一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

4月4日の4時から男(前編)

2021-04-17 00:08:32 | 新・大野教室
大野教室の4月は1ヶ月パスポート(土日教室4回、金曜教室2回で12,000円)を買おうと思ったのだが、第1土曜日の3日は外に出なかったので、また買いそびれてしまった。
翌4日(日)は散歩も兼ね、午後3時すぎに大野教室に向かった。
3時40分ごろ大野教室に入ると、大人数である。前日は大人3人、子供3人の報告があったが、日曜日はなぜか人気がある。
私は2,000円を払う。指導対局のない、いわゆる「4時から男」だが、1ヶ月パスポートなら、1回あたり2,000円になるうえ、毎回大野八一雄七段の指導を受けられる。ただ、月に6回は多すぎる。
室内はみんな対局中で、私はしばし待たされた。
やっと対局がついたが、前回も指した少年だった。私の飛車落ちである。
序盤はいつもの定跡になったが、少年の▲4五歩△同歩▲同桂に、私は3三の駒を持って△7七桂成?とした。何と、△3三桂を角と勘違いしたのだ。
私は待ったをし対局をそのまま続けたが、お粗末なことをやったものだ。
将棋は例によって私が馬を作り桂を成り、駒得が約束されたのだが、少年も飛車を8九に回り、着々と反撃の機会を伺っている。
第1図は私が△4六成桂と銀を取ったところだが、これが敗着。以下の攻めが厳しかった。

第1図以下の指し手。▲8三歩成△同歩▲8一角△同玉▲8三飛成△8二歩▲6三竜△8六桂▲8七玉△7二銀▲7三桂△9二玉▲7二竜(投了図)
まで、少年の勝ち。

▲8三歩成から▲8一角が好手。前局の変化でも出てきた攻め筋である。これを△6二玉は▲8三飛成で望みがないので私は△同玉と取ったが、▲8三飛成で敗勢になった。
しかものちの△7二銀に▲5三竜と読んでいたのだからおめでたい。▲7三桂と打たれて終わった。

感想戦では、第1図の前に△4六成桂としたいのを堪えて、じっと△6二銀(参考図)が最善とされた。

前局は私のポカで負けたが、本局は本当に実力負け。こうやって駒落ち対局はどんどん差を縮められていくのだろう。
ここでしばし間が空く。W氏は買物に出掛けていたが、その間にほかの将棋が次々と終わり、みんなが手持無沙汰になってしまった。
W氏が帰ってきて、絶妙の捌きで手合いを付けていく。そして私は、男性氏と対局となった。彼とは2局目だ。振駒で私の後手になり、▲7六歩△3四歩▲6八飛。Taga氏得意の戦法で、このあと角換わりから逆棒銀に来る狙いだろう。だが△4四歩と角交換を拒絶するのも軟弱なので、そのまま駒組を進める。と、やはり▲2二角成とされた。
ここから不本意な展開になったが形勢自体は互角で、その後私が桂得してと金を作ったあたりは、むしろ指しやすくなったと思った。
ただ男性氏の6筋からの反撃も厳しく、この折衝で男性氏が優勢になったようである。
だが私のイヤミな攻めに男性氏が受けを間違えたようで、私にも勝機が出てきた。
第1図は▲3一馬と飛車を取り、△同玉▲6一飛△4一歩に▲4四歩と叩かれた局面。

第1図以下の指し手。△2六桂▲4八金寄△3八銀打▲同金△3九角(投了図)
まで、一公の勝ち。

第1図で△4四同金は▲5三角で負け。一方自玉は▲3二銀に△2二玉▲3一角△1二玉で
まだギリギリ詰まない。そこで△2六桂と反撃した。これに▲同銀は△3八竜なので男性氏は▲4八金寄としたが、私は△3八銀打。しかし▲同金と取られて後手玉の詰みが見えないので、慌てた。このとき私の残り時間は1分少々。△3八同桂成は▲1七玉で詰まないうえ、銀を渡してしまったので、今度は後手玉が詰むだろう。
が、私は△3九角を発見し、どうにか勝つことができた。

