京は、連日雨模様 


井上は引きこもりの毎日です 

 

 

コメント