一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

待たれる棋譜利用ガイドライン

2021-05-18 00:16:09 | 将棋雑記
日本将棋連盟から「棋譜利用に関するお願い」の通達が公開されたのは2019年9月13日である。
その「お願い」を要約すると、最近テレビやネットで棋譜利用に関する問い合わせが増えてきたことから、棋譜や図面を使用する際には、あらかじめ専用フォーマットに記入のうえ、送信してください、というものだった。
私の場合はブログだがこれもSNSのひとつなので、事前の連絡が必要である。だがしばらくは無視して指し手や図面を利用していたら、「棋譜警察」からコメントが来たので、私は当該記事を閉じ、日本将棋連盟に棋譜使用のお願いをしたのだった。そんなケースが3回あった。
だがそのすべてに返信はなく、私は自己判断で2つを公開した。残り1つは、現在も未公開である。
その後、王座戦と王将戦は、独自の棋譜利用ガイドラインを発表した。
これらをざっくり書くと、私のブログの場合、図面は3つ掲載可能で、それに付随する指し手はそれぞれ10手まで掲載できる。また棋譜のみの使用も10手まで可能とのこと。
これは実際の棋譜と図面を用いての実例が掲載されていないので、こちらの判断が曖昧になるところがある。ただ、図面3つに指し手30手は保証されていそうだ。
そして王将戦は、仕様する際には事前に申し込んでください、とのことだった。話はそれから、ということのようである。
王将戦はスッキリしなかったが、王座戦は、まあ分かりやすかった。
だがほかの棋戦は何をやっているのだろう。冒頭のお願いが告知されてから、もう1年8ヶ月も経っている。さすがにほかの棋戦も詳細ルールを公表して然るべきではないのか。
たとえば竜王戦が、「1手の記述も許しません」となれば、おととい私が書いた「先番桐山九段が初手▲7八飛」はアウトである。
こんなのを書いたばかりに、あとで膨大な棋譜使用料を請求されても、私には払うおカネがない。
といって、プロ棋戦の指し手が書けなくなれば、当ブログは甚大な制約を受ける。ひいてはブログネタもなくなり、当ブログも休眠状態になってしまうだろう。
それでもいいか。
コメント

うっかり2つ

2021-05-17 00:05:10 | 将棋雑記
16日は朝からお墓参りに行き、午後は埼玉県川口市の大野教室に行ったのだが、夜の食事会のとき、アッと思った。
本日14時よりBSフジで放送の、「白玲~初代女流棋士No.1決定戦~」の録画を予約するのを忘れていた!!
昼、ある人とこの番組の話をしていたのに、それでも忘れていた。まったくの不覚である。

気を取り直して帰宅後、NHK杯を録画しようとしたら、これも録れていなかった!!
これ、私の在宅如何に関わらず、NHK杯は毎回録画しているのだが、今回はHDDの容量がなくなってしまった。そこでブルーレイディスクに録画予約をすればよかったのだが、そっちのほうを忘れてしまったのだ。
今日は久保利明九段VS服部慎一郎四段。久保九段の捌きっぷりを見たかった……。

注目の将棋番組を2つも録り損ね、私は落胆である。もっとも最近は裏技を使って放送済の番組を見られるのだが、私はそっち方面に疎いので、もはやこれまでである。
あまりにも悔しかったので、今日はこれを記事とした。
コメント (2)

桐山九段、引退回避!!

2021-05-16 00:47:51 | 男性棋士
14日に指された第34期竜王戦ランキング戦5組残留決定戦で、桐山清澄九段は上村亘五段に勝ち、5組残留を決めるとともに、来期竜王戦の出場権を獲得した。

桐山九段は1000勝へのカウントダウンが始まっていた2018年2月から原因不明?の連敗地獄に陥り、26連敗を喫した。2019年3月に連敗をストップしたが、直後から連敗地獄がまた続き、今度は18連敗を喫したのであった。
これだけ負けが続くと厳しい。桐山九段は2020年3月に順位戦C級2組から降級し、残る参加棋戦は竜王戦だけになった。この時点で通算994勝。数年前には楽勝と思われていた「1000勝」が、かなり難しくなったのである。
竜王戦は、5組在籍の場合2期だけ指すことができる。むろんこの間6組に降級すれば、その時点でジ・エンドである。このとき桐山九段は第33期を戦い最終的には残留したのだが、ヒトによってはこの期を含む2期、つまり第34期までで現役終了と解する向きもあった。
だが今回上村五段との将棋に勝ち、第35期の参加も認められたことで、「順位戦降級時の竜王戦の期数を抜きにしての2期」が確認できたのであった。
さて上村五段との将棋は、先番桐山九段が初手▲7八飛。以下、角交換石田流に組んだ。
若いころは振り飛車党だった桐山九段だが、近年は居飛車オンリーだ。そこで現役最後になるかもしれない対局で▲7八飛とは、何と思い切った作戦か。桐山九段は横歩取りや角換わりの最新形にも精通していて、とにかく将棋が若い。
上村五段は四段時代の藤井聡太二冠に後手番で勝った経験を持つ実力者だ。だが桐山九段は一歩も引かず、見事な指し回しで快勝したのだった。
ネットでは大山康晴十五世名人と羽生善治九段のどちらが強いか、の話題でいつも沸騰している。これは今後の羽生九段の活躍で評価も変わってくるが、将棋のレベルとしてはどうなのだろう。その恰好の物差しが、その両者と戦った棋士の存在である。
今回大山十五世名人とタイトル戦を戦ったこともある桐山九段が、(羽生九段は別として)藤井二冠を倒したこともある上村五段に勝ったことは興味深く、また特筆に値する。意外に昔もいまも、将棋のレベルは変わっていないのかもしれない。
そして興味は早くも来期の竜王戦である。これがロスタイム5組2期目となる桐山九段は、ここで4組に昇級しないと、いよいよ引退となる。そしてランキング戦もしくは昇級者決定戦で4勝すれば、「通算1000勝」となる。昭和の名棋士にはこの大記録をぜひ達成してもらいたいが、前述の通り状況はかなり厳しい。ともあれ1勝でも多く上積みできることを祈っている。
コメント

