おや? なんだろう? おもしろいね~ と自然に笑顔になり、楽しんで取り組みたいですね。 まさしくそれは彩りですね!!

卓越性の探究者、波田野が皆さんに販売戦略・営業手法についてや、コミュニケーションについて思う事をお届けします。

問題意識とは何か ~パラダイムのアンバサダーについて~

2022-05-20 08:48:04 | コミュニケーション
パラダイムのアンバサダー

アンバサダーとは、ここではつなぎ役と表現します。

さて、そもそもパラダイムタイプが3つと解説していますが、もし世の中にその3つしかないとしたらという仮説を立てて見ましょう。

理性的パラダイムの人は共感的パラダイムの人とどのように交流して良いかわかりません。
それはなぜでしょうか?

答えは簡単です。
共感的パラダイムの人の考え方が理解出来ないからです。
理性的パラダイムの人は、エビデンスを大事にしていて、男性に多くいるタイプです。

例えば、マネージャーだったらタスク型の管理を好み、〇か×かで判断する傾向が強く出ます。
部下の多くが理性的パラダイムであれば、納得して働く事でしょう。
なぜなら彼らにとってはそれが当たり前だからと簡単に理解する事が出来るからです。
一方、共感型パラダイムの人は違います。
エビデンスが全てとは思えないし、〇か×だけでは無く、△があったっていいじゃないと思います。
そして、どうしてこちらの感情に共感してくれないのかと苦しむ事になるのです。
上司が理性的パラダイムで部下が共感的パラダイムというケースは結構あるケースです。
理性的パラダイムは秀才タイプに多いので、仕事は確実にしっかりとこなす事が出来ます。
なかには社員の中でも一目置かれるような実績を残す人もいて、出世も早い印象です。
なので共感的パラダイムの人は憧れを抱きますが、いかんせんしゃべっている言葉がクールでドライでとても真似出来るようなものでは無いのです。
なぜなら共感的パラダイムの言葉は人が主語になります。
理性的パラダイムは不確実な人が主語になる事はほとんどありません。
共感的パラダイムは相手に想像を委ねます。
理性的パラダイムは相手に想像を委ねる事を否定します。
このようにこの関係性はどこまで行っても平行線ですし、どちらかが嫌気を指すと関係性にも大きなヒビが入って行くのです。

一方、反応的パラダイムの方は天才タイプです。
物事の真理を追究するのが好きなので、周囲を呆れさせます。
同じタイプでチームを作った場合は、周りから見たら仲が悪く見える事が多々あります。
しかし本人たちは、全く意に介しません。
なぜなら探求している世界、見たい世界が他のパラダイムタイプと全く異なるからです。
そういった意味では、何を考えているか分からないので、人からは距離を取られやすいタイプとも言えます。
しかし、反応的パラダイムの人は知っています。
世の中を牛耳っている共感的パラダイムの人々とうまくやっていかないと世の中が動いて行かない事をです。
ですから近づこうとはしているのです。
しかし、全く共感できるところが無い反応的パラダイムの人を避けてしまう傾向にあるのは皮肉としか言いようがありません。

そこで、それぞれをつなぐ役割が必要になるのです。

それをアンバサダーと呼びます。

アンバサダーの特徴は、2つもしくは3つの特徴を持っているという事です。
つまり、理性的パラダイムと共感的パラダイムの両方を持っているという事なんです。

(続く)

【次回→(続)パラダイムのアンバサダーについて】

ブログに関するご質問やご意見は以下のメールにお願いします。
info@irodori-pro.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

問題意識とは何か ~パラダイムタイプの選別方法について~

2022-05-19 09:38:56 | コミュニケーション
前回のブログで、パラダイムタイプについて解説しました。
今回はその内容を少し掘り下げるので、皆さんに対してコンテンツを提供差し上げる事につながります。