しかし△3九角があるなら、△3八銀打ではすぐに△3九角で詰みだった。以下▲同玉△3八銀打▲2八玉△2七銀成▲同玉△3八銀打▲2六玉△2七金までである。
感想戦では男性氏が、「銀冠が残ったまま詰まされたのは初めてです」と苦笑した。そして私たちは、「自信がない」を連発した。
実際は終盤に男性氏に勝ちがあったが、どこかで間違えたと思う。でも、敗因の結論までは出なかった。
大野七段の指導対局は、Shin氏らが戦っている。Shin氏は平手での挑戦で、大野七段が飛車を振っているようだ。Shin氏もよく戦っているが、大野七段が寄せに入った。
私の3局目は少年と。大野教室は2回目だそうで、私の4枚落ちだ。
少年は銀多伝できた。これは端を攻める筋がないから損だが、上手の左の金銀を固定させるという意味で、ある手ではある。W氏が、彼は銀多伝の指し方を、さっき教わったばかりだと言った。
私は左銀を△4二に進出し、下手を圧倒した。どうも私は、初心者相手にも全力で戦うからいけない。それで彼とは2局目を指し、今度は左銀を△2二に上がった。これはいい勝負になったのだが、それでも私が勝ってしまった。
今度は小学生入学前のお嬢ちゃんが入って、私の2面指しとなった。お嬢ちゃんは、平手では負けるかもしれない、と思っているに違いないが、将棋は何が起こるか分からない。
私は2面指しは久し振りで、全然局面が見えない。女流棋士のすごいところは、棋力はともかく(失礼)、多面指しを起用にこなすところだ。よく複数の将棋が同時に指せるものだと思う。私は盤面の差異が全然分からない。それで、相手が指していないのに2手指ししたり、相手が指したのに指し手を待ったりしていた。
お嬢ちゃんとは以前指したことがあり、保護者の父親は、今日2局目に指した男性氏である。
お嬢ちゃんは中飛車できた。これがお嬢ちゃんの得意戦法で、駒落ちだと銀多伝や2歩突っ切りなど、慣れない戦法を指さざるを得ないから大変だ。将棋とは、とくにアマにおいては、自分の指したい手を指すのが本当ではなかろうか。
少年もお嬢ちゃんもよく指し、両者とも私に勝った。寄り形になっている私が頑強な受けを指すと、お嬢ちゃんはじっと考えて好手を指す。やはり将棋は相手の寄せを考えているほうが楽しかろう。
引き続き2局目を指す。これもどちらも、よく指した。
お嬢ちゃんはまたも勝勢になり、ここで▲3三金(図)が好手だった。△同銀なら▲2三竜だ。

私は△2四玉と逃げ出したが、お嬢ちゃんに的確に寄せられた。
少年のほうもよく指したが、私が勝勢になった。だがそこから悪手を連発し、敗勢になってしまった。上手玉が必至になったので、私は下手玉に最後の突撃をする。だが四枚落ちの手合いは、どう指しても上手が勝ってしまうようだ。最後、角成の両王手で下手玉が詰んでしまう。だがそこは私が桂で王手を掛け、逃げられたところで投了した(投了図)。

少年とお嬢ちゃんが、今後も将棋を続けてくれることを信じてやまない。
(つづく)
コメント

「第10回 マッカラン勝負」の途中経過

2021-04-16 00:08:00 | マッカラン勝負
3月8日に「第10回 勝手にマッカラン勝負」を掲載したが、14日までにLPSA7名の1回戦が終わったので、結果を書こう。

●渡部愛女流三段VS○相川春香女流初段(3月24日)
●礒谷真帆女流初段VS○野原未蘭女流1級(3月29日)
●上川香織女流二段VS○中村桃子女流初段(4月2日)
○中倉宏美女流二段VS●石高澄恵女流二段(4月3日)
●島井咲緒里女流二段VS○カロリーナ・ステチェンスカ女流初段(4月5日)
●船戸陽子女流三段VS○小高佐季子女流初段(4月7日)
○堀彩乃女流1級VS●斎田晴子女流五段(4月14日)

