一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

富岡八段の新橋解説会(第31期竜王戦第1局)・2

2018-10-18 01:03:13 | 将棋イベント
時間は刻々と過ぎてゆく。大盤が暗いままじゃ、さすがに解説もできないだろう。今日は雨も降らず快適だったのに、意外な落とし穴があったものだ。
それでも5分ほど経った時、やっと周辺の灯りが点いた。待望の再開である。

第4図以下の指し手。▲4五桂△4四銀▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲3四飛△6三歩▲7三歩成△6四歩▲8三と△3三歩▲4四飛△同歩(第5図)

解説の富岡英作八段、藤森哲也五段、藤森奈津子女流四段は、何事もなかったかのように振る舞う。この辺りの落ち着きぶりはさすがだと、妙なところで感心した。
富岡八段が▲4五桂と跳ねる。「羽生さんのほうが忙しい感じでしたが、なるほどこうなってみると景色が変わって、うるさい攻めですね」
数手後の▲3四飛に△3三歩は、▲4四飛△同歩▲7三歩成△同飛▲同角成△同金となり、
「これも本譜と似た進行になりますが、飛車銀を持たれ、後手が面白くないですかネ」
と富岡八段。
この辺りの変化を富岡八段はもっと味わいたいようなのだが、竜王戦は持ち時間8時間の2日目夕休なしなので、今現在の局面が最も白熱している。藤森五段が「先に進みましょう」と促した。
▲3四飛に広瀬章人八段の解答は△6三歩の角取りで、これには三氏が唸った。こうなれば、以下の数手は必然である。

第5図以下の指し手。▲7三と△6一金▲5三桂成△同玉▲4一飛△2五角▲2一飛成△3一飛(第6図)

羽生善治竜王は▲7三とと捨てた。広瀬八段は△6一金と引く。
富岡八段「▲7三とは、強い人なら一目だと思いますが、いい手ですね。△7三同金だと、▲6二飛△5二角▲6一銀△4三銀(参考2図)の進行は千日手になりそう」

藤森五段が以下の変化を並べる。すなわち▲5二銀成△同銀▲6一角△4三銀打▲5二角成△同銀▲6一銀△4三角▲5二銀成△同角▲6一銀△4三銀…で、参考2図に戻る。本局2度目の千日手の変化は、それだけ熱戦の証ということだ。
富岡八段「ただ、ここで△6一金と引く感覚がすごい。広瀬さんは竜王戦の挑戦者に加え、現在A級でも4連勝でしょう? 素晴らしいですね(実は3勝1敗)。
ここで▲8一飛は△2五角があります。金にヒモを付けて、△3六角の王手を狙う。それで羽生さんは▲5三桂成と捨てたんですが、これもすごい」
△5三同玉に▲4一飛。
富岡八段「ここで△3一飛と受けたくなります。▲同飛成なら△同金で後手よし。だけど△3一飛には▲4二銀(参考3図)があるんですね。△4二同金に▲3一飛成です。

じゃあ△5一飛はというと、今度は▲6二銀がある。飛車の受けは利かないんです。そこで広瀬さんはやはり、△2五角と打ちました」
羽生竜王▲2一飛成。「ここから(の進行)がすごい」と、富岡八段が期待を抱かせた。
3二金取りを受けて、広瀬八段は△3一飛。「ここで次の一手を出したかったんですけどね」と富岡八段が残念がる。確かに次の一手はすごかった。

第6図以下の指し手。▲2四桂△2一飛▲3二桂成△3六角▲4七銀△2七角成(第7図)