知的情報商材を扱う筆者としましては心苦しい所でもありますが、概念だけご説明していても話が進まない部分がありますので、少しですが解説させていただきます。

さてまずはパラダイムタイプについておさらいしておきましょう。

皆さんに分かりやすいように、パラダイムタイプを3つに分けました。

共感的パラダイム
理性的パラダイム
反応的パラダイム

以上の3つです。
それぞれの特徴は、共感的は相手の感情を受け入れ、理性的は対極に位置するものと比較しがちです。そして最後に反応的は無邪気さが特徴で子供っぽい所があります。

そして今回はこれらの選別方法について解説します。

まず自分がどのタイプなのか?興味がありますよね。

その際に自分が普段口している言葉を振り返って下さい。

例えば、親しい人に自分の事を中心にして話をする人とそうではない人とがいると思いますが、この事からもその人がどのパラダイムタイプが見分ける事が出来ます。
ですから、まずは自分はどのタイプか確認してみましょう。

実は先ほどのパラダイムタイプは言い換えられます。
反応的パラダイムは天才かアホか?
理性的パラダイムは秀才か破壊者か?
共感的パラダイムは普通の人か困ったちゃんか?
といったようにです。

それぞれのパラダイムタイプには良い側面と悪い側面の両方が存在します。
良い側面は他人に良い影響を与えますが、悪い側面は他人に悪い影響を与えます。
そして、相手のパラダイムタイプにも大きく影響するのがあなたのパラダイムタイプとも言えるのです。

話を戻しますが、自分が普段人を中心にして話をされる方は、共感的パラダイムの可能性が高いです。
人に高い興味を持ち、人からどのように思われるかをかなり気にしています。
相手に共感しすぎるが為に、引っ張られすぎてしまう事もあり、自分で判断が付かなくなってしまう事もしばしばあります。
理性的パラダイムに強いあこがれを持っていて彼らを天才と思っています。

普段物事の善悪で話をされる方(「あれってどう思う?」って聞く人)などは、理性的パラダイムの可能性が高いです。
知的教養力が高く、一度覚えた事を何度でも再現しますし、過去の良い事例にカスタマイズしさらに優れたものにする能力も長けています。そして数字や他人が良く使う言葉が大好きな方です。そういった言葉に憧れを持っています。つまり、論理的に物事を考え、システムや数字、秩序を大事にし、堅実に物事を進められる人です。そして、誰よりも仕事が好きです。
しかしながら、共感的パラダイムの人に対して、彼らが論理的では無い判断基準を持っているので良い評価を持っていません。

普段使う主語を超越した何かで語る事が多いのが反応的パラダイムです。
「えつ!そう来るの?」とこっちがドギマギしてしまうような言葉や対応を平然とやってのける事が出来てしまいます。
物事の真理に興味が高く、他人と違う視点から物事を見つめています。つまり、独創的な着眼点を持ち、人々が思いつかないプロセスで物事を進められる人です。
他人が話している話の内容にあまり興味が高くありません。

このように3つのタイプはそれぞれ違った特徴を持ち、さらにお互いに影響し合っているのです。

【次回→パラダイムのアンバサダーについて】

ブログに関するご質問やご意見は以下のメールにお願いします。
info@irodori-pro.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

問題意識とは何か ~自分のパラダイムタイプについて~

2022-05-18 08:42:45 | コミュニケーション
自分のパラダイムタイプについて

さて、問題意識を考える上で、まずは自分のパラダイムを知る必要がある事は前回説明しました。
それは物事をとらえる際に、パラダイムによる影響が大きいからです。

パラダイムは人それぞれ違います。
自分と同じ人生を歩んできた人がいないのですから当たり前と言えば当たり前です。
ですが似たようなパラダイムは存在します。
それは教育であったり宗教や信条によるものにより形成されます。

宗教を改宗すればそれこそパラダイムもごっそり変わるなんて事も経験するのかもしれませんが、あまり日本人には馴染まない考え方かもしれませんね。

パラダイムには大きく分けて3つのタイプがあります。
本来なら、3つの枠組みに入れ込むことすらも憚られるのがパラダイムというものですが、そうしないとそのしっぽを掴むのも難しいと思っています。
なので大きく分けて3つのパラダイムで考えて見ましょう。
(エニアグラムのパラダイムは9つで設定されますので本当はエニアグラムで説明した方が良いのかもしれませんが、今回は強気に3つで行きたいと思います)