今期、一番手に登場した渡部女流三段。しかし、伏兵・相川女流初段に敗れた。渡部女流三段ひとりで3~4勝は覚悟していたから、この結果には驚いた。
私が3月18日に麹町サロンで渡部女流三段に教わったとき、彼女は何となく調子が悪い気がした。本当に調子が悪いのかもしれない。まあ、相川女流初段も実力はあるけれど。
気鋭の礒谷女流初段も、野原女流1級に負け。以下、上川女流二段は負け、宏美女流二段は石高女流二段に勝ったものの、島井女流二段、船戸女流三段も負けた。
しかし最後に堀女流1級が斎田女流五段に勝ち、気を吐いた。堀女流1級は、LPSA主催の1dayトーナメントで連続優勝するなど好調。日々の精進が実りつつある。
とはいうものの、1回戦は7名で2勝。これはマッカラン勝負を始めてからの最低記録である。強豪と当たったわけでもないから、もう少し勝ってもよかった。
とはいえこれで、とりあえず2口6,000円の寄付が確定。そして2回戦は宏美女流二段と堀女流1級の対戦となる。
これは、次に必ず1人敗退するが、1人は必ず勝ち抜くということでもある。私としては、両者2敗を期待して、別の山で戦ってもらいたかった。
コメント

宮田八段の名解説

2021-04-15 00:08:35 | 将棋雑記
11日放送のNHK杯は、松尾歩八段と伊藤匠四段の対局だった。解説は宮田利男八段である。伊藤四段は昨年10月デビューの最年少棋士で、宮田八段は彼の師匠だ。
いまの将棋界では森信雄七段や所司和晴七段に弟子が多いイメージがあるが、宮田八段も多いようだ。ほかに棋士は、本田奎五段、斎藤明日斗四段がいる。
新鋭がNHK杯に初出場した場合、師匠が解説を務めることが多い。斎藤四段が昨年NHK杯に初出場したときも、宮田八段が解説を務めた。このときは斎藤四段が中盤に鬼手を指し、宮田八段が「へぇー」「びっくり」を連発して解説にならなかったが、本局はどうか。私は感嘆も立派な解説と認識しているので、今回もそんな「迷解説」に期待していた。
対局前のインタビューでは、伊藤四段が「子供のころからずっと夢見ていた舞台ですので、楽しみにしています」と語った。
すかさず宮田八段が「いまでも子供じゃないかと言いたいんですが……」とツッコミを入れ、そりゃそうだと私は笑った。
また松尾八段は、宮田八段にお世話になった、と御礼を述べた。もっとも宮田八段によると、松尾八段とは研究会仲間だったという。
年代が違うのでかなり異色ではあるが、それを言ったらたとえば、植山悦行七段も相当交友範囲が広い。
聞き手は中村桃子女流初段。斎藤四段のときは、藤田綾女流二段が聞き手だった。中村女流初段は、宮田解説をどうまとめていくだろうか。
将棋は斎藤四段の先手で始まり、横歩取りになった。しかも松尾八段が△7六飛と回り、伊藤四段も▲8四飛と回り、かなり激しい。宮田八段は「せめて矢倉か角換わりになってくれればいいと思ってたんですけど、これはいちばん分かんない」と困惑気味だ。
棋士は自分の得意戦法以外でも無難に解説をこなすが、宮田八段は正直だ。早くも宮田節全開である。
将棋は角交換から▲6一角と放ち、早くも終盤戦の様相を呈してきた。
△7一金に▲7二歩。しかしこの瞬間、△9五角の王手飛車があった。さっきまではここで▲7七歩の切り返しがあったが、現在それは二歩だ。「あ、ああそうか、あれ?」と宮田八段も困惑する。すなわち純粋な王手飛車で、これは宮田八段ならずとも、あれあれ?という感じだ。果たして伊藤四段も長考に沈んでしまった。
「まさかとは思うんですけどね、うっかりしていたとか」と宮田八段。
たしかに研究範囲ならここで考えるのはおかしく、見落としだった可能性もある。だけど、こんな手を見落とすだろうか。
ところでテレビの上部には、形勢バーが記されている。3月28日の女流棋士出場者決定戦から導入されたもので、そのときはところどころバーが消えた時間があったが、前週の第71回大会からは、常時掲示されるようになった。そのバーも、後手が65%くらいになっている。
ここはどう指しても松尾八段が勝てるようだが、松尾八段は考えている。そこで指したのが△2六歩(図)で、宮田八段の予想にもなかった。