羽生竜王は、歩頭に▲2四桂と打った。まさに目の覚めるような一着だ。ネット解説では「ひねり出した印象を受ける」とあったが、私はこれこそ羽生善治の一手だと思った。解説の3人もそうで、驚きを抑えきれないふうだ。
富岡八段「すごい手が出ましたね。まずは△2四同歩ですが、▲同飛成で、これは後手の飛車があの位置だし、先手が指せるでしょう。それで広瀬さんは△2一飛と飛車を取りましたが、羽生さんは▲3二桂成。これが▲4二銀△4三玉▲3三成桂(△5二玉▲5三金まで)の詰めろになってるんですね。
そこで広瀬さんは△3六角と王手。羽生さんは▲4七銀と受けるしかなく、後手玉は自動的に詰めろが解消される仕掛けです」
▲4七銀には△同角成と突撃もできず、広瀬八段はじっと△2七角成。

第7図以下の指し手。▲3八金打△2六馬▲2一成桂△3五桂▲2九飛△7七歩▲7九金△2四飛▲2六飛△同飛▲3一角△4三玉▲6四角成(第8図)

羽生竜王は▲3八金打と、さらに馬を叱った。富岡八段「これがまたすごい手で、このままだと△3六桂や△3五桂があるから打ったんですが、いやはや……」
確かに、金はトドメの駒にしたいから、できれば温存したくなるところ。そこを惜しげもなく?手放すところがすごい。
「△2六馬には▲2七歩△2五馬もありましたが、この損得は微妙なところです。羽生さんはたんに飛車を取りました」
広瀬八段は△3五桂と待望の反撃である。「ここでも次の一手を出したいくらいでね」と富岡八段。羽生竜王は、自陣(2九)へ飛車を打った。金のみならず飛車まで自陣に据えるとは私には一生考えても浮かばない手で、羽生将棋の感覚の豊かさに私は脱帽するばかりである。とにかく、この位置に再び飛車が復活するとは思わなかった。
広瀬八段は△7七歩▲7九金を利かし、△2四飛。うへー、と藤森五段が声を挙げた。終盤で、お互い受けに飛車を手放すなんて将棋、見たことがない。これが将棋界最高峰の将棋である。
富岡八段「将棋は駒と駒がぶつかった時が重要なんですね。相手の手によって手を変える。羽生さんはこの辺の読みが実にうまい」
羽生竜王は▲3一角。富岡八段「これに△4二角は▲同角成△同玉▲3一角ですから、△4三玉でしょう」
藤森五段は、「後手はどこかで銀を取っとく手はありましたかねぇ」と言う。
羽生竜王は▲6四角成とし、私が電車内で確認した局面に到達した。

(つづく)
コメント

富岡八段の新橋解説会(第31期竜王戦第1局)・1

2018-10-17 01:11:09 | 将棋イベント
第31期竜王戦七番勝負の開始に伴い、今年も東京・新橋で無料の解説会が行われることになった。原則的に2日目の午後6時からである。
通常仕事をしていれば見に行けない時間帯で、もちろん私もそれを覚悟していたが、何と就職活動が長引いて、今年も見に行けることになってしまった。この皮肉をどう捉えたらいいのだろう。まあとりあえず、今期も新橋に向かったのであった。
新橋にはちょっと早めに着いた。近くに小諸そばがあるので、入る。小諸そばといえば、数ヶ月前に御○町店に入った時、二枚もりを頼んだのに、店側と客の間違いで私が大もりを食べさせられる不運があった。それ以来その店には入らず、しかもその間、値上げもあった。その後小諸そばには別の店舗で、2~3回利用しただけだった。食い物の怨みは恐ろしいのである。
今回も二枚もりを頼んだが、出てきたそれは、大もり程度の量だった。たぐってみると、そばが伸びている。これは茹で置きしているからやむを得ないが、大ざるにあった最後の量が大もり程度しかなかったものを、二枚もりとして提供したように思われた。
……どうも小諸そばとは、縁が切れたようである。
解説会場に行くと、椅子席はほぼ満席になっていた。あたりの景色は春の名人戦の時と変わらず、東京在住なのに懐かしく感じる。
6時になって、どこからか汽笛が鳴った。ここは鉄道発祥の地、新橋である。定刻を5分過ぎたころ、解説の3人が現れた。
「みなさんこんばんは。富岡英作八段です」
「ええっ、自分で段位言うんですか?」
と藤森哲也五段が驚く。「藤森哲也五段です」
じゃあ私も、という感じで、「藤森奈津子(女流)四段です」
「藤森奈津子さんと私が大内延介九段門下で、藤森さんが妹弟子になりますかね」
と富岡八段。藤森女流四段は、
「藤森哲也五段は塚田泰明九段の弟子なので、私とはおいの関係になります」
と言う。実の親子なのに、妙な表現になった。
さて、早速解説である。私の最終確認では、実戦は105手目▲6四角成まで進んでいた。