私たちは物事を感じる時に、共感的か理性的か反応的かに分かれます。
それぞれには特徴があり、それを3つのパラダイムタイプと名付けます。

共感的パラダイムの特徴は、まず相手を受け入れる事から始めます。
賛成や否定なども含め、相手の感情を受け入れるのです。

理性的パラダイムは、物事の善悪、メリットデメリット、それらからのルールの順守などに展開しがちです。これらの事から対極的な物事の受け取り方をします。
そして証拠も重要な物差しの基準になるのです。

反応的パラダイムは、無邪気な状態です。見たまんまの受け取りをしますので、相手によってはそれを受け入れて貰えない事もあります。
人と違った受け取りをするのも特徴です。無意識に時に天才的な閃きも大切にしている節があります。

このように私たちは3つのパラダイムタイプに分けられます。

ちなみに私は理性的パラダイムタイプです。
エビデンス主義ですし、何よりも結果を出す事を目指すので、タスク至上主義とも言えます。
その姿は人から見るとドライに映ります。

理性的パラダイムにも良い点は沢山ありますが、そうでは無い、共感的パラダイムや反応的パラダイムも理解する事で自分の受け取り方のバイアスを少しずらす事が出来るようになれるでしょう。
パラダイムタイプによって問題意識に変化があるのもご理解いただけるものと思います。

次回は自分のパラダイムタイプの選別方法について解説しますね。

どうでもいいんですが、パラダイムの当て字を考えてみました。
《覇良大夢》
こんな感じでどうでしょう~?

【次回→パラダイムタイプの選別方法について】

ブログに関するご質問やご意見は以下のメールにお願いします。
info@irodori-pro.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

問題意識とは何か

2022-05-17 09:20:14 | コミュニケーション
問題意識とは何か?

今日はこの内容で掘り下げて行きたいと思います。

まず問題の意味を調べると、ネット上では《「現状」と「あるべき状態」とのギャップ》とよく目にします。
では問題意識とは何かとすれば、現状とあるべき状態とのギャップを意識している状態と言えるのでしょう。

しかし、私はこれは誤りだと思っています。
なぜなら、そもそものあるべき状態の把握があいまいだからです。

私たちが考えるあるべき状態には《あなた》というバイアスがかかっています。
ここでいうあなたのバイアスとは、あなたの経験や思い込み、データの偏り等があると言う事を示します。

私が言う《あなたのバイアス》とは、残念ながらあなた自身では、何がそうさせているのかと言う事を理解する事は出来ません。
なぜなら、我々は自分の人生で触れて来たものからしか影響を受けません。
ですので経験外のものやあなたの環境外から、影響を受ける事はありません。
そもそも『それがある』とうそれすらも理解する事は無いのですから。

このような言い方をすると、あなたのバイアスがダメなもののような気がして来ますが、そうではありません。
我々には向上心がありますし、探求心がありますからね。
未知に出会う事で学び自分の人生に生かす事が出来ます。
そのようにして、私たちは喜び、悲しみなども違った角度からも得られるようになってくるのです。

言い換えれば、あなたの人生は、あなた自身を表します。
あなたの置かれている環境は、あなた自身を表しているのです。

ここで指摘したいのは、それを知るという事が自分自身では出来ないという事です。
あなたのバイアスは他の人と比べる時にわかります。

知り合いとの会話の中で、相手は楽しそうなのに、自分はそんな楽しくないと感じる事があると思います。
仲の良い友達同士との会話ではそんな事は無いのでしょうが、ビジネスシーンにおいてはよくある事です。
この違和感の中に、あなたのバイアスを見出す事が出来ます。
そろそろ、あなたのバイアスを言い換えましょう。
あなたのバイアスはあなたのパラダイムと言います。

例えば上記のような物事の捉え方ひとつでも理解する事が出来ます。
私だったら冷や冷やするような会話の内容でも、さらっと嫌味なくお話の出来る方がいます。
相手に対して話し方が上手だなという印象を受けるかもしれませんが、実は話し方に秘密があるのではなく、その方のパラダイムに秘密があるのです。