人間の構想

2021-05-15 02:07:27 | 将棋雑考
現在読売新聞の竜王戦観戦記は、ランキング戦2組準決勝・▲藤井聡太二冠VS△松尾歩八段の一戦を掲載している。14日の第6譜では、例の「▲4一銀」が飛び出した。
観戦記を読むと、この将棋は松尾八段が過去の実戦とAIでの研究をミックスして、藤井二冠にぶつけた。厳密にはわずかに疑問の構想だったのだが、松尾八段は自身の考えやすい局面になることから、あえて採用したという。
対して藤井二冠はその将棋を研究していなかったものの、ほぼ最善手でついていき、松尾八段をラクにさせない。
手順中▲3六飛と銀を取る手が最善だったのだが、藤井二冠はその銀を取らず▲3四飛と浮いた。ここでわずかに松尾八段に形勢が傾いたのだが、逆に松尾八段の意表を衝くことになり、なんと137分の大長考となる。
最善手▲3六飛をなぜ藤井二冠が指さなかったのか、またその先の変化はどうなのか、観戦記には書いてないのでもどかしいが、それはともかく、これが人間同士の戦いである。つまり、疑問の構想と承知の上、その作戦を選んだ松尾八段。そして、誰でも見える銀を取る手を指さず、あえて飛車を浮いた藤井二冠。まあ藤井二冠は▲3四飛を最善手と読んで指したのだろうが、最善手をあえて指さないところに、人間将棋の妙味がある。
大山康晴十五世名人は、「人間は悪手を指す」の信念を持っていた。だから劣勢の終盤では、相手の読みを外すために、あえて疑問手を指すことがあった(という)。それで相手の読みが狂い、却って悪手が出現しやすくなる――。
たとえばABEMAでの評価値を見てみると、終盤で形勢に差がつくと、そこから双方の最善手が続いても、評価値がぐんぐん離れていく。これでは勝てないから、疑問手を指して、評価値を崩してしまう。そのスキに、一瞬の勝機を見つけるのだ。大山十五世名人はこういった指し方が本当にうまかった。
また序盤戦術にしても、大山十五世名人は居飛車の急戦に対して、美濃囲いの銀を4七(6三)に上がてから袖飛車にしていた。これは金銀が離れているうえに玉飛接近の形だから、評価値としてはかなりダウンだろう。
だがその形で大山十五世名人はごちゃごちゃした戦いに持っていき、そこそこ勝利を収めていた。ちょっと松尾八段の思想に似ていないだろうか。
いまはほとんどの棋士がAIを活用しているが、このぶんなら、人間の構想主体の戦いになるに違いないと、私は少し安心したのであった。
コメント

第11期女流王座戦二次予選の勝敗予想

2021-05-14 01:10:14 | 勝敗予想
第11期女流王座戦一次予選の一斉対局が終わり、早くも二次予選の組み合わせが発表された。では性懲りもなく、また勝敗予想をしてみよう。赤字が勝者予想である。

1枠
上田初美女流四段VS岩根忍女流三段

2枠
小高佐季子女流初段VS鈴木環那女流三段

3枠
塚田恵梨花女流初段VS藤井奈々女流初段

4枠
長谷川優貴女流二段VS室谷由紀女流三段

5枠
渡部愛女流三段VS北村桂香女流初段

6枠
加藤結李愛女流初段VS長沢千和子女流四段

7枠
山田久美女流四段VSカロリーナ・ステチェンスカ女流初段

8枠
山口恵梨子女流二段VS村田智穂女流二段

9枠
脇田菜々子女流初段VS中井広恵女流六段

10枠
加藤圭女流二段VS香川愛生女流四段

11枠
中澤沙耶女流初段VS中倉宏美女流二段

12枠
中村真梨花女流三段VS上川香織女流二段

以上である。
個々の雑感は省くが、一次予選の正解率がほぼ5割だったのに対し、この二次予選は正解率が8割を越えそうな気がする。
好きな将棋が指すことが仕事になるとは素晴らしいこと。皆様頑張ってください。
コメント