於:東京都渋谷「セルリアンタワー能楽堂」
▲竜王 羽生善治
△八段 広瀬章人

初手からの指し手。▲2六歩△8四歩▲7六歩△8五歩▲7七角△3四歩▲6八銀△3二金▲7八金△7七角成▲同銀△2二銀▲3八銀△6二銀▲4六歩△4二玉▲4七銀△7四歩▲3六歩△6四歩▲3七桂△6三銀▲6八玉△7三桂(第1図)

竜王戦は持ち時間8時間で夕食休憩なしなので、名人戦より進行が早い。現局面はすでに終盤戦なので、記譜並べも速い。
「△2二銀では△4二銀もありましたが、最近は△2二銀が多いですね」
と富岡八段。この辺の理由は、私たちには高度すぎて分からない。

第1図以下の指し手。▲4八金△6二金▲2九飛△6五歩▲1六歩△1四歩▲9六歩△9四歩▲2五歩△3三銀▲5六銀△8一飛(第2図)

富岡八段「▲4八金ですね。昔は▲5八金がふつうだったんですが、ここ2~3年で指され始めて、流行しています。今は主流派になりましたね。
▲2九飛。この形が角打ちのスキを消して、受けに強い」
なお今回も「懸賞次の一手」があり、当選者1名には豪華賞品を用意しているという。

第2図以下の指し手。▲6六歩△同歩▲同銀△5四銀▲5八玉△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△8一飛▲7五歩△8四飛▲7四歩△同飛(第3図)

「▲6六歩と積極的に行きましたね」
と藤森五段。本局も藤森五段が、聞き手の役回りだ。
▲5八玉に一同が唸る。富岡八段「これが最近の角換わりの特徴なんですね。バランス型で、どちらから攻められてもいいようにしてるんです」
そういえば春の名人戦で、佐藤天彦名人が居玉で戦い、解説の鈴木大介九段が、「攻められた逆側に逃げるようにしている」と述べていた。

本譜▲7五歩には、△7六角(参考1図)があるように見える。しかし富岡八段は
「△7六角には▲4七玉の味がいいんですね」
と言う。「以下△8七角成で飛車先が突破できそうですが、そこで▲8二歩が好手。△8二同飛▲7一角に△7二飛は▲6二角成~▲8七金があります」
しかしこの手順は、▲6二角成△同飛▲8七金の時、△6六飛で後手もやれる気がする。
となれば△7六角に飛び込みたい気もするがそこはそれ、2日制の持ち時間8時間なので、早期の決戦は避けたいのだろう。似たようなことが、名人戦でもあった。果たして本譜も、穏やかに△8四飛だった。
羽生竜王は▲7四飛と取り込むが、△同飛が金当たり。これはこれで、先手も忙しい。

第3図以下の指し手。▲7六歩△同飛▲6七銀△7四飛▲8三角△8四飛▲5六角成△8三角▲同馬△同飛▲7四歩△6五桂▲6四角△8二歩(第4図)