パラダイムはとても奥深いものです。
このパラダイム一つで、問題意識の捉え方に大きな差が生まれます。
ですので、冒頭のあるべき状態にもパラダイムが大きく影響しているのです。

このパラダイムを横に置くことはほぼ出来ません。
本当はそれが出来ればストレスともさよなら出来るのにと私は思っています。

実は現状の把握すらにもパラダイムが大きく関わっているという事も皆さんなら理解いただけていると思います。
あるべき姿があいまいな理由は以上です。

問題は、現状とあるべき状態のギャップである。
言葉としては正しいと思います。
しかし、自分のパラダイムを見つめ、なぜそのように思うのか?という問いを自らに課せなくては、本当の問題にぶつかる事はありません。

さて今回のブログのテーマである、問題意識とはにそろそろ入って行きたいと思います。

問題意識とは、現状とあるべき状態のギャップを様々な角度からピックアップする力だと思います。
その為には自分への質問の質が問われます。

自分のパラダイムシフトを促す事が出来なければ、様々な角度から考える事も出来ません。
自分のパラダイムシフトが出来る良い方法があります。
他の人との触れ合い、コミュニケーションです。

自分のタイプを理解していると、自分と違うタイプの人とコミュニケーションするのが楽しくなってきます。
次回はそのお話をしていきましょうね。

【次回→自分のパラダイムタイプについて】

ブログに関するご質問やご意見は以下のメールにお願いします。
info@irodori-pro.jp





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

右腕の育て方《参謀体験記➁》

2022-05-16 09:50:32 | 組織風土
右腕の育て方
7.参謀体験記➁

➂飲み仲間を増やそう (価値観の共鳴)
意見をするのは無駄という空気が蔓延っていた組織を社長は変えようと考えていたという事に気づいた私はセミナー受講後に早速活動を開始しました。
後に分かるのですが、この活動は多くの社員からは反感を買う事になります。
つまり社長の腰ぎんちゃくというレッテルを張られる事になってしまうのです。
参謀セミナー受講後の私は部長クラスの方々と各部門の諸問題についてミーティングを重ねました。おおむね可もなく不可もなくといった感じで、何か事が動き出そうな気配はみじんも感じません。
それでも何かしないとといった使命感にかられた私は、社長と部長によるオフサイトミーティングを開催してもらう事にしたのです。
それも山登りをしてもらい、苦難を分かち合ってもらうおうと企画しました。
この企画は賛否が分かれましたが、どちらかと言えば否定的な意見が大半を占めました。
しかし、この企画の肝は、社長と部長が腹を割って将来の会社像を語るというものでしたが、ファシリテーターを用意しなかった事で、ほとんど飲み会にしかならず、実態はグダグダな内容となってしまったのです。
この結果を受けて、部長は次のミーティングを拒否し始めました。そして私との距離も取るような行動が目立ち始めたのでした。
そこで、セミナーでも教えてもらった一緒の価値観を持つ仲間作りを目指し、当時の私と同じような立場の人と飲み会を行いました。
そこでは大いに会社の将来の事などを話し合う事が出来ましたが、ほとんどが愚痴でしかありませんでした。

➃それでもご機嫌取りをしていた (判断軸が無いためにブレまくります)
その後、様々な動きを会社非公式で行っていたことで、ある日、役員に呼び出されました。その役員からは、「他を巻き込むのはやめてもらいたい」といった内容のお話でした。
役員からそのように言われる事はほとんど経験が無かったので、良かれと思って行っていたことが裏目に出た格好でした。
そこでは私の八方美人力が最大限発揮され、ゴマをする形で役員をあしらい、方向転換をしたのでした。この方向転換は、より若い層へのアプローチでした。これらの私の行動は判断軸が無いことによるものでしたし、私を咎めた役員においても主観で発言していたのですが、当時の私にはその主観に太刀打ちする術を持っていませんでした。