これは二階から目薬のような手だが、私は1964年2月11日・12日に指された第13期王将戦第3局・二上達也王将VS大山康晴名人戦で、大山名人が指した△2六歩(参考A図)を思い出した。
さらに、1967年1月16日・17日に指された第16期王将戦第1局・大山王将VS加藤一二三八段戦に現れた△2六歩(参考B図)も思い出した。
さらに、2001年8月9日・10日に指された第42期王位戦第3局・羽生善治王位VS屋敷伸之七段での、羽生王位の△2六歩(参考C図)も思い出した。



だが「松尾版△2六歩」をAIは緩手と判断し、形勢バーが先手59%に傾いた。
しかし人間の見解ではボディーブローのような垂れ歩で、必ずしもマイナスとは言い切れない。大山十五世名人は、こうした手を多用して勝ってきたのだ。
宮田八段は「すごいですね」「私なら候補の10手にも入らない」と驚いてばかりだ。
しかしこれも解説のひとつだと思う。たとえば観戦記は、指し手の変化を羅列するのがベストではないと思う。その場の緊迫した雰囲気を活写するのが重要だと思う。テレビの野球中継でも、アナウンサーがラジオと見紛うばかりに一挙手一投足を実況する場合があるが、映像があるのだから、それは必ずしも必要ない。宮田八段のそれは視聴者目線で、対局者の指し手に、いっしょに感嘆しましょう、という潔さがある。
中村女流初段も出しゃばることなく、聞き手に徹している。唯一、「私ならすぐに△2九飛成としますが……」と述べたのが自説だった。これに桃子マニアは「おお……」と唸るのである。穏やかな日曜の午前、実にゆったりした時間である。
盤面、松尾八段の指し手には突飛な手が続き、事前の情報を知らされない私たちは、余計に驚きがあった。
将棋は一手違いの激戦になったが、松尾八段がリードを保っている雰囲気があった。将棋はどんなに接近されても、確実に一手離していれば、それは大差である。
最後は86手まで、伊藤四段が投了。通常は投了後に解説者がその先をやってくれるのだが、今回ははっきりしなかった。これも宮田スタイルである。
感想戦では、宮田八段が△9五角の周辺をさりげなく伊藤四段に聞いたが、やっぱりはっきりしなかった。まさか王手飛車をうっかりしましたとは、プロの矜持からも言えまい。
対局開始15分で王手飛車がかかったときは放送時間が余るのではと危惧したが、放送18分前に対局が終わり、感想戦も味よく入って、ピッタリだった。
私は現在地底深くで、もがいているが、それを束の間でも忘れさせてくれる、楽しい時間だった。
コメント