「この辺は、角は換わってますが相掛かりの将棋に似ています」
と富岡八段。
第3図で羽生竜王の答えは、▲7六歩の打ち捨てだった。△同飛に▲6七銀。
富岡八段「不思議な手順ですねえ。1歩損して、(銀を引くことで)1手損している」
しかし羽生竜王は5六に馬を作った。広瀬八段は△8三角と馬を消しに来たが、△7四角なら▲同馬△同飛▲8三角で、千日手も考えられた。富岡八段は、
「7四に打ったら羽生竜王はどうしたのかネ」
と訝る。「でも広瀬八段も、この辺は羽生さんの真意を測りかねていたと思います」
△8二歩まで進み、次の手を富岡八段が並べようとしたところで、大盤周辺の電気が消えた。スタッフが慌ててどこかへ駆けて行く。しかしいつまで経っても電機は復旧せず、解説者の3人は手持無沙汰である。
私はといえばイライラしてきて、もう帰っちゃおうと思った。

(つづく)
コメント

将皇との一戦

2018-10-16 00:34:26 | 将棋雑記
15日の午前中に、スマホアプリの「将皇6.0」で対局した。その1局目の全記譜を紹介する。

▲先手 一公
△後手 将皇6.0(レベル5)

初手からの指し手。▲7六歩△8四歩▲6六歩△3四歩▲7七角△5四歩▲7八銀△4二銀▲6八飛△5三銀▲4八玉△1四歩▲3八玉△1五歩▲2八玉△5二金右▲1八香△4二玉▲1九玉△6二銀上▲2八銀△7四歩▲5八金左△7三銀▲4八金寄△6四銀右▲6七銀△3二玉▲7八飛△7二飛▲3六歩△7五歩(第1図)

私は、対人間は居飛車が多いのだが、将皇相手には、ほとんど飛車を振る。将皇は居飛車党の穴熊党なので、振り飛車VS居飛車穴熊になることが多い。本局は私が端を詰められてしまったので、仕方なく穴熊に潜った。
将皇は珍しく急戦の構えで、これは10局指して1局あるかどうかである。
私の▲4八金寄は、広瀬流を真似てみた。
▲3六歩に、△7五歩と開戦である。

第1図以下の指し手。▲8八角△7六歩▲同銀△7七歩▲同飛△6六角▲6七銀△7七角成▲同角△4四銀▲8三角△7七飛成▲同桂△6九飛▲5八銀△7九飛成▲7二角成△7六歩▲8一馬△7七歩成▲9一馬△6八と▲5六桂(第2図)

将皇の最高レベル(レベル5)は、アマ五段くらいだろうか。ほとんどノータイム指しで、私も早指しで応戦するから、一局5分前後で終わってしまう。勝率は私の2~3割程度。
第1図、大山康晴十五世名人なら、▲6五歩だろうか。本譜の▲8八角はやや弱気な手で、以下将皇に気持ちよく攻められて悪くなった。
▲8三角△7七飛成▲同桂のあと、△7三飛がイヤだったが、将皇は△6九飛。▲5八銀に△7九飛成とするのでは、将皇が一手パスした感じだ。
もっとも▲7二角成に△7六歩と、歩で桂を取りにきたのがいい着想で、やはり私が悪い。
△6八とには▲5六桂と打ち、まだまだと思ったが、次の手にシビれた。

第2図以下の指し手。△6六桂▲4四桂△同歩▲6九銀△同竜▲7一飛(第3図)

△6六桂がいい手だと思った。ここ、△5八と▲同金上△3九銀でも将皇十分だったと思うが、さらに駒得を目指してきたのだ。
私は▲6九銀と手筋を繰り出すが、ふつうに△同竜と取られて、ほとんど効果がない。
しょうがないから▲7一飛。

第3図以下の指し手。△5八と▲2二銀△4九と▲2一銀不成△4二玉▲6四馬△同歩▲3三銀△同玉▲4一飛成△4二金打▲3二金△4三玉▲4二金△同金▲3二銀不成△5三玉▲4二竜△同玉▲4三金△5一玉▲5二金打(投了図)
まで、83手で一公の勝ち。

ここで将皇が△5八とと金を取ったのがどうだったか。私の▲2二銀が意外にうるさい攻めだ。
将皇は構わず△4九とだが、まだ2手スキなので、私は存分に攻められる。▲2一銀不成△4二玉に、▲6四馬と、質駒の銀を入手しつつ王手。これで面白くなった。
第3図に戻って△5八とでは、△5一桂くらいで後手必勝だった。また▲2二銀の時も、△5一桂はあったと思う。
人間同士の対戦なら、たぶんこう進む。コンピュータは強いが、人間側の細い攻めを軽視するフシがある。
▲6四馬以下は△同歩に▲3三銀と進む。ここで将皇は△同玉と取ったが、▲4一飛成以下、私が勝った。△3三同玉では△5三玉と逃げれば、まだまだ難しかったと思う。

しばし時間を置いて2局目をやったら、偶然前局と同じ進行になった。
私も同じ手で進めるが、第2図の3手前、▲9一馬のところでうっかり▲5六桂を先にしたら△6六桂と打たれ、もう似て非なる展開。以下ボロ負けした。
ちょっと頭に血が上ったので、「待った」でその局面に戻す。改めて▲9一馬と指し、1局目の進行に合流したが、終盤の▲4一飛成に、将皇が△4三銀(参考1図)と手を変えてきた。

以下▲3二金△2四玉▲2六香△2五桂▲同香△同玉▲3七桂打△2四玉▲4三竜△同金▲2六歩としたが、ここで△2七金(参考2図)という、詰めろ逃れの詰めろを指されて負けた。

こういう手を見ると、得した気分になる。やはり将皇は強い。
コメント

もしも羽生竜王が無冠になったら、肩書は何を名乗るのか

2018-10-15 00:14:31 | 将棋雑考
この11日から、第31期竜王戦・羽生善治竜王と広瀬章人八段の七番勝負が始まった。羽生竜王が防衛すれば、前人未到のタイトル100期。負ければ1991年3月以来の無冠となる。
無冠について一般人は、「ああそうですか」という程度の反応だろうが、将棋ファンにとっては結構な「事件」である。何しろ羽生竜王のタイトル保持は27年半続いているから、たとえば30代後半までの将棋ファンは、羽生竜王の肩書はタイトル名しか知らないのだ。
その羽生竜王が無冠になったら、どんな肩書になるのだろう。
それを考える前に、タイトルを多く獲った大山康晴十五世名人と中原誠十六世名人が無冠になった際はどうだったのだろう。
大山十五世名人は1973年2月20日、49歳の時に最後のタイトル・王将を失冠。この時点で、タイトルは通算69期だった。名人を失ったのが前年だから、まだ1ヶ月は「前名人」は名乗れたが、潔く「九段」を名乗った。
だが同年秋に毎日新聞社と日本将棋連盟が協議し、10月31日より「永世王将」を名乗ることを許された。当時の山本光春社長は大山永世王将に「これで功成り名とげた心境になられては困る。将棋界の発展のため、今後ますます勝負の道に励んでいただきたい」とハッパをかけたとされる。
大山永世王将は翌年1月8日に十段、8月9日に棋聖と奪還。タイトル保持中の1976年11月17日に、「十五世名人」を襲位した。最終的なタイトル数は80期。
いっぽう中原十六世名人は1982年と1988年に無冠になったが、いずれも「前名人」を名乗り、その期間中にタイトルを獲った。
しかし中原十六世名人は1993年5月21日、またも最後のタイトル・名人を失う。時に45歳で、タイトルは通算64期だった。この時も「前名人」を名乗ることになったが、翌年の4月までに戴冠ならず、日本将棋連盟と話し合いが持たれた。そこで中原十六世名人は「永世十段は、十段戦が発展的解消でなくなったから使ってもいいかな」と、「永世十段」を名乗った。
また、十六世名人の襲位は現役時代の2007年11月17日で、60歳の時だった。

というわけでやっと、羽生竜王が無冠になったら、の検討である。
まず、「前竜王」は名乗らないと思う。それに、現在この称号は廃止されたらしい。よって、現行の永世称号から名乗ることが考えられる。すなわち、

・永世竜王
・永世名人(十九世名人)
・永世王位
・名誉王座
・永世棋王
・永世王将
・永世棋聖

である。永世位は原則的に引退後に名乗るが、名誉王座は現役でも、満60歳で名乗れる。ただし前述の通り、永世称号のほうも、60歳になったら名乗るのが慣例になっている。
個別に調べていく。永世竜王は、「初代」の渡辺明棋王がいるのに、先んじて名乗ることはしないだろう。
永世名人も同様の理由で、有資格者の谷川浩司十七世名人と森内俊之十八世名人がただの九段なのに、2人飛ばして自分が名乗ることはできまい。
また永世棋王、永世棋聖は、ほかにも有資格者がいるので、やはり名乗りづらいと思われる。
残るは永世王位、名誉王座、永世王将だが、永世王将は昔ならいざ知らず、現在は序列が7位に落ちており、ややプレミアム感に欠ける。
残る2つで考えられるのは名誉王座だ。羽生竜王の王座獲得は、19連覇と5連覇を合わせて24期。名誉王座をほぼ5回獲っている計算だ。3-0のストレート勝ちは13回もあり、ことに第53期から58期までは6期連続である。もはや王座戦の申し子で、手がつけられない。
このまま行けば真っ先に名乗れるのが名誉王座でもあるし、それが12年ほど前倒しになったと考えればよい。
では「名誉王座」が私の答えかと問われれば、応えは「否」である。
実は、最有力の肩書は「九段」だと思う。つまり、タダの九段からまっさらな気持ちで、再びタイトルを目指すのだ。そのほうが羽生竜王らしいと思うのだが、どうだろうか。
コメント

最近見た夢(2018.10.08~11)

2018-10-14 01:46:24 | 
最近見た夢を記しておく。
まずは8日(月・祝)の朝に見た夢。私はあるトコヤに入っていた。店のオヤジが「3,200円」と言う。私がいつも行っている店は2,000円以下なので、ずいぶん高いなと思いつつ、千円札3枚を出し小銭をまさぐっていると、「200円足りません」と催促された。
残りの200円を出したが、よく考えたら私はここでまだカットをしてもらっていなかった。
私はポケットから紙屑を出すと、その中に写真があった。近くにいる客がそれを見ると、その写真には小さな女の子が2人映っていた。
これ、あなたの娘さん? と客が私に聞いたが、私には心当たりがなかった。
というところで、何となく目が覚めた。

次に9日(火)に見た夢。
真部一男九段が出演した。当時七段の設定で、真部七段は柿農家だった。柿を出荷した記念に、六寸盤の裏に揮毫をした。なぜか落款も捺せたのだが、朱色が綺麗に映えていた。
そこからいくつかおもしろい展開があったのだが、ちょっと記憶が薄れてしまった。
私はある雑貨系の巨大スーパーにいた。気が付くとスーパー自体が大きな山手線になっていて、客、というか乗客は、私のほかに女性ばかりだった。
発車間際になって多くの女性客が乗り込み、ドア付近にいた私は、店の中ほどの陳列棚まで追いやられてしまった。でもそちらのほうが空間があり、私はそこで、スマホの将棋を指す余裕が生まれた。
というところで目が覚めた。

続いて10日(水)に見た夢。
藤井聡太七段が、ある将棋センターの席主に着任した。
藤井七段はもちろん現役を続け、よく勝った。
という内容だった。

さらに11日(木)の朝に見た夢。
私はある工業高校に新人教師として着任した。新たな赴任教師は私を含めて3人だった。
着任の挨拶をすることになったが、そこは体育館にしては狭く、教室にしては大きい、くすんだ色のフロアだった。たぶん、教室だったのだと思う。
私は「角館の美女」のことなど、若いうちはいろいろなところへ旅行したほうがいい、と話すつもりだった。
私の番が来たが、生徒はどこかへ行っていて、少ない。私は話し始めたが、生徒は関心がないようで、どこかへ行ってしまう。それでも私は懸命に話し、一時は生徒が増えた気もしたのだが、最終的には、やっぱり少なかった。
……というところで、何となく目が覚めた。
コメント