➄孤独を知る(経営トップの孤独と人が離れていく瞬間) (独創性を発揮できるミッションを知る)
ある時、日本橋の小料理屋に社長に呼び出されます。そこにはあのセミナーを主催した会社のコンサルタントも同席していました。
そこでの話題は、会社にコンサルティングを導入するかどうかでした。私は一社員としての意見を非公式に求められたのでした。
その時、社長の孤独を感じたものです。
なんだかやるせなくなってしまい、この頃からもう一度個人的に出来る事を模索し始めます。
風土の改善を進めるという事を再確認した出来事となりました。

➅自分が何者なのか、何をしたいのか?(友人の死をきっかけに) (なりたい自分に気付く)
その様な矢先2つの大きな事件が私に降り注ぎました。
一つは目をかけていた後輩の退職です。それも私としては些細なきっかけが原因でした。
彼は入社5年が経っていました。同じサッカー経験者で通ずるところも多く、私の社会人チームの助っ人などもお願いするような仲でした。公私ともに親しくさせてもらっている矢先に彼から突然の呼び出しです。いつもは私が誘う事はあっても彼から誘われる事はありませんでした。ですので、その誘いには嫌な予感がありました。
夕方、仕事終わりに待ち合わせた居酒屋で合流すると、開口一番「退職します」との事。青天の霹靂とはあの事を言うのでしょう。その後の記憶は曖昧でしたが、忘れもしないのは深夜帰宅途中に私は泣きながら社長の携帯電話を鳴らした事です。
彼が辞める理由としたのは、仕事が出来ない彼の後輩の方が給与が高かったという事でした。彼は毎年Aランク評価を受けていたので社内でも優秀社員賞を受賞するなど非常に模範的な社員でした。しかし、彼にとっては入社2年目の後輩の給与の方が高かったのが許せなかったのです。それは給与体系が当時の昇給で言えば到底穴埋めできないものになっていたのです。彼は専門学校卒でした、彼の後輩は大卒です。初任給で3万円の差があり、彼の5年間の昇給ではその差が埋められていなかったのです。
私が入社した時の昇給は彼の知っている昇給額よりも高かったのですが、ちょうど会社の景気も悪く十分な昇給をしてあげる事が会社の体力的にも出来なった時代でした。
ですが現実的考えれば、彼の取った行動は理解できます。自分への評価が後輩よりも低いと感じたのです。それは会社が貢献度で給与体系を考えていない中では無意味な事です。当時の会社は完全な年功序列式だったのです。
そしてさらに私にとってショッキングな事が続きます。それは親友の死です。突然のがん宣告から1年は寿命を延ばす事が出来ましたが、生まれたての赤ちゃんを残し、その友人はこの世を去りました。この出来事は私にとって衝撃でした。友人の死を目の当たりにした私は「生きる」と言う事を真剣に考えるようになるのです。結果、私の八方美人は影を潜めました。今まで誰が言っているかがとても重要な人生を送ってきた私が、突如何を言っているかが大切かにパラダイムシフトしたのです。それも一夜にしてです。当時を振り返ると、先輩から「急にお前は冷たくなった」「お前の言動が変わった」「人に介入する事が増えた」と言われたものです。
冷たくなったという印象はドライになったという事です。余談ですが、余計なものをそぎ落とすと、人はドライになってしまうのだと思います。今ではそれを自覚し改善しています。
言動については意識して変えていたと思います。物事の本質を付くように考えるようになったのです。そして人への介入ですが、人に意見することなんてほとんど無かった私が人を評価したりし始めるのです。急に人が変わったと思っても不思議はありません。これらの事は、死と密接な関係があります。毎日を本音ベースで真剣に生きないと、いつ自分の人生が終わるかわかりません。思い残す事の無いように意識的に完全燃焼型に生き方を変化させたという事です。

