おや? なんだろう? おもしろいね~ と自然に笑顔になり、楽しんで取り組みたいですね。 まさしくそれは彩りですね!!

卓越性の探究者、波田野が皆さんに販売戦略・営業手法についてや、コミュニケーションについて思う事をお届けします。

教科書に載っていない良い職場とは 26 【勇気】

2021-05-06 10:04:13 | コミュニケーション
教科書に載っていない良い職場とは 26 【勇気】


さらに武士道の世界に足を踏み入れてみましょう。
「【勇気】とは正しい事をすることである」
孔子の【義】を見てなさざるは勇なきなりという言葉を肯定形に置き換えてみると上記の様になるとの事です。
あらゆる種類の危険をおかし、自分の命を賭け、死の淵に飛び込む事が「勇敢」であると考えられる事があまりに多い事に我々は気付きます。
武士道の教えでは、死ぬべき価値のない理由で死ぬのは「犬死」とされているのです。
有名な徳川光圀は「戦場のなかに駆け入って討ち死にすることは、大変簡単な事で、とるに足らない身分の者にでも出来る。生きるべき時に生き、死ぬべき時に死ぬ事を、本当の勇気というのだ」と語ったそうです。
また、明治時代の初期にその辣腕をふるった榎本武揚はもとは最後まで抵抗した幕臣です。
しかし多くの方々からの懇願で死刑にはならず、明治政府の為にその持てる能力を発揮したのでした。
私は榎本武揚の行為こそ本当の勇気なのだと思っています。
【義】という正しい事を本当に理解し行う行為を【勇気】というのであれば、なるほど現代の我々にも大変に学びが深まるというものですね。



≪人材育成のアンラーン 略して〔人アン〕≫のご紹介
https://hitoun.jp/

彩りプロジェクトでは、ビジネススキルに特化した、オンラインセミナーをサブスクリプション制(定額制)でご案内しております。
毎月定額(基本価格12,000円(税込み)※企業規模(パート社員含む社員数)で価格は変動します)をお支払いいただく事で、何人でも何回でもご参加いただけるビジネスセミナーを開催しております。(別途カレンダー参照)

内容は、多岐に渡るものの、求められている役割毎に設定した内容となっています。
基本的なコースは、R29コースで、PDCA、コミュニケーション、情報収集、イノベーション、ファシリテート、コーチング、意思を伝える、フォロワーシップ、チームワーク、マネジメント、報告・連絡・相談、ビジネスマナーの12種類(2020年11月現在)となっております。

R35コースで、PDCA、リーダーシップ、傾聴力、ビジョン、コーチング、マネジメント、ファシリテート、チームビルディング、イノベーションの9種類でR29コースよりも上級編の内容となっております。

最後に、R43コースが最上位クラスで設定されており、リーダーシップ、傾聴力、ビジョン、コーチング、マネジメント、イノベーションの6種類となっております。

R29コースの特徴は、まずは個人にフォーカスしています。今更聞けないといった内容を中心に構成されており、現在の課題克服の為、またはこれから身に付けなくてはならないスキルとなっています。
R35コースの特徴は、視座を高くした構成で専門的な役職要件に応じた内容で構成されております。そして指導する立場になったあなたが身に着けるべきスキル集になっています。
R43コースの特徴は、それこそ会社全体を見回せるスキルの構成となっており、幹部候補にとっても必須の内容になっております。

セミナー名の一部をご紹介します。
・パラダイムシフトが必要なあなたのマネジメント力
・影響力から見るあなたのチームワーク力
・求められているそれを知り意見を伝える力
・創再共イノベーション力
・予定調和じゃ無い方のPDCA力
・非認知的アプローチから入るコーチング力
・笑顔がもたらす効果コミュニケーション力

受講にあたっては各自の選択制(年齢が20代だから、R43は受講できないといった事ではありません)となっており、先んじて学びを深めたい、今更聞けない事だから、といった様々な動機にお答えする内容となっております。

ちなみに、R〇〇のとなりは年齢をイメージしておりますが、例えば、R43は43歳以上の人は受けられないという事はありませんし、大卒1年目の方でもR43を受講する事は可能です。

定額制で何人でも何回でも受講が可能です!!

詳しい、資料のご請求や、ご質問等は以下にメールをお待ちしております。

〔人アン紹介ホームページ〕URL https://hitoun.jp/

メール info@irodori-pro.jp もしくは info@hitoun.jp までお願いします。

〔風土改革HP〕 https://www.fuudokaikaku.com/

風土改革のお問合せ先 https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 
コメント

教科書に載っていない良い職場とは 25 【義】

2021-04-30 16:47:59 | コミュニケーション
教科書に載っていない良い職場とは 25 【義】


【義】という言葉からどのような印象を受けるでしょうか?
赤穂浪士の討ち入りで有名なお話で確か「義」という言葉が出てきたな~と思う方は歴史好きな方ですね。
【義】は人として大切にする道理とされています。
現在では【義】という言葉単体での使用はあまりなく、「義理」とか「義務」とかいった派生した言葉の方が多く使われています。
新渡戸稲造(昔の5千札の人)さんが著した「武士道」の中にも最初に出て来ます。
この「武士道」は外国人に向けて書かれた内容になるので、全て英語です。
私は現代語訳で武士道を目にすることが出来ました。
「【義】はサムライの掟の中でもっとも厳しい教えである」(ちくま新書 現代語訳武士道 山本博文)
といきなり冒頭から、確信をついています。
さらに引用しているその他の文章では、「【義】はためらわず決断する心を言う」「人は才能があっても、学問があっても、【義】がなければ世の中に立つことが出来ない」としています。
また、【義】がなければもうひとつの武徳である「勇気」も成り立たないとしているのです。
さて、職場でそういった【義】という言葉まで意識する必要があるのか?
生き死にをかけていた武士の考え方を職場にもちこんでもね~と考えてしまうかもしれませんね。
しかし、【義】はためらわず決断する心を言うや人は才能があっても(中略)【義】がなければ世の中に立つことが出来ないという言葉だけ取ってみれば、武士の話だけではなさそうです。
私はためらわず良い職場には【義】が必要であると考えます。



≪人材育成のアンラーン 略して〔人アン〕≫のご紹介
https://hitoun.jp/

彩りプロジェクトでは、ビジネススキルに特化した、オンラインセミナーをサブスクリプション制(定額制)でご案内しております。
毎月定額(基本価格12,000円(税込み)※企業規模(パート社員含む社員数)で価格は変動します)をお支払いいただく事で、何人でも何回でもご参加いただけるビジネスセミナーを開催しております。(別途カレンダー参照)

内容は、多岐に渡るものの、求められている役割毎に設定した内容となっています。
基本的なコースは、R29コースで、PDCA、コミュニケーション、情報収集、イノベーション、ファシリテート、コーチング、意思を伝える、フォロワーシップ、チームワーク、マネジメント、報告・連絡・相談、ビジネスマナーの12種類(2020年11月現在)となっております。

R35コースで、PDCA、リーダーシップ、傾聴力、ビジョン、コーチング、マネジメント、ファシリテート、チームビルディング、イノベーションの9種類でR29コースよりも上級編の内容となっております。

最後に、R43コースが最上位クラスで設定されており、リーダーシップ、傾聴力、ビジョン、コーチング、マネジメント、イノベーションの6種類となっております。

R29コースの特徴は、まずは個人にフォーカスしています。今更聞けないといった内容を中心に構成されており、現在の課題克服の為、またはこれから身に付けなくてはならないスキルとなっています。
R35コースの特徴は、視座を高くした構成で専門的な役職要件に応じた内容で構成されております。そして指導する立場になったあなたが身に着けるべきスキル集になっています。
R43コースの特徴は、それこそ会社全体を見回せるスキルの構成となっており、幹部候補にとっても必須の内容になっております。

セミナー名の一部をご紹介します。
・パラダイムシフトが必要なあなたのマネジメント力
・影響力から見るあなたのチームワーク力
・求められているそれを知り意見を伝える力
・創再共イノベーション力
・予定調和じゃ無い方のPDCA力
・非認知的アプローチから入るコーチング力
・笑顔がもたらす効果コミュニケーション力

受講にあたっては各自の選択制(年齢が20代だから、R43は受講できないといった事ではありません)となっており、先んじて学びを深めたい、今更聞けない事だから、といった様々な動機にお答えする内容となっております。

ちなみに、R〇〇のとなりは年齢をイメージしておりますが、例えば、R43は43歳以上の人は受けられないという事はありませんし、大卒1年目の方でもR43を受講する事は可能です。

定額制で何人でも何回でも受講が可能です!!

詳しい、資料のご請求や、ご質問等は以下にメールをお待ちしております。

〔人アン紹介ホームページ〕URL https://hitoun.jp/

メール info@irodori-pro.jp もしくは info@hitoun.jp までお願いします。

〔風土改革HP〕 https://www.fuudokaikaku.com/

風土改革のお問合せ先 https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 

コメント

教科書に載っていない良い職場とは 24 【仮説】

2021-04-29 08:54:12 | コミュニケーション
教科書に載っていない良い職場とは 24 【仮説】


職場では日々様々な変化があります。
去年までと同じでいいやと思っていたら、突然新年度からやり方がごろっと変わるなんてことは予測していても、困惑する事がありますよね。
法律改正に伴い(建設業界では少し前はISOが取得条件になり、業務量が格段にあがったと言われております)、書類面だけ大幅に作成する義務が出来てしまったなんて話しは良く聞く話です。
さて、物事には進める際に人が関わるのであれば、そのモチベーションが大きく関係します。
上記のように業務過多となっていく事に対して後ろ向きな感情を覚える人も少なくありません。
業務改善においても同様です。
「今まで不具合が無かったものに、なぜ手を加えなければならないのか?」
少なからず過去このように思った方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
トヨタ式改善が流行ると、日々改善しなければならないと言う脅迫観念に襲われて、落ち着かなくなるかもしれません。
これは、業務改善に対する意識がどのようになっているか?
または、社内の業務改善に向けたしなやかさ、柔軟さを表していると思います。
つまり、改善は「仮説検証作業」な訳です。
それを「改善は今やっている方法よりも確実に良い方法である」と定義づけてしまうと、打ち手がなくなります。
また他社で導入した方法が自組織で必ずしも有効ではありませんが、そうでは無く自社にも導入すればもっと良くなるという錯覚を起こしてしまっても危険です。
脳が間違った反応をしている状態です。
カリスマ社長がテレビでもてはやされると、自社の社長と比較し、物足りなさを覚えてしまう。
これも脳が錯覚を起こしている状態なのです。
改善は「仮説検証」です。
そして、清濁全てを飲み込む器量を従業員は持ち得ている必要がありますね。
良し職場のキーワードは【仮説】です。


≪人材育成のアンラーン 略して〔人アン〕≫のご紹介
https://hitoun.jp/

彩りプロジェクトでは、ビジネススキルに特化した、オンラインセミナーをサブスクリプション制(定額制)でご案内しております。
毎月定額(基本価格12,000円(税込み)※企業規模(パート社員含む社員数)で価格は変動します)をお支払いいただく事で、何人でも何回でもご参加いただけるビジネスセミナーを開催しております。(別途カレンダー参照)

内容は、多岐に渡るものの、求められている役割毎に設定した内容となっています。
基本的なコースは、R29コースで、PDCA、コミュニケーション、情報収集、イノベーション、ファシリテート、コーチング、意思を伝える、フォロワーシップ、チームワーク、マネジメント、報告・連絡・相談、ビジネスマナーの12種類(2020年11月現在)となっております。

R35コースで、PDCA、リーダーシップ、傾聴力、ビジョン、コーチング、マネジメント、ファシリテート、チームビルディング、イノベーションの9種類でR29コースよりも上級編の内容となっております。

最後に、R43コースが最上位クラスで設定されており、リーダーシップ、傾聴力、ビジョン、コーチング、マネジメント、イノベーションの6種類となっております。

R29コースの特徴は、まずは個人にフォーカスしています。今更聞けないといった内容を中心に構成されており、現在の課題克服の為、またはこれから身に付けなくてはならないスキルとなっています。
R35コースの特徴は、視座を高くした構成で専門的な役職要件に応じた内容で構成されております。そして指導する立場になったあなたが身に着けるべきスキル集になっています。
R43コースの特徴は、それこそ会社全体を見回せるスキルの構成となっており、幹部候補にとっても必須の内容になっております。

セミナー名の一部をご紹介します。
・パラダイムシフトが必要なあなたのマネジメント力
・影響力から見るあなたのチームワーク力
・求められているそれを知り意見を伝える力
・創再共イノベーション力
・予定調和じゃ無い方のPDCA力
・非認知的アプローチから入るコーチング力
・笑顔がもたらす効果コミュニケーション力

受講にあたっては各自の選択制(年齢が20代だから、R43は受講できないといった事ではありません)となっており、先んじて学びを深めたい、今更聞けない事だから、といった様々な動機にお答えする内容となっております。

ちなみに、R〇〇のとなりは年齢をイメージしておりますが、例えば、R43は43歳以上の人は受けられないという事はありませんし、大卒1年目の方でもR43を受講する事は可能です。

定額制で何人でも何回でも受講が可能です!!

詳しい、資料のご請求や、ご質問等は以下にメールをお待ちしております。

〔人アン紹介ホームページ〕URL https://hitoun.jp/

メール info@irodori-pro.jp もしくは info@hitoun.jp までお願いします。

〔風土改革HP〕 https://www.fuudokaikaku.com/

風土改革のお問合せ先 https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 
コメント

教科書に載っていない良い職場とは 23 【もう一人の自分】

2021-04-28 08:19:40 | コミュニケーション
教科書に載っていない良い職場とは 23 【もう一人の自分】


従業員は自分の中にもう一人の自分がいる事を知りません。
良い職場のキーワードは【もう一人の自分】です。
我々には太古の時代から受け継いで来たDNAの中に、「仲間との協力」という知恵を持っています。
これは仲間とうまくやっていくには、自分勝手では行けないという自制心をコントロールする必要を示しています。
自分の中にもう一人の自分がいるとはこういう事です。
つまり、本能的に行動してしまいそうになる所を、もう一人の自分が自制しろと命令するのです。
その自制のレベル感は人によって様々です。
それが個性を表現する上で重要なファクターにもなりうるのです。
そして、その自制心に長けている従業員は他の人からも尊敬を集めます。
【もう一人の自分】を知る事は、本人にとっても職場にとっても良い事なのです。



≪人材育成のアンラーン 略して〔人アン〕≫のご紹介
https://hitoun.jp/

彩りプロジェクトでは、ビジネススキルに特化した、オンラインセミナーをサブスクリプション制(定額制)でご案内しております。
毎月定額(基本価格12,000円(税込み)※企業規模(パート社員含む社員数)で価格は変動します)をお支払いいただく事で、何人でも何回でもご参加いただけるビジネスセミナーを開催しております。(別途カレンダー参照)

内容は、多岐に渡るものの、求められている役割毎に設定した内容となっています。
基本的なコースは、R29コースで、PDCA、コミュニケーション、情報収集、イノベーション、ファシリテート、コーチング、意思を伝える、フォロワーシップ、チームワーク、マネジメント、報告・連絡・相談、ビジネスマナーの12種類(2020年11月現在)となっております。

R35コースで、PDCA、リーダーシップ、傾聴力、ビジョン、コーチング、マネジメント、ファシリテート、チームビルディング、イノベーションの9種類でR29コースよりも上級編の内容となっております。

最後に、R43コースが最上位クラスで設定されており、リーダーシップ、傾聴力、ビジョン、コーチング、マネジメント、イノベーションの6種類となっております。

R29コースの特徴は、まずは個人にフォーカスしています。今更聞けないといった内容を中心に構成されており、現在の課題克服の為、またはこれから身に付けなくてはならないスキルとなっています。
R35コースの特徴は、視座を高くした構成で専門的な役職要件に応じた内容で構成されております。そして指導する立場になったあなたが身に着けるべきスキル集になっています。
R43コースの特徴は、それこそ会社全体を見回せるスキルの構成となっており、幹部候補にとっても必須の内容になっております。

セミナー名の一部をご紹介します。
・パラダイムシフトが必要なあなたのマネジメント力
・影響力から見るあなたのチームワーク力
・求められているそれを知り意見を伝える力
・創再共イノベーション力
・予定調和じゃ無い方のPDCA力
・非認知的アプローチから入るコーチング力
・笑顔がもたらす効果コミュニケーション力

受講にあたっては各自の選択制(年齢が20代だから、R43は受講できないといった事ではありません)となっており、先んじて学びを深めたい、今更聞けない事だから、といった様々な動機にお答えする内容となっております。

ちなみに、R〇〇のとなりは年齢をイメージしておりますが、例えば、R43は43歳以上の人は受けられないという事はありませんし、大卒1年目の方でもR43を受講する事は可能です。

定額制で何人でも何回でも受講が可能です!!

詳しい、資料のご請求や、ご質問等は以下にメールをお待ちしております。

〔人アン紹介ホームページ〕URL https://hitoun.jp/

メール info@irodori-pro.jp もしくは info@hitoun.jp までお願いします。

〔風土改革HP〕 https://www.fuudokaikaku.com/

風土改革のお問合せ先 https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 
コメント

教科書に載っていない良い職場とは 22 【潤い】

2021-04-27 08:26:04 | マーケティング
教科書に載っていない良い職場とは 22 【潤い】


ウエットな職場には、【潤い】があります。
言い換えれば、余裕ともいえるかもしれません。
良い職場のキーワードは【潤い】です。
ドライな職場には個人的には大きな成長が望めます。
反面、人間本来が持っている欲求である集団意識や集団での行動に関して、いまいち物足りなさを感じてしまいます。
そういった意味でも、職場には【潤い】が必要でもあるのです。
【潤い】は何をどのように表現しているのでしょうか?
職場の人間関係を表しています。
つまり、共感し、適切な関係を保てるという事です。
自我状態で表現するならば、「青い状態」です。
青い状態は建設的です。
親のように共感する、論理的である大人な状態、無邪気な子供の状態、いずれも青い状態です。
これらの青い状態での関わり合いは職場に【潤い】をもたらすのです。
職場に【潤い】を持たせたいと思っている経営トップはどのようにすれば【潤い】が得られるのか知っていなければなりませんね。


≪人材育成のアンラーン 略して〔人アン〕≫のご紹介
https://hitoun.jp/

彩りプロジェクトでは、ビジネススキルに特化した、オンラインセミナーをサブスクリプション制(定額制)でご案内しております。
毎月定額(基本価格12,000円(税込み)※企業規模(パート社員含む社員数)で価格は変動します)をお支払いいただく事で、何人でも何回でもご参加いただけるビジネスセミナーを開催しております。(別途カレンダー参照)

内容は、多岐に渡るものの、求められている役割毎に設定した内容となっています。
基本的なコースは、R29コースで、PDCA、コミュニケーション、情報収集、イノベーション、ファシリテート、コーチング、意思を伝える、フォロワーシップ、チームワーク、マネジメント、報告・連絡・相談、ビジネスマナーの12種類(2020年11月現在)となっております。

R35コースで、PDCA、リーダーシップ、傾聴力、ビジョン、コーチング、マネジメント、ファシリテート、チームビルディング、イノベーションの9種類でR29コースよりも上級編の内容となっております。

最後に、R43コースが最上位クラスで設定されており、リーダーシップ、傾聴力、ビジョン、コーチング、マネジメント、イノベーションの6種類となっております。

R29コースの特徴は、まずは個人にフォーカスしています。今更聞けないといった内容を中心に構成されており、現在の課題克服の為、またはこれから身に付けなくてはならないスキルとなっています。
R35コースの特徴は、視座を高くした構成で専門的な役職要件に応じた内容で構成されております。そして指導する立場になったあなたが身に着けるべきスキル集になっています。
R43コースの特徴は、それこそ会社全体を見回せるスキルの構成となっており、幹部候補にとっても必須の内容になっております。

セミナー名の一部をご紹介します。
・パラダイムシフトが必要なあなたのマネジメント力
・影響力から見るあなたのチームワーク力
・求められているそれを知り意見を伝える力
・創再共イノベーション力
・予定調和じゃ無い方のPDCA力
・非認知的アプローチから入るコーチング力
・笑顔がもたらす効果コミュニケーション力

受講にあたっては各自の選択制(年齢が20代だから、R43は受講できないといった事ではありません)となっており、先んじて学びを深めたい、今更聞けない事だから、といった様々な動機にお答えする内容となっております。

ちなみに、R〇〇のとなりは年齢をイメージしておりますが、例えば、R43は43歳以上の人は受けられないという事はありませんし、大卒1年目の方でもR43を受講する事は可能です。

定額制で何人でも何回でも受講が可能です!!

詳しい、資料のご請求や、ご質問等は以下にメールをお待ちしております。

〔人アン紹介ホームページ〕URL https://hitoun.jp/

メール info@irodori-pro.jp もしくは info@hitoun.jp までお願いします。

〔風土改革HP〕 https://www.fuudokaikaku.com/

風土改革のお問合せ先 https://www.fuudokaikaku.com/ホーム/お問い合わせ/

成長クリエイター 彩りプロジェクト 波田野 英嗣 
コメント