メグミとマンガ

2021-04-14 00:06:57 | プライベート
12日、たまたま5chに合わせたら、「激レアさんを連れてきた。」に、渡辺明名人夫人のメグミさんが出ていた。
メグミさんは、渡辺名人の日常を面白おかしく描く「将棋の渡辺くん」を「別冊少年マガジン」に長期間連載している。
私がテレビを見た時は、弘中綾香アナから「(メグミさんは)Gペンを使えないので、ロットリングペンで原稿を描いている」と紹介されていた。
これ、昔はGペンやかぶらペン、丸ペンなどで描くのが常識だったが、別にその限りではない。
たとえば「ゴルゴ13」のさいとう・たかをは、もうだいぶ前から「インクがすぐに乾く」という理由から、ロットリングペンを愛用している。
またPCでの描き込みも令和の漫画界では常識で、その割合は紙へのペン入れを上回っている。
実際、PCは便利なことが多い。
第一に、手が汚れない。インクやホワイトの渇きを待つ時間はいらないし、下描きもすぐ消せる。ペン先も、PC上で使い分けができる。いまはタブレットに描き込みをしても、ペン独特の膨らみが再現できるのだ。
さらにPCには、描き損じという概念がない。原稿が痛まないから、いくらでも描き直しができる。キャラクターの拡大縮小も意のままだ。
スクリーントーンも自由に貼れる。61番も62番も63番も、選び放題だ。紙の場合、服の柄に幾何学模様のトーンを使うと、人物の大小にかかわらず柄の大きさは変わらないので、それぞれの比率がおかしくなってしまう。これがPCなら、トーンの柄も縮小できる(はずである)。
また、ヒトの顔は、左向きのほうが右向きより描きやすいのだが、それも左右反転することで差異を確認することができる。背景だって、既存の画像を転写し、その上から描き込みをすれば、リアルな背景が出来上がる。
そうして完成した原稿も、クリックひとつで編集部に送信できる。以上の行程で、スタッフをひとりは削減できるだろうから、人件費を浮かすこともできる。
ただPCだと、生原稿が存在しなくなる。ときどき「開運!なんでも鑑定団」に作家の生原稿が登場することがあるが、膨大な推敲跡があるものほど、作品の制作過程が分かり、鑑定額も高い。
マンガにも同様のことがいえ、将来マンガ家の記念館ができたとき、生原稿や愛用のペン軸があるとないとでは、展示物の厚みが違ってくる。
なお余談だが、8日から始まったフジテレビ「レンアイ漫画家」では、刈部まりあ(演・鈴木亮平)が画板を首からかけ、その上でマンガを描いていたが、こんな描き方は絶対にしない。これではまともな絵は描けない。
話を戻すが、PC制作にはほかにも弊害?があって、「コボちゃん」の植田まさしが日本テレビ「世界一受けたい授業」に出たときのこと。植田まさしはペンを使っているが、その理由として「PCで描くと修正の際限がない。生原稿だと妥協することができ、仕事を終えられる」と述べていた。これは意外に重要な真理である。
NHK「浦沢直樹の漫勉neo」では、マンガ家の坂本眞一がPCで描くさまをやっていた。坂本眞一はスタッフにポーズを取らせ、それをデジカメで撮り、それを下絵にして描いていた。
実はメグミさんも渡辺名人をモデルにしてこれと似たことをやっているのだが、メグミさんの場合はポーズが浮かんでもそれを描くおこす力量がないので、現実の姿を参考にしているらしい。よって、そのポーズを取らされる渡辺名人はたまったものではないが、夫婦間のプレイと考えれば楽しかろう。
坂元眞一は、服の細かいところまで再現する。襞のひとつひとつまで、細かくである。
しかし、これをマンガと呼べるだろうか。やはり私は、ペンで紙に描いた原稿を支持したい。
……というようなことを、「激レアさん」を見ていて思った。
コメント (2)

田中沙紀アマ、研修会でC1に昇級!!

2021-04-13 00:07:57 | 目を考える
東海研修会が11日に行われ、田中沙紀さんは1局目に勝ち、C2で6連勝! 晴れてC1昇級を決めた。

12日、日本将棋連盟HPの研修会の項を見ると、11日の結果が載っていた。奨励会や研修会の結果は反映が遅いイメージがあったので、これは早い。
私ははやる気持ちを抑え田中さんを探すと、彼女の名前がすでにC1に移っており、昇級していたことが分かった。ここで星を確認することの、なんと心穏やかなことよ。
見ると、

C2○(→C1昇級)、B2○、B2●、B1香●

の2勝2敗だった。1局目で昇級を決めたのは見事。田中さん、おめでとうございます。
以降は相手がBクラスで1勝2敗だったが、ひとつ勝ったのは自信になっただろう。
待望の女流棋士まであと1ランクで目標がクリアになったが、残りは7ヶ月で56局余。ここからが大変だ。
B2昇級には、8連勝、12勝4敗……が必要である。局数を消化するほどプレッシャーが増してくるので、早く上がり目を作るのが肝要だ。がんばれ!
コメント