➆難しい決断(上司の決定を遂行する為に) (行うは難し)
会社を変化させる為に私たちは経営の軸を考えるようになりました。それは会社運営の背骨とも言える内容です。私たちはこれがある事で、誰がいうからとか言う事では無く、何が正しいのかを会社を上げて考えられる様になると信じていました。ですから役員との本音をぶつけ合った意見交換は白熱しました。なぜなら役員の判断基準は自分の経験です。しかし、その経験はこれからの未来の道しるべには絶対になりません。
人は安定した瞬間から成長を止めてしまいます。私は個人的にその結果があなたたちでしょという風に役員を見下していた節もありました。ですからたまに露骨に態度に出てしまい、社長に咎められるというシーンが何度もありました。しかし私も一歩も引きません。なぜなら完全燃焼する為に時間を使っているので、社長に対しても日和見的な意見や迎合するような態度は一切取る事はありませんでした。そして1か月の喧々諤々の会議の後に決まった経営の軸に基づき私たちは自部門を運営する事になりました。最初に社員に伝えた時は社員の顔は「は?何言っての?」って感じでした。もともと自分たちで仕事の範疇を決めていた社員たちです。その上にプラスで何かしなければならないものと多くの社員が受け取りました。社員との意見交換は続きました。結果は疲労感のみが残り、社員と私たちとの溝は埋まらないままでした。

(右腕の育て方8へ続く)
・次回以降のテーマ
『貴社の育成のメソッドを構築しよう!』
『退職のリスクを恐れるな!』



≪人材育成のアンラーン 略して〔人アン〕≫のご紹介
https://hitoun.jp/

彩りプロジェクトでは、ビジネススキルに特化した、オンラインセミナーをサブスクリプション制(定額制)でご案内しております。
毎月定額(基本価格12,000円(税込み)※企業規模(パート社員含む社員数)で価格は変動します)をお支払いいただく事で、何人でも何回でもご参加いただけるビジネスセミナーを開催しております。(別途カレンダー参照)

内容は、多岐に渡るものの、求められている役割毎に設定した内容となっています。
基本的なコースは、R29コースで、PDCA、コミュニケーション、情報収集、イノベーション、ファシリテート、コーチング、意思を伝える、フォロワーシップ、チームワーク、マネジメント、報告・連絡・相談、ビジネスマナーの12種類(2020年11月現在)となっております。

R35コースで、PDCA、リーダーシップ、傾聴力、ビジョン、コーチング、マネジメント、ファシリテート、チームビルディング、イノベーションの9種類でR29コースよりも上級編の内容となっております。

最後に、R43コースが最上位クラスで設定されており、リーダーシップ、傾聴力、ビジョン、コーチング、マネジメント、イノベーションの6種類となっております。

R29コースの特徴は、まずは個人にフォーカスしています。今更聞けないといった内容を中心に構成されており、現在の課題克服の為、またはこれから身に付けなくてはならないスキルとなっています。
R35コースの特徴は、視座を高くした構成で専門的な役職要件に応じた内容で構成されております。そして指導する立場になったあなたが身に着けるべきスキル集になっています。
R43コースの特徴は、それこそ会社全体を見回せるスキルの構成となっており、幹部候補にとっても必須の内容になっております。

セミナー名の一部をご紹介します。
・パラダイムシフトが必要なあなたのマネジメント力
・影響力から見るあなたのチームワーク力
・求められているそれを知り意見を伝える力
・創再共イノベーション力
・予定調和じゃ無い方のPDCA力
・非認知的アプローチから入るコーチング力
・笑顔がもたらす効果コミュニケーション力

受講にあたっては各自の選択制(年齢が20代だから、R43は受講できないといった事ではありません)となっており、先んじて学びを深めたい、今更聞けない事だから、といった様々な動機にお答えする内容となっております。

ちなみに、R〇〇のとなりは年齢をイメージしておりますが、例えば、R43は43歳以上の人は受けられないという事はありませんし、大卒1年目の方でもR43を受講する事は可能です。

定額制で何人でも何回でも受講が可能です!!

詳しい、資料のご請求や、ご質問等は以下にメールをお待ちしております。

〔人アン紹介ホームページ〕URL https://hitoun.jp/

メール info@irodori-pro.jp もしくは info@hitoun.jp までお願いします。

〔風土改革HP〕 https://www.fuudokaikaku.com/

風土改革のお問合せ先 https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする